単身 引越し 相場。 一人暮らしにおすすめの引越し業者ランキング10選【安いのはどこ?】

【1K・1LDK】の単身引越し料金相場表 引っ越し会社がまとめた決定版

単身 引越し 相場

この記事に興味を持った人は、 「9月の引越しはどれくらい高いのか知りたい」 「9月の引越しを少しでも安くする方法はないの?」と考えているのではないでしょうか。 9月の引越し料金は、 単身者は51,073円、5人家族で引越すと118,212円が相場。 (引越し侍調べ) 引越し業界は、9月は第二の繁忙期と呼ばれているので料金は高くなってしまいます。 そこで、この記事では9月の引越しが安くなる日、具体的にどれくらい安くなるのか、9月の引越しを安く済ませるテクニックや9月引越しの注意点などを紹介していきます。 これらの情報を知る事で、9月の引越しを最大半額まで安く済ませる事ができますので、ぜひ参考にしてみてください。 【裏ワザ! それは5社以上の引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること。 そこで利用したいのが 引越し業者の一括見積もりサービスです。 そんなことは知ってるよ、と言わないでください。 ここで紹介する 「引越し達人」は他の一括見積もりサービスとはひと味違います。 従来の一括見積もりサービスは、電話やメールで複数業者とやり取りしなければ料金の比較ができませんでした。 しかし、引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、 面倒なやりとりをせずに、その場で複数業者の「料金」と「サービス」を一覧で比較できてしまうのです。 9月の引越し相場から最大30%ほど、引越し業者は値引きをしてくれます。 なぜ9月1日〜3日・7日〜9日が安いのかというと、その日は大安ではない平日で、なおかつ月の前半だからです。 9月の13日以降〜は転勤の引越しニーズが増えるので前半は引越し料金が安くなるという仕組みになっています。 上の表の9月の料金相場から最大30%の値引きを行うと• 単身:35,751円• 2人家族:58,335円• 3人家族:53,104円• 4人家族:58,024円• 5人家族:82,748円 ほどの値段になります。 あくまで平均金額の算出です。 割高になる理由は、9月中旬頃〜10月にかけて秋入学の大学生の単身引越し、転勤を命じられた社会人の家族引越しのニーズが多くなるからです。 荷物の量や距離によって価格の上がり方が変わってきますが、単純に人数ごとに1万プラスのシミュレーションをすると• 単身:61,073円(+1万)• 2人家族:103,336円(+2万)• 3人家族:105,863円(+3万)• 4人家族:122,892円(+4万)• 5人家族:168,212円(+5万) ほどの価格になります。 9月は第二の繁忙期と呼ばれてるので、平均10万円を超える見積もりは珍しくありません。 なぜなら、土日は一般的に休日の人が多く、金曜日も休みをとって引越し作業を行う人が多いからです。 家族引越しでも単身引越しでも、割増料金は1,000円程です。 土日で料金にどれくらい差があるか具体的に知りたい人は、見積もり時に業者に問い合わせてみる事をおすすめします。 なぜなら9月は「正五九」と言って引越しによくない月と言われていますので、できれば9月でも大安に引越して少しでも日柄を良い日を選ぼうと考える人が多いからです。 (自社調べ/参考データ:引越し侍) 調査対象業者は、以下の4社です。 サカイ引越センター• アート引越センター• アーク引越センター• ハート引越しセンター 【9月引越し 同都道府 県内】 引越し業者 単身引越し 家族引越し サカイ引越センター 40,945円 75,114円 アート引越センター 37,345円 77,497円 アーク引越センター 37,088円 60,348円 ハート引越センター 30,732円 50,669円 県内の家族引越しという同じ条件で引越しをした場合、大手のアートと中小のハートでは26,828円も差がある事がわかります。 【9月引越し 同都道府 県外】 引越し業者 単身引越し 家族引越し サカイ引越センター 75,684円 119,728円 アート引越センター 78,621円 125,415円 アーク引越センター 55,237円 103,641円 ハート引越センター 64,116円 108,292円 参考:引越し侍 県外の引越しだと、こちらも同じ条件の引越しでも大手のアートと中小のアークで21,774円の差があります。 つまりどちらも同じ条件の引越しなのに2万円以上差があるのです。 アートやサカイなど大手引越し業者の料金が高い理由は、従業員の給料である人件費がアークやハートなど中小企業よりも大幅にかかっている事が挙げられます。 引越し業者の人件費は、かかった分引越し料金に転嫁される仕組みになっています。 大手企業は抱えている従業員数が中小企業よりも多いので、従業員の給料がかさむ分大手企業の方が引越し料金自体も高くなります。 ここ最近の朝日新聞の記事でも、引越し最大手のサカイ引越センターが人件費の上昇により引越し料金が引き上げされた事を報じています。 人手不足で人件費が上昇し、引っ越しの料金を上げたためだ。 繁忙期は大手ではアルバイトを大量募集しますので、慣れない作業員に当たる可能性も十分にあります。 そのため一概に大手がサービスが良いとは言えなくなってくるのです。 このような理由があるから、「大手だから安心」といった安易な考えで引越しをしてしまっては2万円以上損をする可能性があります。 そこで 一括見積もりサイトを使えば、1社ずつわざわざ連絡する手間をかけずに、簡単に最安値の引越し業者を探す事ができます。 中でもおすすめのサービスが「引越し達人」です。 なぜなら、複数の業者とやりとりする事なく、見積もり完了した途端すぐに料金が比較できるからです。 手順は下記の簡単3ステップ。 【T さん(30代前半女性):4人家族・県外引越し】 本当に安くなるのか半信半疑でしたが、最安値保証があったので見積もりをお願いしました。 結果的に予算10万円を半額の5万円近くまで安くできました。 見積もりメールとかのやりとりをする前におすすめの業者と引越し料金が事前に知れたのも、あらかじめの値段がわかって助かりました。 勧誘的な営業メールや電話もしつこくなかったので、トータルで大満足でした! 【Sさん(20代後半男性):2人・県内引越し】 彼女との2人での引越しで自分も荷物が少なかったし、交渉も苦手なので「そんなに安くなんないだろ〜な〜」くらいの気持ちで一括見積もりしたのですが、結果的に2万円も安くなりました笑 相場の半額で引っ越せたし、急いでいたのもあってスピーディーに事が進んだので使ってよかったです。 「引越し達人」を使い、実際に9月引越し相場の半額ほどの値段で引っ越せたという声が多く、忙しい引越し作業をスピーディーに進めるために何社も自分で見積もりをとる必要がないのでかなり便利で時短にもなりますね。 各業者の「お客様満足チャート」も問い合わせてすぐの、引越し価格と同じ画面で知る事ができますので、値段だけで決めるのは不安な人でも安心して利用できます。 なぜなら、引越しは午前中が一番人気の時間帯だからです。 人気の理由は以下の通りです。 引越し開始時間がズレ込まず、朝イチで作業できる• 新居での荷解きに余裕ができる• 引越し業者の体力が消耗しておらず事故率の低下に繋がる 午前中の引っ越しは人気で予約が殺到するので、業者はわざわざ値引きしてまで集客する必要がなく、結果午前中は割引がされなくなるというわけです。 なぜかというと、専用の引越しトラックを使わずにコンテナボックスというカゴ車に荷物を乗せて運ぶ事で輸送コストや人件費を削減しているからです。 9月の単身引越し料金相場は平均51,073円なので、「単身パックL」を使用した場合だと35,000円も相場より安く引越しする事ができます。 9月引越しの注意点:台風の発生で荷物が濡れたり作業に遅れが出る事も 9月は台風の影響で、 引越し作業が遅れたり荷物が濡れたりする可能性がありますので、どうしても壊れては困るものは自分で梱包し、時間に余裕を持って行動しましょう。 なぜ台風に注意しなければいけないのかというと、台風が発生すれば強風で家具・家電製品などの梱包資材が吹き飛ばされる事態が起こりえます。 強風だけではなく雨が降って家電製品が濡れれば破損につながります。 またスリップ事故などが発生し道路が混雑、作業に大幅な遅れが出てくる場合も想定しなければなりません。 実際に9月は秋口で、台風の発生率が非常に高いです。 画像引用:気象庁 上の画像は、気象庁が計測した過去7年間の台風発生回数です。 9月の欄を見てみると、7年間で42回、一番発生率が高い事がわかります。

次の

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

単身 引越し 相場

単身者が引越しを考えたとき、もしくは引越しせざるを得ない状況になったとき、身一つで引越しができればよいのですが、なかなかそうはいきません。 引越し業者に依頼するのが一般的でしょう。 「単身だからどこの業者へ頼んでも一緒でしょ?」 「荷物少ないし、単身パックが安いんでしょ?」 と、まぁ、世間一般的な声はこんな感じです。 しかし1回でも引越し経験がある人は、引越し料金のピンキリを心得ています。 引越し業者によって料金の差が「誤差の範囲」ではないことを・・・。 見積もりを取ってみると• A社では30,000円• B社では100,000円 引越し業界では、これって普通にあることなんです。 いわゆるピンキリ! びっくりですよね? そこで私のような引越し案内人的な?職業が存在するわけです! はじめまして。 私は100円引越しセンターの「トクダ」と申します。 メイン業務は、見積もり対応とお客様対応です。 ときには引越しされたお客様から引越し後の近況報告をいただいたり、お礼のお言葉をいただいたり。 とても喜びとやりがいを感じています。 さらにお客様に喜んでいただきたいので、 100円の対象にならない引越しでも、格安引越しを実現しています。 そして「100円引越しセンター」もいわゆる一括見積もりスタイルを採用していますが、ちょっと他社さんと異なる点があります。 それは、お問い合わせ内容から厳選1社に絞ったご提案というスタイルです。 多くの知識と経験をもったスタッフが、 「自分の身内に提案できるか?」という厳選ラインを設けて吟味しています。 単身の引越しに限らず、すべての引越しは見積もりから始まります。 最安値で内容にも満足できる引越しがベストです。 少しでも理想に近づけるよう、私の知っている引越しノウハウをお伝えできたらと考えています。 単身引越しの見積もりの取り方・最安値の引越し方法を成功させるポイントは• 最安値で単身引越しができるよう、さまざまな方法を見ていきましょう。 1、 単身引越しの見積もり料金相場 単身の引越しは大きく分けると「単身パック」と「単身プラン」の2種類が主流と言えます。 そして「赤帽」は個人事業主の集団が行う引越しサービスです。 運送に特化し、低価格という面で人気があります。 「単身パック」近距離の場合、17,000円(税抜)~。 「単身プラン」を利用した場合、10km以内の近距離で15,000円(税抜)程度からが最安値でしょう。 しかし単身プランは個々の荷物や距離が大きく左右するため、金額はあくまでも参考程度に考えておいてください。 「赤帽」を利用した引越しなら、20km以内で13,750円(税込)程度です。 (土・日・祝日は2割増、繁忙期は1割増) さらに見積もりとは無縁に感じられる 「規格外な100円引越し!」 当然ですがしっかり見積もりが存在します(笑) このあとの 『おすすめベスト3』では、「100円引越しセンター」についても紹介しています。 2、 単身引越しの見積もりの取り方!おすすめベスト3 単身の引越しも見積もりが必要です。 新居までの距離や荷物の量、引っ越す時期によっても費用の相場は変わってきます。 特に荷物の量次第で、利用する引越しプランそのものが変わってしまうので、念入りに確認しましょう。 現在所持している荷物をすべて持って行くのか? または処分して新居で新たに買い揃える予定なのか? ということまで見積もりの時点で決まっていると、実際の見積もり料金に反映されやすいでしょう。 「そんなの後で考えるよ」という人も意外と多いのですが、費用に思いっきり関係してくることなので、最優先で検討すべき項目です。 実家から単身引越しする場合などはあまり関係ないことですが、住居を引き払って新たな住居に引っ越す場合に該当します。 例えばベッドなどの家具類を新居に運ぶか否かで、選択する引越しプランが異なります。 また運ばずに処分する場合も、早めに決まっていればリサクルショップなどで引き取り可能な場合もあるでしょう。 引越し業者の不要品オプションで買い取ってもらえるケースもあります。 荷物の量に関係することは、可能な限り正確に把握することが大切です。 同時に荷物は極力減らしたうえで見積もりを取ることこそが、安くお得な引越しを可能にします。 2-1. 【1位】単身引越しも一括見積もり 安い引越し業者を探す手段として、引越し一括見積もりサイトを利用する人は多いでしょう。 1回の入力で複数の引越し業者を比較できる点は便利です。 しかしデメリットを踏まえたうえで利用すべきサービスということを知っておいてください。 デメリットと言われる部分は、「勧誘や営業メール・電話」です。 個人情報や引越し情報を入力することで複数の見積もりが取れる反面、煩わしい勧誘などの対応に追われるということ。 情報入力時、電話番号は任意としているサイトもあります。 このような一括サイトを利用すれば電話の勧誘は免れますね。 また、電話番号の入力が必須だったとしても、備考欄に 「電話はご遠慮ください。 メールで連絡をお願いします」と記載するだけでも効果は期待できます。 しかしどちらにしても、営業メールや勧誘メールといったメールの対応には追われることになるでしょう。 同じ一括見積もりでも、勧誘メールや営業電話が一切ない 「100円引越しセンター」を知っていますか? 格安引越しプランの提供はもちろんのこと、さらに条件が合えば100円で引越しができるサービスです。 2-1-1. 「100円引越しセンター」 「100円引越しセンター」は一括見積もりサイトに分類されています。 しかし冒頭でもお話ししたように、「厳選1社の提案」です。 このスタイルにより、煩わしい勧誘や営業メールの対応に追われることはありません。 「100円引越センター」のサービスを理解していただくために、読売テレビ「ZIP」のコーナー「おしえて辛坊さん」で紹介されたときの映像をご覧いただければと思います。 テレビで紹介されたときから進化を遂げて、現在はさらに充実したサービスの提供が可能になりました。 「100円引越しセンター」は、条件が合えば「超お得!」 条件に合わなくても「お得!」なサービスを提供しています。 100円の仕組みは至って簡単なんですよ。 下記3つの条件をクリアできたら100円引越しとなります。 【単身の引越し】• インターネット(光回線)• モバイルwi-fiルーター• softbank携帯乗り換えor新規 A・B・Cの中から1つのアイテムを選ぶだけ! どれか1つの契約で、100円引越しができるサービスです。 このシステムは、家電量販店やネット上でも目にする「光回線利用・乗り換えでキャッシュバック!」などのキャンペーンと同じ感じのサービスなので、みなさん経験があるかもしれません。 キャンペーンを経由することで、キャッシュバックやタブレットをもらえたりするものです。 「100円引越しセンター」では、条件が合ったユーザーに 引越し料金として還元しているんですね。 だから 100円で引越しが可能となるわけです。 条件を見ていただくと分かると思いますが• 「単身」• 「近距離」 に特化したサービスと言えます。 ・単身パックでは収まらない荷物量でも対応できる 2tショートのトラックを使用!• ・引越し 2距離~20kmなら、トラックを 22tロングにだってできちゃう! と、まぁ、単身者にやさしいサービスが特徴の「100円引越しセンター」です。 もともと安い料金で提供しているので、条件に合わない場合でもかなり安く引越しできます。 他社さんよりも安くをモットーにしているので、きっとお役に立てると思いますよ! 「100円」に該当する方も、そうでない方も、まずは「 100円引越しセンター」へお問い合わせくださいね。 2-2. 【2位】業者を選択したWEB見積もり!単身引越しにも対応 引越し業者を数社に絞れている場合は、直接業者の公式サイトなどから見積もり依頼をします。 折返しの連絡が来たら「何社か見積もりをお願いしているので、お願いする場合はこちらからご連絡します」と丁寧に伝え、一旦電話を切りましょう。 集まった見積もりを比較し、料金とサービス、連絡があった際の担当者の印象を比べてみてください。 また引越し業者は全然分からないけど一括見積りは利用したくないという場合は、ネット検索で「単身引越し」と入力してみましょう。 「単身パック」や「単身プラン」を提供している引越し業者が上位に表示されています。 そこから自分に合った引越し業者を探して、直接連絡してください。 2-3. 【3位】電話でもOK!単身引越しの見積もり 引越し一括見積りは抵抗があるし、そもそもネットで見積もりを取るのは面倒に感じる、という人もいます。 そんなときは昔ながらのタウンページ(職業別)を活用しましょう! あいうえお順で検索できる作りになっているので、「 運送(引越)」から探します。 大手引越し業者は大きな広告枠を使い、パッと目に入りやすいレイアウトで宣伝しているため、分かりやすいでしょう。 しかし地域密着型の業者や小規模な業者は名称と住所、電話番号しか記載されていません。 フリーダイヤルを載せていたり、何か惹かれるものがあったら問い合わせてみることです。 そして直接電話で見積もりを依頼してください。 中には電話では見積もりをしない業者もありますが、その場合はパスしましょう。 単身引越しの荷物は少ない傾向のため、電話で概算の見積もりを出すのは簡単です。 引越しで運び出す家財道具一式をすべて書き出すなどして、電話をかけるとスムーズですよ! ちなみに紙のタウンページは持っていない、という人もいるでしょう。 そんなときは、「iタウンページ」もしくは「タウンページライブラリー」を利用してみてはいかがでしょう。 タウンページは元々「探す」ためのサービスです。 引越し業に絞って探せるため、シンプルで使いやすいかもしれません。 しかし単身でも荷物が多く、「単身パック」ではなく「単身プラン」などを利用する場合は、ちょっと対応が変わってきます。 コンテナボックスを使用して限られた荷物を運ぶ、いわゆる「単身パック」は荷物のサイズも決められているため、訪問不要が一般的です。 一方同じ単身引越しでも、トラックをチャーターする通常の引越しと同様のスタイルの場合、正確な荷物を把握したうえでトラックのサイズを決めるため、訪問が必要になることがあります。 運ぶ荷物を正確に伝えることができれば、必ずしも訪問とはなりませんので相談してみるとよいでしょう。 でしたら訪問なし、電話の見積もりで大丈夫ですね! 4、単身引越しに強みのある業者を利用しよう! 単身引越しに強みがある業者は、 単身向けのプランを提供しています。 名称こそバラバラですが、単身という単語が使われていなくても 「ミニ引越し」や 「シンプル引越し」など、荷物が少ない引越しを連想させるプランを打ち出しているものです。 大手だから小規模業者だからという比較ではなく、料金とサービス内容で比較してください。 単身引越しと言っても、長距離と近距離の違いもありますし、荷物の量も違います。 その少しの違いで選択すべき引越し業者も変わってくるので、まずは自身の引越し情報を正確に把握することです。 一般的に大手引越し業者は、全国のネットワークが強みとなり「長距離」の引越しを得意としています。 中小の引越し業者は地域密着型という場合が多く、「近距離」の引越しに力を入れ、価格・サービス面など充実させている傾向です。 4-1. 単身引越しなら100円引越しセンター 単身に強みのある引越し業者といえば「100円引越しセンター」です。 「単身&近距離」を特に強みにしています。 で、熱く語っていますが、とにかく「単身の引越し」は、超・超得意分野なので、何回も登場してしまう感じですみません(笑) しつこいようですが、once again!! 「100円引越しセンター」はもともと安いのですが、さらにお得に引越しができるよう、条件をクリアしたら引越し料金を100円にするサービスを提供しています。 100円で引越しするための条件は下記の3つ! 【単身の引越し】• 引越しを機に• 「光回線にしたかったんだ!」• 「どこにでも持ち運び可能なモバイルwi-fi欲しかったー!」 という人にとっては超ラッキーな話ですね。 ネット環境が整うことで、とても快適な暮らしを手に入れられますよ。 「100円引越しセンター」の強みは「単身」ですから、とことんお得を追求しまくりますよ! 4-2. 単身引越しパックの見積もり 荷物が少なく、しかも大型の荷物がない場合に適している「単身パック」。 引越し業者によって使用するコンテナボックスのサイズは微妙に異なります。 1サイズの業者もあれば、2サイズ以上を用意している業者もあり、荷物の量によって選択可能です。 このようにコンテナを使用する単身パックは、荷物の量を把握しやすく、積載量も計算しやすいため、通常は訪問見積もりを不要としています。 WEB上で完結する場合がほとんどだと思っていて大丈夫です。 WEB・もしくは電話で荷物を伝えたところ、単身パックでは対応できない荷物があった場合などは、別の引越しプランを提案されるケースもあります。 または訪問見積もりを提案されることもあるでしょう。 4-3. 単身引越しプランの見積もり 基本は「訪問見積もり」と考えておきましょう。 単身プランは、通常の引越しのミニバージョンという認識です。 荷物量は少ないものの、引越しの流れは通常と変わりません。 通常の引越しを経験した人ばかりではないので、簡単に流れを説明しますね。 一方、訪問見積もりを行った場合は引越し業者の責任です。 しかし引越し当日に新たな荷物が追加された場合などは、この限りではありません。 トラックに空きスペースがあれば積んでくれますが、ギリギリで積載されている場合は自己責任となり、増えた分は運んでもらえないので注意してください。 もし訪問見積もりの予定日以降に荷物の増減があるようなら事前に伝えておくことです。 5、単身引越しに必要な梱包アイテム 引越しが決まったら、スケジュールを立てて梱包しましょう。 「単身パック」を利用する場合は、自分で梱包アイテムを準備する必要があります。 契約時に有料で申し込むこともできますので、要検討といったところでしょう。 安く済ませたいのなら自分で用意するべきですね。 冷蔵庫や洗濯機などの家電製品は、当日スタッフが梱包してくれますが、電子レンジなど小型家電は自分で梱包します。 梱包しなくてよいものなど、契約時に引越し業者に確認しておきましょう。 また「単身プラン」などを利用する場合は、ダンボールやガムテープを無料でもらえるプランもあります。 しかし梱包資材すべては揃わないので、下記を参考に必要なものを用意してくださいね。 引越しで必要な梱包アイテム• ・ダンボール• ・ガムテープ• ・油性マジック• ・軍手• ・雑巾(掃除用具)• ・ヒモ• ・ビニール袋(ゴミ入れ、小物入れ) これらが揃えば抜かりなく梱包できますよ! 5-1. 有料?無料?単身引越しのダンボールどうする!? ダンボールがなければ引越し準備が始まらない!というほどの必需品です。 まずはダンボールの調達をしてください。 単身パック以外の引越しでは、ダンボール無料サービスを実施している業者が多く、プランによって10~50枚程度のダンボールを無料でもらえます。 単身の引越しで使用するダンボールの枚数は、10~20枚程度が目安です。 ダンボールに入れる荷物が多い場合は、見積もり時に交渉して、無料配布のダンボールを増やしてもらいましょう。 そんなに難しい交渉ではないので、必ず聞いてくださいね。 次に引越し業者からダンボールを無料でもらえない場合の調達方法を紹介します。 引越し業者から有料で手に入れる 引越し契約時にダンボール購入の手続きをします。 後から電話で追加しても大丈ですが、すぐに届かない場合があるので余裕をもって注文しましょう。 引越し業者によって金額も異なりますが、ダンボールのサイズにより1枚200円程度~購入できます。 ネット通販やホームセンターなどを利用して購入する 引越しでよく使用するダンボールサイズは120です。 10枚セットで1,000円~3,000円程度で購入できます。 近所のショップなどに交渉してダンボールを無料で譲ってもらう スーパーやコンビニ・ホームセンター・ドラッグストア・100均などの小売店で調達できます。 スーパーなどでは購入した商品を入れるために、無料ダンボールが設置されている場合がありますが、ここからもらって行くのはNGです。 スタッフに声を掛け、ダンボールを譲ってほしい旨を伝えましょう! 用途が引越しとなれば最適なダンボールをたくさんもらえることもありますよ。 もしサイズなど選べるなら、大中小で適当な枚数を揃えるとよいですね。 衣類など軽いものは大サイズ、本など重いものは小サイズ、食器などは中サイズと入れるものを想像してみましょう。 たくさん詰めたいから大きいものという発想になりがちですが、重たいものを大きなダンボールに入れた際は持つ人も大変ですし、ダンボールの底が抜けるリスクもあります。 重い荷物こそコンパクトにまとめるなど、工夫が必要です。 むやみにダンボールの枚数だけ多くなっては、処分する際に余計な費用がかかってしまうかもしれません。 ダンボールを準備する際には必要な枚数とサイズを思い描いておきましょう。 6、単身引越し!自分でできる簡単な梱包方法 引越しの契約を済ませ、後は引越しの日を待つばかり!・・・とはいきませんね。 引越し日に合わせて荷造りしなくてはいけません。 早すぎる分には問題ありませんが、ギリギリではトラブルがあったときに対応できません。 遅くとも引越し予定日の2週間前あたりから荷造りを開始しましょう。 不要品の処分や買い取り交渉も早めに済ませておいてください! 梱包に必要なアイテムは揃っていますね。 では、始めますよ! まず、荷造りの順番ですが、今回は単身者の引越し用に紹介します。 ワンルーム~1LDK程度の間取りを想定しています。 ハンガーラックを借りられる場合は、かさばるアウターやたたみジワを付けたくない衣類を優先して保管します。 食器や割れ物は新聞紙や緩衝材で包み、中くらいのダンボール詰め ダンボール内に隙間ができると割れてしまうリスクがあるので、新聞紙をクシャクシャにして詰めるといいですよ。 ダンボールの底面はガムテープで十字貼り こうすることで底面が強化され、本など重いものを入れても底が抜ける心配がありません。 各ダンボールに油性マジックで「内容」を記載 部屋数のある広い物件へ引っ越す場合は、内容の他に「行き先」も記入しておきましょう。 「屋根裏」や「和室」などの記載があると、引越し業者さんもダンボールの置き場が瞬時に分かり、作業もスムーズに! 記載はダンボールの上と側面、どこから見ても分かるようにしておきます。 すぐ使うもの、最後まで使うものはまとめて1つのダンボールへ! 歯みがきセットやトイレットペーパーなどは、引越し間際にダンボールへ入れましょう。 ダンボールすべてのフタは最後まで閉めない! 入れ忘れや追加に対応するため。 冷蔵庫は引越し前日にはコンセントを抜いておく 引越しが決まったら中身は調整して、引越し前日までに空にするのがベストです。 洗濯機も前日には水抜きを! 水が残っていると、運搬中の水漏れ・故障の原因になるので、完全に取り除くようにしましょう。 テレビやDVD、ブルーレイなど配線があるものは、スマホで画像に残しておくと〇 新居で簡単に再接続が可能になります。 梱包した荷物は生活の邪魔にならないよう置いておきましょう。 ギリギリまでダンボールのフタは閉めないので、積み重ねてしまうと不便です。 しかし邪魔になるようでしたら、荷物の追加や取り出しのなさそうなダンボールのフタだけ閉めて、積み重ねてください。 引越し当日は、念の為に大きめのスポーツバッグなどを用意しておくとよいでしょう。 もし運び忘れがあった場合でも、少し安心感がありますよ。 7、まとめ 単身引越しの見積もりの取り方を引越しスタイル別に紹介しました。 また引越しの必需品である「梱包」についても少し触れています。 単身引越しは通常の引越しよりも選択肢が多く、どのタイプが適しているのかを見極めるのが難しいかもしれません。 選択ミスをすれば、安く引っ越せたはずの引越しが高くなってしまうこともあります。 そのような失敗をして悔しい思いをしないためにも、まずは「」へお問い合わせください。 条件が合えば100円で引越しができます! 条件が合わなくても格安で引越しが可能です!! どちらにしてもお得な引越しを提案する100円引越しセンターは、きっとお役に立てると思います。 単身の引越しも相見積もりを利用し、満足できる価格とサービスを手に入れましょう!.

次の

【単身・一人暮らし】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

単身 引越し 相場

長距離単身引越しの料金相場目安 約200km 約500km 約1,000km 1R~1LDK (荷物量:少) 7. 3万円 8. 8万円 14. 0万円 2LDK~3LDK (荷物量:多) 12. 5万円 13. 8万円 20. たとえば、もっとも高くなると考えられるケースの 繁忙期の土日祝だと、上記表の料金目安の1. 5~2倍の見積もり金額がでることも珍しくありません。 引越し料金を下げるためには 早めの業者手配はもちろんのこと、 長距離に強いプランがある引越し業者選びが肝心となります。 関連記事 他にも単身パックをやっている引越し業者はいっぱい。 それぞれの相場に関しての詳細はこちらでまとめています。 依頼する荷物がダンボール数個程度なら宅配便を使った方が安い可能性があります。 結局最安値はヤマト?日通? 単身赴任パックの値段単体で見れば、両社ともとても魅力的。 ただ、1BOXで積み切れない荷物がある場合、両社それぞれでボックス追加や別送などと、その日その日の状況に応じて扱いが変わり、見積もりも変動します。 また、オプションなど全て込みでの見積もりを出してもらうと、自分の荷物量や距離だと通常プランの方が安かったり、なんてことも普通にあり得ますね。 つまり、 ヤマト・日通、単身パック・プラン問わず、そもそも引越し料金が一律ではないため、実際に 複数社の見積もりを取るまで一番安いプランは分からないということになります。 特に長距離の引越しではなおさらで、各業者でその時その時で出せるトラックサイズや輸送方法にバラつきがあるため必ず見積もり比較は行っておきたいところです。 「混載便」や「JRコンテナ便」だと安い見積もりが出やすい 他の利用者とトラックのスペースを共有する 「混載便」という運送方法と、鉄道を利用した貨物輸送の 「JRコンテナ便」という運送方法が利用できれば、 引越し料金はグッと安くなるはずです。 というのは、混載便とJRコンテナ便はどちらも同一方向へ引越しする他の利用者の荷物と一緒に運ぶため、 通常のトラック1台をチャーターする運送方法と比較して運賃や人件費の面で大きくコストカットできているからですね。 しかし、いずれのプランも他の利用者と一緒に荷物を運ぶ引越し方法であるため• 引越しする日時の細かい指定ができない• 積載スペースを他人と共有するため荷物量が限定される という2点がデメリットとなってきます。 単身パックのように、ボックスで分けた輸送ではなく、荷物自体を混載して運ぶ業者もいますが、紛失や混ざってしまうなどのトラブルが起きることも。 特にJRコンテナ便は引越し完了までの期間が長くなったりする可能性があります。 さらに遠い距離だと「船便」「航空便」での輸送に 離島など海を渡る規模の距離の引越しだと、船による海上輸送や飛行機による空輸となります。 船や飛行機での輸送となると大規模な引越しで、見積もりも高くなるように思えますが結局はこれもコンテナ便と同じ扱い。 鉄道貨物輸送が、船、飛行機に置き換わっただけと考えても良いです。 両者の違いを挙げるなら、船便は日数がかかるが安い、航空便は日数はかからないがやや高い。 といったところでしょうか。 日数がかからない「チャーター便」は高くなりやすい チャーター便とはいわゆるトラック1台貸切りの通常のプラン。 単身者のやや多めな荷物を2tトラック1台で引越し先まで直送する「単身プラン」として扱われていることが多いですね。 他利用者との依頼と同時にさばく単身パックや混載便、JRコンテナ便などと違って、利用者1名につきトラック1台で輸送するので 日数を必要としません。 また、積載量の上限がトラック1台分の荷台スペースとなるので、ベッドや冷蔵庫など 大きめの家具が数点あっても利用できるのがメリットです。 ただ料金面でいうと、県や地方をまたぐ長距離の引越しの場合 高い見積もりが出やすい点がデメリット。 そのため、長距離向けの引越しプランとはいえませんが、引越し業者なら基本どこでも用意されており中小~大手まで検討できる選択肢が幅広いです。 「帰り便」ならもっと安く! 帰り便とは他の利用者の引越し完了後、営業所に戻る際に空のトラックを利用して引越しする運送方法。 業者側にとっても空のトラックを走らせる…というのはコストの無駄であるため、運よく適用されればかなりお得に引越しできるはず。 しかし、帰り便は他の利用者の引越し作業日数やタイミングとの兼ね合いがあるため、かなりレアなプランです。 少しでも適用される可能性を上げるためには、 早めの依頼と 複数社から見積もりを取ることでしょうか。 見積もりをとる業者が多ければ多いほど確立は上がりますが、適用されればラッキーくらいに考えておきましょう。 長距離向きプランがある引越し業者は比較して探す 長距離の単身引越しを安くするには、 一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりを取るのが一番ラクな方法。 「そもそも長距離向けプランがある業者は?」 「長距離向けプランの空き状況は?」 …なんていちいち探す手間も省けます。 また、業者の空き状況によっては通常プランの方が安く見積もられるなんてことも。 結局、各社から見積もりをとって比較してみないことにはわからないってことです。 一括見積もりサービスは引越し距離や日程、荷物を入力すると対応できる業者が一度にピックアップされます。 その中から最安値の見積もりを出した業者を利用すればOK。 入力した条件下で一番安い引越し業者のプランで引越せます。 やっちゃいけないこと、やるべきことはコレ! 「とりあえず有名な業者だから安心だろう」と 1社だけに電話して見積もり依頼をするのは完全にNG。 相場費用よりも大幅に安く、できれば最安値価格まで持っていくためには、時期や距離、予算関わらず3社以上で見積もり比較が必須です。 日数調整とスケジュールの流れが見積もりに大きく影響する 長距離への引越しでは、引越し当日から日数を起算して早めの業者手配をしておきましょう。 スケジュール通りに引越しが作業が進みやすいのはもちろん、 かかる費用も抑えやすくなります。 例えば、どの業者でもよくある 「当日に荷受けと荷降ろしを完了させるのではなく、2日から3日に分けて引越しを行う」という方法で費用をグンと下げたりできることがあります。 運送業者はトラックの空き時間、スタッフの現場配置、他の業務への手配などできるだけ効率よく進めたがっているのが一般的。 そのため、引越し依頼が早ければ早いほど、混載便やJRコンテナ便、帰り便などの長距離引越し向けプランが利用できる可能性も上がります。 また、スケジュールを早めに確定させておくことで、余裕を持って引越し先の整理や家具設置ができるというメリットも。 ともかく高くなりがちな長距離の引越しは、 依頼が早ければ早いほど業者側でのスケジュール調整が効きやすく、私たちに提示される見積もりも安くなりやすいということになります。 荷物が多い家族引越しは長距離だと高くなる 費用を抑えられる長距離向け引越しプランは、輸送する荷物量に大きく制限がかかります。 つまり、適用されるためには単身者程度の荷物量であることが前提となるので、家族で引越しする場合、もしくは単身であっても家族同等の荷物量の場合はそもそもプランが利用できず、必然的にチャーター便を利用することになります。 荷物が2tショート程度のトラックで収まればまだしも、3人、5人家族となれば4t程度のトラック、さらに作業員も複数名必要になるので、とにかく高額な見積もりが出てしまうことは避けられません。 遠方への引越しは繁忙期かどうかはもちろんのこと、 長距離向け引越しプランが業者が展開しているか?予定日に適用可能どうか?が料金に大きく関わります。 紹介したような「 単身パック」 「混載便」「JRコンテナ便」などの長距離向け引越しプランが自身の引越しに適用されるかは、業者のスケジュールや空き状況次第。 となれば、長距離向きプランを適用されやすくするためにも 「複数社からの見積もり取得」と 「早め早めの引越し予約」をしておくことをおすすめします。 複数社からの見積もり取得をラクに行うなら、 一括見積もりサービスの利用が必須。 業者同士の見積もりを比較して最安値の長距離引越しプランを見つけましょう!ピックアップされる業者をできるだけ増やすという意味でも、やっぱり一括見積もりも早めにやっておきたいところ。

次の