アカウントロック。 ドコモから『dアカウントのロックに関するお知らせ』というメールが届いた時の対処方法

Googleアカウントロック解除

アカウントロック

にアクセスします。 名前を入力してください。 [ユーザー名] 欄に、アカウントのユーザー名を入力します。 パスワードを入力して確認します。 [ 次へ] をクリックします。 テキスト メッセージで送信されたコードを使用して携帯電話番号を確認します。 [ 確認] をクリックします。 既存のメールアドレスを使用する• にアクセスします。 名前を入力してください。 [ 代わりに現在のメールアドレスを使用] をクリックします。 現在のメールアドレスを入力します。 [ 次へ] をクリックします。 既存のメールに送信されたコードを使用してメールアドレスを確認します。 [ 確認] をクリックします。 ステップ 2: 再設定用情報を使用してアカウントを保護する 再設定用情報を更新しておくと、パスワードを忘れた場合や、アカウントが第三者に不正に使用されている場合にアカウントを復元できる可能性がはるかに高くなります。

次の

「Amazonアカウントは一時的にロックされています」のメールが届いたら要注意!

アカウントロック

PR システム担当やITヘルプデスクを悩ませるアカウントロックの解除 「パスワードを忘れてログインできない。 対応にほとんど手間は掛からないが、いつリクエストが来るかが予測できない。 リクエストが来たら、ユーザーの業務に支障を来さないよう、できるだけ早く対応しなければならない。 ある調査によると、アカウントロックの解除やパスワードのリセットのリクエストは、ヘルプデスクに寄せられる全リクエストのうち、3〜5割に達するという。 特に、金融業界などクライアント端末の制限を厳しく行っている業種では、この割合が8割に達する場合もあるそうだ。 最近では、情報漏えい事故や不正アクセスの増加を背景として、一般企業でも厳しいパスワード管理が求められるようになった。 パスワードのメモをPCに貼り付けて忘れないようにするといったユーザー任せでセキュリティリスクのある運用は減り、その分、アカウントロックの解除やパスワードのリセットを安全に行うために、システム担当やITヘルプデスクへの問い合わせが増えた。 アカウントロックの解除やパスワードのリセットへの対応が、システム担当やITヘルプデスクの運用負荷を大幅に高めることになったのだ。 ゾーホージャパン 曽根禎行氏 ゾーホージャパンでマーケティング部マネージャを務める曽根禎行氏は、こうしたアカウントロックの解除やパスワードのリセットにまつわるシステム担当やITヘルプデスクの課題について次のように話す。 「システム担当やITヘルプデスクが、アカウントロックの解除のようなリアクティブな業務に時間をとられてしまい、クリエイティブな業務に注力しにくくなっています。 こうした事情は弊社のパートナーやSIerも同様です。 ユーザー企業のサポート業務を請け負っているある企業では、ロック解除対応に工数をとられて、本来行うべき業務が進まなくなったこともあるそうです」 アカウントロック解除への対応負荷を軽減する2つのアプローチ こうしたアカウントロック解除/パスワードリセットの課題に対応するために、ゾーホージャパンでは、「ManageEngine ADSelfService Plus」(以下、ADSelfService Plus)と「ManageEngine ADManager Plus」(以下、ADManager Plus)という2つの製品を提供している。 いずれも、Active Directoryのアカウント管理に関わる作業負荷を軽減するツールだ。 曽根氏によると、アカウントロックの解除やパスワードのリセットへの対応には、大きく2つのアプローチがあるという。 1つは、「ユーザーのパスワードは、基本的にユーザーに管理を任せる」というアプローチだ。 具体的には、アカウントロックの解除やパスワードの再発行をセルフサービス化することで、システム担当やITヘルプデスクの手を借りずにユーザー自身で対処できるようにする。 この機能を提供するのが、ADSelfService Plusだ。 ワールドワイドで1万4600社に導入実績を持つ。 もう1つは、それでは対応できないケースについて、「ユーザーとは別の管理者に権限を委任する」というアプローチだ。 具体的には、ユーザーが所属する部門部署の長などに権限を委任し、システム担当やITヘルプデスクの手を借りずに部門や部署単位で対処できるようにする。 この機能を提供するのがADManager Plusだ。 ワールドワイドで1万2000社の導入実績を持つ。 アカウントロックの解除をセルフサービス化する「ADSelfService Plus」 まず、ADSelfService Plusから見ていこう。 ADSelfService Plusを導入すると、Windowsログオン画面に、以下のステップ1で示した画面イメージのように「(パスワードの)リセット/(アカウント)ロック解除」オプションが追加される。 Windowsの標準機能では、こうしたアクションを取る手段が提供されないため、パスワードを忘れたユーザーはシステム担当やITヘルプデスクに頼らざるを得ないわけだ。 「モジュールでの拡張なので、新しい認証方式の追加も可能です。 マルチファクター認証としては、セキュリティ質問と回答、モバイルやスマートフォンのSMSやメールを経由した認証コード、グーグルの認証システムであるGoogle Authenticatorを利用できます。 ユーザーにとっても分かりやすい画面となっているので、確実に使ってもらえると思います」(石井氏) では、ADSelfService Plusではどのようなセルフサービスが提供されるのか。 基本的には、以下の項目となる。 パスワードの変更• パスワードのリセット• アカウントロックの解除• Active Directory登録情報(連絡先)情報の更新• メールグループへの追加 / 削除• Active Directoryユーザー(社員)/グループの検索 このように、もしユーザーがパスワードを忘れてしまっても、ユーザーは自身のPC上、あるいはモバイルデバイス上でアカウントロックの解除やパスワードのリセットを自分自身で実行できるようになる。 セキュリティが確保された状態で行われるため、システム担当やITヘルプデスクが何ら手を煩わせる必要がなくなる他、「導入・運用に際して、特別なスキルがなくても扱えるシンプルな操作性も特徴」(石井氏)だという。 図2 アカウントロックの発生から解除までの手続き。 セキュリティを確保しながら、セルフサービス化することで、システム担当やITヘルプデスクの対応負荷を削減《クリックで拡大》 一方、システム担当やITヘルプデスク側では、利用する際に「有効にするセルフサービス」「適用するドメイン」「適用するグループ」などを選択するだけで済む。 管理はWeb画面から行うことができ、ユーザー登録や監査についてのレポートを提供する機能も備えている。 2014年8月下旬から日本語サポートを開始する予定だという。 現場への権限委任でアカウント管理を効率化する「ADManager Plus」 アカウントロックの解除やパスワードのリセットといった、ヘルプデスクを悩ませてきた課題のほとんどは、以上のようなセルフサービス化で解決できる。 だが、それでは対応できないケースもある。 例えば、1つのアカウントを複数人で共有しているようなケースだ。 役職ごとに権限が決まっている欧米企業と違って、日本企業では、同じ人が複数の権限を持っているケースや、同じアカウントをグループで共有しているケースが少なくない。 「個人のログインアカウントはセルフサービス化で対応できるのですが、グループで共有しているアカウントなどは、個人がどこまでの情報をリセットできるかなど、リセットのための管理が必要になります。 そこで、現場の上長などに管理権限を委任して、そこでアカウントロックの解除やパスワードのリセットを管理してもらうといった工夫が必要になってきます」(曽根氏) また、パスワードを忘れるというケースでは、本人確認のためのセキュリティ質問情報なども一緒に忘れてしまうケースが多い。 その場合もセルフサービスだけではなく、上長などの管理者にアカウントロックの解除やパスワードのリセットの権限を委任しておけば対応が可能になる。 このようなケースに対応できるのが、ADManager Plus だ。 管理者の設定もシンプルに行える。 管理者を「オペレーター(担当者)」として登録し、オペレーターごとに任意の権限を設定するだけだ。 例えば「アカウントロックの解除とパスワードのリセット」の権限を持った役割を作成する場合、以下の画面イメージのように、権限を与える操作項目をチェックして設定する。 図3 管理者の設定画面。 付与する権限にチェックを入れるだけで、管理者の役割をシンプルに設定できる《クリックで拡大》 また、セキュリティやITガバナンス担保の観点からActive Directoryに対する監査証跡が必要になるケースには、別製品「ADAudit Plus」を用意している。 ADAudit Plusは、Active Directory上で管理している、ユーザー、グループ、グループポリシーなどのオブジェクトに対する全ての変更情報の一元管理を可能にする製品だ。 150以上のレポートにより、Windowsのイベントビューワーなどでは把握できないイベントの発見や監査が可能だという。 「システム担当やITヘルプデスクの業務の半分がアカウントロックの解除やパスワードのリセットというのは、いかにも非生産的です。 特にシステム担当やITヘルプデスクに経営への寄与が求められている今、余計な工数は極限まで排除することが大切。 その点、これまでもアカウントロックの解除やパスワードのリセットをセルフサービス化するソリューションは存在しましたが、ADSelfService Plus とADManager Plusは、導入・設定の簡便さ、ツールの利用者にとっての扱いやすさ 、導入しやすいライセンス価格を強みとしています。 ゾーホージャパンでは以下のようなツールを使った環境整備のノウハウを説くセミナーも開催している。 ぜひ足を運んでみてはいかがだろう。

次の

“アカウントロック解除”への対応にはもう悩まない:アカウントロックの解除、パスワードのリセットをセルフサービス化

アカウントロック

【より】 毎日のようにAmazonで買い物をしている人は多いだろう。 だが、ある日突然「Amazon[お知らせ]確認するまで、アカウントは一時的にロックされています」というメールがAmazonから送られて来たらアナタはどうするだろうか? 今回は筆者の元に送られてきたかなりヤバいAmazon詐欺メールの手口を最後までじっくり紹介しよう。 com) 以前Apple IDの詐欺メールを紹介したが。 このときは筆者がたまたまWindows&Androidユーザーだったので、すぐに見破ることができたが、今回送られてきたのはAmazonからの詐欺メールである。 何を隠そう筆者はAmazonのヘビーユーザーで、毎日のようにAmazonを利用しているため思わず詐欺メールをクリックしてしまったのだ。 とはいえ、筆者はある方法でAmazon詐欺メールを確実に見破る方法があるのを知っていたため、危うく難を逃れることができたのだ。 その方法は後ほど触れるとして、まずは恐ろしいAmazon詐欺メールの手口を紹介しよう。 Amazon詐欺メールのリンクをクリックして表示された画面は、まさにAmazonのログイン画面そのもの……。 「これはダマされる人が多そうだ」などと思いながら、まったくデタラメなメルアドとパスワードでログインしてみると、すんなりログインできた。 この時点で詐欺サイト確定である。 その先に進むと氏名、住所、電話番号、誕生日などの個人情報を次々と入力させる画面が登場する。 もちろん、クレジットカード番号を入力する画面もあるが。 適当な番号を入力しても先に進めず、理論的に正しいクレカ番号でないと受け付けなかった。 しかも、ご丁寧にカード裏のセキュリティコードまで入力させるようになっている。 これは、今までの詐欺サイトよりかなり手ごわいぞ!.

次の