金沢八景 荒川屋。 荒川屋 (あらかわや)

東京湾シロギス半日船で楽しみ方多彩【金沢八景/荒川屋】

金沢八景 荒川屋

東京湾LTアジ【金沢八景/荒川屋】 初挑戦でしっかり本命をキャッチした村上さん夫妻。 18~28センチトップ42尾 東京湾金沢八景(瀬戸橋)のでは脂の乗った アジを ライトタックルで狙える半日船が出ている。 7月7日(火)の午前船は、ナギにも恵まれ、沖釣り初挑戦の女性も開始早々に本命をゲットするなど、快適な船釣りを楽しんだ。 船宿に到着したのは出船1時間半前。 店直下の船着場から乗船する。 船長のアドバイスを受けやすく船の揺れが少ない左舷胴の間に村上さん夫妻、常連・竹山さんが右舷ミヨシに先に入っており、私は左舷ミヨシへ。 その後、右舷トモに近藤さんと小路さんの2人組が入った。 池島剛船長の操船で7時半に出港。 ナギの海を滑走し、航程約10分でエンジンがスローダウン。 追浜の沖提が近くに見えるポイントに到着。 船首を東に向けてエンジン流しにすると、「水深は16~17メートルです。 エサの青イソメはタラシ1. 5センチくらいになるように切って付けてください。 コマセは詰め過ぎるとカゴから出なくなりますので八分目にしてビシを底まで落とします。 タナは底からリール3巻きくらい(約1. 5メートル)に取って、アタリを待ってください」と投入の合図。 曇り時どき小雨、無風で海面はナギ。 夏場の東京湾奥独特の緑茶色の潮は8時の満潮に向けてわずかに上げ(北西への流れ)が予測されていたが、流れは弱かった。 コマセにイワシミンチを詰め、ビシを仕掛けと重ならないように離して投入。 反応は底付近なので底からビシを約50センチ巻き上げてからビシをひと振り、さらに約50センチ刻みで上へ向かってコマセを振って海中に煙幕を作り、底から1. 5メートルにビシが留まるようにしてアタリを待つ。 「船は少しずつ流されて、水深が変わることもあります。 2~3分に一度はビシを底まで落とし、タナを取り直してください」とアナウンス。 開始から2~3分後、底を取り直した直後に小アジ特有のキュン、キュン、キュンという軽快なアタリ。 竿先を30度ほど上へ向けるように聞き上げ、そのままの角度を保ってリールを中速で巻き上げる。 キュ、キューンと何度も竿先が入り、ライトタックルならではの釣り心地がいい。 真ん中のハリに掛かってきた船中第一号は20センチ級。 近藤さん、小路さんもキャッチ。 これをきっかけに船内18~27センチが入れ食い。 「釣りは初めてです」と言っていた村上りささんもご主人の利克さんのサポートを受けて早々に18センチをゲット。 近藤さん、小路さんの2人組も シロギスや カタクチイワシなどのゲストを交えて次つぎと魚を上げていた。 特に竹山さんは電動リールを使い、 アジ釣りマシンと化し、1時間で20尾を突破。 「タナは低めですね。 2メートルの仕掛けで1. 5メートルです」と言っていた。 常連の竹山さんが竿頭。 9時をすぎると潮の流れが変わってきたせいか、アタリが急に少なくなる。 突然大きな魚信でリールのドラグを滑らせるやり取りをして 40センチオーバーのアジを海面下まで浮かせたが、残念ながら口切れ、「潮変わりに大物が来る」という定説を思い出す。 その後、私には本命の魚信がこなくなり、いろいろとタナを探ってみるうちにギュン、ギューンといいアタリ。 24センチ クロメバルのダブルで美味しいゲストをキープ。 船長は9時半ごろからいい反応を探して、移動を繰り返し、ぽつりぽつりと拾い釣り。 私は右舷トモ方向へ流れる底潮にアタリをだせず、11時に沖上がり。 釣果は18~28センチが6~42尾。 ほかに カタクチイワシ、 シロギス、 メバル、 カサゴなどが交じった。 (左)この看板が目印。 (右)池島剛船長。 【船長と女将のコメント】 「朝はいい潮が流れていたようですが、途中から船の向きも安定させづらい潮が流れてきて、魚が食わなくなってしまいました。 誘って何とかアタリをだしている人もいましたのでマニアックな釣りの様相も一つのハードルとしてみれば楽しみ方を見出せるのではないでしょうか。 ぜひ遊びにきてください」 (週刊つりニュース関東版APC/木津光永) 【釣行記事一覧はこちら】 『』 昼12時30分に出船して16時に終了、16時30分には帰港という手軽な午後船のプランです。 ターゲットのアジは、いわずと知れた庶民派の代表魚。 LTはライトタックルの略で、ほかのアジ釣りに比べて道具が軽いのが特長。 釣り方はコマセという撒きエサを使い魚を寄せてながら釣ります。 食材として、どんなものにも応用がきく魚ですので、女性や親子釣行、初めての人にもオススメです。 15~20センチが平均的に釣れますが、いい群れにあたると、25~30センチ以上にもなり、強い引き味が楽しめます。 料理としては、刺し身やナメロウはもちろん、空揚げ、干物、煮付けなどがあげればきりがありませんよ! 新鮮なので、釣り人ならではのフワフワのアジフライに挑戦したりするのもいいでしょう。 女性・大学生・高校生は4,200円、中学生以下は3,100円です。 必要であれば、予約時に備考欄に記入してください。

次の

【永久保存版】金沢八景の釣り船店まとめ!評判口コミは?料金は?

金沢八景 荒川屋

東京湾シロギス半日船で楽しみ方多彩【金沢八景/荒川屋】 戸嶋さんに教わった筆者。 小型交じりハリ7号に午前・午後通しトップ111尾 10月10日(土)、東京湾金沢八景(瀬戸橋)、の 午前シロギスに乗船した。 午前6時前、船宿に到着。 受付はきれいで洒落た雰囲気。 夜はダイニニングバーも兼ねており、女性にも人気がある理由がうかがえる。 私がレクチャーを受けたのは戸嶋浩明さん。 毎週シロギスを狙って30年で、540尾の記録があるというベテラン。 エサの青イソメは硬い頭部をすべてカットして、海水で数回洗った後エサ箱に入れておく。 そしてハリに対して真っすぐになるように通し刺し。 タラシはアピールを考え、定説の2センチ前後より長めの5~6センチ。 誘いの基本は、「キャストしてオモリが着底したら、大きくシュッシュッと竿をあおってシャープに誘い、リアクションを誘発して食わせるイメージで」とのこと。 氏が開発に携わったという荒川屋特製仕掛けを使用する。 定刻の7時半、18人が乗船し山下光昭船長の操船で河岸払い。 晴天微風、清々しい秋の海を快適なクルージングで中の瀬のポイントに到着。 右舷大ドモに戸嶋さん、隣に私。 左舷大ドモは常連の門馬悟さん。 初心者のために船長から、上からのキャスト禁止やエサ付けなどのアナウンスがある。 水深18メートル。 8時にスタートした。 一投目からブルブルッとアタリがあったが、残念ながら定番ゲストの トラギス。 しかし、二投目ですぐに 18センチの本命。 適度に潮が流れているようでアタリは多く、私がゲストの3連発をしている間に、戸嶋さんは 本命3連発と快調。 左隣では、「磯にハマっていて、今日は初心者と一緒だったので25年ぶりに船に乗りました」と言う横浜市の井上祐一さんが、久しぶりのシロギスに満足げ。 (右)久しぶりのシロギスに満足げな井上さん。 その友人で「釣りが初めて」という同市の鵜澤貴史さんと、大和市の柿沼辰弥さんも、「初めての釣りだったのでいろいろ調べてここに来ましたが、思った通り宿がきれいで皆さん親切で来て良かったです」と、笑顔で人生ファーストキスを持ち上げてくれた。 朝のうちは魚の活性が高く船中あちこちで順調に釣れ続いたが、9時半の潮止まり近くになると急にアタリが少なくなる。 私はエサを小さく付けてみたり、待ちの時間を長めに取ったりと試行錯誤しながらなんとかポツポツと拾い釣り。 (左)初物を上げた鵜澤さん。 (右)釣りが初めての柿沼さん。 戸嶋さんは、一投ごとに投入の角度や誘いのスピードに変化を加え、エサも人工エサのパワーイソメ・ソフトなどを交えて連釣。 見ているだけで勉強になる引き出しの多さだ。 だが、この日さらに気を吐いたのは、潮先となった左舷大ドモの門馬さん。 「小型も交じったのでハリを7号に落として、いつもよりゆっくり優しく誘ったらアタリが続いていい釣りができました」と、 51尾という大金星で満面の笑みでポーズをとってくれた。 船中釣果は10~23センチが3~51尾。 私は後半に失速し、12尾とまだまだ自分の力のなさを実感する釣行になったが、エキスパートの釣りを隣で勉強でき、とても収穫の多い半日となった。 私は午前で帰ったが、午後は全体的に好調だったようで、戸嶋さんが 午後65尾。 門馬さんは 60尾でトータル111尾と、夏の最盛期を過ぎたこの時期でも素晴らしい釣果をたたき出した。 船長は「 一年中、午前船と午後船で出船しているので、これから数もサイズもまだまだ期待できますよ」と話す。 (左)戸嶋さんが開発に携わったという荒川屋特製仕掛け。 (右)山下光昭船長(中央)・戸嶋さんと記念撮影。 初心者には手軽で、極めると奥が深いシロギス釣り。 次は、ステップアップを目指して、ぜひ通しでチャレンジしたい。 (週刊つりニュース関東版/APC・奥野忠弘) 【釣行記事一覧はこちら】 『』 午前7時30分に出船して11時に終了、11時30分には帰港という手軽な午前船のプランです。 ターゲットのシロギスは、東京湾の、いえ、日本全体でも一番を競う代表的な船釣りの魚です。 道具・釣り方のシンプルさ、そして食材としても魅力。 どれをとってもバランスがよく、女性や親子釣行、初心者にオススメNo. 15~23センチが標準の魚ですが、25センチ以上の大きさにもなると、ものすごく強く引いてびっくり。 料理としては、キス天(シロギスの天ぷら)や空揚げなどが一般的。 でも釣り人なら、刺し身や干物などにもチャレンジできます。 網でとる漁では傷みやすい魚ですが、釣りならプリプリの食感が味わえますよ。 女性・大学生・高校生は4,200円、中学生以下は3,100円です。 必要であれば、予約時に備考欄に記入してください。

次の

料金プラン

金沢八景 荒川屋

東京湾シロギス半日船で楽しみ方多彩【金沢八景/荒川屋】 戸嶋さんに教わった筆者。 小型交じりハリ7号に午前・午後通しトップ111尾 10月10日(土)、東京湾金沢八景(瀬戸橋)、の 午前シロギスに乗船した。 午前6時前、船宿に到着。 受付はきれいで洒落た雰囲気。 夜はダイニニングバーも兼ねており、女性にも人気がある理由がうかがえる。 私がレクチャーを受けたのは戸嶋浩明さん。 毎週シロギスを狙って30年で、540尾の記録があるというベテラン。 エサの青イソメは硬い頭部をすべてカットして、海水で数回洗った後エサ箱に入れておく。 そしてハリに対して真っすぐになるように通し刺し。 タラシはアピールを考え、定説の2センチ前後より長めの5~6センチ。 誘いの基本は、「キャストしてオモリが着底したら、大きくシュッシュッと竿をあおってシャープに誘い、リアクションを誘発して食わせるイメージで」とのこと。 氏が開発に携わったという荒川屋特製仕掛けを使用する。 定刻の7時半、18人が乗船し山下光昭船長の操船で河岸払い。 晴天微風、清々しい秋の海を快適なクルージングで中の瀬のポイントに到着。 右舷大ドモに戸嶋さん、隣に私。 左舷大ドモは常連の門馬悟さん。 初心者のために船長から、上からのキャスト禁止やエサ付けなどのアナウンスがある。 水深18メートル。 8時にスタートした。 一投目からブルブルッとアタリがあったが、残念ながら定番ゲストの トラギス。 しかし、二投目ですぐに 18センチの本命。 適度に潮が流れているようでアタリは多く、私がゲストの3連発をしている間に、戸嶋さんは 本命3連発と快調。 左隣では、「磯にハマっていて、今日は初心者と一緒だったので25年ぶりに船に乗りました」と言う横浜市の井上祐一さんが、久しぶりのシロギスに満足げ。 (右)久しぶりのシロギスに満足げな井上さん。 その友人で「釣りが初めて」という同市の鵜澤貴史さんと、大和市の柿沼辰弥さんも、「初めての釣りだったのでいろいろ調べてここに来ましたが、思った通り宿がきれいで皆さん親切で来て良かったです」と、笑顔で人生ファーストキスを持ち上げてくれた。 朝のうちは魚の活性が高く船中あちこちで順調に釣れ続いたが、9時半の潮止まり近くになると急にアタリが少なくなる。 私はエサを小さく付けてみたり、待ちの時間を長めに取ったりと試行錯誤しながらなんとかポツポツと拾い釣り。 (左)初物を上げた鵜澤さん。 (右)釣りが初めての柿沼さん。 戸嶋さんは、一投ごとに投入の角度や誘いのスピードに変化を加え、エサも人工エサのパワーイソメ・ソフトなどを交えて連釣。 見ているだけで勉強になる引き出しの多さだ。 だが、この日さらに気を吐いたのは、潮先となった左舷大ドモの門馬さん。 「小型も交じったのでハリを7号に落として、いつもよりゆっくり優しく誘ったらアタリが続いていい釣りができました」と、 51尾という大金星で満面の笑みでポーズをとってくれた。 船中釣果は10~23センチが3~51尾。 私は後半に失速し、12尾とまだまだ自分の力のなさを実感する釣行になったが、エキスパートの釣りを隣で勉強でき、とても収穫の多い半日となった。 私は午前で帰ったが、午後は全体的に好調だったようで、戸嶋さんが 午後65尾。 門馬さんは 60尾でトータル111尾と、夏の最盛期を過ぎたこの時期でも素晴らしい釣果をたたき出した。 船長は「 一年中、午前船と午後船で出船しているので、これから数もサイズもまだまだ期待できますよ」と話す。 (左)戸嶋さんが開発に携わったという荒川屋特製仕掛け。 (右)山下光昭船長(中央)・戸嶋さんと記念撮影。 初心者には手軽で、極めると奥が深いシロギス釣り。 次は、ステップアップを目指して、ぜひ通しでチャレンジしたい。 (週刊つりニュース関東版/APC・奥野忠弘) 【釣行記事一覧はこちら】 『』 午前7時30分に出船して11時に終了、11時30分には帰港という手軽な午前船のプランです。 ターゲットのシロギスは、東京湾の、いえ、日本全体でも一番を競う代表的な船釣りの魚です。 道具・釣り方のシンプルさ、そして食材としても魅力。 どれをとってもバランスがよく、女性や親子釣行、初心者にオススメNo. 15~23センチが標準の魚ですが、25センチ以上の大きさにもなると、ものすごく強く引いてびっくり。 料理としては、キス天(シロギスの天ぷら)や空揚げなどが一般的。 でも釣り人なら、刺し身や干物などにもチャレンジできます。 網でとる漁では傷みやすい魚ですが、釣りならプリプリの食感が味わえますよ。 女性・大学生・高校生は4,200円、中学生以下は3,100円です。 必要であれば、予約時に備考欄に記入してください。

次の