声をかけさせてください。 「お前、どないしたん?」と声をかけたら、家までついてきた子猫…募る愛おしさ、もう外の世界には返せない

「お前、どないしたん?」と声をかけたら、家までついてきた子猫…募る愛おしさ、もう外の世界には返せない

声をかけさせてください

わたしは、40過ぎの専門職、兼主婦。 もう充分、大人です。 でも、時々とっても悩んでしまいます。 どう声をかけたらいいんだろうって。 電車の中の目に余る行為。 マニュキュアを塗ったり、携帯で話し続けたり。 大人の責任において、ひと言、注意したいんです。 相手に恥じをかかせず、その行為をやめてくれるような声のかけ方をみなさん、わたしに教えてください。 ちょっと、ユーモアがあったりしたらいいなあと思います。 これまで、わたしが成功したと思う声掛けは、 ホームでタバコを吸っていた男性に、 そっと近づき、小声でささやくように「ここは禁煙なんですよ。 」っていったことくらいです。 このときは、「あ、そうですか。 」って、あわててタバコを消してくれました。 マニュキュアをしている女の子を電車で見かけたら、どんなふうに言ったら角を立てず、その人も傷つかず止めてくれるでしょうか? どなたか、お知恵をくださいませんか? ユーザーID: 3654599036 禁煙場所で喫煙していたら、トピさんがされた様に注意もいいでしょう。 しかし、マネキュアを電車内でしたからと言って、誰に迷惑がかかるわけ でもなければ、構わない方が良いと思います。 そんな姿がみっとも無い!と思われる気持ちもわかりますが、みっともない かどうかも個々で感じ方も違います。 明らかに、隣や周りにいる人に迷惑なものであれば、「お家で塗った方が 綺麗に仕上がるよ」とか「匂いがキツイからホームの方がいいよ」くらい でしょうか? しかし、自分の娘とか友人でなければ、みっともなくても注意はしません。 良かれと思っても最近は何でも間でも「うざい」で終わってしまいますから。 ユーザーID: 4401747382• 恥をかかさないのは無理だと思う ユーモアがあろうとなんだろうと、結局のところトピ主さんはマニキュアを塗る行為をやめさせたいんですよね? でもマニキュアを塗っている最中にや止めさせたとしたら? 彼女はマニキュアが塗られている部分と塗られていない部分とでまだらになった指のまま、電車を降りなきゃいけないんですよ? それって彼女に恥をかかせることになりませんか? 私なら彼女が可哀想で、そんなことはできません。 角が立たない注意方法ってまず無いでしょう。 ただ、立つ角を最小限にして注意しようと思うなら、やっている最中に「やめろ」という趣旨の言葉を言うのではなく、やり終わってから「これからはしない方がいいよ」という趣旨の言葉を言うべきかと思います。 ユーザーID: 4128183771• これはいかがですか。 良いアドバイスかどうか分かりませんが・・・ そんなことして、相手が変な人だったら危険ですよ。 「英雄づら」してそういうことして、怪我したら損です。 現に、そういったニュースも時折見かけます。 「大怪我をした」という事件もありますよね。 仮に「うまくいった」としても、そういった行為が根絶されることは絶対ありません。 「うまくいく」確率も非常に低いです。 今の日本で安全に暮らすには「君子危うきに近寄らず」という気持ちで対処した方が良いと思います。 命は大切にしましょう。 つまらないことで怪我しても、自分・ご家族が損するだけです。 誰も保証してくれません。 ユーザーID: 7641889597• 生活・身近な話題ランキング•

次の

ヘッドハンティングのお声をかけさせていただいた方へ

声をかけさせてください

敬語には、次の五つがあります。 ) 上記「敬語の指針」の分類法によると、次のようになります。 (お)声をおかけになる。 」に丁寧語「ます」を添えたもので、 これも問題のない言い方です。 「声をおかけします」とは働きが じゃっかん異なりますが、お尋ねのような場合にはどちらを使っても かまいません。 接客用語としては「声をおかけいたします。 」のほうが より丁寧なのでいいと思います。 (詳しくは上記URLをご覧ください。 ) また「お声」の「お」が美化語として使われるのは、次のような場合に 限られています。 幼稚園の先生が子供に「大きなお声で歌いましょうね。 」 「お声をおかけください。 」の場合は、もちろん尊敬語です。 下記引用部にあるように「お声をおかけします。 」だと、自分の「声」に 尊敬語を使っているととられるので、「お声」ではなく「声」を使ったほうが いいでしょう。 なお、「お~する」という形を自分の動作、つまり謙譲語として用いる ことはよくあります。 その点に触れた部分を上記URL39ページから下に コピー貼付しておきます。 >【16】自分のことに「お」や「御」を付けてはいけないと習ったような気がする が,「お待ちしています」や「御説明をしたいのですが」などと言うときに, 自分の動作なのに,「お」や「御」を付けるのは,おかしくないのだろうか。 これは,どう考えれば良いのだろうか。 【解説】自分側の動作やものごとなどにも,「お」や「御」を付けることはある。 」「(山田さんに)御説明をしたい。 」 など,「お」や「御」を付けることには全く問題がない。 また「私のお菓子」など, 美化語として用いる場合もある。 「お」や「御」を自分のことに付けてはいけないのは,例えば,「私のお考え」「私 の御旅行」など,自分側の動作やものごとを立ててしまう場合である。 この場合は, 結果として,自分側に尊敬語を用いてしまう誤用となる。

次の

「声をかける」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

声をかけさせてください

「声を掛けてください」は上司・目上に失礼? ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに? とご心配のあなたへ。 「声を掛けてください」は 目上や上司・取引先へのビジネスメールに使っても失礼ということでは無いのですが… 時と場合によっては上から目線に感じられてしまうことがあります。 会話や電話対応であれば問題ないものの、ビジネスメールなど顔の見えないコミュニケーションではより丁寧な敬語に言い換えすると好感度UP。 より丁寧な言い換えにはたとえば、• あとはどれも等しいレベルです。 また「声を 掛ける」はつまり誘うことなので「お誘いいただく・お誘いくださる」をつかった言い換えもできます。 さらにシーンによっては 「ご招待」をつかって言い換えもできます。 くわしくは本文にて。 それでは、 「声を掛けてください」の意味、目上につかえるより丁寧な言い換え敬語、ビジネスシーンでの使い方(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)、メール例文を紹介します。 呼びかける。 話しかける。 ちなみに敬語は「声を掛ける」に尊敬語or謙譲語「お(ご)」で「お声掛け」というようになります。 「自分がお声掛けする」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がお声掛けくださる」のであれば尊敬語としての使い方。 というように2パターンあります。 どちらかというと「~してください」のほうが丁寧ではありますが…どちらも結局のところ命令形であり、上から目線に感じられることがあります。 もちろん人それぞれ、感じ方はことなります。 私のようにまったく気にしない人もいれば気分を損ねる上司・目上もいます。 で、 シンプルな敬語をつかいすぎると失礼だと言われたり… 本当にむずかしいのですよね。 したがってどんな敬語を使うかは状況や相手を考えてあなたの判断にゆだねられます。 いろんな敬語を知っておくことが重要 もっとも重要なことは、 いろんな敬語フレーズを知っておくこと。 そうすればビジネスシーンに応じてふさわしい敬語を選ぶことができるようになります。 引き出しを多くもっておくと臨機応変に使い分けすることができます。 そういう意味でこれから紹介する言い換え敬語はどれも本当によくつかいます。 覚えておくと必ず役に立つことでしょう。 丁寧な言い換え敬語 ここまでの解説で「声を掛けてください」が敬語として正しいこと、時と場合によってはイマイチになるということが分かりました。 ここからは、 じゃあどういう風に言い換えすればより丁寧な敬語になるの? という点についてみていきます。 つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 ちなみに敬語「お(ご)」は… 「自分がお声掛けする」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がお声掛けくださる」のであれば尊敬語としての使い方。 というように2パターンあります。 また「お声掛けしてください」は間違い敬語となりますのでご注意を。 命令形である点において「声を掛けてください」とたいして違いはありませんが、丁寧語「ませ」を添えることで、よりやわらかい印象となりますね。 「〜くださいませ」は女性がよくつかうフレーズであるため、女性敬語だと言われることもあります。 ただ実際には男性であろうと女性であろうと違和感なくつかえます。 「いただきたく」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+願望の「~たい」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 例文「お声掛けいただければ幸いです」 意味は『声を掛けてもらえたら嬉しいなぁ、幸せだなぁ』 つまり『声を掛けてもらえたら嬉しいです』 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズですね。 「いただければ」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 ほかにも似たような敬語には以下のようなフレーズもあります。 例文「お声掛けいただけますと幸いです」• 例文「お声掛けいただけましたら幸いです」• 例文「お声掛けいただけますと幸甚に存じます」• 例文「お声掛けいただけましたら幸甚に存じます」• 例文「お声掛けいただければ幸甚に存じます」• 例文「お声掛けいただけますと幸いです」• 例文「お声掛けいただけますと幸甚に存じます」 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 例文「お声掛けくださいますようお願い申し上げます」• が、 「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。 そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。 とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。 たとえば、• ご査収くださいますようお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取ってくれるようお願い!」• ご検討くださいますようお願い申し上げます 意味「検討してくれるようお願い!」• ご確認くださいますようお願い申し上げます 意味「確認してくれるようお願い!」• ご了承くださいますようお願い申し上げます 意味「納得してくれるようお願い!」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 例文「お声掛けいただきますようお願い致します」• 例文「お声掛けいただけますようお願い致します」• 賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使います。 普段のメールであれば「いただきますよう」でOK。 「くださいますよう」「いただきますよう・いただけますよう・賜りますよう」はニュアンスが違うものの、どれも結局のところ「~してほしい」と言いたいので同じです。 なお「ご了承 を賜りますよう~」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。 例文「 お声掛けいただきたく、お願い致します」 意味は「声を掛けてほしい、お願いします」• 可能形にして「お声掛けいただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 使い方・ビジネスメール例文【全文】 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「お声掛けください」の使い方をビジネスメール例文で紹介します。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしていますので、ご参考にどうぞ。 これまで味わったことのない、おいしい鮨をいただくことができました。 すばらしいお店をご紹介いただきあわせてお礼申し上げます。 よろしければお時間のある際にぜひ、またお声掛け頂ければ幸いです。 今後とも宜しくお願い致します。 ノマド 店のチョイスが高級だったり、気の利いた店であったりしたときには、それに関する感想を述べておくとよい。 これにプラスして、印象に残った話などを盛り込むとなお素晴らしいお礼メールとなる。 とくに心に残る話がなければ、あたり障り無いコメントでもOK。 よろしければぜひ、またお声がけ頂ければ幸いです。 今後ともご指導・ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。 ノマド• 例文「お誘いください」• 例文「お誘いくださいませ」• 例文「お誘いいただきたく、お願い致します」• 例文「お誘いいただけますか?お誘いいただけますでしょうか?」• 例文「お誘いいただきたく存じます」• 例文「お誘いいただければと存じます」• 例文「お誘いくださいますようお願い申し上げます」• 例文「お誘いいただきますようお願い申し上げます」• 例文「お誘いいただければ幸いです」• 例文「お誘いいただけましたら幸甚に存じます」 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 相手に「声を掛ける」ということはつまり招待することなので、どちらも結局のところおなじことを言っている訳です。 そこで以下のような例文もビジネスシーンに使える丁寧な敬語フレーズとなります。 ご参考にどうぞ。 例文「ご招待ください」• 例文「ご招待くださいませ」• 例文「ご招待いただきたく、お願い致します」• 例文「ご招待いただけますか?ご招待いただけますでしょうか?」• 例文「ご招待いただきたく存じます」• 例文「ご招待いただければと存じます」• 例文「ご招待くださいますようお願い申し上げます」• 例文「ご招待いただきますようお願い申し上げます」• 例文「ご招待いただければ幸いです」• 例文「ご招待いただけましたら幸甚に存じます」 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 補)敬語の解説はこれまでと重複するため省きます ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「お声掛け」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 「お声掛け」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかお声掛けくださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかお声掛けくださいますようお願い致します」 例文「 どうかお声掛けいただければ幸いです」 例文「 どうかお声掛けいただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒お声掛けくださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒お声掛けくださいますようお願い致します」 例文「 何卒お声掛けいただければ幸いです」 例文「 何卒お声掛けいただければと存じます。 よろしくお願い申し上げます」• ぜひ 例文「 ぜひお声掛けくださいますようお願い申し上げます」 例文「 ぜひお声掛けくださいますようお願い致します」 例文「 ぜひお声掛けいただければ幸いです」 例文「 ぜひお声掛けいただければと存じます。 よろしくお願い申し上げます」 結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 お声掛けください• お声掛けくださいませ• お声掛けいただけますか?• お声掛けください• お声掛けくださいませ• お声掛けいただけますか• お声掛けいただけますでしょうか• お声掛けいただきたく、お願い致します• お声掛けいただきたく存じます• お声掛けいただければと存じます• お声掛けくださいますようお願い申し上げます• お声掛けいただきますようお願い申し上げます• お声掛けくださいませ• お声掛けいただきたく、お願い致します• お声掛けいただきたく存じます• お声掛けいただければと存じます• お声掛けいただきますようお願い申し上げます• お声掛けいただけますようお願い申し上げます• お声掛けくださいますようお願い申し上げます• お声掛けいただければ幸いです• お声掛けいただければ幸甚に存じます• お声掛けいただけましたら幸いです• お声掛けいただけましたら幸甚でございます• お声掛けいただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 お声掛け賜りますようお願い申し上げます• お声掛けいただければ幸いです• お声掛けいただければ幸甚に存じます• お声掛けいただけましたら幸いです• お声掛けいただけましたら幸甚でございます• お声掛けいただけましたら幸甚に存じます• お声掛け賜りますと幸いです• お声掛け賜れますと幸いです• お声掛け賜りましたら幸いです• お声掛け賜れましたら幸いです• お声掛け賜りますと幸甚に存じます• お声掛け賜れますと幸甚に存じます• お声掛け賜りましたら幸甚に存じます• お声掛け賜れましたら幸甚に存じます なお「ご了承 を賜りますよう~」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の