レイチェル の スウェーデン の キッチン。 レイチェルのスウェーデンのキッチン|見逃し動画・無料視聴まとめ|ニコの大人検索

レイチェルのスウェーデンのキッチン

レイチェル の スウェーデン の キッチン

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください。 スウェーデンでの日常が感じられる、レイチェルさんの最新本 フードライター兼料理人、レイチェル・クーさん イギリス出身のレイチェル・クーさんは、ロンドンの名門芸術大学を卒業後にパリへ移住され、ル・コルドン・ブルーで料理を学び、製菓ディプロマを取得。 その後、世界各地を旅しながらフードライターとしてのキャリアを積み、2012年に出版された著書の 『The Little Paris Kitchen(小さなパリのキッチン)』は、イギリスでナンバーワンベストセラーとなり13か国語に翻訳されました。 また、BBCが制作した同名のテレビシリーズ番組がイギリスだけでなく世界各国で放映されるなど、彼女のキッチンから生まれるレイチェル流レシピは多くの人々を魅了し、世界中で人気を博しています。 部屋に飾っておきたくなるような、素敵な表紙 2019年10月に発売された 『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』。 彼女にとって6冊目の料理本となる著書には、スウェーデン人の旦那さまとお子さんと暮らすスウェーデンで、家族や友達とゆったりとした時間を過ごしながら感じたことや学んだことなど、暮らしをより楽しく豊かにするエッセンスがレシピとともに紹介されています。 北欧の四季の恵みを大切にして、心から楽しむ 私は今回、スウェーデン料理の決定版を作ろうとしたのではなく(中略)、スウェーデンでの私の暮らしに関係のあるレシピをまとめた本を作りたいと思いました。 本書は、スウェーデンの四季の流れに対する私なりのオマージュ(敬意)でもあります。 冬が長くて作物が育つ期間が短い北欧だからこそ、四季折々の旬の食材を最大限に活用する知恵がたくさん詰まっているスウェーデンの料理。 季節の一瞬一瞬を大切にしながら、素材本来のおいしさを活かしたシンプルさの中にセンスあふれるレイチェルさんのレシピとともに、スウェーデンの日常も楽しめる素敵な一冊です。 中身をくり抜いたりんごに、炒めたベーコンと玉ねぎ、プルーン、りんごを詰めてオーブンで焼きあげた料理は、スウェーデン人が大好きなほっとする味わいが楽しめる一皿。 りんごの甘くておいしそうな香りが漂ってきそうな@shiotasunaoさんのお写真、なんとレイチェルさんがご自身のインスタグラムでシェアしてくださったという素敵なエピソードも! 少ない材料で手早くおいしく作れる前菜レシピは、クリスマスなどホームパーティーにもおすすめです。 スウェーデン人にとって大切な文化、「Fika(フィーカ)」について 同僚や友人、家族、恋人とコーヒーを飲む時間や休憩をとることを意味する 「fika(フィーカ)」。 仕事や家事の合間などほとんどのスウェーデン人が1日に何度かフィーカをとるそうで、職場の仲間や家族、友人たちと会話を楽しんだり、親睦を深めたり、単に休憩としてだけでなくコミュニケーションの時間として生活の一部になっている、 スウェーデン人にとってとても大切な文化です。 「食器はグスタフスベリのfestongというシリーズのものです。 葉っぱの柄のベルサはとても有名ですが、この柄はあまり知られていないかと思います。 ベルサをデザインしたリンドベリが手掛けたものです。 」( myuflowerさん) スウェーデンに住んでいる間に、元々好きだった北欧ヴィンテージ食器にさらに夢中になったという myuflowerさん。 お気に入りの食器でコーヒーやお菓子を楽しむフィーカのひととき、心身ともにリフレッシュできそうですね。 2020年、日本とスウェーデンがぐっと近くなる! スウェーデン人の生き方の根本には、人生のバランスを見つけ、質の良いものを適切な量だけ楽しむ「ラーゴム(lagom)」という考え方があります。 「天候に合った服装をしていれば、悪天候なんてない!」。 スウェーデンにはこんな格言もあって、(中略)暗くどんよりとした天気でも、家の中に一筋の日の光をもたらしてくれるような、元気の出る料理を作ります。 数年前、スウェーデン在住の友人が 「lagom(ラーゴム)」はとても素敵な言葉だから覚えておくといいよと教えてくれたのですが、いつの間にか記憶の中で薄れてしまっていて……、『レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン』の文中にこの言葉を見つけた瞬間、あの時の記憶が一瞬にしてよみがえって心に強く響き、6ページに渡るintroductionに込められたレイチェルさんのメッセージを何度も読み返しました。 2020年夏には、東京・羽田空港とスウェーデンの首都ストックホルム・アーランダ空港を結ぶ直行便の就航決定といううれしいニュースも! 四季を通して様々な魅力にあふれるスウェーデン、レイチェルさんの本で紹介されている北欧の料理や食文化をぜひ本場で味わってみてはいかがでしょうか。 関連記事:.

次の

レイチェル・クーがかわいい!経歴、プロフィール、結婚は?夫や子どもは?

レイチェル の スウェーデン の キッチン

Contents• レイチェルのスウェーデンのキッチンはEテレの番組なので、 にあるかな?と思いましたが、ここにはなし。 その他の大手の見逃し動画配信サイトでも、有名なところと言えば、このあたりですが・・・ どこも、レイチェルのスウェーデンのキッチンは取り扱いがなし。 思わず見入ってしまう動画です! なんて美味しそう&可愛いの!! レイチェルのスウェーデンのキッチンの無料視聴 「見逃し動画がないのなら、無料で見れる動画サイトを探してみたい!」 と思う方もいるかもしれませんが・・・ や などのサイトにUPされているテレビ番組の動画は、個人が無断でテレビ番組をのせているものなので、違法です。 のせている人はもちろん違法ですが、違法だと分かった上でみている人にも処罰がある場合も。 無料で気軽にみれてしまうものではありますが、出来るだけ、そういったものはみないようにした方が安全です。 こういった無料動画サイトでは、違法にアップロードされたテレビ番組ではなく、オリジナルのコンテンツ動画をみて楽しむだけにしましょう。 レイチェルのスウェーデンのキッチンは再放送でみよう! そんなわけで、レイチェルのスウェーデンのキッチンは、 見逃し動画も無料視聴も、今のところはない! ということになるのですが、 レイチェルのスウェーデンのキッチンは、 月曜日の放送の後に1回だけ、再放送があります。 毎週日曜日の午後6時30分から、再放送をしています。 見逃してしまってから、 約1週間後ですね。 少し先は長いのですが、再放送でみる方法が一番安心・安全です。 今度こそ見逃さないように、頑張ってください! レイチェルのスウェーデンのキッチンを再放送リクエストしてみよう! それでも見逃してしまった場合には、「」にお願いするという最終手段もあります。 「」は、見逃してしまったEテレの番組を「もう一度見たい!」とリクエスト出来るありがたい場所です。 でも、たまに数年前の回の放送があったりしますが、誰かがこういうのでリクエストしているんじゃないのかな?と勝手に思っています。 そして森のコテージでレイチェルは薪のストーブオーブンを使って新たな料理を次々に作ります。

次の

レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン/KhooRachel :0013014472:ネットオフ ヤフー店

レイチェル の スウェーデン の キッチン

一緒に森を歩き、スプルースのオイル作りを見学する。 その後、森のコテージで「スウェーデン風の猪肉のブリトー」を作る。 続いて、地元の穀物を扱う歴史ある製粉所を見学、2品目はスウェーデン名物のクラッカー状のパン「クネッケブロート」作りに挑戦。 3品目はお祝いにぴったり、バターもたっぷりの素敵なケーキ「レモンとヨーグルトのレイヤーケーキ」を作る。 レイチェルのスウェーデンのキッチン キャスト レイチェル・クー, 声 甲斐田裕子 スウェーデンの料理を知れるのが楽しみだなと思いました。 スウェーデンの料理は全然知らないのでどんな料理があるのか知れるのはすごく楽しみです。 日本食とは違う海外の料理はなかなか作る機会もないので、真似できるような料理だったら作ってみたいなと思いました。 特に私はスイーツが好きなので、コケモモのタルトがすごくに気になりました。 そもそもコケモモというのを始めて聞いたのでどんなモモなのか気になりました。 日本ではすももだったり、白桃、黄桃と色々ありますがスウェーデンで使われるモモはどんなものなのか知りたいなと思いました。 海外の料理は食べる機会も少ないし、作る機会もほとんどないので真似できるようなレシピで日本でも似ている食材があるのであれば作ってみたいなと思いました。 また甘くないロールパンというのも気になりました。 実際ロールパンは私も使うことはありますが、卵やツナを挟むことはあるものの、クリームチーズや魚卵という発想がないので斬新でどんな感じなのか見るのが楽しみです。 クリームチーズはなんとなくパンと合いそうなのですが、魚卵というのがすごく気になったので実際食べることはできないのですが、すごく食べてみたいので作れたらいいなと思いました。 スマートフォンで写真を撮っている様子や、小さいスケッチブックに可愛らしいお料理のイラストを書いている様子も自然体に映って、自分もこんな風に旅行が出来たらなと憧れます。 その地その地であつらえられる「彼女のキッチン」も、派手ではないけれど、若い女性好みの可愛らしいキッチンで、そこで彼女がお料理を作るのを見るのも楽しみです。 彼女の手際の良さ、普通の料理番組とは違ったスタイリッシュなカメラワーク、いつもガスの火をつけるのに大きなマッチを使っているのもこの番組の醍醐味ではないかと。 今回はスウェーデンのお料理をどんなキッチンで、彼女流にアレンジしたどんなお料理を作っているところが見られるでしょうか。 期待が高まります。 『レイチェルのスウェーデンキッチン』 eテレビでの放送です。 スウェーデン。 IKEAを思い出します。 またIKEAと言ったらミートボール。 有名な方ではLiLiCoさん。 私が好きなDJの方もスウェーデンの方でした。 何となく遠いような身近なような…。 そんなざっくりとしたイメージのスウェーデン。 今回はスウェーデンの料理をご紹介いたします。 フードライター兼料理人、レイチェル・クーによる超カワイイ料理ショーの最新シリーズが登場! 超カワイイ? スウェーデンに移り住んだレイチェルが、北欧の秋の美しい自然に触れながら、その恵みを味わいます。 そして森のコテージでレイチェルは薪のストーブオーブンを使って新たな料理を次々に作ります。 超カワイイ、北欧の秋の美しい自然、森のコテージ、薪のストーブオーブン。 これはリンネル系雑誌や森がお好きシルバニアファミリーなどお好きな女性には見逃せない番組です。 超カワイイ料理。 期待度高いです。 作る料理は、猪肉を使ったブリトー、クネッケブロード、レモンとヨーグルトのケーキスウェーデン料理をアレンジした料理です。 またレイチェルクーさんもお顔も超キュートな感じです。 美味しいわ、と口を拭う仕草も超カワイイです。 美味しそうな料理と美しい風景とともに 『レイチェルクーのスウェーデンのキッチン』エピソード1は、 10月7日午後10時50分~ 午後11時12分放送です。 森の植物でピクルスを作るそうだけど、どんな植物が使われるのかが気になります。 わたしはキュウリのピクルスしか食べたことがないし見たこともないので、新しい発見ができそうな予感がしてワクワクします。 また、森のコテージで作るという、スウェーデン風の猪肉のブリトーがかなり楽しみです。 猪のお肉は臭みが強そうだけど、それをどんなふうに調理して消すんだろうかと気になります。 スウェーデン風なので、スウェーデン料理につかう代表的な食材や調味料が使われるんだろうかと期待しています。 さらに、地元の穀物を扱う歴史ある製粉所を見学するということなので、どんな工場なのかが楽しみです。 日本とは違う技術やこだわりがあったりするのかなと気になります。 また、スウェーデン名物のクラッカー状のパンであるクネッケブロートというものがどんな食べ物なのかが気になりました。 名物というくらいだからきっと美味しいんだろうなと楽しみです。 映像に少し写っていたけどピザのように具材を乗せていたので、いろんなアレンジができそうだなと思いました。 10月7日月曜日に放送予定であるレイチェルのスウェーデンのキッチンでは、イギリス出身である料理人兼フードライターのレイチェルがスウェーデンの美味しいグルメを紹介します。 オイル作りを研究し、独自の猪肉料理を考案します。 歴史ある製粉所を見学して、クラッカー状のパンを作成します。 こちらの番組ではこのように、他の料理番組では見る事が出来ない、独自の料理を見る事が出来ます。 あまりにも美味しそうで、よだれが出るものと思われます。 見た目も非常に美しい料理を作ること間違いないです。 スウェーデンの料理は普段見る事はまずありませんが、こちらを利用したら大多数のレイチェルは料理人兼フードライターで、料理の味にコメントを残します。 そのコメントの内容がいつも非常に面白いです。 思わずお笑い番組と勘違いしてしまう時もあります。 司会進行をサポートするアナウンサーも存在しています。 アナウンサーの腕が非常によく、レイチェルがどのような料理を作っているのかよく分かります。 時々お笑い芸人のようなツッコミを入れる時もあります。 10月7日のレイチェルのスウェーデンのキッチンにはこのような楽しみがあるので、必ず視聴しようと考えています。 イギリス出身のフードライター兼料理人のレイチェル・クーさんは様々な国の食文化についてとてもよくご存知で、それらを絶妙に融合させ、それぞれの特徴を生かした食べ物を見るのがとても興味深いです。 今回は、現在暮らすスウェーデンの食文化を紹介するということで、スウェーデンの豊かな自然の恵みをどのように生かしてお料理を作るのか、とてもワクワクしています! また、森のコテージで料理するということもあり、スウェーデンの美しい自然の風景や文化を見るのも楽しみです。 スウェーデンの食材について学び、それらを見て、食べて、触れて、スケッチして新しい料理へのイマジネーションを膨らませていきます。 今回作る料理は「スウェーデン風の猪肉のブリトー」、スウェーデン伝統料理のクラッカー状のパン「クネッケブロート」、バターたっぷりの「レモンとヨーグルトのレイヤーケーキ」をだそうです。 特に彼女の作るデザートは、色鮮やかで親しみやすいものが多く、本当に食べて見たくなってしまいます。 レイチェルの温故知新、新進気鋭な料理からインスピレーションを得て、私も家にある材料で何か新しい食べ物を作るのが、私流の楽しみ方です。 レイチェルのスウェーデンのキッチンまとめ イギリス出身のフードライター兼料理人のレイチェル・クーがスウェーデンの食文化を探検する。 レイチェルは少し平野ノラと相川七瀬に似ていて明るそうで感じが良さそうですね。 レイチェルは森の植物でピクルスなどを作るレーナを訪問。 森のコテージで「スウェーデン風の猪肉のブリトー」を作るとありますがなかなかスタイリッシュな北欧料理とあって料理名も渋いし、出来栄えも綺麗でした。 次にスウェーデン名物のクラッカー状のパン「クネッケブロート」作りに挑戦とあります。 クネッケブロートもみたことない料理の完成具合で美味しそうですが味はあまり予想つかないですね予告動画を見るかぎり。 3品目のお祝いにピッタリ、バターたっぷりの素敵なケーキ「レモンとヨーグルトのレイヤーケーキ」を作るとあります。 これは見るからに美味しそうでしたね。 ケーキの上に食べられるのか飾りなのかはわからないですが、花や草みたいなのが乗っていて物凄くレモンとヨーグルトのレイヤーケーキは綺麗な仕上がりでした。 スウェーデン料理というので少しわかったことは味は当たり前ですが、見た目もかなり重視するんだなと分かりました。 今回の3品はどれも美しい出来栄えでしたね。 インスタ映えすると思います。

次の