スイッチ プロコン 繋げ 方。 買った方が良い? switchのプロコンを1年使ってわかった4つのメリット【ニンテンドースイッチ】

Nintendo Switch有線コントローラーの繋ぎ方。テーブルモード、PS4コントローラーは使用可能?

スイッチ プロコン 繋げ 方

・スイッチのプロコンって高いけど買う意味あるの? ・プロコンはなんか良いらしいけど、どんな所が良いのか具体的に知りたい こんな悩みに答えます。 この記事では、プロコンを約1年間使った僕がプロコンを使うメリットを書いていきます。 プロコンを使ってプレイした主なゲームは「スプラトゥーン2」です。 プレイ時間は1500時間ほどなので、この記事はかなり具体的で信憑性の高い内容になっています。 プロコンのメリット1.ジョイコンと比べて圧倒的に持ちやすい プロコンを使う一番のメリットはこれです。 ジョイコンと比べると圧倒的に持ちやすく 一度プロコンを持ったらもうジョイコンを使う気にはなりません。 プロコンを持った後にジョイコンを持つと 「よく今までこんなの使えたな…」 と思ってしまうレベルです。 また持ちやすいので、 8時間以上続けてプレイしてもまったく疲れないです。 ジョイコンの場合は2、3時間くらい持っただけですぐに手が痛くなりますよね。 でもプロコンなら、圧倒的に持ちやすいので手が疲れる悩みとはおさらばできます。 「スマブラ」や「スプラトゥーン2」、「フォートナイト」のようなコントローラーを使いこむゲームをやっている人なら、ジョイコンからプロコンに変えるだけでもゲームの腕が上がると思います。 それくらい「持ちやすさ」というのは重要です。 2.ボタンが大きいので押しやすい これもコントローラーを使いこむゲームをやる人にとっては、かなり大きなメリットになるでしょう。 ジョイコンだとボタンが小さすぎて 「押したボタンの隣にあるボタンまで指がふれて押してしまう」 という事が結構あります。 特に手が大きい方はこの現象に悩まされる確率が高いと思います。 でもプロコンなら、 ジョイコンのボタンの1. 5倍くらいの大きさのボタンになっているため、誤動作が起きる事はありません。 実際僕も、ジョイコンの頃は一日に5,6回くらいボタンの小ささが原因による誤動作が起きていましたが、プロコンに変えてからは誤動作が起きたことが一度もないです。 コントローラーを使いこむゲームをやる場合は、ボタンが小さいジョイコンだと誤動作が多発してとてもストレスになります。 そういったゲームをやる人ほど、「ボタンが大きい事の快適さ」を実感しやすいでしょう。 3.プロコンの方が充電が楽 ジョイコンの充電って地味にめんどくさいですよね。 別売りの「充電グリップ」というのを買えば、わざわざジョイコングリップからジョイコンを取り外さなくても充電できるようになりますが、そんなものを買うくらいならプロコンを買った方が良いです。 プロコンの箱を開けると、プロコンと一緒に充電用のケーブルが入っています。 この充電ケーブルは、ニンテンドースイッチ本体に挿せるのでスイッチからプロコンを充電することが出来ます。 ジョイコンのようにグリップから外す手間もなければ、充電用のアダプタを用意する必要もないわけです。 毎日のようにゲームをして毎日コントローラーを充電しなければならない人にとっては、ジョイコンをはずす作業がなくなるだけでも大分メリットになると思います。 4.プロコンの方がバッテリーの稼働時間が長い ジョイコンでも普通に長い時間使っていられるので無視されがちなメリットですが、充電を忘れたときにその効果を発揮します。 公式の発表によると ・ジョイコンの稼働時間は 20時間 ・プロコンの稼働時間は 40時間 です。 「40時間も続けてゲームしねぇよ!!」 と突っ込みたくなりますが、上にも書いた通り、充電を忘れてしまった時にこのメリットが発揮されます。 毎日長時間ゲームをやる人が夜の寝てる間に充電するのを忘れてしまった場合、20時間のジョイコンでは次の日ガッツリ使っても充電がもつかどうかはかなり心細いです。 一方プロコンなら40時間ももつので、仮に充電を忘れてしまったとしても次の日に使えなくなる心配はありません。 また 「今日は朝から次の日になるまでずっとゲームをするぞ!」 ということもプロコンなら充電のことは全く気にせずにできます。 ~まとめ~ プロコンを使うメリットは• 圧倒的に持ちやすい• ボタンが大きいのでジョイコンのような誤動作がおきず押しやすい• 充電が楽• 一回の充電で40時間もつ です。 特に「圧倒的に持ちやすい」「ボタンが大きい」というのが大きなメリットです。 「スマブラ」や「スプラトゥーン2」、「フォートナイト」のような コントローラーを使いこむゲームをやる方にとってはほぼ必須と言っていいくらいのものです。

次の

【ニンテンドースイッチ】録画方法、動画はキャプチャーボタンで対応予定。HDMIキャプチャーは機材が必要

スイッチ プロコン 繋げ 方

いわゆる「コンバーター」に属するタイプのコントローラー型キーボード、マウス。 PCで慣れたプレイヤーでもコンシューマー作品をプレイできるようになる製品。 スプラトゥーン2などPCで出ていない製品やフォートナイトなどにも対応。 コンバーター系は癖が強く様々な設定が必要なことが多い。 しかしこの製品はつなぐだけで使用可能な点が強み。 当然自分にあった感度にするためには微調整が必要になるものの、煩わしいハードウェア側の設定が必要無いのが大きな魅力。 DPIや感度変更 1 マウス側の中央DPIボタンを押す。 G1 : 通常AIM時の感度を上げる G2 : 通常AIM時の感度を下げる G3 : スコープ時の感度を上げる G4 : スコープ時の感度を下げる 3 ゲーム側の設定を変更する。 キー配置 使ってみた感想 かなり再現度が高く、キー配置に癖が無い。 マウスと感度に関しては微調整が大分必要。 そこで私は「使い慣れたマウスをつないで」試してみた。 私の環境だと動作確認。 このマウスには私のメインDPIであるDPI1200を予めマウスのメモリに記憶してあるため、付属のマウスより圧倒的に使いやすかった。 全てのマウスが動作可能かはわからないが、マウス側にメモリを搭載できるタイプのゲーミングマウスならば付属のマウスより良い結果を得られるだろう。 スプラトゥーン2のようなキーをあまり使わないゲームならばPCゲームのようにプレイできた。 フォートナイトは必要なキー、要素が多すぎるためPCで慣れていると建築や武器切り替えに戸惑う。 これはキーボード、マウスの再現度というよりSwitch版フォートナイトの仕様のためSwitch版の仕様に慣れる必要があるだろう。 左手用メカニカルキーボードとして 左手用メカニカルキーボードとしても運用可能。 キー配列に癖がないので机上スペースを有効活用できる。 左手用メカニカルキーボードとしては値段がかなりお手頃なのでPC用にも使えるのがポイント。 詳しくレビューしているので、動画レビューをぜひ見て欲しい。 レビュー動画 目次 0:27 開封 1:26 本体 3:46 Switch設定 4:26 Fortnite 9:31 違うマウス使ってみた 10:29 まとめ 2019年バージョン リンク• ゲーマー向けパソコン購入ガイド• カテゴリー別動画再生リスト•

次の

Nintendo Switch有線コントローラーの繋ぎ方。テーブルモード、PS4コントローラーは使用可能?

スイッチ プロコン 繋げ 方

タップ出来る目次• 接点復活剤で直らなかったプロコンのスティックを自分で修理する方法 前回の記事にある私のプロコンの右スティックですが、接点復活剤をかけたり部品の中身を入れ替えても症状は変わらずで、画像のようにした方向へ入力される状態になっています。 スティックの修理に関してですが、今まではスティックの根本部分を全交換しなければいけないという情報が出回っていた為、部品交換の難易度はそこそこ高めでした。 今回紹介する方法は部品の一部を取り外して交換するだけなのでかなり難易度が下がりました。 準備する物 コチラは今回の主役となる部品です。 各スティックに2個使用されているので4つあればコントローラー1台分となります。 はんだごて……ダイソーで500円で買えます。 日常的に使うならネットでもっとコスパの良いはんだごてが買えますのでそちらを選びましょう。 はんだ……部品のはんだ付けに必要です。 ダイソーでコテと一緒に買えますが、結構短いのでコスパは悪いです。 私はダイソーで買いました• はんだ吸い取り線……部品を取り外す際に溶かしたはんだを除去するのに必要です。 ダイソーにあるらしいですが、私の近所のダイソーにはなかったのネットで取り寄せました。 コテ用のスポンジ……こて先の掃除に必要ですので必ず準備しましょう。 こちらも近所のダイソーには無かったのでネットで購入。 はんだごて用の台……買うのを忘れたので急遽作成しました。 車のジャッキアップに噛ます木材に木ネジを4本挿してコテをホールド出来るようにしました。 ピンセット……画像に撮り忘れましたが、部品の取り外しの際に必要なので準備しましょう。 100均でも買えます。 外す為には一気に溶かす必要があるので、まずは赤丸の部分にはんだを盛って3ピンを繋げましょう。 繋げたら反対側から緑の部品を引っ張りながら真ん中のピンにはんだごてを当てると部品を引き抜く事ができます。 基盤がガタついてうまく外せない場合は誰かに基盤を抑えてもらうと楽にできます。 同じ要領でもう片方の部品も取り外しましょう。 取り外した部品です。 部品の取り出しで開いたりしたのでピンの根本が曲がっていますね。 はんだ吸い取り線で基盤に残ったはんだを吸い取っていきます。 綺麗になったら接点復活剤を綿棒かなんかに付けて軽くぬぐっておきましょう。 エレクトロニッククリーナーや無水エタノールがあればそちらの方が良いですが、接点復活剤やコンタクトスプレーでもOKです 続いて新しい部品を取り付けます。 穴にピンを差し込んでから部品と反対側を強く摘まむとパチッとハマります。 かなり硬いです 同じ要領でもう片方もハメましょう。 部品を付けたら基盤をひっくり返してはんだ作業です。 3ピンがそれぞれくっつかないように薄く盛るのがポイントです。 久しぶりにはんだをやったので盛り盛りになってしまいましたが、とりあえず成功しました 笑.

次の