ルーシー インザ スカイ。 ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(Lucy In The Sky With Diamonds )ビートルズ歌詞・和訳

エルトン・ジョンとルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ

ルーシー インザ スカイ

「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ 」 の 収録アルバム 『 』 リリース 録音 1967年2月28日、3月1日、2日 時間 3分29秒 、 、 『 』 収録曲 A面• 「 ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」• 「」 B面• 「」 「 ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」(: Lucy in the Sky with Diamonds)は、の楽曲である。 にリリースされた、8作目の『』の3曲目に収められている。 名義となっているが、主にによって作られた。 解説 [ ] がとと、が一部のを担当している。 ジョンとポールはハーモニーを重ねる際に、お互いの声を真似るようにして声をコントロールしたともいわれている [ ]。 ジョージもリードボーカルのジョンの声質を想定した歌い方をしている。 ただしジョンは自分の声が嫌いだったと言われており [ ]、中期以降は声質を変える試みを行うことが多く、この曲も自身の声質を変えるために「ボーカルをなどに使用するレズリースピーカーに通した」とも、「であるステレオマシン、もしくはの試作品を使用した」とも、「にする際にバック演奏の再生速度を変えた」とも言われている。 あるいは、それらの複合使用説もある。 歌詞、サウンド共に音楽の典型とされている。 タイトルの名詞の頭文字をつなげると「」になる。 これによりラジオで一部放送禁止にもなったが、ジョン自身は解散後に出演したテレビ番組で「その話を聞いて驚いて、『サージェント・ペパーズ』に入ってる他の曲の歌詞も全部調べた。 同じようなことがないかどうかね。 結局なかったけど、単なる偶然だよ」と述べている。 なお、ジョンは「の『』に触発された」と主張している。 一方、ポールは後にこの曲を含めビートルズは「」からのインスパイアを受けていたことを認めた。 に公開されたアニメ映画『』で使用されており、に発表されたリミックス・アルバム『』にも収録されている。 なお、同アルバムには、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の冒頭の2曲同様、ベーシックトラックが処理される前の音をシンクロ技術で組み合わせたバージョンが収録されている。 後に発表されたジョン作の楽曲「」の歌詞にも「ルーシー」が登場する。 ジュリアンの絵 [ ] のある日、ジョン・レノンの息子は保育園から帰ると、ルーシーという名のクラスメートについてジョンに話した。 ジュリアンはジョンに絵を見せながら「ルーシーがダイヤモンドを持って空にいるんだ」と説明した。 ジュリアンはその後「僕はなぜたくさん描いた絵の中からそれを選んだのか分からない。 でも、その当時はルーシーに対する好意をはっきり持っていたんだ。 僕はそのころよく父に保育園で描いたり作ったりした物を見せていたんだよ。 この絵は父に『ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ』のアイディアをひらめかせたんだ」と語った。 レコーディング [ ] この曲のレコーディングに先立って、にでリハーサルが行なわれ 、にレコーディングが開始された。 この曲は4トラック・レコーダーで録音され、最初のテイクではトラック1にと、トラック2にによる、トラック3にによる、トラック4にジョンによるガイド・ボーカルが録音された。 第8テイクでジョンのガイド・ボーカルが、による ()に置き換えられ、その後された。 にジョンによるが施されたとポールによるがトラック2と3に、ポールによるとジョージによるがトラック4に録音された。 この曲のモノラル・ミックスはに11パターンも制作されたが、最終的にに制作されたモノラル・ミックスが採用された。 なお、ステレオ・ミックスはに制作された。 演奏 [ ]• - ()、• - 、、• - 、 ()、• - カヴァー・バージョン [ ] 「 ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」 の リリース 時間 6分16秒 チャート最高順位 1位() 10位() 年表 () ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ () () 多くのビートルズ・ナンバーと同様に、この曲も多くのアーティストによってカヴァーされた。 俳優のが1986年にカヴァーしたものは、発表当時成功しなかったが、数十年後に [ ]上で有名になった。 シャトナーのヴァージョンはビートルズのカヴァーの中でも史上最悪の楽曲とされ 、シャトナー本人も自伝でそうした評価があることは認めている。 1974年にエルトン・ジョンが発表したヴァージョンにはジョン・レノンがバック・ヴォーカルとギターで参加し、1975年1月の・チャートで2週連続1位、イギリスでは最高位10位を獲得した。 2001年公開の映画『』のでは、との2組がこの曲をカヴァーした。 映画に使われたのはブラック・クロウズのヴァージョンで、エイミーはそのことを悔しがったという [ ]。 その他のカヴァー [ ]• - 1988年のトリビュート・アルバム『』に収録。 その他には、、、、などがカヴァーしている。 文化的影響 [ ] この曲は人類学上の発見にも影響を与えた。 1974年11月24日に、とトム・グレイはので318万年前の、の女性の骨格を発見した。 その作業時にビートルズ・ナンバーが流れていたことから、その化石人骨は「」と名付けられた。 2004年2月13日に、の天文学者はの発見を発表した。 のSF小説『』では、がの力で太陽化して「」と命名されるが、続編『』では木星の核に存在した超巨大ダイヤモンドがルシファー誕生の際に宇宙に飛散したとされ、本曲に触れるくだりがある。 監督の映画『』では、サムが生まれた娘に本曲からインスパイアを受けルーシー・ダイアモンドと名付けている。 収録アルバム [ ]• 『』 - リミックス・バージョンを収録• 『』 - リミックス・バージョンを収録• 『』 - のライヴ盤。 ジョン・レノンとエルトン・ジョンによるカヴァー(ライヴ)音源を収録。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Compton, Todd 2017. Who Wrote the Beatle Songs? A History of Lennon-McCartney. San Jose: Pahreah Press. 180. All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York: St. Martin's Press. 182. 1971年9月8日. インタビュアー:. New York:• 日本語. BARKS ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2004年6月3日. 2018年11月15日閲覧。 Washington Post. Associated Press Washington, D. : p. C02. 2004年6月3日• The Guardian. 2009年9月28日. Kral, Georgia 2009年6月9日. Spinner. 2018年9月30日閲覧。 , , 2 February 2008• 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966—1970. New York, NY: Three Rivers Press. 2018年9月30日閲覧。 Shatner, William 2008. Up till now: the autobiography. New York: Thomas Dunne Books. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 先代: 「アンジー・ベイビー」 ナンバーワンシングル (エルトン・ジョン・バージョン) - (2週) 次代: 「」.

次の

ルーシー・イン・ザ・スカイ|m_um_u|note

ルーシー インザ スカイ

概略 [ ] 宇宙飛行士のルーシー・コーラは長期間にわたる宇宙滞在ミッションを終えて地球へと帰還した。 ミッションの中で、ルーシーは広大な宇宙における地球の矮小さを実感し、地球上のあらゆるものが色あせて見えるようになった。 温厚な性格で、今まで自分を支えてきた夫(ドリュー)すら、最早下らない人間でしかなかった。 魅惑的な宇宙空間に戻るべく、ルーシーはひたすら訓練に打ち込んでいた。 そんなルーシーを惹き付けたのが、同僚のマークであった。 マークはドリューとは違い、野心的で男性的な魅力を十二分に備えていたからである。 やがて、2人は不倫関係になった。 ほどなくして、ルーシーはマークが訓練生にも手を出していることを知った。 それが原因で彼女の精神状態は一気に悪化し、ついには、とんでもない事件を引き起こすことになった。 キャスト [ ]• - ルーシー・コーラ• - マーク・グッドウィン• - エリン・エックルズ• - ドリュー・コーラ• - フランク・パクストン• - ナナ・ホルブルック• - ブルー・アイリス• - ハンク・リンチ• - ハインズ• - プリンプトン博士• - ケイト・ムーニエ• - ジム・ハント 製作 [ ] 2月18日、映画『 Pale Blue Dot』の主演にリース・ウィザースプーンが起用されたと報じられた。 11月、スケジュールの都合で、ウィザースプーンが降板することになった。 1月11日、ウィザースプーンの代役としてナタリー・ポートマンの起用が発表された。 3月14日、ジョン・ハムが本作に出演するとの報道があった。 4月2日、ザジー・ビーツが本作の出演交渉に臨んでいると報じられた。 5月10日、ダン・スティーヴンスの出演が決まった。 6月8日、エレン・バースティンが起用されたとの報道があった。 同月中、本作のが始まった。 7月、コールマン・ドミンゴとジェレマイア・バーケットがキャスト入りした。 公開・マーケティング [ ] 2019年3月19日、本作のティーザー・トレイラーが公開された。 8月26日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された。 9月11日、本作はでプレミア上映された。 評価 [ ] 元宇宙飛行士のは本作の設定に対して「宇宙に長期間いたからといって、宇宙飛行士が現実感覚を失うというのは非現実的に過ぎる」と批判している。 出典 [ ]• Variety 2017年2月18日. 2019年9月4日閲覧。 Deadline. com 2017年11月9日. 2019年9月4日閲覧。 Hollywood Reporter 2018年1月11日. 2019年9月4日閲覧。 Variety 2018年3月14日. 2019年9月4日閲覧。 Hollywood Reporter 2018年4月2日. 2019年9月4日閲覧。 Hollywood Reporter 2018年5月10日. 2019年9月4日閲覧。 Hollywood Reporter 2018年6月8日. 2019年9月4日閲覧。 Independent 2018年6月28日. 2019年9月4日閲覧。 Deadline. com 2018年7月10日. 2019年9月4日閲覧。 Indiewire 2019年3月19日. 2019年9月4日閲覧。 Indiewire 2019年8月26日. 2019年9月4日閲覧。 Hollywood Reporter 2019年8月19日. 2019年9月4日閲覧。 Time 2017年3月29日. 2019年9月4日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

エルトン・ジョンとルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ

ルーシー インザ スカイ

ザ・ビートルズの8枚目のスタジオ・アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の発売50周年を記念したスペシャル記念エディションより、「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」のファースト・テイク音源が公開されている。 『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の50周年記念エディションは、1CD、2枚組CDおよびデジタル、2枚組LP、6枚組スーパー・デラックス・セットの4バージョンで登場。 ジャイルズ・マーティンとサム・オケルがミキシングを担当したステレオ・リミックス音源が収められるほか、2枚組および6枚組の各バージョンにはアルバム楽曲の未発表テイクなどが多数収録される。 なお、先頃リリースとなった「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」、「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」の2曲に続いて、「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(リミックス)」「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(テイク1)」のデジタル配信も開始された。 同企画では、5月19日(金)から大阪・ディアモール大阪、5月26日(金)から東京・タワーレコード渋谷店に、約3メートル四方の『サージェント・ペパーズ』ジャケット・オブジェが期間限定で設置されるという。 universal-music. 1サラウンド・オーディオ・ミックス プラス「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」2015年5. 1サラウンド・オーディオ・ミックス 【ブルーレイ:DTS HDマスター・オーディオ5. 1、ドルビー・トゥルーHD 5. 1/DVD:DTS、ドルビー・デジタル5.

次の