吉本 どう でも いい。 だいたいで、いいじゃない。 (文春文庫)

吉本興業の芸人さんのマネージャーになるにはどうしたらいいですか?出来れば...

吉本 どう でも いい

今後吉本はどうすればいいのか? 2019年 07月14日 日 16:48 今回の吉本闇営業問題をまた繰り返さないようにするにはどうすれば良いのか? 多くの意見として挙げられる吉本芸人の給与を上げるという事でしょう。 あまり結果を残していない芸人に給与を払いたくないという企業側の言い分も分かります。 だけど芸人だって紛れもなく一人の社会人であり、 会社に勤めている以上は会社員でもあります。 生活の為に闇営業に手を出す芸人がまたこの先多く出てしまったら、 間違いなく世間からの信用を失い吉本興業という企業は無くなる可能性だって大いにあります。 視聴者が安心してタレントを観れる・芸人問わず芸能人の生活も保障できるという win-winな関係を築いていかなければなりません。 しかし、ただ給与を上げるようにすれば良いと言うだけで実現するわけではありません。 何故なら吉本の所属タレントは6000人を超えるほどの規模であり、 スタッフも含めるとなると莫大なお金が必要となります。 普通に考えると全芸人の給与を上げると言うのは到底不可能でしょう。 ではどのような対策をすればいいのか? ここから自分なりの意見を挙げていきます。 まず増えすぎた別の芸能事務所に移すという形でタレントの数を減らすという事です。 しかしながら、吉本所属の芸人にとっては吉本に入りたいと思ってその事務所に入ったのに 上の都合で移籍させられるのは納得できないと反発されるのは必然です。 そこで自分が考えたのが、「中小事務所の幾つかを吉本の提携事務所とする」という案です。 吉本には「Showtitle」といった子会社が存在します。 日本各地にある中小事務所と関係を結び芸人の何人かをその事務所に移籍させながらも、 吉本関連の芸能人として吉本関連のライブや営業にも行けるようにする。 もちろん吉本と他の事務所が対等合併を結べる保証はありませんが、 移籍させられる芸人も納得できるという点では一番良いのではないかと考えられます。 次に考えとして挙げるのは、より多くの吉本芸人を地方に派遣する事です。 吉本には「住みます芸人」という地域密着型プロジェクトがあり、 全国47都道府県や海外に派遣し地方の創生を目指していくというもの。 そういったプロジェクトをもっと盛んにしていくべきだと考えています。 どんな風に盛んにしていくのかというと、 日本には都会に人が流れていく事により地方の人口減少が著しい状況で、 過疎化や限界集落といった言葉が多く見受けられます。 そこで多くの芸人をそのような地方に派遣し、 芸人活動の傍ら農業や漁業などの仕事に従事したりして、 その仕事の模様をTwitterやインスタグラムなどのSNSを使って発信、 道の駅や地方の名物・名産などをテレビだけでは伝えられない部分をPRしていくという、 農業などの仕事で収入を安定させつつ派遣された芸人が中心となり 地域を発展する町おこしを推進する企画をより広げていくべきだと考えられます。 場合によっては多くの人から注目されて地方全体の収益にも繋がり、 派遣される地方にとって大きなプラスにもなり得るでしょう。 最後の案として社会主義に近い考えですが、 売れている芸能人の給与を生活譲歩ラインまでカットするのが究極的な方法でしょう。 自分の考えた案が本当の意味で抜本的な解決に繋がる保証はどこにもありません。 しかし吉本坂46という新たに好きなグループが出来た以上、 この闇営業の話は吉本坂ファンとして決して無関係な話ではありません。 少しでも声を挙げる事によってほんの些細な事でも本来あるべき芸能の形に戻せればいい、 そんな思いでこの記事を書きました。 今後の吉本の対応にしっかり注目していきましょう。

次の

吉本騒動は茶番だしどうでもいいのにテレビの報道がばかばかしいね!

吉本 どう でも いい

吉本芸人のアホさ加減から、いろいろと報道されています。 だいたい、 反社会勢力と付き合うこと自体がアカンのです。 反社とは知らなかった、と言っていますが、知っていたか気づいたんでしょ。 嘘から始まって、嘘だらけの記者会見なんて誰も信じませんよ。 芸人仲間では「あいつらはうそを言ってない」なんて、バカなことを言っている輩もいますが、最初から嘘だったのですから、何にも信じられないですよね。 宮迫ややが反社会的勢力と仲良くしたことが茶番の始まり! が札束をレイのようにして、仲良く反社会的勢力の幹部と写真に写っていたこと、宮迫やが詐欺集団の忘年会に出席して芸を披露したこと… これが吉本の茶番の始まりということを再認識すべきだと思います。 反社会的勢力と付き合うのはなぜ悪いのか? 今さらという感がありますが、反社会的勢力の資金源となる要因があるからですね。 反社会的勢力は、その言葉通り、社会から撲滅されてしかるべき存在です。 ですから、芸人と言えども反社会的勢力には加担してはいけないわけです。 宮迫ややは、最初から知ったうえで反社会的勢力の会合に出向いた可能性があります。 本人らは否定していますが、この点が本当に疎かにされています。 一番問題なのは 反社会的勢力と知ったうえで出席したのかどうかなんです。 全く知らずに行ったというのは、芸能社会と言う特殊事情が介在する限り、にわかに信じがたいです。 出席時の本人らの認識があいまいにされたままでの議論は本当にナンセンスでバカげています。 闇営業と言っているけどそれは一つの会社の単なる内部問題です。 闇営業、闇営業という報道が主流ですが、そんなことは一般市民にはほとんど関係ありません。 なぜなら、闇営業と言うのは事務所を通さない金銭の授受です。 でも、契約は有効に成立しています。 しかし、それが吉本という組織に所属する芸人にとっては、会社のになるわけです。 ですから、が所属芸人の処分に踏み切っただけです。 反社会的勢力の介入なしに興行は成り立っているのか? 昔は、相撲でもボクシングでも野球でも何でもかんでも、地方興行は反社会的勢力の存在なしには成り立たなかったと聞いています。 戦後まもなくできたプロ柔道(たとえば木村正彦さん)なんかは、まさに反社会的勢力がいたからこそ興行が行えたのでしょう。 この点はたけしさんも認めているようです。 昔の地方営業は、反社会的勢力抜きでは語れないはずです。 今はどうなんでしょうか?反社会的勢力のや息のかかっていない企業で、すべてまかなえているんでしょうか? 事の発端が反社会的勢力の会合にあったわけですから、ここをもっと突き詰めてほしいと思っています。 問題の本質が反社会的勢力にあるはずなのに、 メディアは本当にバカな報道に終始していますよね。 宮迫やや吉本の社長の会見は本当に茶番! 世論が厳しく問い詰めるのは、反社会的勢力との付き合いです。 反社会的勢力と決別すべきだからです。 ですので、宮迫やはそこに言及すべきでした。 本当に反社会的勢力とは知らずに出席してしまったことを強調すべきだったのです。 でも、金銭を授受したことを偽っていたとかの問題に矮小化されています。 確かに詐欺集団の被害者のお金を受け取っていたことは強い非難に値します。 しかし、 そもそもは、反社会的集団と認識していたのかどうかが問われるわけです。 そこを精査しないままでの報道のせいで、茶番劇が始まったのです。 加えて、闇営業だ!なんて騒ぎ立てるわけですから、ますます事の本質から遠ざかってしまいました。 先述したとおり、闇営業と言うのは事務所を通さない契約ですから、庶民には全く重要な問題ではないんですね。 重視すべきは、芸人が反社会的勢力とつながって、その資金源の獲得に加担しているかどうかなんです。 吉本の社長の会見がああだこうだ言われていますが何の意味もない! 吉本の社長の記者会見に対して、「嘘だ、矛盾している」「質問に答えていない」などと盛んに報道されています。 どうでもいいことです。 さらに、有名芸能人が「もう吉本を辞める」「会長に直談判する」などと叫んでいますが、ここも庶民にはどうでもいいことです。 なんか、 問題がすりかわっています。 宮迫やがあれだけ真剣に本当のことを言ったのだから、可哀想だし先輩芸人が助ける…なんて、お涙頂戴の茶番になってしまっています。 勧善懲悪の世界はで十分ですよね。 さいごに 事の本質は、やはり反社会的勢力との関わりのはずです。 そこのところを軽くスルーして、面白おかしく報道されているのは本当に不思議です。 報道する側も、反社会的勢力から何か圧力でもあるんでしょうか? 問題とすべきは芸能界と反社会的勢力とのかかわり合いにあると思います。 もういい加減に、一つの会社の茶番劇を報道することは差し控えてもらいたいと考えます。 国民が考える問題はたくさんあります。 問題、、高齢者の不適切運転、8050問題、通り魔問題etc. いくら視聴率を稼げるからと言って、一つの会社の、もともとは反社会性に端を発した問題を、さも大事なように報道すること自体も茶番ですよね。 yuitan2010.

次の

老舗 吉本共栄堂(高知県高知市)|最大30万円分のクーポン券をプレゼント!|いい仏壇

吉本 どう でも いい

お酒は体にいいのか悪いのか。 多くの人が関心を寄せる問題です。 「少し飲むのであればむしろ健康にいい」「いやいや、総じて体に悪い」。 そう、ぼくのように感じている人もいるのではないでしょうか。 ぼくは医療を専門に取材しているライターです。 縁あってお酒に詳しい医師と出会えたので、お酒が健康に与える影響の実際のところを聞いてきました。 特に気になるのが、 「少量飲酒」。 「少しのお酒は体にいい」という説を聞いたことがある人もいると思いますが、こうした考え方は専門家の間ではどう捉えられているのでしょう。 取材してみると、 実はこれまでの説を脅かす論文が発表されていることがわかりました。 加えて気になるのは、なるべく健康を害さないお酒の飲み方。 お酒で健康を損ねたくない人はどんな風に飲めばいいのでしょうか。 お酒が研究テーマの一つである、筑波大学地域総合診療医学の吉本尚准教授〔PHOTO〕著者撮影 吉本准教授は続けます。 「そんな中で、 『少量飲酒は体にいい』説を覆す信頼性の高い論文が2018年8月にされたのです。 論文一つを絶対視することはできませんが、その内容から、『少量飲酒が体にいいとは言えなくなってきたぞ』と、多くの研究者が感じたのではないでしょうか」 悪影響を最小化する飲酒量は「ゼロ」… 「少量飲酒が健康に良い」と言われてきたのは、「アルコールが動脈硬化の進行を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞などの循環器疾患の発症リスクを下げる」とする研究結果があるためです。 吉本准教授が先に挙げた論文は、世界195カ国で実施された592の研究を統合してアルコールの影響を総合的に評価したもので、研究には500人以上の専門家が参加したといいます。

次の