故吉田晴乃。 「吉田晴乃」のニュース一覧: 日本経済新聞

吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演説全文 (1/3) :日経DUAL

故吉田晴乃

2019年6月25日. 2019年6月13日閲覧。 フランス語. 2004年に帰国し、 NTTコミュニケーションズで営業課長としてビジネスのグローバル化に関する業務を担当する。 2019年6月18日. 77 ID:IpiO7An40. スポーツニッポン. ; Nemeh 2003. 2019年6月11日閲覧。 Antiwar. 毎日新聞社. その人がどんな人生を歩んできたのか、よくも悪くも、もう隠せない。 吉田晴乃 2019年7月12日. 吉田さんとはW20運営委員のメンバーとして一緒に活動していました。 2019年6月28日. 彼女を取材したことのある業界紙の記者は、「とにかく、はつらつとしているし、何事にも前向きな人なんです。 2019年6月27日. 働く女性の地位向上の活動に従事し、米通信会社時代に、アジア太平洋地域の女性従業員委員会の副会長を務めていた。 69 ID:OP0TAYlv0. 2019年6月7日. G20が大阪で開催されるのに、肝心の地元大阪では、W20の認知度と関心は低く、「地元の大阪で働く女性にとって、W20が少し遠い世界の話になっていないか」と気がかりでした。 スペイン語. 2019年6月7日. 超ワールドサッカー. 2019年6月16日. net アゴ尖ってるね、天然なら凄いわー。 吉田晴乃 2019年6月25日閲覧。 東奥日報社. 2019年6月17日閲覧。 28 ID:m5jPdNYj0. 2019年6月11日. そんな話を吉田さんにすると、「G20が開催される大阪で元気な女性たちに会いたいわ」とおっしゃってくださり、イベントが実現したのです。 2019年6月11日. 2019年6月1日. 一度だけ同席したことがありますが、隙のないスーツに高いヒールの靴で会議室に登場すると、出席者が思わず起立して迎えた光景を覚えています。 2019年6月17日閲覧。 2019年6月17日閲覧。 2017年、フォーチュン誌によるWorld's Greatest Leaders 50の 一人に日本人としてただ一人選出された。 【吉田晴乃さん追悼】最高にチャーミングな私たちのロールモデルへ 時事通信社. 63 ID:tZk5jMLD0. Darry Journal. あいさつした父親の吉田久男さんは、エネルギッシュな印象が強い吉田さんが、経団連役員への就任を打診された際は「荷が重い」と逡巡(しゅんじゅん)していたというエピソードを披露した。 nikkansports. 2019年6月23日閲覧。 イタリア語. 2019年6月9日. 久男さんは「吉田晴乃個人への話ではない。 四国新聞社. BTジャパンCEO、初の女性経団連審議員会副議長、規制改革推進会議委員などの重責を歴任し、 2017年にはフォーチュン誌が選ぶ World's Greatest Leaders 50の一人に日本人としてただ一人選出されたこともあります。 東京新聞社. 2019年6月19日. ポルトガル語. 朝日新聞社. AFPBB NEWS. フランス語. 2019年7月2日閲覧。 2019年6月28日閲覧。 経団連初の女性役員 ド派手メイク美魔女社長の破天荒な経歴 神戸新聞社. 共同で発起人・友人代表を務めた古賀信行経団連審議員会議長は「おしゃれで服装もユニーク。 Dagens Nyheter. ドイツ語. 少子高齢化という社会の中で、女性の労働力がどういうふうに経済的な効果を生んだかについて、日本でも具体的な数字が出てきております。 2019年6月8日. フランス語. 2019年7月4日閲覧。 四国新聞社. ドイツ語. せっかくお越しいただくので「これまでにないインパクトのある内容にしましょう」と吉田さんといろいろ相談しました。 net 変な写真だけど経歴はまともだね。 四国新聞社. 経営者としては、いろいろな事情や状況を抱えた社員が活躍できる会社を、という主張をされて来たことでも知られています。

次の

WEB会議システムで働き方改革、円滑なコミュニケーションを実現

故吉田晴乃

世界各国において「男女間格差」がどれほど存在しているかを調べ、国ごとに比較した「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」。 世界経済フォーラム(WEF)が先月発表した報告書によると、日本は調査対象になった153カ国中121位と、過去最低の順位を記録しました。 14項目の中には、「国会における女性議員の割合」「管理職における女性の割合」「過去50年間で女性が国家元首を務めた年数」などが含まれています。 今年の報告書で日本は、「他の先進国よりもはるかに男女間格差が大きく、もっとも深刻で、この1年間でさらに拡大した」と評価されました。 その背景には、国会議員や閣僚、企業の管理職など重要な役職に就いている女性の比率が依然として低く、スコアが低いことが挙げられています。 日本の政治や経済における「ジェンダー・ギャップ」はどのような状況にあるのか。 7つの数字を紹介します。 衆議院議員のうち、女性議員の割合は10. 1%でした(2019年7月26日現在)。 下院または一院で見た場合、世界平均は24. 3%となります。 また、参議院の女性比率は22. 9%です(2019年7月30日現在)。 上院の世界平均は24. 4%と、両院において世界平均よりも低い数字となっています。 高市早苗・総務相と、橋本聖子・五輪相の2名です。 改造前の内閣には、女性閣僚が1人しかいませんでした。 ジェンダー・ギャップ指数の政治分野において、日本は144位とされており、世界ワースト10に入っています。 女性議員が一人もいない市区町村議会がある都道府県は、45にのぼります(2018年12月31日現在)。 女性議員がいない議会の割合が最も高いのは、青森県。 県内の議会の半数が「女性議員ゼロ」でした。 次に奈良県内の議会の35. 9%、熊本県内の35. 6%、沖縄県内の34. 1%、福島県内の33. 9%が「女性議員ゼロ」でした。 また、時事通信によると、歴代で振り返っても、女性知事は7人しかいません。 企業における女性管理職の割合は、11. 8%でした。 2009年まで遡っても、9〜12%前後で大きく変化していません。 2020年4月に施行される「改正女性活躍推進法」では、常時雇用する労働者が301人以上の事業主に対して、「採用した労働者に占める女性労働者の割合」や「男女別の配置の状況」などを公表し、それぞれ関連する数値目標を定めた行動計画を届け出るよう求められています。 2015〜2018年まで役員を務めた故・吉田晴乃さんが、経団連初の女性役員でした。 特に専門性が高い職業の代表例には、医師、獣医師、弁護士、会計士、記者などが含まれています。 この目標は「2030(2020年30%)」と略され、女性登用を推進する取り組みのキーワードとして注目されていた時期もありました。 ところが、現時点でも30%を達成できている項目はなく、期限の2020年が近づくにつれて、この数字を目にする機会も減っていきました。 「2030」はどこに行ったのか 時事通信 内閣府男女共同参画局・推進部の担当者によると、この目標が撤回されたり、修正されたりしたことはなく、現在も目標として「生きて」いるそうです。 ただ、「2020年までに」という言葉が「2020年になる前に」なのか「2020年中に」なのかは曖昧で、「〜期待する」という言葉からも「目標というほど目標なのかな、という部分はある」と言います。 実際に、2015年に閣議決定された「第4次男女共同参画基本計画」では、2020年までに30%を目指して「引き続きさらなる努力を行うのは当然である」とした上で、一部の項目について、新たな「成果目標」を設けました。 例えば、「民間企業の課長相当職以上に占める女性の割合」の成果目標は15%程度、「国の本省課室長相当職以上に占める女性の割合」の成果目標は7%と、30%よりも大幅に低い数値が設定されています。 その上で、「我々は夢を示すだけじゃなくて、夢に向かって社会を変えないといけないので、現実的で、あらゆる努力を行えば達成しうる水準という意味での成果目標を掲げています」と語りました。 すでに、専門調査会の委員も決定し、研究者やジャーナリストなどの識者が名を連ねています。 次の「男女共同参画基本計画」に向けて本格的な議論が始まるにあたり、ジェンダー・ギャップ指数で過去最低の121位を記録したことについては、どう受け止めているのでしょうか。 担当者はこう語りました。 「大変深刻に受け止めています。 順位が落ちたのは、日本が悪くなったというよりも、他の国が頑張ってもっと良くなった結果だと考えていますが、危機感を覚えないといけないと感じています」 「順位を落としている原因が政治分野における女性の少なさが大きいので、もうちょっと頑張らないとということで、頭を悩ませています」 ご意見を募集しています BuzzFeed 皆さんは身の回りで「ジェンダー・ギャップ」を経験したことはありますか?日本の男女間格差について、どのように思いますか? BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」( buzzopi)で、読者の方々の声を募集しています。 様々なご意見、お待ちしています。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演説全文 (2/3):日経doors

故吉田晴乃

ICTにより「時間」や「場所」の制約から解放! WEB会議システムがテレワークを推進する ICTを利用している企業は、利用していない企業に比べ、労働生産性が高いとの報告があります。 中でもクラウドサービスを利用している企業では30%、テレワークを実施している企業では60%も労働生産性が高いといわれ、 いつでも、どこでも仕事ができる環境を整えることが、時間と場所の制約を解消して労働生産性の向上に寄与していることが分かります。 さらに、20代になると「テレワークを利用している、もしくは利用したい」という割合が50%を超えています。 インターネット、パソコン、スマートフォンを幼少期から使用してればいるほど、テレワークへの抵抗感を感じず、むしろ利便性に目を向ける傾向にあるということでしょう。 従って、将来的にテレワークはより普及する可能性が高いといえるのではないでしょうか。 反面、テレワークの弊害として、社員がバラバラな場所で仕事をすることから社員同士の「コミュニケーション」がとりづらいという問題があります。 そのような環境でも 円滑なコミュニケーションをとる方法として「WEB会議システムを利用した空間づくり」があります。 ここでは、単に会議室に集まって遠隔地にいる社員とオンラインで会議をするだけでなく、 「いつでも、どこでも、誰とでも」オフィスで一緒に働いているのと同じ環境をつくるための方法を提案します。 いつでも・どこでも・誰とでも 「カジュアル・コミュニケーション」を促すハドルスペース ハドルミーティングという言葉を聞いたことはありますでしょうか。 アメリカンフットボールが語源で、試合中にタイムアウトをとって作戦会議を行う光景をオフィスにおけるミーティングシーンに当てはめた言葉で、仕事を一時中断し、その場に集まって行うショート・ミーティングのことを意味します。 会議室に集まって「報告会」と化しているミーティングよりも、「短期集中型」のミーティングの方がはるかに生産性は高いでしょう。 一方で、 最近のオフィスでは「カジュアルなコミュニケーション」を奨励する傾向にあります。 イノベーションの種や新しい出会い、信頼関係など「カジュアルなコミュニケーション」がもたらす効果が認識されるようになったからです。 そのような流れから、 気軽なコミュニケーションを「自然に促す(ここが重要です!)場」をオフィスのあらゆる場所に設けるようになりました。 このような空間を「ハドルスペース」と呼び、その設置方法に関する最近の傾向として2パターンありますのでご紹介します。 ソファブース ハドルスペースでのWEB会議が テレワークのコミュニケーション課題を解決する テレワークを実施するにあたっては、オフィスと自宅、サテライトオフィスなど遠隔地とのコミュニケーションがスムーズに行える環境を構築することが必要です。 今から35年前の1984年に電電公社(現NTT)がテレビ会議システムの商用サービスを開始して以来、今やスマートフォンでもビデオ通話ができるほど、ビデオコミュニケーション(ビデオ会議やWeb会議、音声会議など)は手軽なコミュニケーション手段となりました。 ビジネスシーンでもWEB会議システムの導入は進んでおり、インターネット回線の高速化や安定した品質での通話が可能になったこと、そして何よりも インターネット環境さえ整っていれば、安価で簡単に導入できるようになったことがWEB会議システムの利用を加速させています。 実際に、2017年の調査では50. 8%の企業でテレビ゙会議(WEB会議や音声会議などを含む)を「導入している」もしくは「導入を検討中」と回答しています(平成29年 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「イノベーションへの対応状況調査」 )。 同調査では、会社の規模が大きいほど導入している割合が高いと報告されており、その導入用途・目的は「本社・支店・営業所等間の会議(での使用)」「移動時間の短縮・効率化」の割合が最も高いことから、多くの支店や営業所を持つ企業で導入が進んでいるといえます。 しかし、たとえ小規模の企業であっても、 テレワークを実施する企業が増えれば、WEB会議の導入も進んでいくでしょう。 逆をいえば、業務に支障をきたさない品質が保証されれば、テレワークを実施する企業も増えていく可能性があるといえます。 ハドルスペースのメリットは、いつでも・どこでも・誰とでも 「カジュアル・コミュニケーション」を促すことです。 気軽に集まれるハドルスペースでWEB会議ができるようになれば、同じ部署、グループ、プロジェクトチームのメンバーが自宅でも、海外でも、どこにいてもコミュニケーションをとることができます。 必ずしも「個人」対「個人」ということではなく「グループ」対「個人」であっても気軽にコミュニケーションがとれることがハドルスペースでWEB会議ができるメリットです。 「Acendo Vibe」で、世界中のどこにいてもコミュニケーションできます! スピーカー、マイク、カメラの3点を購入して設置するという方法もありますが、 小規模スペースに設置することを考えると一体型のタイプがおすすめです。 そして、オフィスというオープンな空間で使うことを考えると、コミュニケーションにストレスを与えない性能を備えているものを選ぶとよいでしょう。 ここでは、 ハーマン・インターナショナル社の という商品をご紹介します。 横幅59cm・高さ約13cm・奥行10cm・重さ3kg弱というコンパクト設計でありながら、視野角110度の広い領域を捉えられ、さらに高性能集音とエコーキャンセリングシステムが搭載されているのでクリアな音質で通話ができます。 機能だけでなく、デザインが優れているところも空間をつくるのに大きなポイントです。 Acendo Vibeが快適なテレワークを実現します! ビデオ通話といえばSkype、Face Time、LINEなどを想像する方が多いのではないでしょうか。 Skypeは無料で利用できるので、WEB会議ツールとして導入している企業も多いと思います。 その他にSkypeとよく比較されるZoomというサービスもあり、他にも日本の企業が提供しているサービスもたくさんあります。 SkypeもZoomもオンラインでのWEB会議、音声会議、通話に特化したツールです。 しかし、最近の傾向では、グループウェアの一機能としてWEB会議、通話会議、チャット、音声通話といったコミュニケーション機能が搭載されたサービスが増えています。 例えば、Microsoft Teams、Slack、Chatworkなどがそれに相当します。 グループウェアの特徴として、会社、部署、プロジェクト等の「チーム」をベースにして、リモートで作業することを前提としています。 中でも、 Microsoft Teamsは、画面の共有・ファイルの共有・共同編集・プロジェクト管理など社内で行うコミュニケーションをクラウド上で行えるために「どこにいても」グループワークが可能です。 まとめ|どこにいても仕事ができる世界 経団連初の女性役員に選出された、故 吉田晴乃さん(残念ながら2019年6月30日に心不全のためお亡くなりになられました)は、「母親」、「ブリティッシュテレコム日本法人CEO」、「経団連役員」、「内閣府規制改革推進会議委員」の4足のわらじを可能にしているのはテレワークとテクノロジーの環境整備だとおっしゃっています(2017年FPCJ主催プレスカンファレンス「女性と働き方改革」にて)。 まさに「いつでも・どこでも・誰とでも」コミュニケーションがとれる世界が創り出した新しいワークスタイルです。 テクノロジーが「時間と場所の制約」から人間を解放し、個人の能力を最大限に使える時代となった象徴でしょう。 吉田さんのような働き方は特別かもしれませんが、 移動という「時間の制約」や子育て、看病、介護といった「場所の制約」から解放されることで、犠牲を払わずとも仕事とプライベートを両立できる世界へと大きな発展を遂げました。 ICTリテラシーが高い世代が労働の中心となっていく中、日本でもテレワークを導入する企業がますます増えていくことでしょう。 「いつでも・どこでも・誰とでも」オフィスで一緒に働いているようなテクノロジーは日進月歩で進化しています。 今回取り上げたWEB会議システムやクラウドを利用したチームウェアツールを活用した新しいワークスタイルを実現できる世界がやってきました。 規制から解き放たれ、もっと自由に、そしてクリエイティブにワークライフを過ごしていきたいですね。

次の