傷病手当金 うつ病 書き方。 傷病手当金は2回目以降も支給される?申請書の書き方や待機期間も解説

うつ病、傷病手当金申請書の書き方について。

傷病手当金 うつ病 書き方

(協会けんぽの場合) それでは、早速記入例を確認していきましょう。 (協会けんぽ以外の保険組合でも、記載する項目や内容は似ていると思いますので、参考にしてみてください。 1) 「被保険者記入欄(NO. 1)」には傷病手当金を申請する人(本人)の氏名や口座の情報を記入します。 (健康保険証の見本) マイナンバーカードを紛失してしまった方は、こちらの記事を参考にしてみてください。 2) 「被保険者記入欄(NO. 2)」には、病名や病状、申請する期間などを記入していきます。 そのときは 「不明」でOKです。 また、仕事が原因で病気になったとなると傷病手当金ではなく労災として扱われる場合もありますので、注意してください。 また、「日数」は土日など公休も含めカウントします。 傷病手当金は毎月申請する人がほとんどだと思いますので、例えば3月に申請する場合は、前月(2月)に休んだ期間を記載してください。 その他、仕事内容は、職種を詳しく記入します。 退職後に申請する方は、在職していたときの仕事内容を記入して提出してください。

次の

傷病手当金申請書の書き方を解説

傷病手当金 うつ病 書き方

・傷病手当金の内容 ・傷病手当金をもらえる金額と期間(退職後もおなじ) ・うつ病で退職してから傷病手当金をもらえる条件 を順番に見ていきましょう。 労災でお金もらってなければ大丈夫です。 とにかく診断書をもらいましょう。 ちなみに連続して休んでることが必要です。 有休を消化してしまって、欠勤になってから傷病手当金はもらえます。 参照 こういったこまかい計算がありますけど、このあたりは会社がやってくれるんで心配することはないでしょう。 傷病手当金をもらえる期間 傷病手当金をもらい始めてから最長で1年6か月です。 かなり長いですね。 ちなみに、同じ病気やケガでもらえる期間です 途中で別の病気になったとかで、引き続きもらうとかはできないので注意です。 うつ病で退職の場合で「退職後」も傷病手当金をもらえる条件 うつ病で退職した場合でも傷病手当金をもらうことができます。 その条件を見ていきましょう。 もっと言えば、保険証を持ってる期間が1年以上ってことです。 ちなみに、転職とかして、1日でも健康保険に入ってない期間があると1年のカウントが「最初から」になるの気を付けましょう。 転職したときに、健康保険の空白が1日でもあると、1年のカウントが再開になってしまいます。 一回でも退職前に申し込んでおく必要があります。 そうすれば、退職した後でも、最長で1年6か月もらえます。 そのためには退職する日までに「連続して病気などで休んでる期間が4日以上」ある必要があります。 退職するまでずっと休んでいて、辞める前に申し込みしないとアウトってことですね・・・・ あくまでも傷病手当金は「会社にいるときになった病気やケガ」にお金が払われる制度です。 退職した後に申請はできないですし、退職してからの病気には支払いはありません。 1日でも出勤しちゃうと 「こいつ出勤できるじゃねえか、傷病手当金いらないよね」 と判断されてしまいます。 退職する場合はそのまま会社に出勤しないようにしましょう。 退職してからのうつ病をなるべく早く治すポイント 退職してからうつ病を早く治すポイントは以下の通りです。 ・しばらくはなにもしない ・【重要】信頼のおける心療内科を受診して薬をちゃんと飲む こうなっています。 順番に見ていきましょう。 しばらくはなにもしない うつ病になったら、ほんとに何もできません うつ病経験者ならわかりますけど、うつ病になると体が重くて何もやる気にならない・・・ 自分の好きだった趣味もやりたくないし、好きなテレビも見たくない、何もやる気が起こらなくなります。 歩くのもしんどいくらいになるので、とりあえず何もかも忘れて何もしないほうがいいです。 うつ病って「マジメでがんばり屋さん」がなる病気です。 マジメにがんばりすぎて、それが限界を超えると、うつ病になる・・・・・という仕組みです。 何もかも忘れて寝ていればいい。 できることなら実家に帰るなり、一人なら近くのスーパー・コンビニで食料だけ買って、ひたすらダラダラしていればいいです。 がんばりすぎる人生の価値観はしばらく置いておいて、とにかく休みましょう。 人生も長いですし1~2年くらい休んでもバチはあたりません。 実体験と自分の考えをもとに書いています。 結論言うと、心療内科はピンキリです。 心療内科は最近多いですよね?これは心療内科は設備も入れなくていいし、内科や外科的な処置も必要が無くていいので開業しやすいからです。 ぶっちゃけただ、薬出すだけの医師も多いので、心療内科を受診してみてヤバい医者かどうかを自分でちゃんと判断しましょう。 ヤブ医者のパターン ・診療時間で患者の言うことを一通り聞く(だから診療時間は長くなるのが普通) ・親身に相づちをうってくれる ・薬は抗うつ剤1種類と睡眠薬くらい(種類が少ない) こういう判断材料で、信頼でいる心療内科の医師を見つけましょう。 追記 うつ病は薬を飲まなくても治るんですけど、薬はうつ病を「早く治すためのもの」です。 薬の種類が多くても意味は無いです。 自分に合った抗うつ剤を処方してくれる医師をが探すのがベストです。 回復してきたらすこしずつウォーキングしたり趣味をしたりする。 医師と相談して薬を減らしていく・・・・という流れです。 どうしても薬がイヤならサプリを使いましょう。 うつ病のサプリが充実している専門店ですのでよかったらどうぞ。 ストレス度数が少ない仕事って何なの?っていうと 「仕事が常識的な量の範囲」「人間関係が薄い」 という仕事です。 うつ病になった人は「バリバリ仕事をやっていこう」という考えは捨てるべきです。 もし、また仕事中心の生活になったら、うつ病の「再発」の危険は残念ながら高くなるからです。 ストレス度数の高いダメな仕事 営業・飲食・介護・販売業・配達業(クロ〇コとかサ〇ワ)とか・郵便配達・小売業(スーパー・コンビニ)・マスコミ・出版 ストレス度数の低いイイ仕事 製造メーカーの仕事(現場含む)・建設業(事務・現場含む)・事務の仕事・プログラミング・職人・webで稼ぐフリーランス あくまで参考ですけど、こういった感じです。 ブラック企業に入るのはもちろん絶対に避けましょう。 実際に転職サイトに登録して求人を見てるのがいいです。 レ転職サイトのおススメ3社.

次の

休職と傷病手当金

傷病手当金 うつ病 書き方

うつ病で傷病手当金を受給するための受給要件 傷病手当金を給付されるには、以下の4つの事項を満たしている必要があります。 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること• 仕事に就くことができないこと• 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと• 休業した期間について給与の支払いがないこと 注意点としては、業務によってうつ病を発症した場合は、労災の対象となる事です。 例えば、明らかな過重労働やパワハラがある場合は、傷病手当金ではなく、労災の申請を検討する必要があります。 うつ病の発症が労災と認められるには、それなりの証拠がいるので、パワハラやセクハラを受けているのであれば、録画や録音、メモ書きなどを残すようにしましょう。 うつ病は「心の風邪」などと言われる事があるので、軽視する人が多いですが、何年も何十年もうつ病で苦しんでいる人はたくさんいます。 傷病手当金の場合は、期限が1年6か月と限られていますが、労災であれば完治するまで保証してくれます。 うつ病は寛解するのがとても大変な病気なので、業務に起因するうつ病の場合は臆せず労災を検討しましょう。 うつ病で傷病手当金を受給するステップ 社会保険に加入していると、病気で休んだ4日目から傷病手当金が給付されます。 もちろん自動的に受け取ることはできないので、診察を受け、うつ病と診断され、その診断書を会社に提出しなければならないのです。 傷病手当金を申請するには、健康保険組合から申請書を取り寄せ、自分で記入するものと医師の証明書、その疾病の治療のために労務に就くことができない旨が示してあるものが要ります。 そして、事業主からの証明書は会社を欠勤しているという証明と欠勤期間の給与支払いがないことが条件となりますのでご注意下さい。 その書類が揃ったら事業主が健保組合に提出し、給付を待つことになります。 傷病手当金の金額は、給料の日額3分の2ほどです。 期間は最長1年半で、基本的に毎月申請する方が審査が下りやすいようですが、3か月まとめて書くこともできます。 申請書の書き方は記入例にそって漏れのないようきちんと書いてください。 添付書類として申請期間前の1カ月分の出勤簿またはタイムカード、申請期間分の賃金台帳またはタイムカードなどが必要となる事もあります。 傷病手当金は二回目の受給も出来る? また、傷病手当金をもらい終えた後二回目の休職で受給できるかということも気になりますね。 うつ病は再発しやすい病気なので、傷病手当金を受給後、復職をした後に再度再発するケースが多々あります。 しかし残念ながら、基本的に同じ疾病で傷病手当金は受給できないと思って下さい。 例えば一度目が胃潰瘍の手術で二回目がうつ病なら可能です。 でもこれは1年半満額受給した例で、もし最初の受給が1年半に満たない場合は、同じ疾病でも残りの期間は受給できます。 つまり、うつ病で傷病手当金を受給出来るのは、合計で最長1年6か月となります。 特例として同じ疾病でも受給できる場合もありますが、それは社会的治癒と呼ばれるその疾病の治療を受けていない状態で就労もできていること、つまり、健康だったが、働いているうちに病気になったとみなされる場合なのです。 会社に復職してから、何年も通院や服薬もなく通常勤務をこなした後に、再発した場合は再度受給出来る可能性があります。 その審査については健保の判断ですので下りるかどうかはわかりませんね。 うつ病など、再発しやすい疾病はよほど気をつけていても何度も休職しがちです。 こまめに3か月単位で4回取るか、しっかりまとめて1年半取るかはその人次第とも言えるでしょう。 うつ病を治すには時間がかかります うつ病を治すには時間の力が大事です。 焦りや不安はうつ病につきものですが、治療薬とともにリハビリの力も大きく寛解させるためには大きく関係しているようです。 私も1年6か月間うつ病で傷病手当金を受給しましたが、その間の生活費を保証してくれたので、本当に助かりました。 また、傷病手当金は健康保険組合から脱退した後や、退職した後でも傷病手当金は受給出来るので申請する事を忘れないようにして下さい。 うつ病になったからと安易に退職するのはおすすめできませんが、一度仕事の事を完全に忘れて治療に専念するのも一つの方法です。 休養しながら生活の心配をしなくて良いのはありがたい事です。 会社が辛くてたまらにという人にとっても、傷病手当金を受けている間に進退を決めるという選択もできるのです。 働いていると様々な場面で岐路にぶつかります。 うつ病にかかってしまうと大きな決断をしてはいけないという医師もいますね。 「迷中の是非は是非ともに非なり」という諺がありますが、うつ病の人が迷いつつ判断するのはとても困難な展開になる場合が多いのです。 申請書などは書き方のマニュアルに沿ってきちんと書きもれがないよう注意し、働ける状態にないという事を会社にもしっかり理解してもらいましょう。 二回目以降でも申請について要件を満たせば通常は審査が通ります。 実際に傷病手当金を受給された方に話しを聞いてみると、このような制度があることで本当に助かり、しっかり治療できたと話されています。 自営業の国保にはない制度だけに会社勤めのメリットだと喜ばれていました。 疾病で入院などしている期間は民間の生命保険や高額医療限度額認定書などで補てんできました。 傷病手当金は、疾病そのものより、労働による給料の補てんなので、まさに鬼に金棒という存在なのですよね。 意外にもこの制度を知らない人が多いのに驚きます。 知っていれば人にも説明できるし、それはとても心強いものと言えるでしょう。 うつ病はしっかり治療を続ければ、少しずつでも回復する病気です。 また、認知の歪みから来ているとの説もあり、治療として認知行動療法を取り入れている病院もあります。 自動思考で常に心配事から離れられず、からまわりしてしまう。 そうこうしているうちに激しく強迫観念に見舞われたりするのはとても辛いですね。 一日中布団から離れられず寝込んでいる人もいれば、が強く出てきて、自殺未遂をする人もいます。 の反応性が低い人は、以外にも、を行ったり、リハビリやデイケアでの交流も重視されています。 また、精神病院での入院患者数もうつ病患者が大幅に増えています。 私が電気けいれん療法を受けるために入院した時も、大半の人がうつ病でした。 見た目は普通なのですが、ベッドから起き上がる事すらできずにいる人がたくさんいました。 私もそのうちの一人でしたが、を受給しながら電気けいれん療法を受ける事で、かなり回復する事が出来ました。 傷病手当金にしても、障害年金にしても、使えるものはフル活用して、うつ病を治していきましょう。

次の