ドコモ 保留 解約 金 と は。 ご注意事項

【注意】ドコモ新料金プランに変更→解約金留保で1000円になりません!

ドコモ 保留 解約 金 と は

ドコモの更新月は3ヶ月間!カウント方法を解説 画像: ドコモの更新月は、定期契約満了月の当月、翌月、翌々月の3ヶ月間となっています。 (例)2019年12月に契約満了となる場合の更新月 ・契約満了月の当月:2019年12月 ・契約満了月の翌月:2020年1月 ・契約満了月の翌々月:2020年2月 この3ヶ月以内であれば、 料金プランの変更ならびに解約手続きを行っても違約金がかかることはありません。 スマホの更新月は、もともと契約満了月の1ヶ月間とされていましたが、2016年の法改正で2ヶ月間になり、さらに2019年の改正で現行の3ヶ月間となりました。 3ヶ月あれば更新月を逃すリスクもかなり少なくなるので、安心ですね。 更新月以外の解約、旧プランだと解約金が高額になることも ドコモは更新月以外に解約をすることも可能ですが、その場合はプランの契約状況によって以下の費用が解約金として請求されます。 また、新プランを契約している方であっても、法改正の入る 2019年9月30日以前に契約された方の解約金は9,500円のままとなっていますので、ご注意ください。 新プランなら更新月以外でも解約金が1,000円! ドコモでは、2019年10月1日以降に新プランで定期契約ありを契約した方が、 更新月以外のタイミングでも1,000円で解約できるようになりました。 それにより、2年定期プランの制約がゆるくなったので、今後は更新月をあまり気にしなくてもよくなったのです。 新プランなら解約金なしのプランもお得! 現在、新プランの料金は以下のようになっています。 しかし、総務省からの通達により現在は 両プランの月額料金差がわずか170円に縮まったため、定期契約なしプランを契約したとしても、そこまで差額が出ないようになったのです。 また、ドコモでは 「dカードお支払割」というサービスを利用すると、定期契約なしプランの月額料金が永年170円割引となります。 「dカードお支払割」が適用されれば2年定期契約ありプランとの月額料金差が0円となるため、実質解約金なしでドコモの新プランを契約できるようになるのです! 「dカードお支払割」は、 定期契約なしプランの支払い方法をdカードのクレジット払いに設定するだけで適用されます。 dカードは年会費・入会費無料、かつ普段の買い物やドコモ料金の支払いでdポイントがどんどん貯まるお得なカードなので、ドコモユーザーの方は1枚作っておくと便利ですよ。 ・「My docomo」で確認する ・電話で確認する ご自身にとって確認しやすい方法で更新月をチェックしてみてくださいね。 My docomoで確認する方法 「My docomo」で更新月を確認するフローは以下のとおりです。 「」にログインする 「My docomo」にログインする 「My docomo」にログインする際は、「dアカウントID」と「パスワード」の入力が必要です。 「契約内容・手続き」をタップし、画面下部にある「全てのご契約内容の確認」をタップ 「契約内容・手続き」をタップ 「全てのご契約内容の確認」をタップすると、「ドコモオンライン手続き」ページへ移行します。 「全てのご契約内容の確認」をタップ 3. 「料金プラン」の項目内にある「ご料金プラン」より更新月を確認 「ご契約プラン」より更新月を確認 「契約満了月」と書かれた年月日が、更新月当月です。 ドコモの更新月は先述したとおり契約満了月を含む3ヶ月です。 電話で確認する方法 ドコモの更新月は、ドコモインフォメーションセンターに問い合わせて確認することも可能です。 ・割引サービスやサポートの契約期間に注意 ・「定期契約なし」にプラン変更しても更新月は残る ・更新月を待たない方が安く済む場合もある ・MNPの場合は更新月に移動先で契約手続きを行う 割引サービスやサポートの契約期間にも注意! 「端末代購入サポート」や「月々サポート」といった割引サービスやサポートの契約期間は、 必ずしもドコモの更新月と同じではありません。 解約を行うタイミングによっては高額な解除料が発生する場合もあるので注意をしましょう。 以下に契約期間が設定されているサービスをまとめましたので、ご覧ください。 すでに受付期間が終わっているサービスも含まれます。 「定期契約なし」にプラン変更しても更新月は残る 「定期契約あり」プランから「定期契約なし」プランに更新月の間に変更した場合、変更翌月から新プランの内容が適用されます。 しかし、更新月以外のタイミングで料金プランを変更してしまうと、 変更してから最初の更新月が来るまでの間は、解約金額および更新月のみ変更前の内容が適用されます。 つまり、更新月以外のタイミングで「旧プランの定期契約あり」から「新プランの定期契約なし」に変更すると、月額料金は変更されますが、 最初の更新月が来るまでの間は旧プランの更新月と解約金が引き継がれ、解約金が発生してしまうので注意してください。 更新月以外のタイミングで「定期契約なし」に変更した方がドコモを解約する場合は、変更後に来る初回更新月まで待つようにしましょう。 更新月を待たない方が安く済む場合もある 更新月に解約をすれば、解約費用はかかりません。 旧プランで「月々サポート」を利用している方は、My docomoの「契約内容・手続き」欄で残債の確認ができます。 ご自身の契約状況を確認し、どちらがお得なのか確かめてみるとよいでしょう。 MNPの場合は更新月に移転先で契約手続きを行う 電話番号を変えずにキャリアを変更するMNPは、更新月に手続きをしたほうが負担額を減らせます。 MNPを行う場合、 「携帯電話番号ポータビリティ手数料」として必ず3,000円(2019年9月30日まで提供していたプランを契約している方は2,000円)の手数料が必要となるからです。 この手数料とは別に、 解約金や端末代の残債が発生すると一度でかかる負担が大きくなります。 MNPはいつ行っても手数料が発生するので、少しでも負担を抑えるのであれば、更新月の手続きがベストです。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の

ドコモの更新月は3ヶ月間!確認方法、お得に解約する方法も解説

ドコモ 保留 解約 金 と は

NTTドコモが、2019年10月1日から2年契約プランの解約金を値下げする他、2年契約なしの月額料金を値下げする。 10月1日以降に「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」に申し込むと、2年契約の解約金を、9500円から1000円に値下げする。 また、2年契約あり/なしの月額料金差を1500円から170円にし、2年契約なしの月額料金を1330円値下げする。 2019年9月30日までにドコモに契約したユーザーが10月1日以降にギガホやギガライトに申し込むと、現在の契約期間が満了するまでは現在の条件が適用され、更新月以外だと変更前プランの解約金がかかる。 【更新:2019年10月10日18時26分 2019年9月30日までの契約者に関する記述を、一部補足しました。 】 「データプラス」と「キッズケータイプラン」は定期契約なしとする。 料金は据え置きで、データプラスが月額1000円、キッズケータイプランが月額500円で利用できる。 ギガホ、ギガライト、ケータイプランで2年契約なしを選んだ場合でも、ドコモ利用料金の支払い方法に「dカード」「dカード GOLD」を設定した場合、月額170円を割り引く「dカードお支払割」を提供する。 つまり解約金0円で、2年契約ありの場合と同じ料金で利用できる。 また、10月1日からdカードの年会費を永年無料に変更する(現在は初年度のみ無料)。 関連記事• ソフトバンクが9月6日、契約期間と解約金のない新料金プランを発表。 9月13日に申し込み受け付けを開始する。 端末によって異なっていた基本料金を統一する。 KDDIが、2019年10月1日から新料金プランを提供する。 月額料金は据え置きだが、新たに「2年契約N」を適用できる。 解約金が1000円となり、2年契約Nの割引額は月額170円になる。 auの新料金プランは、現行プランの料金は据え置きで、解約金を1000円に値下げした。 改正電気通信事業法のルールにピッタリ合わせてきたが、解約金の撤廃には至らなかった。 新料金プランは6種類あり、2年契約あり/なしを含めると、全部で12パターンが存在する。 ソフトバンクの「半額サポート+」とauの「アップグレードプログラムDX」は、改正電気通信事業法の趣旨に反するのでは? という声が挙がっている。 いずれも48回払いで指定機種を購入し、25カ月目以降に返却して端末を購入すると、最大で半額の支払いが免除される。 しかし結局のところ「囲い込みになる」という見方もある。 8月29日に総務省が主催した会議において、NTTドコモとソフトバンクが新しい料金プランを準備していることが判明した。 もちろん改正電気通信事業法に対応するものだ。 関連リンク•

次の

ドコモのギガホへ変更した場合の違約金について。現在docomo withとシンプルプラ...

ドコモ 保留 解約 金 と は

ドコモの更新月は3ヶ月間!カウント方法を解説 画像: ドコモの更新月は、定期契約満了月の当月、翌月、翌々月の3ヶ月間となっています。 (例)2019年12月に契約満了となる場合の更新月 ・契約満了月の当月:2019年12月 ・契約満了月の翌月:2020年1月 ・契約満了月の翌々月:2020年2月 この3ヶ月以内であれば、 料金プランの変更ならびに解約手続きを行っても違約金がかかることはありません。 スマホの更新月は、もともと契約満了月の1ヶ月間とされていましたが、2016年の法改正で2ヶ月間になり、さらに2019年の改正で現行の3ヶ月間となりました。 3ヶ月あれば更新月を逃すリスクもかなり少なくなるので、安心ですね。 更新月以外の解約、旧プランだと解約金が高額になることも ドコモは更新月以外に解約をすることも可能ですが、その場合はプランの契約状況によって以下の費用が解約金として請求されます。 また、新プランを契約している方であっても、法改正の入る 2019年9月30日以前に契約された方の解約金は9,500円のままとなっていますので、ご注意ください。 新プランなら更新月以外でも解約金が1,000円! ドコモでは、2019年10月1日以降に新プランで定期契約ありを契約した方が、 更新月以外のタイミングでも1,000円で解約できるようになりました。 それにより、2年定期プランの制約がゆるくなったので、今後は更新月をあまり気にしなくてもよくなったのです。 新プランなら解約金なしのプランもお得! 現在、新プランの料金は以下のようになっています。 しかし、総務省からの通達により現在は 両プランの月額料金差がわずか170円に縮まったため、定期契約なしプランを契約したとしても、そこまで差額が出ないようになったのです。 また、ドコモでは 「dカードお支払割」というサービスを利用すると、定期契約なしプランの月額料金が永年170円割引となります。 「dカードお支払割」が適用されれば2年定期契約ありプランとの月額料金差が0円となるため、実質解約金なしでドコモの新プランを契約できるようになるのです! 「dカードお支払割」は、 定期契約なしプランの支払い方法をdカードのクレジット払いに設定するだけで適用されます。 dカードは年会費・入会費無料、かつ普段の買い物やドコモ料金の支払いでdポイントがどんどん貯まるお得なカードなので、ドコモユーザーの方は1枚作っておくと便利ですよ。 ・「My docomo」で確認する ・電話で確認する ご自身にとって確認しやすい方法で更新月をチェックしてみてくださいね。 My docomoで確認する方法 「My docomo」で更新月を確認するフローは以下のとおりです。 「」にログインする 「My docomo」にログインする 「My docomo」にログインする際は、「dアカウントID」と「パスワード」の入力が必要です。 「契約内容・手続き」をタップし、画面下部にある「全てのご契約内容の確認」をタップ 「契約内容・手続き」をタップ 「全てのご契約内容の確認」をタップすると、「ドコモオンライン手続き」ページへ移行します。 「全てのご契約内容の確認」をタップ 3. 「料金プラン」の項目内にある「ご料金プラン」より更新月を確認 「ご契約プラン」より更新月を確認 「契約満了月」と書かれた年月日が、更新月当月です。 ドコモの更新月は先述したとおり契約満了月を含む3ヶ月です。 電話で確認する方法 ドコモの更新月は、ドコモインフォメーションセンターに問い合わせて確認することも可能です。 ・割引サービスやサポートの契約期間に注意 ・「定期契約なし」にプラン変更しても更新月は残る ・更新月を待たない方が安く済む場合もある ・MNPの場合は更新月に移動先で契約手続きを行う 割引サービスやサポートの契約期間にも注意! 「端末代購入サポート」や「月々サポート」といった割引サービスやサポートの契約期間は、 必ずしもドコモの更新月と同じではありません。 解約を行うタイミングによっては高額な解除料が発生する場合もあるので注意をしましょう。 以下に契約期間が設定されているサービスをまとめましたので、ご覧ください。 すでに受付期間が終わっているサービスも含まれます。 「定期契約なし」にプラン変更しても更新月は残る 「定期契約あり」プランから「定期契約なし」プランに更新月の間に変更した場合、変更翌月から新プランの内容が適用されます。 しかし、更新月以外のタイミングで料金プランを変更してしまうと、 変更してから最初の更新月が来るまでの間は、解約金額および更新月のみ変更前の内容が適用されます。 つまり、更新月以外のタイミングで「旧プランの定期契約あり」から「新プランの定期契約なし」に変更すると、月額料金は変更されますが、 最初の更新月が来るまでの間は旧プランの更新月と解約金が引き継がれ、解約金が発生してしまうので注意してください。 更新月以外のタイミングで「定期契約なし」に変更した方がドコモを解約する場合は、変更後に来る初回更新月まで待つようにしましょう。 更新月を待たない方が安く済む場合もある 更新月に解約をすれば、解約費用はかかりません。 旧プランで「月々サポート」を利用している方は、My docomoの「契約内容・手続き」欄で残債の確認ができます。 ご自身の契約状況を確認し、どちらがお得なのか確かめてみるとよいでしょう。 MNPの場合は更新月に移転先で契約手続きを行う 電話番号を変えずにキャリアを変更するMNPは、更新月に手続きをしたほうが負担額を減らせます。 MNPを行う場合、 「携帯電話番号ポータビリティ手数料」として必ず3,000円(2019年9月30日まで提供していたプランを契約している方は2,000円)の手数料が必要となるからです。 この手数料とは別に、 解約金や端末代の残債が発生すると一度でかかる負担が大きくなります。 MNPはいつ行っても手数料が発生するので、少しでも負担を抑えるのであれば、更新月の手続きがベストです。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の