ゴルフ 女子 賞金 女王。 年間獲得賞金|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会

渋野日向子2位タイ、鈴木愛が賞金女王/最終日詳細

ゴルフ 女子 賞金 女王

プロフィール [ ] に師事した後、独立。 からの「6年連続」での賞金女王(賞金ランキング1位)となり、マネークイーンの称号を保持した。 2008年7月13日の(札幌国際CC島松)において、女子ツアー史上初めて生涯獲得賞金10億円を突破した。 最高位は第3位(2006年3月第4週)。 好物は、。 2004年にはプロ通算30勝を達成し、史上最年少でを獲得した。 2011年、不動産関連会社役員の男性と結婚。 夫がツアーでキャディをしたこともある。 2015年以降は、試合数を減らして出場している。 来歴・戦績 [ ]• プロゴルファーテスト合格。 同年12月、「」でプロデビュー戦初優勝。 日本女子ツアー史上初めて年間獲得賞金額が1億円を突破し、初の賞金女王(賞金ランキング1位)になる。 に参戦し12位。 ツアー新記録となる年間「10勝」を挙げた。 獲得額は1億4932万5679円で、この年の男子賞金王を上回った。 7月ツアー通算「30勝」を達成し、日本女子ゴルフ史上最年少記録となる「27歳285日」でを獲得した。 この年からが強力なライバルとして出現する。 同年のでは宮里とのを制して大会2連覇。 「」で3位に入り、女子プロゴルフ生涯獲得賞金歴代1位となる。 最終戦ではと4打差の2位に終わって大会3連覇を逃したが、6年連続の賞金女王に輝いた。 2005年 に参戦し15位。 全英女子オープンに参戦し11位T。 全英リコー女子オープンに参戦し3位T。 5月 「」で優勝し、日本女子ツアー通算50勝を達成。 2011年12月 受賞。 年度別成績 [ ] 年 度 年間獲得賞金 順 位 平均ストローク 試合数 勝数 1996年 - - 71. 0000 1 1 1997年 22,400,175 34位 73. 7000 22 0 1998年 40,027,445 29位 72. 9419 29 0 1999年 56,386,976 4位 72. 1667 27 1 2000年 120,443,924 1位 71. 4969 27 6 2001年 89,248,793 1位 71. 5921 25 4 2002年 95,690,917 1位 71. 0506 26 4 2003年 149,325,679 1位 70. 2727 24 10 2004年 142,774,000 1位 70. 6389 23 7 2005年 122,460,908 1位 70. 5584 24 6 2006年 46,010,000 15位 72. 3269 16 2 2007年 87,061,631 6位 71. 4961 20 2 2008年 91,857,367 5位 71. 7647 22 4 2009年 43,978,276 17位 71. 6563 20 0 2010年 69,701,733 7位 71. 8289 24 2 2011年 60,518,023 9位 71. 9457 20 2 2012年 45,283,900 16位 71. 4306 23 0 2013年 35,566,959 30位 71. 5811 24 0 2014年 17,190,725 52位 72. 2500 19 0 2015年 11,809,000 62位 73. 1429 12 0 2016年 1,074,000 127位 73. 4444 3 0 2017年 10,436,000 75位 73. 8700 8 0 不動党 [ ] 6年連続の賞金女王に輝くなど、不動は一時的な存在としてゴルフファンに知られていた。 そのためか2007年1月、不動裕理絶対主義者の有志によって「不動党」が結成され、不動裕理が出場する試合には不動党をつけた党員が常時観戦している。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

渋野日向子「2019年賞金女王獲得」の総額は?歴代の比較や年収も調査!

ゴルフ 女子 賞金 女王

第2打、ピン左奥約6メートルの位置に。 バーディーパットは左に外れ1メートルオーバー、返しのパットを入れパー。 リコーカップ 第4日 1番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) リコーカップ 第4日 1番、スタート前にトロフィーをこすり笑顔を見せる鈴木愛(撮影・横山健太) 2番582ヤード、パー5=パー ティーショットはフェアウェーに。 第2打もフェアウェー。 第3打はピン奥左7メートルへ。 バーディーパットはわずかに外れパー。 リコーカップ 第4日 2番、観客を引き連れ移動する渋野日向子(撮影・横山健太) 3番412ヤード、パー4=パー 第1は右ラフ。 第2打、ピン左6メートルの位置に。 第3打はわずかにオーバーしパー。 リコーカップ 第4日 3番、談笑する渋野日向子(撮影・横山健太) 4番358ヤード、パー4=パー ティーショットはフェアウエー右端。 第2打は左奥エッジ。 第3打、10ヤードのアプローチを50センチにつけパー。 リコーカップ 第4日 4番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 5番194ヤード、パー3=パー 第1打、ユーティリティーで右エッジ。 第2打、18ヤードのアプローチ、80センチに寄せてパー。 リコーカップ 第4日 5番、お菓子を手に取る渋野日向子(撮影・横山健太) 6番387ヤード、パー4=パー 第1打、ドライバーで右ラフ。 第2打ピン奥7メートル。 第3打下りが入る強いフックライン、カップ右を抜けて1メートルオーバー。 返し入れてパー。 リコーカップ 第4日 6番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 7番397ヤード、パー4=パー 第1打はドライバーで右ラフ。 第2打ピン右2・5メートル。 第3打フックライン、カップの右に抜け、お先のパー。 リコーカップ 第4日 7番、2打目を放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 8番185ヤード、パー3=パー 第1打はピンまで10メートル。 第2打は打ち切れず60センチショート。 リコーカップ 第4日 8番、ラインを確認する渋野日向子(撮影・横山健太) 9番490ヤード、パー5=パー 第1打はドライバーでフェアウエー右サイド。 第2打、2オン狙うも高いアゴのある右手前のバンカーへ。 第3打、アゴに当たり出ず。 第4打、ピンまで1・5メートルの位置へ。 入れてナイスパー。 あまりチャンス作れず、我慢しながら全部パーにまとめる。 リコーカップ 第4日 9番、バンカーショットをミスする渋野日向子(撮影・横山健太) 10番341ヤード、パー4=パー 予報より早く雨が降りだす。 第1打はFWでフェアウェーウッドでフェアウエーに。 第2打はピン奥3メートルにつける。 バーディーパットはカップ左に止まりパー。 リコーカップ 第4日 10番、もぐもぐする渋野日向子(撮影・横山健太) 11番485ヤード、パー5=パー 第1打はフェアウエー右バンカーのアゴ近く。 第2打、アイアンでフェアウエーに。 第3打はピン左15メートルに3オン。 第4打は2・5メートルオーバーしたが、返しを入れてナイスパー。 リコーカップ 第4日 11番、バンカーショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 12番140ヤード、パー3=バーディー 第1打をアイアンでピン根本に落とし50センチにつける。 初バーディーで通算6アンダー。 リコーカップ 第4日 12番、バーディーを奪い笑顔を見せる渋野日向子(撮影・横山健太) 13番495ヤード、パー5=バーディー 第1打、1Wで右ラフ。 第2打2オン狙い花道。 第3打25ヤードのアプローチショットはピン左50センチ。 第4打で沈め 連続バーディーで通算7アンダー。 13番、ショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 14番383ヤード、パー4=パー 第1打フェアウエー。 第2打グリーン前ラフ。 第3打12ヤードのアプローチ。 第4打で沈めパー。 リコーカップ 第4日 14番、悔しがる渋野日向子(撮影・横山健太) 15番413ヤード、パー4=ボギー 第1打はフェアウエー。 第2打、右奥ピンを攻め奥ラフにこぼれる。 第3打、7ヤードのアプローチ、1・5メートルショートする。 外してボギー。 通算6アンダーに後退。 リコーカップ 第4日 15番、パットを外し肩を落とす渋野日向子(撮影・横山健太) 16番171ヤード、パー3=パー 第1打は手前ラフ。 第2打ピンまで6ヤード、チップイン狙うが入らずパー。 17番317ヤード、パー4=パー 第1打はフェアウエー。 第2打ピン前7メートルに。 グリーン横のリーダーボードに1位10アンダーでペ・ソンウ、鈴木愛が5アンダーの5位タイと表示される。 第3打のバーディーパットは入らずパー。 リコーカップ 第4日 17番、パットを外し肩を落とす渋野日向子(撮影・横山健太) 18番423ヤード、パー4=バーディー 第1打をフェアウエーに。 第2打、アイアンで左前2・5メートルに。 第3打バーディーパットを沈め、笑顔で締めくくる。 通算7アンダー。 リコーカップ 第4日 18番、ホールアウトする渋野日向子(撮影・横山健太).

次の

【女子ゴルフ】昨季賞金女王・鈴木愛 プレーオフで敗れ悔しい2位「本来、優勝争いをするようなゴルフではないかな」

ゴルフ 女子 賞金 女王

第2打、ピン左奥約6メートルの位置に。 バーディーパットは左に外れ1メートルオーバー、返しのパットを入れパー。 リコーカップ 第4日 1番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) リコーカップ 第4日 1番、スタート前にトロフィーをこすり笑顔を見せる鈴木愛(撮影・横山健太) 2番582ヤード、パー5=パー ティーショットはフェアウェーに。 第2打もフェアウェー。 第3打はピン奥左7メートルへ。 バーディーパットはわずかに外れパー。 リコーカップ 第4日 2番、観客を引き連れ移動する渋野日向子(撮影・横山健太) 3番412ヤード、パー4=パー 第1は右ラフ。 第2打、ピン左6メートルの位置に。 第3打はわずかにオーバーしパー。 リコーカップ 第4日 3番、談笑する渋野日向子(撮影・横山健太) 4番358ヤード、パー4=パー ティーショットはフェアウエー右端。 第2打は左奥エッジ。 第3打、10ヤードのアプローチを50センチにつけパー。 リコーカップ 第4日 4番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 5番194ヤード、パー3=パー 第1打、ユーティリティーで右エッジ。 第2打、18ヤードのアプローチ、80センチに寄せてパー。 リコーカップ 第4日 5番、お菓子を手に取る渋野日向子(撮影・横山健太) 6番387ヤード、パー4=パー 第1打、ドライバーで右ラフ。 第2打ピン奥7メートル。 第3打下りが入る強いフックライン、カップ右を抜けて1メートルオーバー。 返し入れてパー。 リコーカップ 第4日 6番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 7番397ヤード、パー4=パー 第1打はドライバーで右ラフ。 第2打ピン右2・5メートル。 第3打フックライン、カップの右に抜け、お先のパー。 リコーカップ 第4日 7番、2打目を放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 8番185ヤード、パー3=パー 第1打はピンまで10メートル。 第2打は打ち切れず60センチショート。 リコーカップ 第4日 8番、ラインを確認する渋野日向子(撮影・横山健太) 9番490ヤード、パー5=パー 第1打はドライバーでフェアウエー右サイド。 第2打、2オン狙うも高いアゴのある右手前のバンカーへ。 第3打、アゴに当たり出ず。 第4打、ピンまで1・5メートルの位置へ。 入れてナイスパー。 あまりチャンス作れず、我慢しながら全部パーにまとめる。 リコーカップ 第4日 9番、バンカーショットをミスする渋野日向子(撮影・横山健太) 10番341ヤード、パー4=パー 予報より早く雨が降りだす。 第1打はFWでフェアウェーウッドでフェアウエーに。 第2打はピン奥3メートルにつける。 バーディーパットはカップ左に止まりパー。 リコーカップ 第4日 10番、もぐもぐする渋野日向子(撮影・横山健太) 11番485ヤード、パー5=パー 第1打はフェアウエー右バンカーのアゴ近く。 第2打、アイアンでフェアウエーに。 第3打はピン左15メートルに3オン。 第4打は2・5メートルオーバーしたが、返しを入れてナイスパー。 リコーカップ 第4日 11番、バンカーショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 12番140ヤード、パー3=バーディー 第1打をアイアンでピン根本に落とし50センチにつける。 初バーディーで通算6アンダー。 リコーカップ 第4日 12番、バーディーを奪い笑顔を見せる渋野日向子(撮影・横山健太) 13番495ヤード、パー5=バーディー 第1打、1Wで右ラフ。 第2打2オン狙い花道。 第3打25ヤードのアプローチショットはピン左50センチ。 第4打で沈め 連続バーディーで通算7アンダー。 13番、ショットを放つ渋野日向子(撮影・横山健太) 14番383ヤード、パー4=パー 第1打フェアウエー。 第2打グリーン前ラフ。 第3打12ヤードのアプローチ。 第4打で沈めパー。 リコーカップ 第4日 14番、悔しがる渋野日向子(撮影・横山健太) 15番413ヤード、パー4=ボギー 第1打はフェアウエー。 第2打、右奥ピンを攻め奥ラフにこぼれる。 第3打、7ヤードのアプローチ、1・5メートルショートする。 外してボギー。 通算6アンダーに後退。 リコーカップ 第4日 15番、パットを外し肩を落とす渋野日向子(撮影・横山健太) 16番171ヤード、パー3=パー 第1打は手前ラフ。 第2打ピンまで6ヤード、チップイン狙うが入らずパー。 17番317ヤード、パー4=パー 第1打はフェアウエー。 第2打ピン前7メートルに。 グリーン横のリーダーボードに1位10アンダーでペ・ソンウ、鈴木愛が5アンダーの5位タイと表示される。 第3打のバーディーパットは入らずパー。 リコーカップ 第4日 17番、パットを外し肩を落とす渋野日向子(撮影・横山健太) 18番423ヤード、パー4=バーディー 第1打をフェアウエーに。 第2打、アイアンで左前2・5メートルに。 第3打バーディーパットを沈め、笑顔で締めくくる。 通算7アンダー。 リコーカップ 第4日 18番、ホールアウトする渋野日向子(撮影・横山健太).

次の