地縛少年花子くん 52話。 「地縛少年花子くん」第5話、津田健次郎演じる土籠の声に視聴者興奮!「神キャスト」(ABEMA TIMES)

地縛少年花子くん【最新第57話】夢の終わりその2 ネタバレと感想!

地縛少年花子くん 52話

今回は『』に連載されている 『』52 話【ネガイゴト 】について書きます! (ネタバレ注意です!) 前回、八尋を鉄格子のある部屋に閉じ込めた花子。 涙を流す八尋を鉄格子越しに抱きしめました。 そして、 大丈夫、八尋は俺が助けてあげると告げました。 八尋は死ぬか死なないかわからないと告げました。 回避しようのない絶対的なものだったら?とシジマ。 それでも大丈夫だと八尋。 その言葉を聞き、昔同じようなことを言っていた人がいたとシジマ。 しかしいくら夢を見ても現実は変わらなかったと。 するとつかさが現れました。 今はもういないその人に、会わせてあげよっかと。 心からの願いが俺を呼び寄せるとつかさ。 そして二人をある場所に転移させました!? 一方、花子のやつそんなこと考えていたのかと呟いた光。 確かに寿命がきてしまいますが、ここで永遠に暮らすのも違うのではと。 弱気の光の背中を叩いた三葉。 しっかりしろと。 ちゃんと責任とってよね!と。 三葉の喝に元気ををもらった光。 するとそこへ、折れた筆が現れました!? (無事だったのかw よかった!) 病院のようなところで目覚めた八尋。 病室には一人の女性が寝ていました。 誰?とシジマに尋ねるも、女性を見つめ動かないシジマ・・・。 つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入• 読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

次の

【地縛少年花子くん:52話】最新話のネタバレ|寧々とシジマが飛ばされた先とは|漫画サイコー!

地縛少年花子くん 52話

Contents• 【前回のあらすじ】 シジマさんと一緒につかさくんの力によって別の世界に飛ばされてしまった寧々。 そこで見たのは病室のベッドで眠る、シジマさんとそっくりな少女の姿でした。 【第53の怪のネタバレ】 引用:月刊Gファンタジー5月号 【噂話】 「美術室のシジマさん」 それは七不思議の四番目にあたる話で、噂による絵を描くのが得意な女子生徒は両親から絵の道に進むことを反対され、絵が描けなくなってしまう前に自ら命を絶ってしまい、美術室には今も彼女の幽霊が出るというものでした。 「…本当になんて馬鹿馬鹿しいんでしょう」「虚構なんえくだらない」と病室の中をのぞいたシジマさんはつぶやきます。 そんなシジマさんに戸惑いながらも寧々は何をするつもりなのかとたずねます。 【シジマさんの願い】 シジマさんは願いを叶えるだけだと言い、病室の中へと進んでいくとベッドで眠る少女にナイフを突きつけます。 引用:月刊Gファンタジー5月号 シジマさんを寧々は必死に止めますが、その騒ぎで目を覚ましたベッドに眠る少女がナースコールのボタンを押すと、どこからともなく看護婦のような影がいくつもあらわれます。 シジマさんは手にしたナイフで影達を斬っていき、寧々は影から伸びてきた誰かの手に「こっち」と手を引かれます。 シジマさんが影達を斬り終わると、すでにベッドは空になっていました。 【四島さん】 手を引かれるままに走っていた寧々は、人目につかないところでようやく一息をつくことができ、ほっとしますが、自分の手を引いていた少女の行動に言葉を失います。 引用:月刊Gファンタジー5月号 どこからともなく持ってきたメジャーで寧々の足首をはかり「先祖が象!??」と失礼なことを言う少女から寧々は離れようとしますが、同じようなことをシジマさんに言われたことを思い出します。 そして改めて少女を見て、シジマさんと少女が同じ顔をしていることに気づきます。 「もしかして…生前のシジマさん?」とたずねる寧々に「四島さんですよぉ」と少女は笑ってこたえます。 【願い】 しかしそうなると、シジマさんの願いは生きていた頃の自分の殺すことになります。 一体どういうことなのかと頭を悩ませる寧々に四島さんはここに何をしにきたのかとたずねます。 早く帰らないといけないのにここがどこかもわからないと話す寧々に四島さんは出口まで案内してあげると言いますが「あなたがわたしのお願い聞いてくれたら…ですけどぉ」と笑います。 どんなお願いをされるのか覚悟を決めていた寧々でしたが、四島さんの願いは寧々と一緒に仲良くホットケーキを食べることでした。 自分のことをメイちゃんと呼んでと言い、ホットケーキを一口差し出してくる四島さんに「のんきにおやつなんて食べてる場合じゃないのに…」と寧々は思いますが、花子くんのことを思い出し、寧々は不安な気持ちになってしまいます。 そんな寧々は四島さんから再びホットケーキを一口差し出され、思い切ってホットケーキを食べますが、その美味しさに安堵を覚えます。 ホットケーキを食べ始めた寧々に四島さんは嬉しそうに笑い、寧々と四島さんはまるで友達のように一緒にホットケーキを食べ、楽しい時間を過ごします。 【噂話】 とても楽しかったとホットケーキを食べ終わって笑う四島さんに寧々は戻る方法についてたずねます。 四島さんは「わたしもそろそろ戻らないといけませんし」と課題の絵を描いている途中であることを寧々に話します。 「両親も応援してくれてるのでがんばらないと!」とやる気を見せる四島さんに、寧々が噂話と四島さんの話がちがうことを疑問に思っていると、自分とシジマさんを襲った影達がひろひそとささやきあっていることに気づきます。 あわてる寧々に四島さんは「わたしの絵描きあげられたら…見に来てくれますか?」とさみしげに笑います。 その後ろで影達は噂します。 「噂なんてくだらない わたしは」 引用:月刊Gファンタジー5月号 第53の怪はここで終わりです。 地縛少年花子くん 単行本を無料で読む方法? ネタバレでテンションが上がったそこのあなた。 単行本で過去の話を読んでみたくなりませんか? 下記の記事で、単行本を何冊か無料で読む方法を解説しています。 この方法ならば5~6冊は読めるのではないでしょうか。 興味のある方はどうぞー。 【第53の怪の感想】 シジマさんの行動に寧々と同じようにひどく驚かされました。 しかしシジマさんと四島さんが同じ人物なのだとすれば、どうしてシジマさんはかつての、生きていた頃の自分を殺そうとしたのでしょうか。 また性格がちがうところも気になります。 【次回予想】 シジマさんと四島メイは本当に同じ人物なのか。 そして寧々が、この世界から無事に帰ることはできるのか。 次回も楽しみです!.

次の

【あらすじ】『地縛少年花子くん』51話(11巻)【感想】

地縛少年花子くん 52話

自分は原作派です。 最新巻まで全て読んでるんですが、本当に全巻揃えて後悔しなかった。 アニメよりも原作をオススメします。 マンガUPで読めるので、そのアプリで読むのもいいかもしれません。 読めば人気の理由が分かります。 面白くなるのは、ミサキ階段の終盤辺りからだと思っています。 (3話からミサキ階段です) これからの見所は花子くんの意外な一面、つまりギャップ、さらに花子くんの過去ですね。 意外と普通の男の子なんですよ、花子くんって。 それとアニメはまだまだ序盤、前置きです。 確かに自分もあなたの立場なら、つまらないと思ったかもしれません。 自分は大好きな扉絵、作者さんの絵が動いてることに感動しながら観ているって感じです。 来週の4話の最後~5話にはとても期待しています。 あと、物語は思ったより深いです。 ちゃんと恋愛も入ってて、キュンとします。 是非、漫画とアニメどちらでもいいのでみていただきたいです。

次の