スカイマーク アンケート。 SKYセールキャンペーン|スカイマーク SKYMARK

スカイマーク、利用者アンケートで毎週500名にカップラーメンを進呈

スカイマーク アンケート

トップダウン型だった組織で、そんな取り組みができるのか 経営破綻するまで、スカイマークを「第3極の航空会社」として成長させてきた西久保慎一社長はトップダウン型の経営者だった。 そこで徹底されたのは、サービスを最低限に絞り込み、コストを下げることで低価格を実現することだった。 そんな西久保体制では、社長の指示は絶対だった。 スカイマークの企業再生が始まって4年がたつ。 破綻時には1900人だった社員数は、現在は2500人に増えた。 2018年からは新卒採用も再開した。 だが、運行の中枢を担うのは破綻前からの社員たちだ。 今回の新ブランドとクレドは、「社員たちが自ら選んだ」という。 トップダウン型の染みついた組織で、そんなボトムアップ型の取り組みが本当にできるのだろうか。 スカイマークは一体何を狙っているのか。 こうして記者会見の2週間後、市江氏にインタビューを行った結果が冒頭の言葉だった。 行動指針を自分たち決めるとは、高校の生徒会のよう 市江氏は、新しいコピーやポスターが「地味すぎるかもしれない」と述べ、さらに自身が内心気に入っていた候補とも違っていたのだと打ち明けた。 そこまでして、なぜ経営の根本に関わるブランド戦略やクレドを社員に決めさせたのか。 スカイマークの新しいコピーを打ち出したポスター(画像提供=スカイマーク) クレド(行動指針)の最大のメリットは社員の意識改革だといわれる。 だが、自分たちの行動指針を社員が決めるというのは、高校の生徒会のように思えなくもない。 担当者の説明によると、ブランディングやクレドの策定のために、今年1月、社内にプロジェクトチームが発足。 社長をトップにおよそ10人ほどの幹部が委員となった。 そのうえで全社から集められた社員80人の「ブランドキャプテン」が各部署の意見を持ち寄り、さらに全社員アンケートも実施した。 最終的には丸2日間、経営側の委員10人と社員側のブランドキャプテン80人のあわせて約90人が大会議室に集まって議論を重ねた。 チーム発足から意見集約までにかかった期間はおよそ10カ月。 会社としてはかなりのコストをかけたと言っていいだろう。 執行役員の田上馨さん(46)は10人の委員の1人だ。 大学卒業後、ゲームメーカーの営業を経て2001年、創業5年のスカイマークに転職し、西久保体制も経験している。 社員がクレドを策定する意義を田上さんはこう説明した。 「自分たちが誇れるものは何だろうという問題意識は社員の間にありました。 いい仕事をしている自負はあるのに、スカイマークの強みを明言できないもどかしさ。 そして自分たちの会社をどうしたいかを考える機会もこれまでになかったと思います。 今回、ブランディングやクレドをボトムアップで策定するのは、プロセスでいろんな意見を出し合うことに意味がある。 それは幹部ミーティングで一致した意見でした」.

次の

飛行機に関するアンケート調査

スカイマーク アンケート

スカイマーク独自のマイレージプログラムはない スカイマークでは今現在、全日空(ANA)や日本航空(JAL)といった大手航空会社が導入している独自のマイレージプログラムはありません。 過去にはスカイマーク航空券の購入に使えるポイントが貯まる「スカイマークカード」を発行していましたが、2012年8月末でポイントサービスは終了。 さらに2014年1月にはマイレージサービスを導入する予定でしたが、当時画策していた長距離国際線(成田~ニューヨーク線)の準備のために一旦延期となりました。 その後も以前延期となったマイレージサービスの導入再開の計画はなく、今現在スカイマーク搭乗でスカイマークのマイルを貯めることは出来ず、当然スカイマークのマイルでスカイマーク航空券を購入することも出来ません。 スカイマークでもANA・JALマイルは貯まる! スカイマークの搭乗でスカイマークのマイルは貯めることは出来ませんが、大手航空会社ANAとJALのマイルを貯めることは可能です。 ただし、普通にスカイマークに搭乗するだけではANAとJALのマイルを貯めることは出来ないので、ある方法で貯める必要があります。 この方法で貯めたマイルは、ANAマイルであれば「」、JALマイルであれば「」の特典航空券購入に使えます。 ポイントサイトとは、サイト経由で商品・サービスを利用することでポイントが貯められるサイトのことです。 そのポイントはお金に換金したり、ANAマイル、JALマイルといった航空会社のマイルに交換可能。 スカイマークを取り扱っているところであれば、サイト経由でスカイマークチケットを購入出来、購入と同時にポイントを貰えます。 また、その際ANAカード、JALカードで決済をすることで実質的にマイルを二重取りすることが可能です。 上記の方法でスカイマークでANAマイル、JALマイルを貯めることは可能ですが、ANAマイルとJALマイルは残念ながらスカイマーク航空券の購入には使えません。 ANAではスターアライアンス、JALではワンワールド加盟航空会社又は提携航空会社の航空券購入にマイルを使うことが出来ますが、スカイマークはスターアライアンス、ワンワールドに加盟しておらず、ANAとJALどちらとも提携していません。 ANAやJALよりもスカイマークを多く利用する人やデルタ航空、デルタ航空のを良く利用するという人はANAマイルやJALマイルを貯めるよりもデルタ航空のスカイマイルを貯めるのがおすすめです。 スカイマーク特典航空券購入に必要なマイル数 マイル数 15,000マイル 20,000マイル 神戸-羽田・鹿児島・那覇・茨城、福岡-那覇 神戸-新千歳、羽田-新千歳・那覇・鹿児島・福岡・長崎、茨城-新千歳、中部国際空港-新千歳・那覇 デルタ航空のスカイマイルをスカイマークの特典航空券と交換する際に必要なマイル数は往復航空券で「15,000~20,000マイル」です。 「神戸-羽田」が15,000マイルで、その他の神戸発着、羽田発着の便は20,000マイルが必要です。 また、この必要マイル数は往復でも片道でも同じ。 片道なら半分の7,500~10,000マイルで済むわけではなく、片道だけ特典航空券を購入しても往復と同じ15,000~20,000マイルを消費することになります。 また、今現在スカイマークの特典航空券と交換出来るマイレージプログラムを有する航空会社はデルタ航空のみです。 スカイマークで使えるデルタ航空のマイルを貯める方法 デルタ航空のマイルを貯めれば、ANAやJALと同じようにスカイマークもマイルで航空券を購入することが出来ます。 スカイマークを良く利用する人は、是非デルタ航空のマイルを貯める方法は知っておきたいところ。 ANAやJALのマイレージクラブ会員同様年会費無料で参加できるので、登録を済ませておきましょう。 スカイマイルはデルタ航空券の購入にあたり「1ドル=5マイル」獲得することが出来ます。 デルタ航空はANAが加盟するスターアライアンス、JALが加盟するワンワールドではなく、もう一つのアライアンスである「スカイチーム」に加盟しています。 そのため、エールフランス航空やKLMオランダ航空、大韓航空、チャイナエアライン、中国南方航空といった多くの航空会社と提携しています。 搭乗時に獲得できるマイルは提携航空会社によって異なるため、「」を確認しましょう。 デルタ航空のクレジットカードで買い物すれば、カードの種類により100円あたり1~3マイルを獲得出来ます。 日頃の買い物で上手くデルタのマイルを貯めることが出来れば、スカイマークに無料で搭乗出来ます。 「ニッポン500マイルキャンペーン」でスカイマークでもデルタマイルが貯まる! 実は、デルタ航空のスカイマイルはスカイマークに搭乗することで貯めることが出来ます。 通常、デルタ航空のマイルを飛行機搭乗で貯める方法は、デルタ航空か提携航空会社に搭乗する方法しかありません。 スカイマークは提携航空会社ではないので、どれだけ乗ってもデルタマイルを貯めることは出来ません。 しかし、デルタ航空が開催する「ニッポン500マイルキャンペーン」を利用すればスカイマーク1回の搭乗でデルタのスカイマイルが500円貯まります。 このキャンペーンは、スカイマークだけではなく日本国内定期路線全てが対象の超お得なキャンペーンです。 スカイマークだけではなく、ANA、JALに乗っても、ピーチ、ジェットスターに乗ってもデルタのマイルが貯まるというもの。 このキャンペーンは2011年度に1年間の期間限定で始まったキャンペーンで、2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)までずっと継続されています。 今後もこのキャンペーンは継続される可能性が高いので、是非このキャンペーンを活用してデルタのスカイマイルを貯めましょう。 ニッポン500マイルキャンペーンを利用する方法は、「」に必要事項を記入し、航空券の半券のコピーを貼り付けてFAXで送るだけ。 ただし、期限は旅行終了後2カ月以内と決まっているので送り忘れないように! 最後に スカイマークはANAカード、JALカードを使うことでANA・JALマイルを貯めることが出来ます。 スカイマークに乗ってANA・JALのマイルを貯めて特典航空券を買うことが可能です。 また、デルタ航空のマイルプログラムを利用すればスカイマークに乗ってマイルを貯めて、その貯まったマイルでスカイマークの特典航空券と交換することが可能です。 スカイマークをよく利用する人はデルタ航空のスカイマイルを貯めましょう。

次の

スカイマーク、利用者アンケートでチョコモナカジャンボをプレゼント

スカイマーク アンケート

スカイマークのお得情報をゲットしよう!おすすめの方法を紹介 スカイマークを頻繁に利用する方の中には、お得情報をゲットしたいと思っている方も多いでしょう。 SKYセールなどを開催している スカイマークでは、やはり情報をゲットする方法も知っておくと便利です。 そこで、今回はそんな情報収集におすすめの方法を紹介します。 スカイマークでは会員サービスがない? まず、 スカイマークでは昔から 会員制度などは基本的に設けていないという特徴があります。 普通の航空会社では会員登録があったり、メルマガ登録ができたりするのですが、 スカイマークでは未だに明確に実装されているわけではありません。 ほとんどの航空会社では、 予約の際に入力の省略ができるよう、 会員登録をしたり情報を残しておいたりすることができるのですが、 スカイマークではそれらの対応に遅れていると言われています。 近年になり、スマホなどの 予約では入力省略なども可能となっているようですが、 他の航空会社に比べて汎用性は低いかもしれません。 しかし、上手に使えばとても安く旅行ができるということと、 やはりネームバリューとして スカイマークを利用するという方も多いです。 そういう方は、上手な情報収集方法を知っておくことが必要となるでしょう。 まずは、その点もしっかり確認しておき、 会員登録などはなくても情報を効率的に集められるようにしておくと良いです。 ちなみに、情報について詳しく知りたい場合は、ホームページが何よりも便利です。 そちらも合わせて下記にて確認しておいてください。 skymark. その場合は、まずは右上のFacebookボタンに注目してください。 facebook. そちらを活用すれば、 スカイマークの情報をリアルタイムでゲットすることが可能です。 最近ではこの スカイマークのように、SNSにて情報を拡散している航空会社も増えています。 本当はメルマガなどを登録しておけばメールにて情報を収集できるのですが、 SNSはリアルタイムで更新されるし、メールが送られてくることもないので負担にもなりません。 さらに、SNSではフォローしておくだけで情報を常にゲットできるので、かなり便利です。 スカイマークの場合、ほとんどはその日の運行情報などを更新していて、 簡単に飛行機の情報がわかるようになっています。 その他、就航地が新しく増えたり、器材が新しくなったりするなど、 スカイマークにとってのニュースを配信しています。 稀にセール情報なども出ていることがあると思うので、適宜確認すると良いでしょう。 ただ、SNSで確認するなら、実際にセール情報を定期的に確認した方が、確実とも言えます。 セール情報専門のスカイマークアカウントがあれば良いのですが、そのようなサービスはありません。 情報を的確に活用したいという場合は、まずはSNSを登録しつつ、セール情報なども小まめにチェックすると完璧です。 その点は他の航空会社とは違うので、ちょっとコツが必要となりますね。 スカイマークは少し異色の航空会社となっているため、 他の航空会社のように色々と幅広く手掛けているわけではありません。 本当に、言うなれば純粋に飛行機を提供している利便性に特化した企業だと言えるでしょう。 ただ、今後はもっとメルマガなどの登録もできるようにし、 利用者を大切にすれば、さらに業績もアップしそうな気がします。 SNSでスカイマークの情報をゲット スカイマークの情報に関して、リアルタイムで知りたい方は、 SNSとホームページを活用しましょう。 ホームページではより細かな情報が掲載されているので、そちらをメインに使い、 運行情報や スカイマークのニュースなどはSNSでゲットするのが良いです。 ちなみに、 スカイマークはあまり細かなキャンペーンなどをおこなっているわけではなく、 長いスパンでセールをおこなっていることもあります。 そういう情報に関しては、定期的に調べておくと安心です。 もちろんFacebookで得られる情報でも活用できるものは多いですが、 それだけだと不十分なものもあります。 より安く使いたいと思っているのであれば、その点はじっくりと考えて使っていく方が良いのではないでしょうか。 もちろん、情報に関しては常に更新されていくので、その点も合わせて考えておくと便利です。 上手に使うことさえできれば、 スカイマークもセールで安く乗ることができます。 結局のところ 予約などはホームページでおこなうことが必要となるため、 その点はじっくりと考えて使っていく方が良いと言えるでしょう。 個人情報の取り扱い スカイマークでは、SNSの登録などが可能ですが、 そちらをフォローするだけでは情報が相手に知られることはありません。 つまり、 他のメルマガなどに比べても安全性は高いでしょう。 個人情報などに関しても、 外部に漏えいされたりすることはないので、安心して利用することができます。 まとめ スカイマークでお得な情報をゲットしたい方は、メルマガ登録や会員登録などは期待せず、 SNSを活用することをおすすめします。 ただ、その更新も頻繁におこなわれているので、チェックするタイミングが重要となるでしょう。 合わせてホームページも見ておくと安心ですね。 航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので 最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう お願い申し上げます。 予めご了承くださいませ。

次の