アステカ の 祭壇。 アステカ‐太陽の紋章‐

数千人分の頭蓋骨で作った古代アステカの生贄祭壇「ツォンパトリ」が発見される! 膨大な“名誉の証”に戦慄! (2018年6月30日)

アステカ の 祭壇

人気番組『奇跡体験! アンビリバボー』が心霊写真特集を突然辞めた理由は?? その原因になった写真、動画をここでお見せします。 お祓いしてないこの動画・・・ あなたは、最後まで見る勇気ありますか? 心霊写真特集を辞めた理由がヤバイ… フジテレビ『奇跡体験! アンビリバボー』は1997年の放送開始から今も続く人気番組です。 世界各国で起きた事件・事故などを再現しながら検証していくというドキュメンタリー番組で、 特に2001年頃までは、 視聴者から投稿された心霊写真を霊能者が鑑定するコーナーが人気でした。 ある時、赤色やオレンジ色をした 壺のような形をした不可解な物体が写り込む写真が紹介されました。 撮影された日時、人物、場所が全く違う複数の写真たち。 霊能者の立原美幸の鑑定は以下。 「これは古い時代に、ある残酷な儀式に用いられた台である」 それが、この心霊写真に写りこんでいる。 この収録以降、心霊写真コーナーはほぼ無くなって行きます。 しかし、今までも恐ろしい心霊写真は山ほどあったはずですが、辞めるキッカケにはなっていません。 人気コーナーを急遽辞めざるをえなくなった、 この写真の深すぎる闇とは? ・・・その問題の「アステカの祭壇」の心霊写真を見ていきましょう。 問題の動画 それではアンビリバボーが紹介した心霊写真「アステカの祭壇」を先にご覧ください。 全てに、 壺のような形が赤く写りこんでいるのが見えます・・ アンビリバボー内に寄せられたこの写真達は、 撮影場所も年代もまったく異なる心霊写真なんです。 そして、この壺らしきものは何か調査したところ、アステカ文明の祭具だと判明。 アステカ文明は13世紀から15世紀に繁栄し、日常的に人身御供が行われていました。 彼らの言い分は突き詰めれば同じ内容で 、詳しい事は誰も話さずでした。 放送してはいけない理由が… 人物や物を中心に、周辺にが赤いもやがかかっている心霊写真。 なんと! 見た者には呪いがかかるといわれていたらしいんです!! 「アステカの祭壇が写ると、その写真に写った者は亡くなってしまう」、 「その写真を見ると、必ず不幸なことが起こる」と ネットで囁かれるようになりました。 ですから、アンビリバボーでもこれ以降、 心霊写真自体をやめたと言われていますね。 生贄に使用されたことから、そのスモークに怨念があり、しかもお払いをしていないため、 見ると危険だとのこと・・ 「アステカの祭壇」は嘘だった!? そもそもアステカの祭壇における器具などは、エジプト考古学博物館で展示されており・・ 不吉なものというよりは「 人類の宝」 おまけにそれを見た人間が呪われたといったケースは今まで聞いたことがない・・ ですから、アンビリバボーで紹介された心霊写真「アステカの祭壇」はそもそも 嘘だったのではないか?という疑問の声が挙がったのです。 そして実は、多く寄せられたクレームは 写真家からのものだったらしいんです!! 心霊写真「アステカの祭壇」に映った赤い影は、 カメラの不調によるものとする声も多いのです もし本当に、とてつもなくヤバイものであるなら、まず 撮影者や見た方すべてが呪われているはずですからね。 何枚かの写真をつなぎ合わせると一つの心霊写真になるというインパクトから、 多くの人が信用してしまったのかもしれない。 むしろ、アステカの祭壇はハイクオリティなフェイクとして楽しむのがベストだろう。 ・・・やはり本物だとは考えにくいという言い分です。 テレビで心霊写真をやらなくなったのは… 実は・・アンビリバボー以外の番組でも 心霊写真特集が激減しています。 現在では 素人でも比較的簡単に解析できるので、批判を受けてしまう可能性があるんです。 テレビ局としては、視聴率が高いだけに、 一歩間違えば大炎上してしまう心霊番組のリスクに頭を悩ませている状況だった。 かつて心霊・オカルトブームがあったころ、心霊写真などでかなり ひどい捏造が行われていたとよく聞きます。 テレビ局は視聴者からのクレームなどに神経質で倫理スレスレに視聴率を考えています。 激ヤバ映像は心霊だけでなく、宗教、同和、右翼、差別、等々様々、事実存在します。 心霊の場合、激ヤバはお蔵入りになって倉庫行きです。 関係者によると 相当数の映像が眠っているらしいです。 それ以来ジンクスが怖くて、司会を定期的にする人がいなくなった、という噂です。 映画「ポルター・ガイスト」 この映画は呪われているといわれる所以は、映画撮影中に事故がおきたり、 撮影直後に女優(ヘザー・オルーク)さんが変死したりしている。 アンビリバボーも、 取材中に恐怖の出来事がスタッフたちの身におきたと、 同番組内の「恐怖のアンビリバボー」のコーナーで放送されていたことがありましたね。 心霊写真をアンビリバボーに送ったけど・・やばすぎて送り返されてきた・・ また、こんな体験談も存在します。 つまりあの番組で放送されていたのは・・ 程度の低いほんの一握りとも言えますよね・・・ 実はフジテレビ・・本当の闇はあえて見せていない?!だけかもしれませんね。

次の

アステカの祭壇の真相!心霊写真は嘘で撮り方もあった?【検索してはいけない】

アステカ の 祭壇

検索してはいけない言葉とは、ネットで検索すると見た人にトラウマを与えるようなグロ画像、恐怖画像が出てくる言葉です。 また危険なアングラサイトやコンピューターウイルスが蔓延しているサイトに繋がる言葉も、検索してはいけない言葉とされています。 ただし、検索してはいけないと言われると逆に検索したくなる人が多いのも事実です。 そのため検索してはいけない言葉とは、怖いもの見たさの欲求を満たしたい時に検索をかける言葉、と捉えられることもあります。 アステカの祭壇はこの検索してはいけない言葉のひとつです。 アステカの祭壇は心霊写真なので恐怖画像にあたりますが、全ての恐怖画像が検索してはいけない言葉に分類されるわけではありません。 何故アステカの祭壇が検索してはいけない言葉として存在しているのか、それは後で詳しく触れていきます。 しかし一方で、苦情はあったもののそれは霊能者からではなく、プロのカメラマンやカメラに詳しい人たちからの苦情であったというのが真相だという話もあります。 苦情の内容は、インチキな放送はするなというものでした。 写真に携わる人たちからすれば、どんなにおどろおどろしく見えても実際はただのカメラの問題だったのです。 昔はカメラの性能が現在ほど良くなく、写真に妙なものが映り込むことは少なくありませんでした。 それなのにいたずらに恐怖心を煽る番組が許せなかったのでしょう。 どちらも噂の域を出ないため、苦情の電話に関する真相はわかりません。 しかしカメラが進化した今、アステカの祭壇と言われるタイプの写真が見られなくなったことは事実です。 赤いもやの写真がアンビリーバボーによって世間の目に晒されたあと、インターネットが普及してくるとともに写真にまつわる恐ろしい噂が流れるようになりました。 そうして生まれたのがアステカの祭壇の都市伝説です。 まず、アンビリーバボーで紹介された赤いもやの写真に映っているのは、アステカ文明で使用された残酷な生贄の儀式に使う祭具であると言われるようになりました。 そして祭具には強い怨念が宿っており、写真に赤いもやとして祭具が映ると、写真に映っている人間は死んでしまうという噂が流れます。 さらには、写真を見た人間も死んだり不幸な目に遭うという過激な噂も流れました。 以降、赤いもやの写真はネット上でアステカの祭壇という名をつけられ、見ただけで呪われるためその言葉を検索してはいけないと言われるようになったのです。 噂では、番組に次々と赤いもやの写真が送られてくるようになり、スタッフが気味悪がったことがきっかけで、アンビリーバボーの心霊特番が減少したと言われていました。 しかし一方で、前述した通り写真の赤いもやが怪奇現象ではなくカメラの問題によるものだと世間にバレてしまったため、心霊特番が放送できなくなったとも言われています。 そもそも後にアステカの祭壇となる写真は一般投稿者から送られてきたものではなく、霊能者から提供された写真だそうです。 つまりはヤラセに近い写真だったのです。 そのうえ怪奇現象でもなんでもない、ただのカメラの不具合だということが出回ってしまえば、視聴者は本物の心霊写真を見ても疑ってしまうでしょう。

次の

アステカ祭壇

アステカ の 祭壇

テカでは生きたのをにげるが盛んに行われてました。 このは中の諸文明に普遍的に見られた信仰に基づく。 は々のによって運行されているのであり、のをにげなければは滅んでしまうと人々を脅した。 この信仰のため多くのが生きたままを摘出された。 テカは多くの生贄を確保するためのさえも行なった。 だが人により残酷な生け贄のが取りやめざるを得なくなっても、は昇ってきたことにより官たちの言っていたことが出任せであったことが人々に分かってしまい、官の権威が失墜した。 ではの生け贄をるは行われていないと考えられる。 そのは、撮者、日時、場所もなのですがそれぞれに的な形のいが写り込んでいるのです。 そして鑑定者はそれを「あるに使う台」だと鑑定しました。 7 ななしのよっしん.

次の