ザシアン フェアリー。 ザシアン (ざしあん)とは【ピクシブ百科事典】

【ポケモン剣盾】クリア後にやるべきことはこれ!!ザシアンの厳選【プレイ日記part3】

ザシアン フェアリー

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、及び育成論を記述するところである。 れきせんのゆうしゃ、 けんのおうどちらについても記述する。 一般的な育成論 2種類の姿があり、種族値が異なる。 一見、ザシアンのれきせんのゆうしゃの姿は、けんのおうの姿の完全劣化と思われがちだが、けんのおうの姿では持ち物がくちたけん固定となるため、持ち物の変更が自由という差別点がある。 また、ザシアンの両方の姿が持つ専用特性であるは、場に出た時に攻撃を一段階上げるが故に、特性いかくに強いという大きな利点がある。 れきせんのゆうしゃ くちたけんを持たせない場合は必ずこの姿となる。 この姿の場合はフェアリー単タイプとなる。 前述通り、種族値だけを見ればけんのおうの姿の完全劣化ではあるが、持ち物を自由に変更できるため、場合によってはけんのおうの姿よりも高威力であったり、素早く動くことも可能である。 素早さもS138とけんのおうの姿よりは劣るものの非常に高い数値なので、余程のことがない限りは上を取られにくい。 けんのおう くちたけんを持たせるとこの姿になる。 タイプにはがねが追加されて、と同じフェアリーとはがねの複合タイプとなる。 そのため弱点がほのおとじめんだけになる上にはがねタイプ持ちということもあって耐性面が非常に優秀となる。 攻撃の種族値が40も跳ね上がり、ブラックキュレムと同数値となるA170。 素早さもより素早くなり、10増えたS148となる。 種族値合計も720とザマゼンタと並んで歴代の伝説ポケモンの中でも最高であり、これまでメガシンカを除いて最高の種族値だったと同じ数値である。 ただし、持ち物がくちたけん固定となるため、持ち物の場合によってはれきせんのゆうしゃの姿よりも遅かったり火力が低い場合もあるため、その点は要注意。 メインウェポンであるは余程のことがない限りは採用するべきだろう。 高威力かつ、状態のポケモンへのダメージが2倍になるため、非常に強力である。 はきょじゅうざんに変わってしまうので、採用したくても出来ず、はきょじゅうざんと同威力だが、命中率が低く実用には難がある。 フェアリータイプの物理技はしかないので、メインウェポンはフェアリーもはがねも、選択の余地がほぼないのが難点。 サブウェポンはかなり豊富であり、、、、、、、など。 補助技は、、、など。 特にはザマゼンタが覚えないので、明確な差別点となる。 れきせんのゆうしゃの姿にはなってしまうが、を持たせることで、つるぎのまいを安全に積みつつ、高い素早さで仕留める戦法ができる。 攻撃も比較的高めのA130であるので、積むことで全抜きを狙えるようになり、けんのおうの姿よりも高い火力を得ることができる。 ただし専用技を捨てることになるので、ダイマックス相手への有効打がなくなる点や、命中率にやや不安要素がある技(例としてが挙げられる)を採用せざるを得ない点に注意。

次の

ザシアン (ざしあん)とは【ピクシブ百科事典】

ザシアン フェアリー

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、及び育成論を記述するところである。 れきせんのゆうしゃ、 けんのおうどちらについても記述する。 一般的な育成論 2種類の姿があり、種族値が異なる。 一見、ザシアンのれきせんのゆうしゃの姿は、けんのおうの姿の完全劣化と思われがちだが、けんのおうの姿では持ち物がくちたけん固定となるため、持ち物の変更が自由という差別点がある。 また、ザシアンの両方の姿が持つ専用特性であるは、場に出た時に攻撃を一段階上げるが故に、特性いかくに強いという大きな利点がある。 れきせんのゆうしゃ くちたけんを持たせない場合は必ずこの姿となる。 この姿の場合はフェアリー単タイプとなる。 前述通り、種族値だけを見ればけんのおうの姿の完全劣化ではあるが、持ち物を自由に変更できるため、場合によってはけんのおうの姿よりも高威力であったり、素早く動くことも可能である。 素早さもS138とけんのおうの姿よりは劣るものの非常に高い数値なので、余程のことがない限りは上を取られにくい。 けんのおう くちたけんを持たせるとこの姿になる。 タイプにはがねが追加されて、と同じフェアリーとはがねの複合タイプとなる。 そのため弱点がほのおとじめんだけになる上にはがねタイプ持ちということもあって耐性面が非常に優秀となる。 攻撃の種族値が40も跳ね上がり、ブラックキュレムと同数値となるA170。 素早さもより素早くなり、10増えたS148となる。 種族値合計も720とザマゼンタと並んで歴代の伝説ポケモンの中でも最高であり、これまでメガシンカを除いて最高の種族値だったと同じ数値である。 ただし、持ち物がくちたけん固定となるため、持ち物の場合によってはれきせんのゆうしゃの姿よりも遅かったり火力が低い場合もあるため、その点は要注意。 メインウェポンであるは余程のことがない限りは採用するべきだろう。 高威力かつ、状態のポケモンへのダメージが2倍になるため、非常に強力である。 はきょじゅうざんに変わってしまうので、採用したくても出来ず、はきょじゅうざんと同威力だが、命中率が低く実用には難がある。 フェアリータイプの物理技はしかないので、メインウェポンはフェアリーもはがねも、選択の余地がほぼないのが難点。 サブウェポンはかなり豊富であり、、、、、、、など。 補助技は、、、など。 特にはザマゼンタが覚えないので、明確な差別点となる。 れきせんのゆうしゃの姿にはなってしまうが、を持たせることで、つるぎのまいを安全に積みつつ、高い素早さで仕留める戦法ができる。 攻撃も比較的高めのA130であるので、積むことで全抜きを狙えるようになり、けんのおうの姿よりも高い火力を得ることができる。 ただし専用技を捨てることになるので、ダイマックス相手への有効打がなくなる点や、命中率にやや不安要素がある技(例としてが挙げられる)を採用せざるを得ない点に注意。

次の

フェアリー

ザシアン フェアリー

デッキレシピ ザシアンV 4 特性 「ふとうのつるぎ」で先攻1ターン目からエネ加速をしていけます。 「ブレイブキャリバー」は230ダメージも出せるのですが、このままだと環境にタッグチームのHP270辺りには届きません。 そこでこのデッキは相方に 「ガラルニャイキング」が採用されています。 ガラルニャイキング 3-3 特性 「はがねのせいしん」で 「ザシアンV」の 「ブレイブキャリバー」のダメージを250、270とアップさせることができます。 3匹いるので最高290ダメージ! これなら相手がタッグチームでも一撃で倒せますね。 また、 「ガラルニャース」が場に出ていれば特性 「しんかのおたけび」によって確実に 「ガラルニャイキング」に進化できるので、進化が非常に安定しているポケモンです。 メタルソーサー 4 鋼タイプ専用のエネ加速グッズです。 「ザシアンV」の特性に加えてこのグッズを使うことで、より早い段階でワザを撃てるようになります。 「クイックボール」や 「ガラルニャース」の特性、 「博士の研究」でうまく鋼エネをトラッシュしてこのグッズを使っていきたいですね。 優勝デッキを分析した感想 メインアタッカーを 「ザシアンV」に絞った、 通称スピードザシアンと呼ばれるデッキです。

次の