アルト ターボ rs カスタム。 アルトワークス / ターボRS HA36S

アルトワークス・アルトターボRSには、やっぱりこれが必須です!

アルト ターボ rs カスタム

スズキ・アルト ターボRS(エクステリア)• スズキ・アルト ターボRS(エクステリア)• スズキ・アルト ターボRS(エクステリア)• スズキ・アルト ターボRS(エクステリア)• スズキ・アルト ターボRS(ヘッドランプ)• スズキ・アルト ターボRS(ヘッドランプ)• スズキ・アルト ターボRS(テールランプ)• スズキ・アルト ターボRS(ドアミラー)• スズキ・アルト ターボRS(ルーフエンドスポイラー)• スズキ・アルト ターボRS(メッキバックドアガーニッシュ)• スズキ・アルト ターボRS(アルミホイール)• スズキ・アルト ターボRS(アルミホイール)• スズキ・アルト ターボRS(ボディーサイドデカール)• スズキ・アルト ターボRS(リアエンブレム)• スズキ・アルト ターボRS(赤外線センサー)• スズキ・アルト ターボRS(エンジン)• スズキ・アルト ターボRS(ラゲッジルーム)• スズキ・アルト ターボRS(インテリア)• スズキ・アルト ターボRS(フロントシート)• スズキ・アルト ターボRS(リアシート)• スズキ・アルト ターボRS(ステアリングホイール)• スズキ・アルト ターボRS(シフトパドル)• スズキ・アルト ターボRS(メーター)• スズキ・アルト ターボRS(インテリア)• スズキ・アルト ターボRS(インテリア)• スズキ・アルト ターボRS(インテリア)• スズキ・アルト ターボRS(ドアパネル)• スズキ・アルト ターボRS(インテリア)• スズキ・アルト ターボRS(エクステリア)• スズキ・アルト ターボRS(エクステリア)•

次の

ECUチューンで、アルトがロケットに変身!?

アルト ターボ rs カスタム

中古車によくある、前オーナーが取り付けたカスタムパーツを装着したままの状態で販売されているクルマとは違い、ショップやメーカーが新車または程度の良い中古車をベースに、オリジナルのカスタム・チューニングを加えて販売している車両のことを言います。 その中で最も多いのが『新車コンプリートカー』で、カスタムを行うショップやメーカーがユーザーに代わって新車を購入し、ショップやメーカーならではのカスタムを施してユーザーに販売するという手法です。 元々はAE86専門店を謳っていましたが、HA36S型アルトからアルトワークスが復活した事を機に、軽自動車のカスタムやチューニングにも着手。 サーキットでのノウハウと新車販売という2つのスキルを活かし、コンプリートカーとしてサーキット走行向けアルトワークスの製作も手掛けています。 ちなみにデモカーのHA36Sはセントラルサーキットや中山サーキットでのコースレコードを持っており、カスタムやチューニングの実力は申し分ない注目のショップです。 前述した通り、コンプリートスピードのアルトワークスならびにターボRSのデモカーは、サーキットのコースレコードを持つほどの実力を秘めており、アルトワークスでセントラルサーキットを、アルトターボRSで中山サーキットのレコードタイムを記録。 コンセプト通り、一般のお客様でもマネができる仕様となっており、既にアルトワークスオーナーでも、もちろんアフターパーツとして上記のリンクからパーツを購入することが可能です。 GTドライバーも「この足回りはよくできている。 」と唸るほどで、車高調については絶対的な自信を持ってオススメできるパーツだそうです。 またアルトワークスのネガティブな点を聞いてみたところ、サーキット走行では持ち前の重心の高さから横転する危険性があるようで、ボンネットをカーボン製にしたり重心を低くするためのカスタムも重要だと話してくれました。 そして、その対策としてはボディ下回りの補強パーツを装着する事で、下回りに重量物を設置することで重心を下げることとボディ剛性強化の2面から、より安全かつ速く走ることができるとのことでした。 オリジナルの補強パーツについては開発中で、今後の販売に向けて準備中となっています。 日本に一台!? HA36S専用カーボンルーフ!! 前述でも「横転の危険性」を謳っているコンプリートスピードですが、アルトワークスの重心を下げるための秘密兵器とも言えるカーボンルーフを装着することで、純正から約3kgの軽量化を実現し、低重心化に成功。 カーボンボンネットなど徹底的に車体上部の重量物を軽くすることで重心を下げ、横転を予防するとともにサーキットでのラップタイム向上に繋げているのです。 もちろん軽くなることで燃費も向上し、ブレーキへの負担も減っています。 とはいえ高価なパーツですが、徹底的にアルトワークスやターボRSで速さを求めるのであれば、カーボンルーフという選択肢もアリなのではないでしょうか? コンプリートスピード店舗情報 有限会社コンプリートスピード スズキ高槻南店 住所:大阪府高槻市芝生町1丁目16番19号 TEL:072-678-9009 FAX:06-7635-9080 E-MAIL:info completespeed. 買ってそのままサーキットに走りに行けるコンプリートスピードのアルトワークスコンプリートカーは、手頃な価格で手に入ることも魅力のひとつ!! もちろんパーツ単体でも販売されているので、気になる方は是非モタガレをチェックしてくださいね! Motorzではメールマガジンを配信しています。 編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!? 配信を希望する方は、Motorz記事「 」をお読みください!.

次の

カテゴリ「アルトワークス&ターボRS」

アルト ターボ rs カスタム

中古車によくある、前オーナーが取り付けたカスタムパーツを装着したままの状態で販売されているクルマとは違い、ショップやメーカーが新車または程度の良い中古車をベースに、オリジナルのカスタム・チューニングを加えて販売している車両のことを言います。 その中で最も多いのが『新車コンプリートカー』で、カスタムを行うショップやメーカーがユーザーに代わって新車を購入し、ショップやメーカーならではのカスタムを施してユーザーに販売するという手法です。 元々はAE86専門店を謳っていましたが、HA36S型アルトからアルトワークスが復活した事を機に、軽自動車のカスタムやチューニングにも着手。 サーキットでのノウハウと新車販売という2つのスキルを活かし、コンプリートカーとしてサーキット走行向けアルトワークスの製作も手掛けています。 ちなみにデモカーのHA36Sはセントラルサーキットや中山サーキットでのコースレコードを持っており、カスタムやチューニングの実力は申し分ない注目のショップです。 前述した通り、コンプリートスピードのアルトワークスならびにターボRSのデモカーは、サーキットのコースレコードを持つほどの実力を秘めており、アルトワークスでセントラルサーキットを、アルトターボRSで中山サーキットのレコードタイムを記録。 コンセプト通り、一般のお客様でもマネができる仕様となっており、既にアルトワークスオーナーでも、もちろんアフターパーツとして上記のリンクからパーツを購入することが可能です。 GTドライバーも「この足回りはよくできている。 」と唸るほどで、車高調については絶対的な自信を持ってオススメできるパーツだそうです。 またアルトワークスのネガティブな点を聞いてみたところ、サーキット走行では持ち前の重心の高さから横転する危険性があるようで、ボンネットをカーボン製にしたり重心を低くするためのカスタムも重要だと話してくれました。 そして、その対策としてはボディ下回りの補強パーツを装着する事で、下回りに重量物を設置することで重心を下げることとボディ剛性強化の2面から、より安全かつ速く走ることができるとのことでした。 オリジナルの補強パーツについては開発中で、今後の販売に向けて準備中となっています。 日本に一台!? HA36S専用カーボンルーフ!! 前述でも「横転の危険性」を謳っているコンプリートスピードですが、アルトワークスの重心を下げるための秘密兵器とも言えるカーボンルーフを装着することで、純正から約3kgの軽量化を実現し、低重心化に成功。 カーボンボンネットなど徹底的に車体上部の重量物を軽くすることで重心を下げ、横転を予防するとともにサーキットでのラップタイム向上に繋げているのです。 もちろん軽くなることで燃費も向上し、ブレーキへの負担も減っています。 とはいえ高価なパーツですが、徹底的にアルトワークスやターボRSで速さを求めるのであれば、カーボンルーフという選択肢もアリなのではないでしょうか? コンプリートスピード店舗情報 有限会社コンプリートスピード スズキ高槻南店 住所:大阪府高槻市芝生町1丁目16番19号 TEL:072-678-9009 FAX:06-7635-9080 E-MAIL:info completespeed. 買ってそのままサーキットに走りに行けるコンプリートスピードのアルトワークスコンプリートカーは、手頃な価格で手に入ることも魅力のひとつ!! もちろんパーツ単体でも販売されているので、気になる方は是非モタガレをチェックしてくださいね! Motorzではメールマガジンを配信しています。 編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!? 配信を希望する方は、Motorz記事「 」をお読みください!.

次の