ボブ クレーマー 包丁。 【楽天市場】【公式】 ZWILLING ボブ・クレーマー ユーロ ステンレス シェフナイフ 16cm (ZWILLING J.A. HENCKELS ツヴィリング J.A. ヘンケルス)

【高級ナイフ】世界一切れ味の良い包丁「ボブ・クレーマー」を輩出したツヴィリングのナイフ「雅(MIYABI)」を試してみた!

ボブ クレーマー 包丁

オーダー品の入手は不可能と言われるプレミア品であるボブ・クレーマー氏のナイフを、日本のナイフ職人が見事に再現したシリーズです。 オリジナルの『シェブロン ダマスカス』。 中世より西洋の紋章にも見られる杉綾紋様を表現した101層のダマスカスは、このシリーズを一目で印象付けるシンボル的存在。 手に吸い付く様な握り心地のハンドル、そして究極の切れ味を誇る刃付け。 それらの特徴を全て、ツヴィリングJ. ヘンケルスの岐阜県関市の工場で再現しました。 鋼材は高度63の「マイクロカーバイドMC63ステンレススチール 」を使用し、硬度約60の日本刀を超える硬さを誇るナイフです。 フジテレビ「でんじろうのTHE実験」(2019年7月7日午後8時〜放送)登場を記念して、「ボブ・クレーマー ユーロステンレス」シリーズ全品を10%OFF。 この機会にボブ・クレーマーの切れ味をご体験ください。 ・キャンペーン期間:2019年7月8日(月)〜2019年7月31日(水) ・キャンペーンページ: ・対象商品:ボブ・クレーマー ユーロステンレス全品のみとなります。 Twitter…公式ツイッター( Zwillingjapan)をフォローしてキャンペーン記事をリツイートで応募。 ・賞品内容:「ボブ・クレーマー ユーロステンレス」パーリングナイフ1本 Instagram応募、Twitter応募から抽選で各1名様。 硬度約63。 極めて微細で均一な分子構造は、スムースな切れ味と耐久性を実現します。 ・ ハンドル形状エルゴノミー:持ちやすさを意識して作られたハンドルです。 ボブ・クレーマー氏がデザインした丸みのあるハンドルは手に優しくフィットし、そのしっかした太さは、ユーザーに安定感をもたらします。 ・ ハンドル素材ブラックリネンマイカルタ:繊維を樹脂で硬化させた木のような握り心地の素材で、耐熱性、耐衝撃性に優れています。 ・ お客様のお問い合わせ先 ブランド名:ZWILLING(ツヴィリング) 社名:ツヴィリングJ. ヘンケルスジャパン株式会社 TE L :0120-75-7155 URL.

次の

砥石と包丁についての質問です

ボブ クレーマー 包丁

世界最高の包丁職人 Bob Kramer ボブ・クレーマー 氏 がプロデュースしたZWILINGのナイフ。 ナイフビルダー 職人 、ボブ・クレーマー氏オリジナルの『シェブロン ダマスカス』。 中世より西洋の紋章にも見られる杉綾紋様を表現した101層のダマスカスは、このシリーズを一目で印象付けるシンボル的存在です。 それらの特徴を全て、ZWILLING J. HENCKELSの日本のナイフ職人が見事に再現したシリーズです。 Bob Kramer ボブ・クレーマー シェフの経験から包丁研ぎの重要さに気付く。 自身がシェフであった経験をもとに"手入れがしやすく、よく切れる"ナイフを作り出しています。 彼に包丁を研いでもらうと『新品以上の切れ味を甦らせる』とシェフのなかで評判になり、包丁を造るようになる。 オーダー品の入手は不可能と言われるほどのプレミア品です。 ブレード 鋼材 MICRO CARBIDE MC63 STAINLESS STEEL 硬度 約63 刃渡り 約18cm 生産国 日本 刃付け レイザーエッジエクストラスムース 冷硬処理 クリオデュア ダマスカス 101層のBob Kramer氏独自のシェブロンダマスカス紋様 対応可能シャープニングアイテム ツインストンプロ・ツインストロッピングレザー・MIYABI砥石プロ。 ハンドル 素材 ブラックリネンマイカルタ 構造 全貫通 装飾 Bob Kramer氏プロデュースである証のロゴ入りリベット 食洗機 使用不可.

次の

ボブ・クレーマー受注会を開催!

ボブ クレーマー 包丁

 一番切れる包丁 世界一切れる包丁は何 青紙スーパーで極限まで薄い本焼が仮に出来たとすれば、それは多分世界一切れる包丁になるでしょう。 しかしすぐに「ポキーン」と折れてしまうでしょうし、使い物にはならないのも確かです。 青紙でなくても、切れる刃物を作りたければカーボンの含有率を増やせばよいだけの話です。 いくらでも切れる刃物が作れます。 いっそカーボンのみで作ればいいが それを何に使うって話ですな。 要するに用途、 つかいみちの問題なんです。  鉄材とか石材とか、でかい物を切断するには、高温高圧、各種ビームやガスやウォータージェットを使えばいい。 多分そんなものが世界一切れる道具でしょう。 でも、そんなものは刃物ではなく、私らにはまったく関係がない。 小耳にはさんだウワサ(ガセ臭い)によれば、某国の特殊部隊が、武装解除されても敵に気づかれないほどミクロな「首切断用の武器」として、CNT(Carbon nanotube)の技術を応用した目に見えないワイヤ(切断用)を携帯しているとか。 その切れ味たるや・・・・スパッと・・・ もちろんそんなモンはダメだしギロチンもダメだし、スペシウム光線は論外だし、セブンの頭にあるノコギリみたいなブーメランみたいな刃物(アイスラッガー)も当然ダメです。 そんなものは無関係もいいとこ(笑) 刃物は切れ味のみではなくバランスだって事です。 切れて、ねばりがあり、長切れし、研ぎやすく、錆びない、 です。 言うは易しとはこの事でして、全部互いに反発する磁極の様な性質で、そのバランス組みは永遠のテーマと言えましょう。 硬度を高くすれば切れるが、すると靱性、ねばりが無くなり脆くなる。 炭素鋼は焼き入れ如何で鋭さを増すが(硬度が高まる)脆いし錆びる。 ステンレス鋼は粘りがあるが加工しにくい。 刃物鋼材は硬度と靱性をどう配分させるかの歴史です。 硬度の高さ、つまり切れ味においては「日本刀」が抜群でして、以前TVで拳銃の弾丸を両断してしまう場面などがありました。 しかしそのぶん耐蝕性、靱性が弱いのでサビやすく折れやすいのです。 日本刀は横からの衝撃に極端に脆い。 しかし、その鍛造技術は多分世界最高と言えるのでないか。 限定的な用途ならばその切れは世界一でしょう。 日本刀は古来のたたら製鉄による【玉鋼】で造られてますが、この流れを継ぐのが炭素鋼【青紙1号】で、やはり良く切れるが、耐蝕性、靱性に問題があります。 これに耐久性を持たせるべく開発されたのが青紙スーパーだと言ってよいでしょう。 玉鋼 カーボン1. 0~1.5%という文句なしの最高の刃物鋼材。 日本古来のたたら製鉄で作られるが一時期完全に途絶えたり、その生産量は極めて少なく、今では日本刀専用。 世界最高の刃物・ナイフ&包丁 ウイストフ、ゾーリンゲン、ヘンケル、世界の刃物といえばドイツを想起しますが、実は究極のマイスターはアメリカ人です。 まずナイフの【 ピート・ガーバー】 この人は【ハイス鋼】が得意で、そのハンドメイドのハンティングナイフの切れ味はもう神話のレベル。 ガーバーナイフは信じられない「切れ」の伝説を沢山持っています。 五寸釘を叩き切って刃こぼれひとつなしと言われたものです。 この人のナイフはハンティングやフィッシングの実用性も世界最高クラス。 切れだけじゃなく耐久性もあるって証明ですな。 ランドールそしてボブ・ラブレスと、アメリカのカスタムナイフは実用性において高い品質を保ち続けていますが、やはりガーバー(昔の)。 そして 包丁なら【 ボブ・クレーマー】 元料理人のこの人は【ダマスカス鋼】が得意。 およそこの人の包丁以上に人間工学に即した包丁は無く、手に吸い付いてくるしっくり感は、もう魔法の包丁と言ってよいでしょう。 切れ味もまるで魔法です。 ガーバーのナイフもボブ・クレーマーの包丁も世界最高の職人技で、今では両方とももちろん新規の購入は不可能です。 ご当人が造った物は限りなく入手困難で出物を待つ以外なく、それは刀匠が造った玉鋼包丁以上かも知れません。 $350前後日本円で3~4万くらい)、当然と言うか別の物です。 ちなみにクレーマーの出物の相場は1500~2000ドル(14~20万円)くらいで高価ではあるものの、この価格は日本では中級の本焼程度。 それを考えれば非常に安いとおいらは思います。 しかしナカナカ「物」はありませんが。 おそらく将来的にはこんな価格で買えない。  包丁は鋼材が決め手 結局のとこ刃物は現在でも【硬度】【靱性】【耐摩耗性】【耐食性】、これらのバランスとの戦いです。 これらを左右する大きな要素はやはり鋼材ですね。 人気のある刃物鋼 V金 カーボンが1.0%で凄い切れ味を持つ13クロームステンレス鋼が武生鋼材の【V金ゴールド】。 しかし刃付けは半端ではありませんな。 硬くて刃出しは困難をきわめるかも知れません。 まぁ異常な硬度を持つ【セラミック材】に比べればマシですが。 あれは研げませんからね。 ある意味では飛び抜けておりますので(硬度とか)将来どう転ぶか分かりませんが、まだまだプロトタイプという見方をしています。 新しい刃物鋼材 日立金属の開発。 ATS-34を進化させた 【 ATS-55】 炭素鋼と同じ硬度を持つステンレス鋼 【 ZDP-189】 これも炭素鋼同様の硬度で信じられない程長切れする 【 カウリX】 進歩に目をみはる思いがします。 これらを上手く使った刃物が楽しみです。 それにしてもは頑張っていますね。 たたら製鉄の伝統を守る企業だけのことはあります。 ホンネは売れ線ばかりに注力しないで玉鋼の生産流通をどうにかしてくれ・・・って感じですが、(刀鍛冶用に微量生産してるだけで包丁鍛冶には回らない。 しかもA級は刀匠すら購入制限がある。 ZDP189 最近 ZDP189の評価が鰻登りのようです。 カーボン比率が高く、HRC-66~67で安定させる事ができる極微細粒子で構成された粉末鋼合金鋼のZDP189はやはり切れ味が良いと評判。 刃物は刃先が鋭角であればある程(薄いほど)、よく切れます。 しかし、薄ければ薄いほど潰れやすいという結果を招きます。 なので、高耐摩耗性・高硬度(潰れにくい)の刃物鋼が選ばれることになるのです。 その一方で、硬度が高いと「薄くしづらい」という矛盾を生じる。 技術者達が日々努力しているのは、この「矛盾の解消」であると言えるかも知れません。 「ATS-34」は、そういった目標の一つの到達点だったと言っても過言ではないでしょう。 だからこそ、世界中の刃物職人に認められたわけです。 このATS-34と同時進行で、「さらに一段上」を目指して開発されたのが「ZDP-189」です。 根本から製造法が違う(粉末冶金)手法で脅威の耐摩耗性を実現させ、丈夫なうえに研ぎやすいという仕上がり。 一般の炭素鋼を遥かに上回るHRC65という硬さで安定。 今のところ、最高クラスと言っていいでしょう。 ただ、これは「普通の鋼材」ではないので、非常に高価です。 自動車で例えれば「スーパーカーのようなもの」という感じでしょうね。 しっかりとしたZDP189包丁を造ってくれます。 包丁の切れ味とは何か 1番肝心な事なんですが、実は答えがありません。 科学的な方法で切れ味を測定する「本多式切れ味試験機」というものがあり、これによって数値化することも可能ではあります。 これはかなり信頼性のある数値だと思います。 でもね、「何かを切るのはヒト」 この問題を解決できません。 刃物を扱う人間の腕は千差万別ってことです。 そして、 「カミソリで材木は切れない」 「オノでヒゲは剃れない」 です。 関連記事• お疲れ様です ネットや本で見かける、素材の包丁 切れるか切れないか 使ったこともないですし、どんなのかなぁ?って思っていました 魚山人さんが切れるって言うことはやっぱ切れるんだなって思いますよ 普段使いの青紙は魚山人さんのホームページで紹介されていた所に頼んで打ってもらったんですが、良いものでした。 素材もさることながら、やはり自分に合った包丁を作ってくれる人。 仮に玉鋼の1級Aを包丁鍛冶が入手できたとして、それで本焼を打てるかどうかが問題になるんです。 (入手できませんが) ヤスキハガネの「紙」は殆ど2号が本焼包丁の素材として使われますが、それは1号を本焼きにするのが非常に難しいからです。 まあ普通は焼き入れに失敗します。 そのような訳で現在玉鋼本焼と称して出回るものは殆どが、低級玉鋼の「包丁鉄」を使っています。 これは玉鋼が普通に流通していた大昔からそうなんですよ。 包丁鍛冶と刀鍛冶の間には明確な線があり、別の世界なのです。 仰る通り刀工にとっては刀こそが本来の仕事で包丁など二の次なのです。 ですので包丁を打つ匠は名を出されるのを愉快に思わないと思います。 そもそも打つ方は極めて少なく皆無に近い。 刀匠拵え玉鋼の本焼は「奇遇」でしか入手できませんし、万が一手に入ったとしても絶対に使う気になりません。 「無意味」と断言してもいいくらい板前稼業には関係のない品なのが今って時代です。 昔ある板前が関西で耳寄りな話を聞きました。 「島根県のある村の旧家の蔵に名のある刀匠が打った逸品がいくつか眠っているらしい」 すっ飛んで行った板前は蔵の中を見せてもらい包丁らしい桐箱を発見、箱書きを見て息が止まるかと思ったそうな。 屈指の名匠の名が・・・・ しかし結果的にその板は肩を落として帰って行きました。 全部サビていたからです。 芯まで。 おそらく日本各地でこれに似たような事がたくさんでしょうね。 こうして消えていったのが殆どかもしれません。 記事の中でつい「カーボンのみで作ればいくらでも切れる」なんて無茶な事を書いていますけども、実はそれに近いのが玉鋼。 そして白紙です。 ですが上記の様に入手可能な玉鋼包丁はくず鉄。 いっそ忘れた方がよい。 和包丁には白紙がベストでしょう。 1号は完璧に近いです。 (ただし包丁鍛冶の腕次第) まぁ錆びやすいですが(笑) おいらは入手以来一度も錆を出した事はありません。 ^^ ボブ・クレーマーのリンク先、拝見しました。 初めて知りましたが、こんな凄腕の職人さんが居られたのですね! 刀身のみならず、柄を含めた全体の造りも芸術的ですね~! 使い心地を試したいような気もしますが、お値段が・・・・・。 笑 しかし、折角の職人の技も一代限りで終わってしまってはあまりに悲しいので、是非次世代が育ってくれるよう、祈らずにはいられませんね。 この職人さんのホームページと、魚仙人さんの記事を私のブログでトラックバックしたいのですが、宜しいでしょうか? Posted by Alces at 2009年10月18日 20:33 こんばんはAlcesさん。 ボブ・クレーマーは魔法使いの爺さんです。 使った人間はその切れ味に必ず驚きます。 普通ではないからです。 魔法ったら魔法なんです(笑) おいらは二本持ってましたが、1本は友達のコックが独立した記念にってかっぱらって行きました。 次世代が育って欲しい気持ちは同じなんですがね、 ガーバーもそうですけど、この種の人達ってのは一代限りなんですよ。 トラックバックはもちろん歓迎します。 Posted by 魚山人 at 2009年10月19日 00:22 今日は、もしくは今晩はです。 包丁のHP楽しく読ませて頂きました。 また、色々と勉強になりました、ありがとうございます。 ひとつお教え願いたいのですが、 知人から本焼きの柳刃を頂いたのが 出雲純和鋼と刻印されています、これは安来鋼と一緒なのでしょうか? 宜しくお願いします Posted by 一柳 at 2009年11月27日 18:17 こんばんは、一柳さん。 分かる範囲でおこたえします。 まずは【和鋼】の定義ですが、6世紀頃からの歴史がある、砂鉄を原料にした「たたら製鉄法」で作られた鋼をこう呼びます。 その生産量の8割以上をしめていたのが中国山地でつまり出雲地方です。 「たたら製鉄」では先ず大まかに砂鉄を直接鋼にする「鉧(けら)」、製錬が不完全な鋼「歩鉧(ぶげら)」に分れます。 鉧は炭素量が多く破面が均質なものになります。 さらに歩鉧を銑鉄などと混合させ脱炭・鍛錬した「包丁鉄」や「左下鉄」になります。 普通これら全てを「和鉄」と呼びます。 この和鉄を炭素量の違いで分類します。 玉鋼1級は1~1. 2級は0. 5~1. 左下鉄は0. 包丁鉄は0. そのくらいの炭素量です。 現在たたら製鉄を行っているのは極一部の例外を除き「日立金属 安来工場 」が受託生産する「日刀保たたら」のみです。 これらの事から考えて「和鋼」は自動的に「安来ハガネ」と言っても間違いではありません。 「ヤスキハガネ」は企業のブランドですが、その日立金属しか「たたら製鉄」を行っていないのですから。 したがって「出雲純和鋼」との刻印は、ヤスキハガネ の和鉄 から作られた物としか考えようがないのが普通です。 ただし経験上「純和鋼」とだけ謳っている包丁は、殆どが白紙(白二鋼)で作られたものです。 これは白紙が刃物鋼として一番純粋に近い素材であり、「たたら」に近いという事からそうなっているのかも知れません。 しかし勿論白二鋼はヤスキハガネですが「たたら製鉄」ではありません。 このへんの「グレーゾーン」を包丁屋がどう考えるかでしょうな。 白紙と明記すれば「青紙」より安い物というイメージを避けるために「純和鋼」と「純日本鋼」と表記しているのかも知れない。 それは間違いではないようにも思えますが、実際は「たたら製鉄」と無縁。 難しい問題です。 砥石をあてていますと違いも分かるのですが・・・一発で判別となるとこれはちょっとね。 Posted by 魚山人 at 2009年11月28日 00:05 早速のご返事ありがとうございます。 その後、知人に確認したところ、この柳刃は約20年程前の物とお聞きしました、昔板前をしていた頃に師匠から頂いたものを使わずに保管していたそうです。 早速、砥石を当てるとなんと硬いこと!刃が付くまで時間がかなりかかり、腕が腱鞘炎になりそうでした。 青鋼の出刃と比べるとかなり硬いです。 白紙ではなさそうです。 ちなみに、別の刻印に堺正康特作とあり、この名前を検索してもヒットしなかったです。 かなり前の包丁鍛治の方なのでしょう。 大事に大事になさってください。 Posted by 魚山人 at 2009年11月29日 11:53 日立金属さんの工具鋼、最先端材料として過酷な金属同士が衝撃接触するような金型などの材料として重宝されていますが、こんな背景があったのですね。 Posted by 板金プレス屋 at 2011年04月11日 20:47 島根県では古事記1300年のイベントがあるらしく、今年は山陰に足を延ばそうかと思います。 まず鳥取県の白兎海岸での白ウサギの話のあと、オオクニヌシの神は、八十神にいじめられたあたりが鳥取県日野郡あたりで、その後根之堅洲国のスサノオ神からも試練を受ける。 このあたりは島根県安来市の富田八幡宮の境内社須賀神社あたりになろうかと思います。 近くには、古代出雲王陵の丘と言う弥生大型墳丘墓の一種四隅突出型墳丘墓の密集地帯があるそうです。 イザナミ神の神陵地である比婆山にも寄ってみたい。 そうやって島根県松江市にある黄泉平坂のある揖夜神社に寄って、出雲大社や古代出雲歴史博物館のある島根県出雲市へと向かいます。 こうやって、オオクニヌシの神の移動に合わせて観光するのも一興だと思います。 古代歴史博物館に飾られている錆びずに出土した奇跡の大刀は、中間地点の安来市から出土したらしく、ここはたたら吹き製鋼法を伝える和鋼博物館や、日本庭園世界一の足立美術館などもあります。 Posted by スウェーデン at 2012年02月19日 19:47 板金プレス屋様 包丁関係、金型関係、大工さん 職種は違えど出雲には世話になっておる次第です。 願わくば日立金属の「職人魂」が永続しますように。 スウェーデン 様 旅心を揺さぶられるコメです。 うらやましいかぎり。 楽しんできて下さい。 Posted by 魚山人 at 2012年02月20日 00:58 いずれにしても日立金属の高性能鋼を開発している技術者はカッコイイですよね。 私も髭を蓄えた方の論文を読みましたが、素敵な話でした。 まるで古代出雲神話のスサノオノミコトが現れたようにも思いました。 Posted by 山陰ファン at 2012年04月13日 21:48 会社は違いますが、同じ日立の名を冠する日立製作所が、ネオジウム、ディスプロジウムを含まない高効率永久磁石同期モーターを開発しましたな。 レアアースを政治利用してる中国に一泡ふかせる小気味良いニュースでした。 Posted by 魚山人 at 2012年04月13日 22:25 日立金属が開発した新型工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。 この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応であると。 潤滑機械の設計思想を根本から変える革命というものもある。 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。 Posted by トライボロジープレス at 2012年11月02日 20:46• 一番切れる刃物 .

次の