瑞原 麻雀。 【週刊Mリーグ】瑞原プロ これぞファイナル!のスルー

瑞原プロ悲劇のメンチン見逃し!~事件の真相とメンチン攻略法~

瑞原 麻雀

麻雀プロリーグ「 Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ」4日目が6月19日(金)に開催された。 緊急事態宣言発令を受け開催は約2ヶ月ほど見送られていたが、徹底したがとられ待望の開催となった。 次巡、瑞原がリーチ。 テンパイしている魚谷からアガって5800を加点。 ライバル・フェニックスからのアガリで幸先の良いスタートとなった。 しかし、テンパイした内川からドラの が打ちだされ満貫のアガリに。 前局の失点をあっという間に取り返した。 内川は東2局でも一人ノーテン、東4局親番でも第1ツモをツモリ忘れてしまいアガリ放棄など、毎度あまりにもテンパイまで遠い配牌で苦々しい展開が続く。 ハイテイは自分に回ってくるが、もし次に危険牌を持ってきても が切れるということか、テンパイからテンパイの鳴きを入れると、日向が瑞原の当たり牌を掴み放銃。 瑞原の満貫のアガリとなった。 南3局2本場でもリーチした内川から満貫をアガり、59800点持ちでオーラスを迎えた。 4ポイント差に迫った。 オーラスは、点数状況がトータルポイント順だったのであまり良いとは思っていなくて、サクラナイツの親番をすぐに終わらせようという気持ちはありませんでした。 どちらかというと自然とアガリが発生して、フェニックスの着順が落ちる展開がパイレーツとしては好ましいなと思ってました」と笑顔で話した。 ファンに向けては「ここでのトップはチームにとって大きいと思うので、私もやっとチームに貢献できたかなと嬉しい気持ちでいっぱいです。 まだまだ戦いは続くので、引き続き応援よろしくお願いします!」とポーズをとった。 冷静にヤミテンに構え、魚谷から満貫のアガリ。 松本もテンパイしてリーチをかけるも宣言牌が沢崎の当たり牌。 沢崎が魚谷に迫る。 万事休すかと思われたがここから高打点を連発してトップ目に躍り出る。 残り少ない試合数の中、松本は貴重なトップを持ち帰った。 多井さんからは優勝目指して4位になるのはしょうがない、強い姿勢で行ってこいと心強い言葉をいただいたので、点棒をビハインドしても上しか見てなかったのでへこたれませんでした。 沢崎さんへの12000の放銃は、柔らかくいくなら 切りなんですけど、アガリを考えると の方が山にいそうだったので、強い待ちどりにとりました。 ただ、結果がついてきたのは、偶然だし、たまたまだし、奇跡かもしれないですけど、本当に嬉しいですね」と厳しかった状況を振り返りながらも、嬉しさを滲ませて話した。 ファンに向けて「僕がずっと負け続けても使い続けてくれた藤田監督、支えてくれたファンの皆さんやチームメイト、僕が箱下になった瞬間にABEMASダメなんじゃないかって思った方もいらっしゃると思うんですが、まだ渋谷ABEMASは終わらないです。 去年勝てなかった悔しさを、残り4戦にぶつけて、最後に笑うのは渋谷ABEMASです。 頑張りたいと思います。 ありがとうございました」と一礼した。

次の

最高位戦所属の女流プロ・瑞原明奈プロがめっちゃ可愛い!

瑞原 麻雀

ここまでの一連の流れは、瑞原らしい、スタイリッシュな攻めだ。 瑞原のツモる手に、珍しく力が入っているように見える。 ファイナルという短期戦、ここでアガるとアガらないでは「運命」は大きく変わってくる。 が、瑞原の祈りも虚しく 内川の300・500に打ち砕かれてしまう。 瑞原はレギュラーシーズン、セミファイナル通して、先制することが多かったものの、あと1牌が遠かった気がする。 今日もあと一歩が届かないのか。 その運命に抗うことはできないのか。 点棒を払う瑞原。 麻雀も、この世界と同様で、約束された未来はない。 どうなるかわからない。 でも、わからないことはわかっている。 こんなことはいつものことだ。 私はこれまでどおり、正しい選択を取り続けるのみ。 瑞原は気を取り直し、次局に臨んだ。 チャンスに恵まれないまま迎えた 東4局2本場。 瑞原はこのイーシャンテンになった。 持っている牌が見えないかもしれないが、 だ。 画像に収められないほど早く、瑞原はこの を切った。 と 、安全度で を残したのだと思う。 なぜなら、 を持っていてもリーチのみの受け入れ(ツモ )が増えるだけなので、攻撃的な価値はほとんどない。 たしかに を持っていても本当に嬉しいのは だけ。 それなら全員に安全っぽい を残すのは自然かもしれない。 ただ、 はかなり良さそう(3人情報)で、 は親の現物。 瑞原が諸々の要素をあらかじめ考えていて を切ったのならよいが、なんとなくリャンカンが埋まったからと手拍子で切ったのならよくないかなーとは思う。 すぐに を持ってきてしまうが、これは割り切れたのだろうか。 そして、日向からの暗カンtoリーチが襲いかかる。 それを受けた瑞原の手牌。 テンパイ! 456の三色にはならないものの、 ドラドラの勝負手。 しかし、 も も通っていない。 ここが潮目の変わりどころ、と、瑞原は大海原を見渡す。 おそらくこれは確認の時間。 仲間に「親リーだけど、これはいっていいよね」と。 三者競りで、ここでの親への勝負はリスクが大きい。 しかし、逆に言うとここで日向にアガられてしまうと勝負は決してしまう。 だから、私がいかなきゃ。 あとは か か、リーチかダマか。 熟慮の末、瑞原は打 のダマを選択した。 リーチを打たなかったのは、ツモ での 、ツモ での三色変化、そしてのちのオリやスライド選択を残したからだと思う。 次の巡目、瑞原は静かにツモってきた牌を手元に置いた。 親リーをかいくぐってのマンガン。 とても大きなアガリだ。 ただ見ている側としてはどうしても思ってしまう、リーチはなかったかと。 このファイナルは優勝以外、ほとんど意味がない。 まったく意味がないわけではないが、実質的に2位以下は敗者と一括されてしまう。 そして、短期決戦で突き抜けるには、どこかで常軌を超えた攻めが必要だと思っている。 もちろん、ラス引くところを3着に留めて、チャンスをつなぐことも大事なのかもしれない。 ただトップを狙える手がきたら、貪欲狙っていくべきではないだろうか。 先ほどいろいろダマにするメリットを挙げたが、待ちの良くなる直接的な変化はもうない。 そしてドラが2枚めくり…とあらば、決断のリーチという選択も十分にあったと思うが、瑞原はこのマンガンをどう感じているだろう。 こうして迎えた オーラス。 寿人「おっ!」 松嶋「えっ??!」 1つのツモに全国がざわつく。

次の

【週刊Mリーグ】瑞原プロ これぞファイナル!のスルー

瑞原 麻雀

Mリーグ機構は「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナル」、3月17日1回戦に出場する4選手を発表した。 リーグ3位のKONAMI麻雀格闘倶楽部と、同6位のU-NEXT Piratesは、セミファイナル初登場。 一気に差が縮まった6チームの戦いにおいて、この2チームがどんな入り方をするのか。 KONAMI麻雀格闘倶楽部はレギュラーシーズンを3位で通過。 昨期もファイナル進出を果たしており、チームによる短期決戦も経験済みだ。 初戦は精神的な支柱である前原雄大(連盟)に託された。 いきなりトップを取り、首位のセガサミーフェニックスを追いかける体勢が整えば、チームメイトの士気もさらに上がる。 U-NEXT Piratesは、レギュラーシーズンをギリギリの6位でセミファイナルに滑り込んだ。 200以上抱えていたマイナスポイントも半減し、かなり身軽にもなった。 初戦は瑞原明奈(最高位戦)が久々の登場。 レギュラーシーズン序盤では勢いをつけたムードメーカーという役割にもなっており、ここでも一発かませるか。 リーグ5位のTEAM雷電は、昨日の初戦でポイントダウン。 ボーダーラインとなる4位・渋谷ABEMASまでは、170ポイントほどの差がついた。 試合数が少ないだけに、常に1日で逆転できる範囲、100ポイント差以内には留まりたいところ。 今日の1試合目を任された瀬戸熊直樹(連盟)は、とにかくプラスポイントをしっかりと確保したい。 首位のセガサミーフェニックスからは、茅森早香(最高位戦)が出場する。 ファイナル進出だけを考えれば、まだポイントに余裕があるが、レギュラーシーズンほど安心できるほどでもない。 流れが傾くと取り戻すまでの時間的余裕はないので、このまま「首位・セガサミーフェニックス」というイメージを維持したまま走り抜けたい。 9 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟) 個人12位 +20. 2019シーズンから全8チームに。 各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。 上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

次の