アフィリエイト オワコン。 【2019年】アフィリエイトオワコン説は本当か?

ペラサイト量産のアフィリエイト手法が「オワコン」な理由とは?

アフィリエイト オワコン

2019年に入ってから、「ブログやアフィリエイトで稼ぐのはオワコンだ!」なんて声をよく聞くようになりました。 この「オワコン」というのは、 個人ブログでPVを集めることが難しく、稼ぎづらくなったということを意味しています。 ですが、結論から言ってしまうと「 ブログもアフィリエイトもオワコンではない」と僕は思っています。 僕がこのような結論にいたった理由は、2つあります。 実際に稼いでいる個人ブロガーが存在している• 僕自身が実際にPVを集め、収益化に成功している じゃあ、「オワコンだ!」と叫んでいる方は、一体どのような人たちなのか? それは、 時代の変化に適応できなかったアフィリエイターたちではないでしょうか。 ここで疑問になってくるのは• どんな時代になったのか?• オワコンといわれる理由は?• ブロガーとして生き残る方法は? ブロガーとして生き抜くために必要な知識や戦略を、僕の考えや体験をベースに書いていきたいと思います。 もくじ• 【2020年】ブログやアフィリエイトがオワコンといわれる3つの理由 そもそも、なぜブログやアフィリエイトが「オワコン」といわれるようになったのでしょうか? これには、次の3つの理由があります。 度重なるGoogleのコアアップデート• アフィリエイターが時代に適応できなかった• 2020年以降は動画の時代になる ここからは、1つずつかなり詳しく解説しているため、長文になってしまいますが、 ブロガーにとってかなり重要な内容なので丁寧にしっかり読んでください! 1. オワコンといわれる1番の理由は「Googleコアアップデート」 ブログやアフィリエイトがオワコンといわれる1番の理由は、「 Googleコアアップデート」にあるといってもいいです。 Googleコアアップデートとは、年に数回おこなわれる ユーザーが求めている情報をGoogle検索で上位に表示させるための仕様変更のこと。 これにより、Googleで表示される記事の検索順位が大きく変わることがあります。 高品質なコンテンツ(E-A-T)を評価する ユーザーが求めている情報とは「高品質なコンテンツである」と、Googleは定義しています。 そんなGoogleが提唱する「高品質なコンテンツ」とは、記事自体の品質もそうなのですが、以下の3つの要素を含んだコンテンツを指します。 Expertise(専門性)• Authoritativeness (権威性)• TrustWorthiness 信頼性) これらの頭文字をとって「 E-A-T」と呼んでいます。 Googleは記事の内容が正しいかどうかを判断できないため、この「E-A-T」をもとに記事の正確性を判断しているのです。 つまり、どんなに記事の品質を上げたところで、「E-A-T」を意識したコンテンツが作れなければ、Googleからの高評価は得られないってことですね。 「E-A-T」は記事の作成者やコンテンツ、サイト全体を見て判断しているよ! YMYLジャンルは「E-A-T」を重要視する そして、この「E-A-T」の影響をもっとも受けるといわれているのが「 YMYL(Your Money or Your Life)」と呼ばれるジャンルです。 YMYLとは、「 将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」 とGoogleは定めています。 このYMYLジャンルには以下のようなものがあります。 「公的情報やニュース」…国際的なイベント、ビジネス、政治、科学などのニュースやテクノロジーなど• 「政府や法律」…情報投票、政府機関、公的機関、社会サービス、および法的問題(離婚、児童、保護、養子縁組、遺言の作成など)• 「金融情報」…投資、税金、保険、退職後の計画、ローン、銀行に関する財務アドバイスなど• 「医療や健康」…医学的問題、薬物、病院、緊急時の準備、方法に関するアドバイスや情報など• 「人々の主張」…人種または民族的出身、宗教、障害、年齢、国籍、性的指向、性別、性同一性など• 「その他」…大きな決断や人々の生活の重要な側面に関連するトピック(フィットネスや栄養、住宅情報、大学の選択、仕事の探し方など) 参考: 簡単にまとめると、人の生死や人生に大きく関わるものはYMYLだよ! このようなYMYLジャンルは、Googleでもシビアに扱っているため、度重なるGoogleコアアップデートで、「E-A-T」の影響を強く受けるようになりました。 つまり、専門性もなく権威性もなく信頼性もないのに、過去にYMYLジャンルに手を出したアフィリエイターたちは「オワコン」となってしまったのです。 そして、このGoogleコアアップデートは、いままでに幾度となくおこなわれています。 2017年12月…健康アップデート(日本のみ)• 2018年3月…コアアルゴリズムアップデート• 2018年4月…コアアルゴリズムアップデート• 2018年8月…コアアルゴリズムアップデート• 2019年3月…コアアルゴリズムアップデート• 2019年6月…コアアルゴリズムアップデート• 2019年9月…コアアルゴリズムアップデート• 2020年1月…コアアルゴリズムアップデート• 2020年5月…コアアルゴリズムアップデート 2019年からは「約3ヵ月に1回のペースで実施」といった感じですね。 YMYLジャンルは、専門家じゃないなら手を出さないほうがいいよ! 独自性(オリジナリティ)も重要視している また、Googleは「E-A-T」に加えて「 独自性」も評価するようになりました。 今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。 その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。 引用: 簡単にまとめるとこんな感じ。 上位表示ばかり考えたサイトは評価しない• オリジナリティがあって高品質(E-A-T)なサイトを評価する ブロガーがよくやる上位表示の対策として、「上位記事にあって自分の記事にない情報を付け加えましょう!」というものがありますが それって独自性ありますか?って話なんです。 ユーザーからすると「どのサイトも似たような情報ばっかりだし、ダラダラと無駄に長くて読みづらい…」と感じるはずです。 そして、より新しく理解しやすい情報を求めて、さらに検索し続けるでしょう。 Googleはそんな無駄なことをユーザーにさせたくありません。 検索上位がこのような記事で溢れてしまわないよう対策しているのです。 小手先のテクニックでは検索上位を狙えないってことだね! 「E-A-T」と「独自性」の高め方が明確ではない ブログのPVを増やすためには、 「Googleの評価」がすべてです。 そこでGoogleが重要視している「E-A-T(専門性、権威性、信頼性)」と「独自性(オリジナリティ)」について考え、対策したいと考えるのが普通ですよね。 ですが、Googleはこのような品質の評価基準について非公開としていて、評価基準に関して「客観的に見てどうか?」を意識して考えるよう促しています。 もちろん、Google が実際にアルゴリズムで使用しているランキング シグナルは公開できません。 検索結果が操作されるような事態を防ぐためです。 代わりに以下の項目をご覧頂くことで、Google がこの件をどうとらえているのか、ご理解頂けるのではないかと思います。 あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか? 引用: 簡単にいうと、 答えは誰にもわからないってことです。 つまり、Googleが流している公開情報から予想したり、試行錯誤しながら自分で考えて対策する必要があり、ちょっとした運ゲーの要素も含まれているってことです。 また、こちらの記事では、 「E-A-T」を得るには時間がかかると紹介されています。 canonical や noindex の設定ミスのような技術的な修正とは異なり、E-A-T を改善しても検索トラフィックがすぐに増えることは通常ない。 Google(とユーザー)に対するブランド信頼度を育てるには時間がかかる。 引用: その場しのぎのやり方ではなく、 時間をかけてGoogleとユーザーの信頼度を構築しなければ「E-A-T」は得られないってことですね。 「読者の信用を得るには?」を常に考え、行動し続けるってことだね! 2. アフィリエイターが時代に適応できなかった YMYL系を扱っていたアフィリエイターや、小手先のテクニックで上位表示を狙っていたアフィリエイターたちは、さきほど紹介した Googleのコアアップデートで大ダメージを受けました。 ここで戦略を変えずにあきらめてしまったブロガーやアフィリエイターたちは、 「ブログもアフィリエイトもオワコンだ!」と投げ出してしまったのです。 そりゃ、頑張って積み上げてきたものが一瞬で吹き飛んだらオワコンだと思いたくなりますよね。 ただし、 ここで大きなダメージを受けなかったブロガーやアフィリエイターたちがいるのも事実です。 検索順位が下がった方もいれば、上がった方、影響を受けなかった方もいるのです。 オワコンだと退場したアフィリエイターの椅子を、新規ブロガーが奪うチャンスかもね! 3. 2020年以降は動画の時代になる このような状況に加え、拍車をかけるように現れたのが 2020年から始まる「動画時代」です。 これは2020年から「 5G」とよばれる第5世代移動通信システムが導入されることにより、「動画を利用する方が増えるのではないか?」という見解によるもの。 通信速度も「4G」と比べて100倍以上速くなって遅延も減るとなれば、スマホでYouTubeなどの動画を楽しむ方も増えてくるでしょう。 とはいっても、実際の普及にはかなり時間がかかるようなので、いきなり「みんな5G」といったことにはならいないはず。 それに動画で調べごとってのも難しいところがありますし、文章を読むことが好きな方も多いので、 ブログとYouTubeとで上手くすみ分けられるのではないかと僕は考えています。 TVの時代にならなかったように、YouTubeだけの時代になるとは考えにくい! 生き残るブロガーになるには?3つの戦略 では、このような時代でも生き残り続けるブロガーになるには、どのような戦略が必要になってくるのでしょうか? これは僕の結論ですが、「 アフィリエイターとしての志向を引き継いだブロガー」こそが、今後も生き残れるブロガーだと思っています。 簡単にいうと、アフィリエイトサイトのいいところだけを取った「 アフィリエイトブログ」を運営するってことです。 これは、Googleが求めている「高品質なコンテンツ(E-A-T)」と「独自性(オリジナリティ)」から逆算して考えた結果です。 もちろん、「収益化」や「モチベーション」という重要な要素も含めて考えています。 PVアップ…Googleに評価される• 収益アップ…アフィリエイトで収益化• モチベーションアップ…自分の書きたいことを書く これらの条件をすべて満たすために意識しなければいけないことは全部で3つ。 カテゴリー1つ1つに専門性をもたせる• ブランディングして個性を出す• Twitterで影響力とファンを作る 僕は実際に上の3つを意識してブログを運営しているよ! 1. カテゴリー1つ1つに専門性をもたせる ブログを始めるにあたって、テーマ(ジャンル)やカテゴリーを考えると思います。 このとき、 カテゴリー1つ1つに専門性をもたせるように意識します。 たとえば、「プログラミング」と「アフィリエイト」の2つのジャンルに絞るなら、それぞれに大量の役立つ記事を投入するイメージです。 そして、 これらのジャンルは必ず「自分自身の経験」をもとにして書くようにします。 これは興味のないことを無理して調べながら書くという作業が、大変なわりに「E-A-T」をまったく無視したやり方であり、リスクが非常に高いためです。 自分が実際に経験して得た情報であればコンテンツも作りやすく、大量投入もしやすいため、 ブログを書くモチベーションを維持しながら、より「E-A-T」を満たしやすくなります。 また、カテゴリー1つ1つが専門性をもっていることで、読者はコンテンツをしっかり読んでくれるようになり、 アフィリエイトでの収益化もしやすいです。 「E-A-T」を満たしやすい• 実際に体験したことなので書きやすく、差別化もできる• アフィリエイトで収益化しやすい 簡単にいうと、 自分が経験、体験したことをコンテンツにし、それをカテゴリー単位で完結させられるレベルにするってことです。 もちろん、「特化ブログ」にしてサイト単位の専門性を狙ってもいいのですが、ネタがつきやすく更新が難しくなる可能性や、特化していたジャンルがいきなりGoogleコアアップデートで吹き飛んでしまう可能性もあるため、リスクヘッジ(リスク分散)も兼ねて、僕は「雑記ブログ」をおすすめしています。 ただし、本当の雑記ではなく、1つ1つのカテゴリーを充実させるので、ブロガー界では有名なが推奨する「」に近いかもしれませんね。 自分に専門性がない(「E-A-T」が取れない)ジャンルは狙わないよう注意しよう! 2. ブランディングして個性を出す ブログを作るときは、必ず「自分」や「ブログ」をブランディングしていくことを前提に以下を決めていきます。 「サイト名」…コンセプトと合っているか?覚えやすいか?• 「アイコン」…愛着がもてるか?覚えやすいか?• 「名前」…愛着がもてるか?覚えやすいか?• 「プロフィール」…読者から信頼を得られるか? ここで個性を出し、差別化することで、 「独自性(オリジナリティ)」や「信頼性」の評価を期待します。 もちろん、Googleだけの話ではなく、読者にも伝わりやすいものを戦略的に考えたほうがいいです。 なぜなら「 指名検索」や、「 サイテーション」などの効果も期待できるからです。 「指名検索」…ブログ名やブロガー名などで検索してもらうこと• 「サイテーション」…ブログ名やブロガー名を他サイトやTwitterなどで書かれることで得られる評価 これらが増えることで、 Googleはあなた自身やブログを評価するといわれています。 また、記事のなかで自分を売り出すことも忘れてはいけません。 吹き出し画像を使ったり、口調で印象付けるなどし、読者に書き手をイメージさせます。 もちろん、記事の内容にも気を遣い、読者に「この人の言ってることは信用できる!」と思わせることも大切です。 検索上位の情報や構成をマネるのではなく、 自分の経験や考えから出た一次情報を中心にオリジナリティを出していきましょう。 僕自身も「ほかの上位記事より、僕の記事のほうが絶対に読者のためになる」と思えるコンテンツを目指して作っています。 このようなことを意識して積み重ねることで、読者に「あなたの名前」や「ブログ名」を覚えてもらいやすくなるのです。 この手法で非常に参考になるブロガーたちを紹介します。 :ブログ「」• :ブログ「」• :ブログ「」 上記の方々は「自分の経験や体験をベースにコンテンツを作成する」というスタイルをとりながらも、ものすごい実績を作っている有名なブロガーたちです。 「ほかのブロガーにはマネできない!」というポジションを取れると最高だね! 3. Twitterで影響力とファンを作る ブログの信頼性を上げる手段として、Twitterを運用することも考えたほうがいいです。 というのも、 GoogleはTwitterでの影響力を「権威性」としてブログや記事の評価に反映させている可能性があるからです。 また、Twitterを運用することで記事を紹介することができるため、Twitterからの流入も期待できるようになります。 そして、僕がアフィリエイターではなく、ブロガーをすすめている理由がここにあります。 たとえば、あなたのフォロワーが「ゴリゴリのアフィリエイト広告を押し出したような記事」をTwitterで拡散すると思いますか?きっと、してくれないですよね。 むしろ、自分でツイートすることすら「フォロワーの信頼を失うかも」とためらうのではないでしょうか。 これは、 自分の記事が「読者のためになる」と言い切れる自信がないからです。 そんな記事をほかの誰かがシェアするわけないですよね。 つまり、 稼ぐことを目的としたアフィリエイターの記事はTwitterと相性が悪いのです。 Twitterでの拡散を狙ったり、フォロワー(ファン)を増やしたいのであれば、 自分が自信をもってツイートできる記事を書くということが大切になってきます。 これからは「ファンの時代になる」といわれているよ! まとめ 少し長くなってしまいましたが、アフィリエイトがオワコンといわれる理由と、ブロガーとして生き残るための戦略について紹介しました。 Googleは昔から「ユーザーにとって役立つコンテンツを作りなさい」と言い続けています。 ですが、それを信じてコンテンツを作り続けたとしても、Googleコアアップデートでブログが圏外に飛ばされてしまう可能性があることを忘れてはいけません。 Googleコアアップデートのリスクを考えると、いまのところブロガーとアフィリエイターでは、 「E-A-T」の部分で自分を売り出せる「ブロガー」のほうが多少有利だと僕は感じています。 もちろん、これは僕の考えであって答えではないので、1つの意見として受け止めてもらえればと思います! またね、キツネ()でした!.

次の

アフィリエイトオワコン・本当にそうなのか予想してみた結果〇〇だった|そろかつワーク

アフィリエイト オワコン

下のグラフを見てください。 市場規模を参考にするならば、市場は拡大傾向にありますから間違いなく参入すべき時期だと言えるでしょう。 このデータを参考にした場合、あなたはこのように思うかも知れません。 「市場規模が大きいからと言って自分が稼げるとは限らない」 その通りです。 市場規模が大きいからと言っても、たとえばアフィリエイターの数がそれ以上のものすごい勢いで増えていた場合は、アフィリエイターひとりあたりの報酬は減少している可能性もあります。 ですから、アフィリエイトがオワコンなのかどうかを判断するためには、アフィリエイトがオワコンだと主張されてしまう理由を考察していけばいいということになります。 アフィリエイトがなぜオワコンと呼ばれるか そもそもなぜアフィリエイトがオワコンと呼ばれ始めたのか。 その理由は以下のように5つの原因が挙げられます。 アフィリエイターの数が増えた 上の例でも挙げましたが、アフィリエイトの認知が普及すると同時にノマドワーカー的なライフスタイルに憧れて、アフィリエイターを目指している人も増えていると思います。 そうしたアフィリエイター数の増加によってウェブサイトを作成したり広告に出稿したりする人数が増えるため、ライバル不在で美味しい思いをすることができなくなっているのも事実です。 また、アフィリエイトのノウハウなども普及しているため アフィリエイターの知識やスキルも年々上がっていくと考えられます。 企業が参入するようになった 個人が簡単に始めることができるのがアフィリエイトの魅力ですよね。 あなたも、こうしたメリットに惹かれて、アフィリエイトを始ようと思っているのではないでしょうか? 上で紹介したグラフでも分かる通り、アフィリエイト市場は年々拡大傾向にあります。 こうした大きな利益の見込める市場には近年、企業が組織だったアフィリエイトを展開するケースが増えています。 企業が参入してくる市場では、大規模なWEBサイトが多くの利益を独占してしまう傾向にあるのです。 こうした背景から個人アフィリエイターが太刀打ちできない場合もあり、やる気をなくしてしまう場合もあります。 事実、ライバルサイトが企業サイトの場合、個人のアフィリエイターは企業が運営するWEBサイトと差別化をはかり、その中で利益を上げていく必要があります。 手法によっては利益率が低くなる アフィリエイトと一口に言っても、手法やノウハウによりいくつかの種類に分けることができます。 例えば、ウェブサイトで初心者向けに紹介されていることの多い楽天アフィリエイトとAmazonアソシエイトの場合は、利益率が低いため副業として参入するのはおすすめできません。 利率1%の楽天アフィリエイトや利率3. 5~8%のAmazonアソシエイトは、他のアフィリエイトよりも報酬単価が低くくなりがちです。 また、芸能人のゴシップ情報などを狙って多くのアクセスを集めるトレンドアフィリエイトはGoogleの提供するクリック報酬型の広告サービスGoogle AdSenseと親和性の高いため、現在取り組まれている方もいるかもしれません。 Google AdSenseもクリック単価が数円~数十円とクリック報酬が安いため十分な報酬を得ることができないため稼げないと認識している人もいるかも知れません。 こうした利益率の低い手法でもやはり、競合は増えて飽和状態になっている市場もありますからオワコンだという人がいてもおかしくはないでしょう。 ブラックSEOの終焉 2000年代中盤は、ブラックSEO(またはブラックハットSEO)という検索エンジンの穴をついて強引にサイトを上位表示させる手法が横行した時期がありました。 SEO(エスイーオー)とは検索エンジン最適化のことで、私たちが普段使っている検索エンジンで上位表示させるための施策のことを指します。 この手法はWEBサイトを作ってアクセス数を集めるアフィリエイターにとっては1番重要だと言えるノウハウです。 しかし、検索アルゴリズムは日々進化しているため、徐々に自作自演で強引に上位表示を狙うブラックSEOが通用しなくなってきました。 そのため、それまでブラックSEOに頼り切りになっていたアフィリエイターの報酬は著しく減少したという話を聞きます。 アフィリエイトが自作自演の手法で楽をして稼げる副業なのかと聞かれると、現在の答えはNOです。 ですから、こうした手法を用いたアフィリエイトはオワコン化したと言えるでしょう。 健康・医療系アップデート 健康・医療系は人体に関わってくるジャンルであるため、近年、法律や検索エンジンの仕組みが見直されるようになりました。 また、検索エンジンの方でも医療・健康系アップデートが行われ、低品質なサイトとして順位を落としてしまったサイトも多くありました。 化粧品や健康食品などはアフィリエイト商品の代表格と言えるジャンルなので、このジャンルで利益を得ていた多くのアフィリエイターが、もうアフィリエイトはオワコンだと肩を落としたことでしょう。 以上5つの理由を見てきましたが、どう感じましたか? たしかにこうした現象を元に考えると、個人アフィリエイターが活躍していたジャンルは昔に比べると、だいぶ窮屈になってしまったと言えるかも知れませんね。 それでは、アフィリエイトには今後参入しない方が良いのでしょうか?実は、そうとも言えないのです。 ここで別の副業を選択してしまうと大きなチャンスを見逃してしまうかも知れません。 ここからは、アフィリエイト市場に競合が増え、規制されるジャンルが出る中でも、依然としてアフィリエイトに取り組んだほうが良いという4つの理由をお話しますね。 アフィリエイトで稼ぎ続けられる4つの理由 商品を紹介して販売につなげる必要があるアフィリエイトに必ず必要なものは、あなたのWEBサイトやメール、投稿を読んでくれる読者。 つまり、アクセスです。 アフィリエイトにはアクセスの集め方によっていくつか種類がありますが、ここでは、検索エンジンからの集客をメインとするSEOアフィリエイトが稼げる理由をお話したいと思います。 SEOアフィリエイトは検索エンジンから集客を行うため、基本的に集客費用は無料です。 商標キーワードはなくならない 商品名を指名して検索してくる検索者ユーザーは購買意欲が高いと言われています。 こうした商品名や、商品名+複合ワード(口コミ、最安値、楽天、Amazonなど)を用いて表されるキーワードのことを商標キーワードと呼びます。 商標キーワードの購買意欲の高さを狙って販売につなげていく商標アフィリエイトには、取り組まれているアフィリエイターは多いかと思います。 アフィリエイト市場では、アフィリエイターの増加によって飽和が起こるなどと言われることもありますが、これは正しいのでしょうか?たしかに、ニキビや薄毛などと言った商品名ではない一般的なキーワードにおいては、多くのアフィリエイターが同じキーワードを狙いますから飽和状態になる可能性はあります。 しかし商品に関しては、 日々新しいものが生み出され、どんどん新しい市場が開拓されていくことになります。 なぜなら、人間の悩みがなくならない限り、新しい商品はなくならないからです。 情報収集さえ行っていれば紹介する商品がつきることはありませんから、商標キーワードがなくなることはありません。 業界全体のトレンドも推移している 一般キーワードは飽和する可能性があるというお話をしましたが、この一般キーワードも年々新しいジャンルが生み出されています。 人々の悩みを解決するような新成分が発見されれば、その成分が話題になりますし、関連商品も多く製造されることでしょう。 美容業界、化粧品業界のトレンドは数年単位で変化していくのです。 また電子タバコやVRなど技術革新により、新しい市場が創造される場合もあります。 こうした点から一般キーワードにおいても新しいジャンルが生み出される度に、どのアフィリエイターにとっても平等な市場が生み出されるということになるのです。 一般キーワードはほぼ無限にある Googleで年間に検索される回数は、年に2兆回だと言われています。 数ある検索エンジンの中からGoogleだけを挙げてもこの数値です。 これはものすごい数ではありませんか?これに対して、2011年に株式会社もしもが行った調査ではアフィリエイターの人数は387万人という結果になっています。 また、アフィリエイトに取り組んでいるものの月に5,000円も稼げていない人は9割になるという結果も出ていますから、検索需要に対してアフィリエイターの数は圧倒的に少ないのではないかという仮説が立ちます。 実際、商品の成約に繋げられるキーワードはほぼ無限にありますし、それらは全アフィリエイターが束になってサイトを作成してもカバーできない程の数があるわけですから、頭の使い方次第でいくらでも ライバル不在のおいしい市場を見つけることができるということです。 アフィリエイト以外にも収益は得られる 検索キーワードは無限にあるから、発想次第でライバル不在の市場を見つけることができるということはわかった。 でも、そもそもアフィリエイトの仕組み自体がなくなってしまうことは無いの?という疑問をお持ちの方もいることでしょう。 アフィリエイトは広告の出稿者側からしても、成果が上がらなければコストを支払わなくていいため魅力的なビジネスモデルではあります。 市場が拡大傾向にある今、アフィリエイトそのものが無くなる可能性は極めて低いのですが、それでもアフィリエイトが無くなってしまった場合を仮定して考えてみたいと思います。 検索エンジンからの集客を狙ったアフィリエイトの本質は、アクセスを集めて商品を売ることだと言えるでしょう。 であれば、 アクセスさえ集まってしまえばアフィリエイト商品に誘導しなくても自分で作成した商材を販売する「商材販売」という手法を選択することも可能です。 この考え方がわかっていれば例えアフィリエイトがなくなろうとも、報酬がなくなってしまうことはないということがおわかりいただけるかと思います。 また、 アフィリエイトや商材販売をしなくても多くのPVが集まるサイトをもつことができれば、広告価値が生まれることになります。 広告価値の集まるサイトをもつことができれば、企業などから純広告の依頼が舞い込んでくることもあるでしょう。 こうした点を考慮すると、WEBの世界はアフィリエイト以外にもさまざまな収益を得るための手段があることがおわかりいただけるでしょう。 いかがですか?アフィリエイトの本質はアクセスを集めて商品を販売することであり、アフィリエイトの代表格であるSEOアフィリエイトでは頭を使うことで、ライバル不在のキーワードを狙うことができます。 そして、たとえアフィリエイトが無くなったとしても、商材販売や純広告で収益を得ることができることを考えると、アクセスを集めるということがどれだけ重要なことであるかに気づくことができると思います。 つまり、アフィリエイトがオワコンかどうか判断するためには次の事実を頭に入れておけば大丈夫ということです。 検索需要がある限りアフィリエイトは稼げる! 検索需要があり続ける限り、アフィリエイトやネットビジネスは稼ぐことができるのです。 ネットビジネスを特殊なことだと考えているかも知れませんが、実際には難しいことを考える必要はありません。 あなたはリアルビジネスがなくなると考えたことがありますか?化粧品会社が無くなることはないと思いますが、その理由は、美容に関して悩む人がいなくならないからです。 アフィリエイトは、商品を必要としている人に必要な商品を届けることだと言えます。 アフィリエイトはネットを通して、商品を必要としている人に出会い、その商品を紹介しているだけです。 どんな種類のアフィリエイトをしているとしても、その本質は変わりません。 ですからアフィリエイトやネットビジネスが無くなるということは、リアルビジネスがなくなるくらいありえないことです。 しかもアフィリエイトは、 ・無料ブログを量産して、アフィリエイトをリンクをペタペタ張るのがアフィリエイトだと思っている。 ・商標ペラサイトを量産すれば月に100万円を稼げると思っている。 ・毎日ただ自分の日記を投稿するだけでアクセスが集まると思っている。 ・バックリンクをあてるのがSEOでしょ? こういった、楽して稼ごうというスタンスのアフィリエイトはオワコン化しました。 アフィリエイトの本質は、自分が作ったサイトの訪問者に商品を販売することですから、しっかりと安定的なアクセスを集めることができればあなたのアフィリエイトは大きく成功に近づくでしょう。 月に100万のアクセスを集めるようなサイトをオウンドメディアと呼びます。 あなたもオウンドメディアを構築してWEB上に資産を構築することで毎月、安定的な収入を得ることが可能になります。 弊社では、このサイトをご覧頂いた方限定で、上記のようなオウンドメディアを構築する秘密を無料で公開しています。 興味がある人は以下のバナーをクリックして無料メルマガに登録してください。 最近は、社会の流れとして副業が解禁になりつつあります。 アフィリエイトで、この流れに乗り遅れないようにしましょう。

次の

アフィリエイトってなぜ儲かるのか? オワコンって聞くけど実際は

アフィリエイト オワコン

下のグラフを見てください。 市場規模を参考にするならば、市場は拡大傾向にありますから間違いなく参入すべき時期だと言えるでしょう。 このデータを参考にした場合、あなたはこのように思うかも知れません。 「市場規模が大きいからと言って自分が稼げるとは限らない」 その通りです。 市場規模が大きいからと言っても、たとえばアフィリエイターの数がそれ以上のものすごい勢いで増えていた場合は、アフィリエイターひとりあたりの報酬は減少している可能性もあります。 ですから、アフィリエイトがオワコンなのかどうかを判断するためには、アフィリエイトがオワコンだと主張されてしまう理由を考察していけばいいということになります。 アフィリエイトがなぜオワコンと呼ばれるか そもそもなぜアフィリエイトがオワコンと呼ばれ始めたのか。 その理由は以下のように5つの原因が挙げられます。 アフィリエイターの数が増えた 上の例でも挙げましたが、アフィリエイトの認知が普及すると同時にノマドワーカー的なライフスタイルに憧れて、アフィリエイターを目指している人も増えていると思います。 そうしたアフィリエイター数の増加によってウェブサイトを作成したり広告に出稿したりする人数が増えるため、ライバル不在で美味しい思いをすることができなくなっているのも事実です。 また、アフィリエイトのノウハウなども普及しているため アフィリエイターの知識やスキルも年々上がっていくと考えられます。 企業が参入するようになった 個人が簡単に始めることができるのがアフィリエイトの魅力ですよね。 あなたも、こうしたメリットに惹かれて、アフィリエイトを始ようと思っているのではないでしょうか? 上で紹介したグラフでも分かる通り、アフィリエイト市場は年々拡大傾向にあります。 こうした大きな利益の見込める市場には近年、企業が組織だったアフィリエイトを展開するケースが増えています。 企業が参入してくる市場では、大規模なWEBサイトが多くの利益を独占してしまう傾向にあるのです。 こうした背景から個人アフィリエイターが太刀打ちできない場合もあり、やる気をなくしてしまう場合もあります。 事実、ライバルサイトが企業サイトの場合、個人のアフィリエイターは企業が運営するWEBサイトと差別化をはかり、その中で利益を上げていく必要があります。 手法によっては利益率が低くなる アフィリエイトと一口に言っても、手法やノウハウによりいくつかの種類に分けることができます。 例えば、ウェブサイトで初心者向けに紹介されていることの多い楽天アフィリエイトとAmazonアソシエイトの場合は、利益率が低いため副業として参入するのはおすすめできません。 利率1%の楽天アフィリエイトや利率3. 5~8%のAmazonアソシエイトは、他のアフィリエイトよりも報酬単価が低くくなりがちです。 また、芸能人のゴシップ情報などを狙って多くのアクセスを集めるトレンドアフィリエイトはGoogleの提供するクリック報酬型の広告サービスGoogle AdSenseと親和性の高いため、現在取り組まれている方もいるかもしれません。 Google AdSenseもクリック単価が数円~数十円とクリック報酬が安いため十分な報酬を得ることができないため稼げないと認識している人もいるかも知れません。 こうした利益率の低い手法でもやはり、競合は増えて飽和状態になっている市場もありますからオワコンだという人がいてもおかしくはないでしょう。 ブラックSEOの終焉 2000年代中盤は、ブラックSEO(またはブラックハットSEO)という検索エンジンの穴をついて強引にサイトを上位表示させる手法が横行した時期がありました。 SEO(エスイーオー)とは検索エンジン最適化のことで、私たちが普段使っている検索エンジンで上位表示させるための施策のことを指します。 この手法はWEBサイトを作ってアクセス数を集めるアフィリエイターにとっては1番重要だと言えるノウハウです。 しかし、検索アルゴリズムは日々進化しているため、徐々に自作自演で強引に上位表示を狙うブラックSEOが通用しなくなってきました。 そのため、それまでブラックSEOに頼り切りになっていたアフィリエイターの報酬は著しく減少したという話を聞きます。 アフィリエイトが自作自演の手法で楽をして稼げる副業なのかと聞かれると、現在の答えはNOです。 ですから、こうした手法を用いたアフィリエイトはオワコン化したと言えるでしょう。 健康・医療系アップデート 健康・医療系は人体に関わってくるジャンルであるため、近年、法律や検索エンジンの仕組みが見直されるようになりました。 また、検索エンジンの方でも医療・健康系アップデートが行われ、低品質なサイトとして順位を落としてしまったサイトも多くありました。 化粧品や健康食品などはアフィリエイト商品の代表格と言えるジャンルなので、このジャンルで利益を得ていた多くのアフィリエイターが、もうアフィリエイトはオワコンだと肩を落としたことでしょう。 以上5つの理由を見てきましたが、どう感じましたか? たしかにこうした現象を元に考えると、個人アフィリエイターが活躍していたジャンルは昔に比べると、だいぶ窮屈になってしまったと言えるかも知れませんね。 それでは、アフィリエイトには今後参入しない方が良いのでしょうか?実は、そうとも言えないのです。 ここで別の副業を選択してしまうと大きなチャンスを見逃してしまうかも知れません。 ここからは、アフィリエイト市場に競合が増え、規制されるジャンルが出る中でも、依然としてアフィリエイトに取り組んだほうが良いという4つの理由をお話しますね。 アフィリエイトで稼ぎ続けられる4つの理由 商品を紹介して販売につなげる必要があるアフィリエイトに必ず必要なものは、あなたのWEBサイトやメール、投稿を読んでくれる読者。 つまり、アクセスです。 アフィリエイトにはアクセスの集め方によっていくつか種類がありますが、ここでは、検索エンジンからの集客をメインとするSEOアフィリエイトが稼げる理由をお話したいと思います。 SEOアフィリエイトは検索エンジンから集客を行うため、基本的に集客費用は無料です。 商標キーワードはなくならない 商品名を指名して検索してくる検索者ユーザーは購買意欲が高いと言われています。 こうした商品名や、商品名+複合ワード(口コミ、最安値、楽天、Amazonなど)を用いて表されるキーワードのことを商標キーワードと呼びます。 商標キーワードの購買意欲の高さを狙って販売につなげていく商標アフィリエイトには、取り組まれているアフィリエイターは多いかと思います。 アフィリエイト市場では、アフィリエイターの増加によって飽和が起こるなどと言われることもありますが、これは正しいのでしょうか?たしかに、ニキビや薄毛などと言った商品名ではない一般的なキーワードにおいては、多くのアフィリエイターが同じキーワードを狙いますから飽和状態になる可能性はあります。 しかし商品に関しては、 日々新しいものが生み出され、どんどん新しい市場が開拓されていくことになります。 なぜなら、人間の悩みがなくならない限り、新しい商品はなくならないからです。 情報収集さえ行っていれば紹介する商品がつきることはありませんから、商標キーワードがなくなることはありません。 業界全体のトレンドも推移している 一般キーワードは飽和する可能性があるというお話をしましたが、この一般キーワードも年々新しいジャンルが生み出されています。 人々の悩みを解決するような新成分が発見されれば、その成分が話題になりますし、関連商品も多く製造されることでしょう。 美容業界、化粧品業界のトレンドは数年単位で変化していくのです。 また電子タバコやVRなど技術革新により、新しい市場が創造される場合もあります。 こうした点から一般キーワードにおいても新しいジャンルが生み出される度に、どのアフィリエイターにとっても平等な市場が生み出されるということになるのです。 一般キーワードはほぼ無限にある Googleで年間に検索される回数は、年に2兆回だと言われています。 数ある検索エンジンの中からGoogleだけを挙げてもこの数値です。 これはものすごい数ではありませんか?これに対して、2011年に株式会社もしもが行った調査ではアフィリエイターの人数は387万人という結果になっています。 また、アフィリエイトに取り組んでいるものの月に5,000円も稼げていない人は9割になるという結果も出ていますから、検索需要に対してアフィリエイターの数は圧倒的に少ないのではないかという仮説が立ちます。 実際、商品の成約に繋げられるキーワードはほぼ無限にありますし、それらは全アフィリエイターが束になってサイトを作成してもカバーできない程の数があるわけですから、頭の使い方次第でいくらでも ライバル不在のおいしい市場を見つけることができるということです。 アフィリエイト以外にも収益は得られる 検索キーワードは無限にあるから、発想次第でライバル不在の市場を見つけることができるということはわかった。 でも、そもそもアフィリエイトの仕組み自体がなくなってしまうことは無いの?という疑問をお持ちの方もいることでしょう。 アフィリエイトは広告の出稿者側からしても、成果が上がらなければコストを支払わなくていいため魅力的なビジネスモデルではあります。 市場が拡大傾向にある今、アフィリエイトそのものが無くなる可能性は極めて低いのですが、それでもアフィリエイトが無くなってしまった場合を仮定して考えてみたいと思います。 検索エンジンからの集客を狙ったアフィリエイトの本質は、アクセスを集めて商品を売ることだと言えるでしょう。 であれば、 アクセスさえ集まってしまえばアフィリエイト商品に誘導しなくても自分で作成した商材を販売する「商材販売」という手法を選択することも可能です。 この考え方がわかっていれば例えアフィリエイトがなくなろうとも、報酬がなくなってしまうことはないということがおわかりいただけるかと思います。 また、 アフィリエイトや商材販売をしなくても多くのPVが集まるサイトをもつことができれば、広告価値が生まれることになります。 広告価値の集まるサイトをもつことができれば、企業などから純広告の依頼が舞い込んでくることもあるでしょう。 こうした点を考慮すると、WEBの世界はアフィリエイト以外にもさまざまな収益を得るための手段があることがおわかりいただけるでしょう。 いかがですか?アフィリエイトの本質はアクセスを集めて商品を販売することであり、アフィリエイトの代表格であるSEOアフィリエイトでは頭を使うことで、ライバル不在のキーワードを狙うことができます。 そして、たとえアフィリエイトが無くなったとしても、商材販売や純広告で収益を得ることができることを考えると、アクセスを集めるということがどれだけ重要なことであるかに気づくことができると思います。 つまり、アフィリエイトがオワコンかどうか判断するためには次の事実を頭に入れておけば大丈夫ということです。 検索需要がある限りアフィリエイトは稼げる! 検索需要があり続ける限り、アフィリエイトやネットビジネスは稼ぐことができるのです。 ネットビジネスを特殊なことだと考えているかも知れませんが、実際には難しいことを考える必要はありません。 あなたはリアルビジネスがなくなると考えたことがありますか?化粧品会社が無くなることはないと思いますが、その理由は、美容に関して悩む人がいなくならないからです。 アフィリエイトは、商品を必要としている人に必要な商品を届けることだと言えます。 アフィリエイトはネットを通して、商品を必要としている人に出会い、その商品を紹介しているだけです。 どんな種類のアフィリエイトをしているとしても、その本質は変わりません。 ですからアフィリエイトやネットビジネスが無くなるということは、リアルビジネスがなくなるくらいありえないことです。 しかもアフィリエイトは、 ・無料ブログを量産して、アフィリエイトをリンクをペタペタ張るのがアフィリエイトだと思っている。 ・商標ペラサイトを量産すれば月に100万円を稼げると思っている。 ・毎日ただ自分の日記を投稿するだけでアクセスが集まると思っている。 ・バックリンクをあてるのがSEOでしょ? こういった、楽して稼ごうというスタンスのアフィリエイトはオワコン化しました。 アフィリエイトの本質は、自分が作ったサイトの訪問者に商品を販売することですから、しっかりと安定的なアクセスを集めることができればあなたのアフィリエイトは大きく成功に近づくでしょう。 月に100万のアクセスを集めるようなサイトをオウンドメディアと呼びます。 あなたもオウンドメディアを構築してWEB上に資産を構築することで毎月、安定的な収入を得ることが可能になります。 弊社では、このサイトをご覧頂いた方限定で、上記のようなオウンドメディアを構築する秘密を無料で公開しています。 興味がある人は以下のバナーをクリックして無料メルマガに登録してください。 最近は、社会の流れとして副業が解禁になりつつあります。 アフィリエイトで、この流れに乗り遅れないようにしましょう。

次の