あいのり 桃 2ちゃんねる。 あいのりのももちゃんへの批判

【桃ちゃんねる】元あいのりメンバー桃がYouTuberデビュー!低評価の嵐の理由!

あいのり 桃 2ちゃんねる

桃公式Instagramより 人気ブロガーの桃が3月16日にブログを更新したのだが、そこに投稿された画像が話題となっている。 問題の記事は「まーさんと初旅行」というタイトルで、先日交際をスタートさせた彼氏・まーさんとともに、桃が学生時代を過した京都へ行ったそう。 桃がずっと行きたかったラーメン屋や新鮮な海鮮が販売されている錦市場へ行き、2人で京都を満喫した様子。 また、桃が学生時代によく遊んでいたというゲームセンターにも訪れ、懐かしむ桃はまーさんに「ここで高校生のときにプリクラめちゃくちゃ撮ってたんだよ、、、なつかしすぎるよ、、、。 」(原文ママ、以下同)と話したところ、まーさんは「じゃあ撮る?! 」と言ってくれたよう。 ブログにはプリクラ画像も投稿し、2人のラブラブぶりを見せつけている。 交際1カ月記念になったという今回のプリクラ。 画像には「1ヶ月きねん日」と手書きの文字が書かれており、桃は「もろ高校生にタイムスリップした感じ」とうれしそうにつづっていたのだが……。 「結婚後も毎晩のように遊び回っていた桃さん。 離婚からまーさんとの交際まで半年足らずということで不倫疑惑も浮上し、ブログを更新するたびに批判の声が殺到している状況です」(芸能ライター) 確かに、今回の更新がネットニュースになるや否や、ネット掲示板では「彼氏の黒歴史になるよ」「34歳でプリクラ公開って……」「脳内お花畑~!」と批判が集まっており、みな一様にあきれている様子だ。 また、2人の関係に言及する声も上がっているようで、.

次の

あいのり・桃、10歳下の彼氏と2カ月半破局が“嘲笑を浴びている”残念理由

あいのり 桃 2ちゃんねる

あいのりのももちゃんへの批判 2ちゃんねるでの批判を見ると、酷すぎて人間性を疑います… あいのり見ているときは男の人に媚びているように見えて嫌いでしたが、ブログを拝見するようになってセンスも良く、可愛くなるために貪欲なところに惹かれ、更新が楽しみです。 彼女の性格や行動に問題があったとしても、あそこまでプライベートに立ち入って文句を言い散らすのは如何なものでしょうか? 文句があるなら、不特定多数の目がいかないメッセージなどにすべきではないですか? そんな醜態を晒しておいて、ももさんの揚げ足を取るなんて本末転倒です。 やはり気になるのは彼女が羨ましいからなのでしょうか? 補足2chについては、割り切ってしまえばそれまでですが、「あいのり もも」と検索しただけで上位に書き込みが出る始末… これを見てももさんやご家族はどんな思いをするのか…ももさんが私たち一般人と近しい存在なだけに、つい肩入れしてしまいますね^^; たしかにいきすぎた中傷などはどうかと思いますが、私は彼女が批判される理由もわかります。 桃さんって27歳ですよね。 ちょっと軽はずみな発言や行動が多すぎる気がします。 法的措置とか言ってたことありましたよね。 アンチが桃さんとコラボとかしてた企業に苦情の電話とかしたことや、アンチのぐるっぽに対してだったと思うんですけど…。 その時、桃さんが、私とは関係がないのに企業にまで…みたいな発言してたの聞いて、無責任な人だなと思いました。 たしかにアンチはやりすぎ。 ただ、コラボとかしてるんだから企業が桃さんと関係ないわけがない。 そもそもきっかけは桃さんの買い占めが原因だったはずなのに、社会人なら自分の行動に責任もつべきだし、自分の発言・行動が周囲に迷惑かけることくらい理解すべき。 そしてブログはやめません。 他のブロガーさんに迷惑かけるので。 と言ってたのに、ツイッターは楽しくやりとりできないからと予告なく削除。 綺麗ごとばっかり言ってるけど、結局アメブロはお金が貰えるからやめたくないだけじゃんって言いたくなります。 あいのり時代はかわいいなとかおしゃれだなと思っていたけど、今の彼女に女子力は感じないです。 昔は本当に自分が使っているものを教えてくれたりしてたけど、今なんて全部アフィリエイトじゃないですか。 かなりズボラだし…。 まぁズボラなのはそういうのが親近感わくっていうのもわかるんですけど^^; 容姿、家族や友人、旦那さんへの批判、中傷などはいけないと思いますが、他の批判はある程度仕方ないと思いますよ。 職業ブロガーと言う肩書きで、私生活を記事のネタとして提供してお金をもらっている以上、批判されるのも仕事のうちです。 それが嫌ならブログやめたらいいのでは? かなり厳しいこといいましたが、元ファンです^^; (補足します) 上の方、じゃあ何でそもそも一般人がオフィシャルブログなんですか?事務所も入ってるみたいだし、芸能人とまではいかなくても有名人に違いないと思いますけどね。 美化はべつにしてないですよ。 そもそもあいのりの時から服装や髪形、雰囲気が好きだったので。 性格については特に気にもしてなかったし。 ただもうちょっと常識あるとは思ってたかな。 別に美化とかじゃなく、一般的に考えてです…^^; ブログ見なきゃいいんですよね、確かに。 でも今でもたまに気になって見ちゃう時あるんですよね。。 こういうのも彼女の魅力なんでしょうかね。 ちなみに今も別に嫌いなわけじゃないですよ^^; 私は逆にあいのりでは気になりませんでしたが、ブログをみていると正直どうなのかな、と思う点が多くなりました。 本当に使っているのかどうか疑わしいと思ってしまうような膨大な量のスキンケア商品の紹介 おそらく紹介することで広告収入を得ているのだと思いますが 、 多数の人の目に触れるオフィシャルブログでのせるべきではないような内容 最近では花嫁さんのウエディングドレスの下着姿と思われる写真の掲載など など、 感じ方は人それぞれだと思いますが私は彼女のブログには疑問に思うことが多いです。 それを一般人、という立場で責任逃れをしているようにも感じます。 たしかに2ちゃんねるのスレは嫉妬としかとれないような幼稚な内容や、モラルのない過激な書き込みが目立ちますが、常識的な指摘も多数ありますよ。 批判を目にしたくない人もいるでしょうし、ブログにメッセージを送るよりは本人の目に触れづらいところでやってる方が問題ないかと思いますが。

次の

【悲報】あいのり出演まんさん「『ババア』とか『顔デカい』とかも誹謗中傷になる。今後どんどんアンチを訴えていく」

あいのり 桃 2ちゃんねる

フジテレビで1999年10月11日から2009年3月23日まで放送されていた人気TV番組「あいのり」。 その「あいのりで」2007年12月3日放送回で新メンバーとして参加し、8ヵ国旅を続け、2008年12月15日の放送回で梅男さんに告白し帰国したのが桃さんでした。 現在桃さんはブロガーとして活動しています。 その桃さんが2019年3月2日自身のYouTubeチャンネルを開設しました。 翌日2019年3月3日YouTube動画初投稿。 初投稿動画で40万再生は凄いですね。 しかしこの動画は、高評価1600、低評価9500とかなり厳しい結果になってしまいました。 なぜこのように低評価が殺到してしまったのでしょうか?• 動画の内容は? 動画の内容は最初の投稿ということで自己紹介から始まり、飼い猫のラピちゃん、彼氏のまーさんの紹介もされていました。 YouTubeでは、メイクのこととか、日頃のこととか、旅行行ったときのこととか、ブログで伝えきれないようなことを上げていきたいな、と思います。 私と共に、ラピ(飼い猫)のこともたくさん上げていこうと思います。 と語っていました。 彼氏のまーさんは、あいのりの元メンバーであり桃さんの親友のクロちゃんの夫の弟だそうです。 出会いはホームパーティで2週間前から付き合い始めたとっ語っていました。 桃さんが34歳、まーさんが24歳ということで年の差カップルですが、本人たちは「気にならない」と語っていて仲の良さが伝わってきました。 低評価の理由は態度? 最初の動画らしくただの自己紹介動画でしたが85%以上の低評価率になってしまった原因は、コメント欄を見ていると• 元々アンチが多い。 態度が悪い。 もごもごしゃべっていて何言っているかわからない。 YouTubeを始めた理由について触れていない。。 が主な原因なようです。 コメント欄には• 桃ちゃん大好きだっただけに この姿勢、座り方がっかりです😞 これはないなー 行儀悪すぎ!! YouTube出すなら 若い方のお手本になってください! 本当にいい歳して恥ずかしすぎます。 収録中1人携帯いじっててわろたw普通に写ってたしびっくりした!• 猫ちゃん、抱っこされて嫌がっていますよね。 可哀想。 ちゃんと可愛がっていない感じですね。 口動かないのもおかしいし、なんか自己満足? に感じる。 伝えたいより、見て見て感強くて、なんか色々不自然で残念。 なんだかんだ高校生気分なのかな。 もごもごしゃべっていて何を言っているのかわからないのはYouTube始めたてあるあるですよね。 態度が悪いというのも、これから改善していえば良いと個人的には思います。 あとがき 今回はあいのりの元メンバー桃さんのYouTuberデビューと低評価が殺到してしまった件について紹介してきました。 最初の動画なので温かく見守ることも大切かもしれないですね。 逆に言えば最初の動画からこれだけの再生回数、低評価が集まるのは注目されている証拠です。 これからしゃべり方、態度など改善して人気YouTuberになれるように頑張ってほしいですね。 これからの桃さんの活動に期待して、応援していきましょう。

次の