親指 の 付け根 テーピング 巻き 方。 横浜市泉区 鈴木整形外科(中田駅前)|テーピングマニュアル スポーツ外傷、テーピングの巻き方、一般整形外科の鈴木整形外科

痛む手首はテーピングで休めて治す!テープ1本で痛みが軽減(2/3ページ)

親指 の 付け根 テーピング 巻き 方

腱鞘炎がスマホのヘビーユーザーに急増中 かつては、手を酷使する仕事につく料理人や理・美容師などの「職業病」といわれた腱鞘炎。 近年では、若者をはじめ、ビジネスマンや主婦にも症状を訴える人が増え、「国民病」といっても過言ではありません。 なぜ、多くの人が「腱鞘炎」に悩まされるようになったのでしょうか。 そこで、腱鞘炎に詳しい、アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長の高林孝光先生に聞いてみました。 高林孝光(たかばやし・たかみつ) アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長。 1978年、東京都生まれ。 東京柔道整復専門学校、中央医療学園専門学校卒業。 2016年、車イスソフトボール日本代表チーフトレーナー。 上肢のケガが最も多い球技スポーツであるバレーボールの同一大会で、異なるチームに帯同して全国2連覇した、日本初のスポーツトレーナー。 腱鞘炎とは、 腱をおおう腱鞘に起こる炎症のことで、強い痛みや腫れ、熱感を伴います。 腱は筋肉と骨をつなぐ結合組織で、筋肉の動きを関節に伝えています。 一方の腱鞘はトンネルのような形をしていて、何本もある腱がバラバラにならないように、あるいは腱がスムーズに動くよう固定しています。 つまり、トンネル状の腱鞘の中を腱が通っていて、体を動かすと腱鞘の中を腱が行ったり来たりするのです。 私たちが手の指を動かすときは、指の腱鞘の中を腱が動いています。 通常、腱は腱鞘の中をスムーズに動いています。 このときはもちろん、痛みを感じることはありません。 しかし、指を速く動かせばそれだけ腱が腱鞘の中を激しく動き、動かす回数が多ければ腱と腱鞘がこすれ合う回数も多くなります。 こすれ合いすぎると、腱や腱鞘が炎症を起こし、腱は太くなり、腱鞘は内腔が狭くなって動きがスムーズでなくなります。 こうなると余計に腱と腱鞘が強くこすれ合うようになり、炎症が悪化して、ついには指を動かすたびに「痛い!」となります。 これが 腱鞘炎です。 腱鞘炎は手首・ひじ・指の大きく3つに分けられる 最近、元AKBメンバーの川崎希さんが、親指が痛む「ドケルバン病」になったというニュースが話題となっていて、私は、初めてその病名を聞き、腱鞘炎には、色々なタイプがあることを知りました。 「腱鞘炎は手に起こることが多く、痛みの元になっている炎症がある部位によって、 手首の腱鞘炎、 ひじの腱鞘炎、 指の腱鞘炎の三つに大きく分けられます。 指の腱鞘炎は バネ指とも呼ばれています。 たいていは湿布を出されるか、痛み止めの注射をされるだけ。 それでもよくならないと手術をすすめられます。 しかし、手術をしても再発率が高いのが実情です。 しかし、腱鞘炎のタイプを見極め、正しいセルフケアを行えば、たった1分で治すことができます。 」と、高林先生。 手首の腱鞘炎のセルフケア ここでは、先生に教えていただいた 手首の腱鞘炎のセルフケアをご紹介しましょう。 手首が痛む場合は、手首の腱鞘炎が単体で起こっている場合と、ひじの腱鞘炎が隠れているケースが考えられるそうです。 まずは、ひじの腱鞘炎の有無を調べ、手首単体のものなのか、それとも合併型なのかを判断する必要があります。 ひじの腱鞘炎の有無を見極めにまずは「 アイヒホッフテスト」を行いましょう。 さらに、親指を真っすぐ上に向かって伸ばしてみてください。 それで痛む場合は、 短母指伸筋(たんぼししんきん)の腱鞘炎と考えられるそうです。 この、短母指伸筋の腱鞘炎に有効なテーピングを特別に教えてもらいました。 なんとたった1分で痛みが和らぐのだそう。 さっそくやり方をご紹介しましょう! 親指を伸展すると痛む腱鞘炎を改善するテーピングのやり方 まず、手首の親指側にあるグリグリ(茎状突起)から親指の第一関節までを、反対の手の親指の腹で10~30秒もみほぐします。

次の

腱鞘炎 指治ったテーピング方法

親指 の 付け根 テーピング 巻き 方

突き指のテーピングでは、注意点すべきポイントがいくつかあります。 突き指を発症した直後は、患部に血液が急速に集まり、患部は腫れ上がります。 但し、試合中などに突き指をしてしまった場合で、どうしても強行出場しなければいけないと判断する場合は、指の靭帯組織が部分的に断裂している状態でもある為、逆に必ずテーピングなどで靭帯組織の補強を行う必要があります。 その場合は、指の関節が緩んでいる状態でもあるため必ず後述するバディテープによるテーピングを行います。 尚、突き指は場合によっては1シーズンに渡って痛みを伴うケースもある指の関節障害ですから決して軽視してはいけない障害である事を理解しておくことが重要です。 突き指のテーピング方法を解説します。 ここでは既に突き指をしてしまっており、回復までの期間に行うべきテーピング方法です。 指の関節全体を固めるのでは無く、血液の逃げ場を確保してあげる点がポイントです。 アンカーとは全てのテーピング処置の基本となるテープラインの事です。 アンカーの巻き方は指に沿って巻いていき、例えば第2関節を突き指した場合は、第一関節と第二関節の中間の肉厚の部分と、第2関節と第3関節の肉厚の部分に巻きつけます。 見た目としては、受傷した第2関節部分の指の側面でクロスしているイメージです。 クロステープのポイントとしては、指を軽く曲げた状態でテーピング固定を行うことです。 きつすぎると血液の循環を損なうこととなります。 指の側面がテープで隠れる状態で指の甲面と指の腹面に隙間が確保できていればOKです。 この隙間は突き指発症後は血液が患部に集中し腫れてくる為、その血液の逃げ場として確保します。 指の固定状況を確認し、指が意図的に簡単に曲げることが出来ない程度の状態で固定されていればOKです。 以上で、突き指のテーピング処置は終了となります。 尚、突き指のテーピングで使用するテーピングは、テーピングの幅が13ミリ〜19ミリの細身のタイプを使用します。 価格は400円〜500円程度で手に入るので部活動などを行っている場合は救急箱に常時13ミリ〜19ミリサイズのテーピングを最低でもひとつは準備しておきましょう。

次の

指の付け根が痛い時(応用編)|テーピングの貼り方|ピップ プロ・フィッツ【ProFits】

親指 の 付け根 テーピング 巻き 方

腱鞘炎のテーピングの概要 サポーターやテーピングの巻き方 手首の腱鞘炎の状態になった場合、テーピングやサポーターは必ず巻くことを意識しましょう。 手首は体の何気ない動作で作用してしまいます。 手首が動くとやはり腱鞘炎の苦痛がともないます。 この痛みを抑止するために、テーピングやサポーターで固定化することが必要です。 そして、手首のどの部位が痛むのかにより、巻き方が違ってきますが、原則的には手首の痛みが生じる側と指を固定した方が良いでしょう。 サポーターは、手首用サポーターというものが発売されているので、それらを選択すれば使いやすいです。 未体験という人でも、手袋のように備えるだけですので手軽です。 少しきつく感じるかと思うのですが、ほどよくホールドされてるぐらいがちょうどいいです。 サポーターとテーピングどれを使えばいいの?と考えられるかもしれませんが、どちらにもメリットとデメリットがつきまといます。 サポーターは、より動きを制限する能力が高めですが、上手く使用しないと筋力を失ってしまい、逆に治りづらくなってしまいます。 テーピングは、ほどよく運動を制限してくれて、より自由度を伴います。 しかし、上手く巻かないと効果が出なかったり、貼ったり剥がしたりするのが面倒くさいというデメリットもあります。 『腱鞘炎テーピング方法!巻き方をまとめてみた件』 様々な巻き方をチョイスしましたので、あなたに合う仕方を吟味してやってくださいね。

次の