スパーク プラグ 交換 費用。 スパークプラグ交換の費用|交換の効果・交換の工賃など

車のスパークプラグの交換費用は?寿命で交換しないとどうなるかまとめました

スパーク プラグ 交換 費用

ガソリンエンジンには必須のスパークプラグを見てみましょう。 昔の車には、車載工具にプラグレンチが入っているのが当たり前でした。 その理由は簡単で、燃料噴射にキャブレターを使っていたからです。 今の時代は電子制御になりました。 キャブレターを使っていた頃は、始動時にちょっとしたアクセルワークをミスってしまうとすぐにプラグが被ってしまった。 プラグが被ってしまうと、その状態でエンジンをかけることができませんので、取り外してプラグを乾燥させないといけない。 そんなことが日常茶飯事であったのです。 なのでプラグレンチは必須の工具でした。 それが、電子制御になりイリジウムプラグが出てきて交換距離も大幅に伸びました。 走行10万キロは当たり前で今では20万キロ無交換でOKとされてるエンジンもあります。 そんなスパークプラグですが、やはりいつかは交換をしないといけません。 ここではプラグの交換時期やその費用を見ていきましょう。 スパークプラグの役割は? まずはスパークプラグの役割から。 プラグはガソリンエンジンに使われている部品です。 ガソリンエンジンは空気と燃料を混ぜて混合気にして、ピストンが圧縮上死点近くになったときに火をつけます。 これがプラグの役割です。 ディーゼルエンジンは圧縮圧力の自己着火をさせているのでプラグは基本的に付いてません。 ガソリンの方が経由よりも着火点は高いのですが、火をつけるとつき始める引火点は低い。 この性質を利用しているためです。 ガソリンエンジンを自己着火させるとなると相当な圧縮圧力が必要で、それをコントロールするのはかなり難しいのです。 マツダがスカイアクティブXでそれを実現してきています。 混合気に火を与えて爆発させる。 それを動力としてエンジンを動かします。 この重要な役割を担ってるのがスパークプラグです。 よくプラグがかぶるというのは、プラグの点火がうまくいかないで混合気によってプラグがガソリンで濡れてしまうことを言います。 こうするとスパークさせても火がつかないのでエンジンがかからなくなる。 これがキャブレターのときは多発したわけです。 電子制御になってから温度やシチュエーションなどをセンサがモニタして最適の混合気を送り込み、タイミングを合わせて点火させるようになりました。 なので、今はあまりプラグはかぶらなくなりました。 ただインジェクションでもプラグはかぶることがあり、そうなるとリカバリーがとても大変です。 そう簡単にはエンジンがかからなくなります。 プラグの交換時期は? それではプラグの交換時期はどのくらいをめどにするか? まずは、取り付けられているプラグの種類にもよります。 メンテナンスノートを開いてみると10万キロ指定になっている車が増えてきました。 これはイリジウムプラグと呼ばれ、電極が普通のプラグより圧倒的に長持ちになったタイプです。 イリジウムプラグが取り付けられている場合は10万キロで交換です。 プリウスなどでは20万キロで交換が推奨されています。 長寿命です。 その他のプラグに関していうと走行2万キロ〜5万キロといったところ。 使用エンジンが回転数が高い軽自動車など排気量が小さい車はプラグの交換距離が短くなると考えてください。 エンジンが回転が高いということは、それだけ火花を飛ばしているのでプラグに対する負担が大きいんです。 気をつけないといけないのが、 一見イリジウムプラグのように見えるけどそうではない片側チップの白金プラグ。 KR7AIなどスズキで多く使われているタイプです。 値段はイリジウムプラグと同等ながら、寿命は普通のプラグと同じです。 長寿命なのではなく、ただ燃えやすい性能を持ったプラグということですね。 プラグの交換時期をまとめると2万キロ〜20万キロです。 取り付けられているプラグがどういったタイプかによって変わってきます。 プラグの交換費用は? それでは気になるプラグの交換費用は?まずスパークプラグは1気筒あたり最低1つ付いています。 ホンダの初代フィットやライフなどは2プラグを採用しているものもあります。 フィットは4気筒なんですが、1気筒あたり2つのプラグが付いてるんです。 部品が2倍の数使われていた。 当然部品代が高くなります。

次の

スパークプラグ交換時期はいつ?費用を安く抑えるならココだ!

スパーク プラグ 交換 費用

「最近エンジンの吹け上がりが悪いなぁ」なんて言いながら、プラグを外してスス汚れを落としたり、デンソーなどの高性能プラグに交換をしたものです。 しかし、そんな時代ももはや昔の話で、記事をまとめている2017年現在 プラグ交換を行うというのは非常に珍しいことになっています。 理由は純正で長寿命の 白金(プラチナ)プラグが使われるようになり、 交換の目安が10万キロ近くに伸びていること。 以前は4万キロ程で替える車が多かったですが、最近は点検などでも買えましょうと言われることはほとんどありません。 エンジンの電子制御技術も上がり、プラグの焼け具合を見て調子を判断する・・・というような必要もなくなって、普通に乗っている分にはほぼメンテナンスフリー化しているのです。 その一方で、 プラグ交換に意外なほど高いお金がかかるようになり、 昔の感覚でいると修理の見積もりで衝撃を受けることもあります。 これにはスパークプラグ自体の性能が上がって寿命が延びたこともありますが、他にも付随した要因があります。 プラグ交換に数万円の工賃がかかるようになった スパークプラグの交換にお金がかかるようになった理由としては、エンジンルーム内の整備性が極端に悪化してきているのが最大の理由です。 スパークプラグ交換という、手軽にできたDIY整備の代名詞は鳴りを潜め、今では 整備士泣かせともいえる整備性の悪さによって、交換にお金がかかる時代になってきています。 一説では、メーカーが正規ディーラー以外での整備ができにくくするために整備性を悪くしているのでは?という陰謀論もありますが、そんな話ではまとめられないほど、最近のエンジンルームはよくわからない電子パーツで溢れかえっていますね。 プラグ交換がしやすいエンジンレイアウトにする必要がなくなった プラグの寿命が延びたということで、 エンジンのレイアウトが大きく変わってきている車両もあります。 プラグホールを大きく塞ぐように張り出した吸気管や、電子制御部品、さらにはエンジン自体の重心が低くなって手の入りにくい奥まった部分に設置されている車が増えてきています。 ある意味では 整備性を犠牲にしてでも、効率を考え抜いたエンジンの設計になってきているとも言い換えられるものです。 性能向上には必要なことかもしれないですが、一般に誰でもいじれなくなってきているというのは、車好きからしたら少し寂しい部分もありますね。 しかしながら、プラグが消耗品であることに変わりがありません。 メーカー・車種にもよりますが、10万キロから20万キロ程度では交換しなければならない部品です。 以前ほど整備にシビアになることがなく、数万キロ程度交換しなくてもよくなった代わりに、いざ交換する時には多くの部品を外すなど、手間をかけないと整備ができなくなってしまったということなのです。 中古車で買う場合はプラグ交換のタイミングに要注意! スパークプラグの整備性が悪化し、交換修理にお金がかかるようになった最大の注意点は、 中古車として車を買う際に思わぬ出費が増えるかもしれないということです。 中古車として一番美味しいのは、距離が数万キロ走っていて、値段がこなれてきている車です。 ある程度アタリも付いて、乗る分にはまだまだ不具合が少ない車両を選んで買う人も多いでしょう。 しかしある程度距離を重ねることで、プラグの交換が必要になってくると出費が大きい。 先述の通り、プラグそのものの部品代は8000円程で済んでも、交換工賃が2万円から5万円とかかる1日がかりの作業になることもあるのです。 昔の感覚でいる40代50代以上の人ほど、「えっ?プラグ交換ごときでなぜ数万もかかる!」と驚きを隠せないでしょう。 あまりお金をかけたくないという人は、こうした整備にかかる費用のことも考えて車選びをしていくと良いと思います。

次の

スパークプラグ交換時期はいつ?費用を安く抑えるならココだ!

スパーク プラグ 交換 費用

スパークプラグとは? スパークプラグとは、ガソリンに直接火花を飛ばして、エンジンを動かす役割を持っています。 車を始動させるのに非常に重要なスパークプラグは、使用するごとにどんどん劣化していき、交換が必要になるパーツの一つです。 仕組みとしては、スパークプラグの電極に電流が流れると火花が発生し、着火爆発が起こりエンジンが動き始めるのです。 車のエンジンルームで火が付くと聞くと、ちょっと怖い気がしますが問題ありません。 車が故障なく正常な動きをしているのであれば、この火花は非常に短い時間の現象であるため、車がその火花によって燃えてしまったりすることはありません。 スーパークプラグの種類 スパークプラグは国内で販売されているものは主に3メーカーのものがあります。 NGK• デンソー• BOSCH です。 取引先や問屋を当たりまくって、こんなプラグを入手してみた。 日本では割とレアかと思われる。 入荷まで一か月掛かったしw 次の交換時期に試してみよう。 当分先だけど… — ARD Ard28jp スパークプラグは、車を使用する環境に影響を受けます。 例えば、 高負荷走行がかかった状態で走る続けるとプラグが焼けすぎた状態になりますし、 夏などの外気温が熱い季節には、吸入空気温度が高くなり損傷したりします。 そのため、レーシング用やチューンングをして車を楽しむ方用のものは特殊なスパークプラグです。 また、新車でメーカーで車を作る時に使われるものには グリーンプラグ、突き出しプラグ、ロングリーチプラグ、多極プラグ、白金プラグ、など様々な種類があります。 その他、イリジウムプラグとよばれるものでイリジウム合金というものが使われていて着火が早いものであれば、高価だったりします。 参考: スパークプラグが故障するとどうなる? スパークプラグが故障してしまうと、次のような症状が起こります。 エンジンのかかりが悪くなる• アイドリングが不安定になる• エンジンがかからない• 燃費が悪くなる• エンジンパワーが減り、加速や出だしが遅くなる このような症状が出たら、スパークプラグが故障していることを疑ってみましょう。 スパークプラグが完全に故障してしまうと、エンジンがかからなくなってしまいます。 車を修理工場へ持っていくこともできなくなるので、少しでも不調だと感じたら早めに点検を受けてみてください。 スパークプラグの寿命や交換時期 スパークプラグの寿命は• 一般的に、1年で1万㎞走行する車が多いことを考えると、 スパークプラグはおよそ3年以内で交換したほうがいいということになります。 軽自動車は普通乗用車よりもエンジンの仕組み上、プラグが火花を飛ばす回数が多いので寿命に差がでるようです。 また、 車検の点検項目には「スパークプラグ」が無いためエンジンのかかりに問題を感じなければ、交換されません。 出典: スパークプラグはいくらで買える? スパークプラグは種類によって価格もまちまちです。 ごく一般的にな製品であれば、1本500円以下のものも楽天市場で見つけることができますし、「プレミアム」と付くような製品名のものなら、4本で5000円以上するので1本あたり1300円はします。 楽天で買えるスパークプラグの製品例 初めて自分で、交換してみる場合であれば、車種に合ったものを選んでつけるのが失敗が無くすみます。 商品名を検索するときに、車種名も一緒に検索すると出てきますし、対象の車種がないようであればお店に問い合わせて商品を選ぶと良いでしょう。 スパークプラグを自分で交換する手順• プラグレンチ、ドライバーなど交換に必要な道具を用意する• インタークーラーカバーを外す• プラグがある部分のネジを外す• スパークプラグを取り出して、新しいものに交換する• インタークーラーカバーを元に戻す 必要な道具さえ揃っていれば、交換するのはそう難しくないものです。

次の