入学 祝い 封筒。 入学祝いのご祝儀袋、どんな封筒がいい?水引なしでもOK?

入学祝いの贈り物の金額相場は?渡し方のマナーもご紹介

入学 祝い 封筒

入学祝いはのし袋の種類を間違えないように ご祝儀袋には大きく分けて「蝶結び」「結びきり あわじ結び)」の2種類があります。 真ん中に結ばれている紐のようなものを『水引』といい、結び方によって用途が異なります。 違いと理由を説明しますので、間違えないようにしましょう。 入学祝いには紅白の蝶結びの祝儀袋を使います。 ただし、関西以西では入学祝いにあわじ結びのご祝儀袋を用いる場合も多い為、地域によって注意が必要です。 入学祝いの額によって、祝儀袋を選びます。 甥や姪への入学祝いの金額相場はで確認できます。 10,000円以内 《封筒タイプ》 上のイラストのように蝶結びが封筒に印刷されているタイプです。 略式なので比較的小額のお祝いに使われます。 20,000円以上《正式包み(上包み)》 蝶結びが外せるようになっているタイプ。 上包みと中袋があり、中袋にお札を入れて上袋で包みます。 下の写真のようなタイプですね。 これも、金額が上がるにつれて豪華なご祝儀袋になってきます。 購入するとき、パッケージに包む金額の目安が書かれているので参考にすると安心です。 文字はボールペンではなく、毛筆や筆ペンで書くようにしましょう。 また、筆の色は濃い黒で書きます。 薄い黒はお葬式や香典などで使われるので使用しては失礼になります。 市販の筆ペンは濃い墨のものと薄い墨のものがあるので注意して選んでくださいね。 入学祝い のし袋の中袋の書き方 中袋には贈る人の住所・名前と金額を書いていきます。 金額を書くときは「金 参萬円也」「金 参萬園也」と書くのが一般的です。 最後の「也」は付けるほうが丁寧ですが、つけなくても構いません。 数字 略字 旧字 1 一 壱 2 二 弐 3 三 参 5 五 伍 7 七 七 8 八 八 10 十 拾 万 萬 円 圓 ~中袋の表と裏の記入例~ 中袋は裏に金額を書く欄があるかどうかによって違ってきます。 【裏に金額欄がない場合】 上のイラスト左2つの通りです。 お祝い事ですので、もらった側も新札の方が気持ち良く受け取れます。 どうしても銀行に行けない場合は、折り目のないできるだけ綺麗なお札を選んでくださいね。 またアイロンをかけてお札を伸ばすと多少綺麗になりますので、試してみてください。 のし袋や中袋へお金を入れる向きにも、実は決まりがあります。 お札を封筒に入れる向きは、写真付きで で詳しく説明しています。 (上記をクリックすると別タブで見ることができます) 小さなことですが、このマナーを知っているのと知らないのでは大違い。 おめでたいお祝いですから、マナー通りにお祝いしてあげましょう! まとめ 子供の成長が嬉しい入学祝いののし袋は ・蝶結びの紅白の水引の祝儀袋を選ぶ ・入れる金額とのし袋の格を合わせる ・筆ペン等でのし袋の表書き、中袋に名前等を書く ・お札は新札で向きを合わせて入れる マナーを知って、気持ちよくお祝いができるようにしましょうね。 あなたの参考になれば幸いです。

次の

入学祝いで気を付けたい「のし」の選び方と書き方・渡し方

入学 祝い 封筒

入学祝いで使うのし袋の種類とは 入学祝いなら水引は「蝶結び(花結び)」で 水引の結び方には、「結び切り」「あわじ結び(結び切りの一種)」などのほどけない結び方と、「蝶結び(花結び)」などの何度でも結び直せる結び方があります。 一般的には、ほどけない結び方は結婚や快気祝いなど「何度も繰り返したくない」お祝いに用いられます。 結び直せる結び方は、出産祝いや新築祝いなど「何度あってもいい」お祝いに用いられます。 入学祝いは何度あってもいいお祝いですから、「蝶結び(花結び)」の水引がかかったのし袋を用意するといいでしょう。 ちなみに関西には「あわじ結びはどのお祝いでもOK」とする考え方もあります。 関東は「多当折」、関西は「風呂敷折」、少額なら「封筒型」も のし袋ですが、関東では上下を折り返す「多当折」型が、関西では風呂敷包みのように折る「風呂敷折」型、または正面にひだをつける「ひだ折」型が一般的です。 贈るお相手がどちらにお住まいかについても、あらかじめ確認しておきましょう。 またいずれの型も、お祝いと弔事で折り方が違うので要注意です。 迷う場合や、比較的少額のお祝いなのであれば、カジュアルな「封筒型」ののし袋を用いてもいいでしょう。 表書きは「御入学祝」、「入学(合格)御祝」、「祝御入学(合格)」など 入学祝いののし袋に入れる表書き(何についてのお祝いなのかを示す)は、他のお祝いと比べてもさまざまなバリエーションがあります。 スタンダードなのは「御入学祝」、「入学御祝」、「祝御入学」などですが、入学されるお子さまの年齢に合わせて「ご入学おめでとう(ございます)」としたり、高校・大学など受験を経て入学する場合は「合格御祝」、「祝合格」などとするといっそう喜んでいただけるでしょう。

次の

入学祝いの贈り物の金額相場は?渡し方のマナーもご紹介

入学 祝い 封筒

スポンサーリンク 入学祝いの のし袋の書き方 入学祝いで使うのし袋の種類と選び方 のし袋って、色んな種類がありますよね。 おめでたそうなやつなら何でもいいってわけではなく、決まりがあるんです。 入学祝いに使う のし袋 御祝儀袋 はこれ。 紅白の蝶結び 花結び• 図左側:蝶結び 花結び• 図右側:結びきり あわじ結び 外袋に「水引 みずひき 」と言われるヒモを束ねたようなものがあります。 図左側の、蝶結びになっていて先が下を向いてるやつ、これが正解です。 この蝶結びは入学や出産など 「何度あっても良いもの」という時に使用します。 右側のは結び切りと言って、結婚のように 「一度きりであってほしい事」の時に使うもの。 なので今回はNG。 結びきりとあわじ結びの違いについて• 結び切り:一度きりのお祝いや仏事に用いられる• あわじ結び:結び切りよりも広い範囲のお祝い事全般 結婚祝い・快気祝い・入学祝い・出産祝い・七五三など や仏事に用いられる 上記画像右側の「結びきり」は いわゆる「あわじ結び あわび結び 」と呼ばれるものです。 元々の結び切りはもう少しぎゅっと縛った形をしているのですが、明治以降、この結び切りが変化して「あわじ結び」というものが出来上がりました。 そのため、結び切りとあわじ結びは別物という解釈もありますが、ルーツは同じであり、どちらも結婚式や仏事など一度きりの事に使われるのが一般的です。 ただし関西方面では少し違っていて、あわじ型の結び切りについては「一度きり」という事にあまりとらわれず、もう少し広い範囲で使われています。 私のような関西出身者にとっては、入学祝いにあわじ結びでも正直あまり抵抗感は無いのですが、人によっては気にされる方もいらっしゃるかもしれません。 不要な誤解を避けるためにも、入学祝いに関しては蝶結びを選んでおくほうが賢明です。 水引の色は? お祝いに使う場合の水引の色は「紅白」が一般的。 「金銀」や「白黄」も用途としては同じですが、地域差があるため基本の「紅白」が無難です。 ちなみに、最近はカラフルな祝儀袋もたくさん売っていますよね。 個人的には、ありきたりなものよりもそういったチョット変わったもの方が楽しめていいと思います。 ただ、中にはしきたりを重んじる方もいらっしゃいますので、気になるようであればオーソドックスなタイプのものを使用するようにしましょう。 のし袋 御祝儀袋 のグレード のし袋 御祝儀袋 にはグレードがあり、包む金額によって使い分けるのがマナー。 袋に水引が印刷されたタイプのものは、大体1万円くらいまでで、それより多くのお金を包む場合は 水引が豪華なものを選びます。 金額が少ないのに 外側だけ立派ということがないよう、外側と中身のバランスをとるようにしましょう。 入学祝いの のし袋の表書きは?• 金10,000也 でもOK。 金額の後ろの「也」の文字は付けても付けなくてもどちらでも構いません。 中袋の裏面の書き方 裏面には自分の住所と氏名を書きます。 郵便で封書を送るときのような書き方ですね。 実際に郵便で送るわけじゃないので郵便番号は書かないようにしてください。 最初から名前や金額を記入する場所が印刷されている場合は、そこに書くようにしましょう。 入学祝いの のし袋のお金の入れ方 お金の入れ方には向きがあります。 まず、お札が複数枚あるときは全て同じ方向に揃えます。 次に、人物が上に来るようにし、中袋の表面とお札の表が同じになるように入れます。 人物の顔がある方がお札の表です 中袋が封筒タイプのものは封を折ります。 のりづけは不要 折りたたむタイプの中袋でも基本は同じです。 このとき、お札を間違って裏向きに入れてしまうと、お香典の入れ方になってしまうので気を付けてくださいね。 お札は必ず新札で お祝いのお金は新札を使うのがマナー。 でもこれ、つい用意するのを忘れがちです。 ギリギリになって慌てないように、早めに銀行などで新札に交換しておくことをおすすめします。 もし万が一忘れてしまった場合は、頑張ってスチームアイロンで伸ばしましょう。 入学祝いのご祝儀袋の包み方 中袋にお金を入れたら、最後に元ののし袋に戻します。 このとき、上包みの折り方には特に注意が必要です。 と言うのも、右図のように重ねるのは「不祝儀」といって、弔辞のときに用いる香典袋のたたみ方です。 間違いなく下側を上に被せたことを確認してから水引で留めましょう。 確実に元の状態に戻せるよう、念のため最初の状態を写メに残しておくといいですよ。 入学祝いの渡し方 ふくさは必要? 入学式のお祝いは袱紗 ふくさ で包むのが一般的。 ふくさは祝儀袋が汚れたり水引が折れたりしないようにするためのもの。 それと同時に、「お渡しするものを大切に扱っていますよ」という事を表現するためのものでもあるんですね。 なので、結婚式やお葬式の時には必要なマナーです。 ただ、知人や親戚に入学祝いを渡すだけであれば、相手の目の前で広げるといった儀式的なパフォーマンスにはそれほどこだわらなくても良いかと思います。 もちろん、お祝いの儀式自体が大掛かりであったり、相手が格式を重んじる方の場合は別ですので、まあケースバイケースですね。 それ以上に気をつけておきたい渡し方のマナーがありますので、気になる方は下記の記事もチェックしておいて下さいね。 関連記事 入学祝いのご祝儀袋の包み方や書き方:まとめ ご祝儀袋の使い方って結構ややこしいですよね。 同じお祝いごとでも結婚祝いと入学祝いとでは、水引の種類が違うので間違わないようにしてくださいね。 あと、 意外に多いのがお金の入れ忘れ。 文字を書くことに集中しすぎて肝心の中身が無かったなんてことにならないように、最後にもう一度確認しておきましょう。 コメントありがとうございます。 ご指摘の通り、あわじ結びに関しては確かに地域性による解釈の違いから解釈が違ってくる部分だと思います。 元々あわじ結びは、明治以降に結び切りが派生して出来たものと言われていて、そのため「結びきり=あわじ結び」という解釈がいまだ根強く、どちらも結婚式や仏事など一度きりの事に使われる事が一般的です。 ただし関西方面では少し違っていて、「一度きり」という事にあまりとらわれず、もう少し広い範囲で使われているようですね。 自分も関西出身なので、正直、入学祝いにあわじ結びでもあまり抵抗感は無いのですが。。。 やはり受け取った相手がどう解釈するかが気になるところでの記載となっています。 今回ご教授いただきました点につきましては、改めて記事に加筆させていただきました。 どうもありがとうございました。

次の