お手数かけてすみません 英語。 「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんは正しい敬語?類語と英語も

お手数かけてすみません 英語

「お手数をおかけしました」はどの程度、相手を煩わせたのか。 どの程度、厄介をかけたのかで、表現が異なる。 相手にごく簡単な頼みごとをしたとか、わずかながら余分の仕事を作ってしまったときのお礼の気持ちなら、 Thank you for your time. Thank you for taking your time. がもっぱら使われる。 「お時間ありがとうございます」「あなたのお時間ありがとうございます」と表現する。 これが基本の形だ。 日本語の発想では相手の手間に感謝するが、英語の発想では、相手が自分のために貴重な時間を使ってくれたことに礼を述べる。 たとえば、自分が何かを聞いて、相手が回答をしてくれときの謝辞などがこれにあたる。 Thank you for taking your time responding to my question. Thank you for your time responding to my inquiries. 相手を結構わずらわせてしまったとか、面倒をかけたときには別の言い方がある。 「ほんとうにお手数をおかけして申し訳ございませんでした」というような時だ。 日本語では「申し訳ございませんでした」と謝るのが普通だが、英語ではどちらかといえば、やはり「ありがとう」と表現する。 Thank you for your trouble. この状況では、感謝するのは相手の時間に対してよりも、「面倒」や「手間」に対してということになる。 「ごめんなさい」のsorryを使うのは「お手数をおかけしました」との謝辞では不十分なぐらい、相手に迷惑をかけたときだ。 こんな時に使われているのが、 So sorry to have troubled you. I'm sorry to have troubled you. などだ。 逆にいえば、相手のごくわずかな手間に対し、sorry は言い過ぎとなる。 ということは日本語のお手数ををおかけしました」はかなり幅広く使える言葉と言える。 引野剛司・甲南女子大学教授 ここで紹介した表現は、米国での複数の実用例に基づいています。 その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 (www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お手数かけてすみません 英語

お手数ですがに当てはまる英語はない!? 「お手数ですが」という言葉は、相手に手間や時間をとらせてしまった際に、迷惑をかけて申し訳ないという気持ちを伝えるために使います。 実は、日本語の 「お手数ですが」という言葉に、上手く当てはまる英語はありません。 例えば、取引先の会社の女性の方に電話をかけましたが、その方が席を外している時、電話に出られた方は、日本語だとこのように答えることが多いですよね。 「〇〇は今席を外しております。 Can you call back in an hour? 英語に訳した時は、 「お手数ですが」にあたる表現が入っていません。 しかし、丁寧語や謙譲語に値する表現なので相手に失礼にはならずに、決まり文句として使える英会話なので、覚えておきましょう! 「お手数ですが〜してください」「お手数ですが教えてください」の英語表現 ビジネスシーンにおいては、「お手数ですが」という言葉を使う場面は、他にもたくさんあります。 たとえば、相手に面倒なことを頼む場合、 「お手数ですが、〜してもらってもいいですか?」 と言ったり、 自分が相手へ何か確認をお願いしたい場合には、 「お手数ですが、ご確認よろしくお願いいたします。 」 と丁寧に依頼することはよくありますよね。 このような場面では、 Would you mind〜? Sorry for inconveniencing you, but〜? Sorry to bother you, but〜? というような表現を使います。 英語には、日本語でいう「お手数ですが」という便利な表現はないので、このように様々な表現で、日本語の「お手数ですが」に近いニュアンスを表現します。 いくつか例文と単語の解説を見ておきましょう。 お手数ですが私にその書類をとっていただけますか? Would you mind passing me that documents? Would you mind〜は、〜してもらえませんか?という丁寧な敬語表現なので、日本語でいう「お手数ですが」のニュアンスに近くなります。 お手数ですが、もう少し詳しく教えてもらえませんか? Sorry for inconveniencing you, but would you explain a little more in detail? inconvenience は、迷惑や不都合という意味です。 迷惑をかけて申し訳ないのですが=お手数ですが というニュアンスの言い方ができます。 お手数ですが、あとで私に電話をしていただけませんか? Sorry to bother you, but could you call me back later? botherという単語は、手間をかけるという意味があるので、 お手間をかけますが=お手数ですが、お忙しいところ恐れ入りますが という意味で使われます。 ビジネスメールでよく使う「お手数ですがご確認お願いします」 ビジネスシーンにおいては、 「お手数ですがご確認お願いします」 という表現をよく使いますよね。 煩わせる、面倒をかけるという意味を持つ、 trouble を使った表現で、 I am sorry to trouble you, but 〜 という表現は、ビジネスメールでもよく使われる表現なので、合わせて例文を見ておきましょう。 お手数ですがご確認よろしくお願いいたします。 I am sorry to trouble you, but I would really appreciate it if you could confirm. ちなみに、 confirmは確認するという意味の単語で、確認をお願いする時によく出てくるフレーズです。 下記ご確認ください。 Please confirm the following information. こちらも覚えておくと便利です。

次の

「お手数をおかけします」はこの英語で通じる?|マイスキ英語

お手数かけてすみません 英語

ビジネスで役立つ表現 まず、 何度もすみませんや 度々すみませんを伝える3つのビジネスシーンを想定した例文をみていきましょう。 何度もすみませんとストレートに表現する はじめに、相手に何度も迷惑をかけてしまった時に使う 何度もすみませんの例文を3つ紹介します。 以下、3つの例文は全て 何度もすみませんや 度々すみませんを意味しています。 Sorry to bother you again. ネイティブが使う鉄板の表現です。 まず、 sorryで すみませんと謝っていることを伝えます。 その次の bother youは あなたを煩わせるという表現で、最後に againで 何度もの意味を持たせます。 直属の上司や親しくしている取引先など、面識のある方に対して使うフレーズです。 My apologies for bothering you again. sorryはややカジュアルな表現なので、もう少しフォーマルな言い方が良い場合、 sorryの代わりに apologiesという単語を使うと、丁寧な文です。 apologyとは 謝罪するという意味で、 sorryの同義語です。 My apologies for~. で ~についてすいません。 という表現になり、ビジネスにおいて好まれます。 覚えておいて損はないでしょう。 Sorry to bother you over and over. この例文は againの代わりに over and overを使っていますが、同じ意味で伝わります。 againよりも over and overの方が 何度もの部分が強調されますので、相手と何度もやり取りをしている場合にうってつけです。 謝り方のバリエーションを増やすにはこちらの記事もおすすめです。 相手に対してたくさん質問したいときに使う例文 質問がたくさんある場合、相手に気をつかってしまうものですが、そんな時に使える例文を紹介します。 たくさんの質問をしてすみません。 Please forgive me for asking so many questions. forgiveは 許すという意味で、 Please forgive me for~. で直訳すると ~について許してくださいね。 という意味を表しますが、言い換えると、 ~についてすみません。 という意味を表します。 askは 質問する、 many questionsは たくさんの質問の意味なので、 many questionsの前に soを付けることによって、たくさんあることを強調しています。 たくさんの質問を失礼します。 Please excuse all the questions. たくさん質問してしまった時に使える例文のふたつめ。 excuseは excuse meなどにも使われる 許すという意味の動詞で、直訳すると たくさんの質問をしてしまったことを許してくださいという意味を表します。 Pleaseが文頭に来ることで、丁寧な表現になります。 再度質問したい場合の何度もすみません もう終わりそうな会議で最後にもう1つ質問したいことがある場面で使える3つのフレーズを紹介します。 もう1問質問してもよろしいでしょうか? May I ask one more question? May I ask~? で 聞いてよろしいでしょうか?と丁寧に相手に質問し、 もう一つの質問を強調するために one moreと続けます。 ちなみに、友人などに質問するときは May I~? は丁寧すぎる表現なので Can I~? または Could I~? を使います。 もしよろしければもう1問質問したいのですが。 英会話でよく使う表現です。 残念ながらアメリカ英語ではあまり使われていません。 I would like to ~. は ~したいです。 という意味を丁寧に表す表現です。 こちらもビジネスシーンで多用されるフレーズですので、ぜひノートに書き留めておきましょう。 またお聞きしてすみません。 My apologies for asking again. 先ほどの My apologies for~. を使っています。 ask againは もう1度聞くという意味です。 カジュアルな場面で使う何度もすみません 謝るのはフォーマルな場だけではありません。 友人同士や家族間でも、何度もごめんねとさらりと謝ることがありますが、そんな時に使える Sorryを使わないカジュアルなフレーズを紹介します。 またやっちゃった 何度も同じミスをしてしまった時に友人同士ならどのように言えばいいでしょうか? ここではカジュアルな場面で使える 何度もすみませんを表すフレーズを紹介します。 It is meとは直訳してみると、 これは私ですとなりますが、 私だけどという意味でネイティブがよく使う表現です。 それに againを加えて、 また私となります。 解説だけでは状況がつかみにくいので、ふたつの会話例を見てみましょう。 (A)昨日の晩冷蔵庫を開けっぱなしにしていたのは誰? (A) Who left the fridge open last night? が使われていますね。 次の会話文をみてみましょう。 電話で何度も買い物を頼んでいる状況です。 Can you pick up 2 tomatoes on your way home? (B)いいわよ。 ほかに要るものはある?あなたこれ今日の午後だけで3回目の電話よ。 (B) All right. Do you want anything else? You have called me 3 times already this afternoon. あともう1つお願いしたいとき 身近な人に対して 何度もごめんねの意味を含めつつ、 あともう1つお願い!と伝えたいとき言い回しを紹介します。 もう1つだけ! Just one more thing! この文は Justを文頭に持ってくることで、 1つだけを意味する one more thingを強調する効果があります。 次の会話例で使い方を確認していきましょう。 (B)どうしよう!電車に遅れちゃう! (B) Oh my god! (A)ちょっと、リナ。 (A) Hey Lina. (B)今度は何? (B) What now? (A)もう一つだけ。 着替えて頂戴!あなたまだパジャマのままよ! (A) Just one more thing. Change your clothes! You are still wearing pajamas. 友達との待ち合わせや家族への返信など、遅れてしまうことはありませんか? そんなときネイティブが使う「遅れてごめーん」の表現を学ぶにはこちらの記事が参考になります。

次の