在宅 アパレル バイヤー。 在宅ワークで成功する主婦と失敗する主婦の特徴5選

バイヤーになるには

在宅 アパレル バイヤー

このページの目次• 在宅でできるビジネス、BUYMA(バイマ) まずは、やっぱり在宅でできるということは大きいですね! 主婦でも正社員として外で働いている人、アルバイト・パートとして外で働いている人など 外で働いている人はたくさんいます。 外で働くとなると、つまり出勤が必要な訳で、 出勤するということは家から出る。 家族から離れたり、家事から離れて外の会社で与えられた仕事を 決められた時間、つまり拘束時間中に行う必要があります。 家で洗い物が溜まっていようが、 急な雨で洗濯物が濡れてしまおうが、 子供が急な病気にかかろうが、 会社には関係ありません。 主婦が家庭内でしなければいけない仕事って 男性にはあまり伝わらないけどかなりの重労働です。 主婦にとってはそれがメインのはずなのに、外で働くと そのメインであるはずの主婦業は完全にストップさせて 会社の言いなりになるしかないのです。 外で働くというのは主婦業にとってはデメリットしかありません。 だから、在宅でできるというだけで『BUYMA』のビジネスは とてもメリットを感じますよね! 資金がいらない物販ビジネス 物販ビジネスなのに資金がいらないと言うのはすごいことです。 ビジネス初心者にとっては、仕事をするのに「資金がいらない」とは、 どういうことだろう?と思いますよね。 知っておいていただきたいのは、通常、 物販ビジネスといえば販売するための『商品』を先に仕入れます。 在庫を持っていないと商売にならないからですね。 そのために 商品在庫の仕入れを行うために資金が必要という事です。 無在庫ビジネスと言われるBUYMA。 その在庫仕入れがBUYMAには必要ないので仕入れ資金が必要ないという事です。 バイマは、 「商品が売れてから仕入れてもOK」ということです。 これはとても嬉しいことですし、バイマならではのメリットですよね。 普通、在庫のある販売のビジネスは 「売れるか売れないか分からないけど仕入れる」ということです。 お店に、商品がないとダメなので商品を仕入れますよね。 バイマは、注文が入ってから仕入れても良いのです。 注文が入った時だけ既に注文されたものを海外サイトから クレジットカードを利用して購入するのです。 そのうえ、「出品手数料が無料」ということですので、 極端な話、片っ端から出品して、売れた時だけクレカでお買い物を すればOKというビジネスです。 ただ、商品が売れてから商品代金の7.56%がBUYMA手数料として 売上金から引かれます。 その為、諸経費を除いたもので利益が出るものはつぎつぎに出品できます。 仕入れは、クレジットカードを使用します。 引き落としまでは、大体ですが1ヶ月前後の時間があります。 その間に仕入れた商品をお客様の元に発送して、 到着後にバイマからこちらに入金をされていれば、その売上金から クレジットの支払いもできて、残ったお金が純利益となります。 スタートの段階では資金が0でも利益を生み出せるチャンスが 主婦にだってあるという事です。 おもてなしの心が重要 主婦なら繊細なおもてなしの心があると思います! バイマでの商品は、レディース・メンズ・子供商品など幅広く取り扱っています。 客層も老若男女幅が広いです。 それぞれの客層に対して問い合わせ対応から、 梱包発送対応まで丁寧に対応する必要があります。 主婦は意外と臨機応変に老若男女対応できますよね? 独身の若い方だと、まだまだ言葉使いがわからなかったり、 売れればいいやという感覚でビジネスをしている人も多いです。 サラリーマンだと、本業が忙しくて対応が疎かになってしまったり、 細やかな対応は面倒になって投げ出したりもあるでしょう。 その点、え主婦の人ならある程度臨機応変に対応して 丁寧に相手の気持ちのことまで考えられるのではないでしょうか? 商品の取り扱いが増えてくると、仕入れ・梱包・発送が増えてきます。 また、「商品のことを知りたい」などとお問合せも徐々に増えてきます。 主婦の人で、「家の中で楽しみながら梱包・発送の準備をしている」 という人も沢山の知っています。 仕入れなども時間をかけてすることなどもあります。 海外のショップを時間をかけて商品探しを楽しんでいます。 またお問い合わせも、商品のこと・仕入れ先のことなどいろいろとあります。 商品のことなども、「このような商品はないですか?」 など聞かれますし、こちらからオススメの商品を提案してみたりもできますね。 例えば季節によってですが、夏だと「水着」だったり、 冬だと「コート・ブーツ」など、 季節を問わずに、「バッグ・アクセサリー・帽子・メガネ」など 様々な商品を扱っていますが、 お客様は、「自分が欲しい商品はないか?」と探しています。 その内容にも臨機応変に対応できると、 「このバイヤーさんから購入しよう」ということも考えられますよね。 しっかりと対応できるバイヤーになるとファンも増え やりがいも増していきますね。 そのような対応を楽しみながら活動している 主婦の人が多いと思います。 女性のお客様が圧倒的に多い 同性のお客様が多いからアドバイスもしやすい! またバイヤーさんにとって、安心してもらえる 重要な点があります。 それは、 「同性である」ということです。 特に、バイヤーを始めた初心者の頃には なるべくお問い合わせ対応をライバルよりも丁寧に行いたいです。 そうすることで、バイヤーさんは 購入してくれる人に信頼されるということも考えられます。 そして、「信頼がある」からこそ次第にお客様も増えていきます。 ちょっと偏見もあるかもしれませんが、 女性は、おしゃべりが好きですよね。 ちょっとした在庫確認や、サイズ感の確認でも 丁寧にいろんなことを話してみたりすると それだけで親近感が湧いていきそれが信頼感となります。 また、女子会などの、口コミで 「バイマのあのバイヤーさんは良いよ」ということから 新しいお客さんが増えていく可能性もあります。 バイマを利用する人は、やはり女性が多いので 「何が欲しいか」「何を求めているか」などは 女性のバイヤーさんの方がわかることはありますよね。 だから、主婦で女性ということだけで 男性のショッパーよりも有利になる点はあるのです。 まとめ バイマが、主婦にオススメする在宅の仕事だということを紹介しました。 それは、• 資金がいらないということ。 おもてなしの心が重要• 女性のお客様が圧倒的に多い などです。 そしてバイマは、いろいろなメリットな点がありその部分を生かせばやり易いです。 仕事を始めやすいですし、1つずつ確実に行えばお客様が増えてきます。 お客様が増えれば、仕事も増えるのでもちろん収入も増えます。 「信頼を失わない」ということを、忘れないようにするといいかもしれないですよね。 バイマは主婦にやり易いビジネスなので、 「してみたい」と思った人も多いのではないかと思います。 バイマは主婦にオススメのビジネスなので、 一度実践してみるのもいいかもしれないですね。 主婦の方も沢山参加されているBUYMAのオンラインサロンはこちらです。

次の

在宅ワークで成功する主婦と失敗する主婦の特徴5選

在宅 アパレル バイヤー

海外買付外注さんを募集する方法 在宅ワーク、クラウドソーシングなどのフリーランス向けの求人サイトで募集する 出品外注さんの募集と同様に、 求人サイトで募集します。 こちらから条件を提示して、 条件に見合う方を募集出来るので、 一番募集しやすいと思います。 また、 sohoでの募集の際はが必要ですので事前に取得しておきましょう。 web-idの取得はにお金がかかりますが、 一度取得すると1年間有効ですので、 副業で外注を今後する方は取得をしておいて損はないです。 海外に住んでいる人(日本人)が集まるSNSや掲示板を利用する 海外在住の日本人が見る求人掲示板のサイトが 多数あります。 「Mixi B」もその1つの事例です。 他にも「アメリカ(国名)」「掲示板」「求人」などのキーワードで 検索をしたら、求人サイトが出てきます。 色々なキーワードで検索をしてみましょう。 海外に住んでいる友人や親類にお願いする あなたの周りで、海外に住んでいる方はいませんか? その方に買付をお願いする方法もあります。 ご友人に頼んで買付をお願いしているバイヤーさんも多いです。 知っている方なので、すでに信頼関係が築けていますので、 買付もスムーズにお願いしやすいというメリットがあります。 バイヤー(パーソナルショッパー)仲間とシェアし合う もしあなたの周りにバイヤー仲間がいたら 買付けパートナーさんに事前に確認して シェアし合うのもありです。 提携したは良いものの、 依頼があまりできなくて、 お仕事を振れるか不安なあ場合も、 シェアし合うことは有効です。 実際、買付外注さんの方から、 「もっとお仕事したいので誰か紹介してくれませんか?」と言われることもあります。 2人のバイヤー分のお仕事をお願いすれば、 コンスタントに買付のお仕事をお願いすることも出来ます。 しかし、でもお話しましたが、 買付けのルールは紹介者さんのルールに 順ずるなどして後々トラブルにならないようにしましょう。 出品の外注さんが海外在住の方なら買付もお願いしてみる これは実際にお願いしたことがあるのですが、 お仕事引き受けてくれる方もいます。 出品外注さんを募集する時に 海外の方から応募があったら、 ちょっと聞いてみるといいですよ。 募集する際に確認するポイント 最初はわからないことばかりで、 手探りな感じになると思いますが、 募集した際、パートナーと契約する前に 確認した方が良いことを書きましたので、 参考にしてくださいね。 実店舗への移動時間や交通費はしっかり確認すること 海外買付パートナーさんが、 買付に掛かる交通費などの費用は、 基本的にはこちらでお支払いします。 店舗に向かうまでの交通費が高いと、 その分経費がかかってしまうのと、 パートナーさんにも負担をかけてしまいます。 直営店やデパート、セレクトショップに 出向いて買付けをお願いする際は、 なるべく実店舗に近い場所に住んでいる方にお願いしたいですね。 ブランドによっては、店舗に直接行かないと 在庫を教えてくれないものもあります。 発送場所までの移動時間や交通費の確認 発送もスムーズに行っていただきたいのですが、 発送をしにいく郵便局までが遠い場合があるので、 距離や、そこに行くまでどれまで時間がかかるか ヒアリングしておきましょう。 依頼時の連絡について お客様からお問い合わせや注文があった場合、 海外買付パートナーさんには、 実店舗へ在庫確認や買付を お願いすることになります。 すぐに連絡が取れる環境を作っておくことはもちろん、 なるべく返事が早く返ってくる人が理想です。 海外とは時差もありますが、平日で 連絡して2日間連絡が取れない方ですと、 スムーズな買付が出来ません。 そして、 「在庫確認出来ました」 「発送完了しました」 の報告は必ずしてもらうようにお願いしましょう。 こちらから聞かないと全然状況が分からないのは お客さんのためにも良くありません。 また、LINEなどのチャットツールで 連絡をする際は、時間に気をつけましょう。 必ずしもパートナーさんが 寝ている時は電源をOFFにしているとは 限りません。 時差をきちんと把握して連絡をするようにしましょう。 (すんまそ。 くまお いくらの買い物まで大丈夫か? もし高額な商品を依頼する際、 買付けパートナーさんが 躊躇する場合があります。 たとえば、普段から30万円の買い物をしない方が 30万円のバッグをお願いされると 不安になるのです。 依頼する商品金額帯にもよりますが、 念のため確認はしておきましょうね! 連絡手段 メールなのか、チャットワークなのか、 事前に連絡手段を決めておきましょう。 現地の電波が悪くてチャットが繋がらなかったり、 パートナーさんが携帯を落として 連絡がつかなくなるケースもあるので、 連絡手段は最低限2つは確保しておきましょう。 どこまでがどちらの責任か? たとえば、発送するまでに商品に 何かあった際はパートナーさんの責任、 発送後に商品が紛失した場合は こちらの責任といった感じで、 免責事項をしっかり確認しておきましょう。 契約書と互いのパスポートの確認 依頼を始める前に、お互いパスポートを見せ合って 旅券番号を控え合い、そして契約書を結んでおきましょう。 契約書については下記がとても参考になります。 報酬金額 買付けの際にお支払いする報酬は 人それぞれ違いますし、 国によっても変わってきます。 下記は自分を含め、実際に 海外買付けを行っている人の 参考事例です。 1件あたりの買付け依頼の報酬:1,500円〜4,500円 1件あたりの転送依頼の報酬:1,000円〜2,000円 在庫確認報酬:0〜500円 買付資金の送金方法 海外買付パートナーさんに買付をお願いする時に、 1番重要なことは「金銭のやり取り」です。 金額が高いお金のやり取りになるので、 しっかりとお互いに納得した上で 買付をお願いして下さいね。 最初は、3万円~と低めの価格の 商品をお願いしていき、徐々に 信頼関係を築いていきましょう。 それでは、買付資金の送金方法について説明していきます。 日本口座振込 海外買付外注さんが日本口座をお持ちの場合、 日本口座同士でやり取り出来ます。 振込手数料が数百円ととても安く済みます。 また、円での金額のやり取りとなりますので、 とてもわかりやすいという点もあり、 初心者にオススメの方法となります。 しかし、パートナーさんが 買付け時に使ったカードの引き落とし時の為替レートと、 日本から海外に引き出す際の為替レートに変動があるので 必ず誤差が生じてきます。 その際は、次回カードの引き落とし時に その買い物分の誤差を次回の買付け時の際に まとめて清算するなどのルールを決めておきましょう。 Paypal送金 海外買付外注さんがPaypal口座をお持ちでしたら、 Paypalから送金もすることが出来ます。 日本からのPaypal送金のメリットは、 送金金額は登録したクレジットカードよ り引き落とされるという点です。 つまり実際のカードの引き落とし日までに、 BUYMAから売り上げが入金されれば 支払えるということになります。 手元にすぐに資金を用意することが出来なくても、 買付をお願いすることが出来ます。 しかし、Paypalは受け取り側に受取手数料が掛かります。 受け取る方のお住まいの国によっても異なりますので、 気を付けて下さいね。 一例として ペイパル残高からの支払いは1.5パーセント デビッドカード、クレジットカードからの支払いは3.9パーセント の手数料が掛かります。 詳しくはPaypalのHPをご確認下さいね。 海外口座送金 海外買付外注さんの海外指定口座に送金します。 海外口座に送金する場合は、数千円の手数料が掛かります。 送金手数料は、銀行ごとに設定されていますので、 ご利用の銀行にご確認下さい。 主に 楽天銀行を使っている人が多いです。 詳しい送金方法は各種ホームページに 記載していますのでご確認ください。 下記はあくまで参考事例として ご自身でアレンジを加えてください。 実際の募集内容を公開します。 こちらの内容を参考にリライトしますと 募集サイトの審査に通りやすいかと思います。 はじめまして。 当案件をご覧いただきありがとうございます。 主にアメリカブランドを取り扱い、 ネットショップやBUYMAで販売をしております。 実際の店舗やオンラインショップから バッグやお財布、洋服等を買い付け 発送していただける方を探しております。 購入の際の費用などはこちらから前払い致します。 初期費用は掛かりません。 <お仕事内容> こちらから指定しました商品をデパートや直営店 または正規オンラインショップにて購入していただき 日本に発送していただくお仕事です。 また店舗への在庫確認や、 SALE品なども探していただきたく思っております。 <報酬> 正規オンラインショップにて購入・発送・・・1件毎に1500円 実店舗にて購入・発送・・・ 1件毎に2000円 返品手数料1件毎に500円 <募集人数> 女性限定 1人 <応募条件> ・店舗へ電話にて在庫確認出来る方 言語が堪能な方 ・日本からは買えないオンラインショップで購入可能な方 (現地のクレジットカードをお持ちの方) ・日本の銀行口座(本人名義)をお持ちの方 日本銀行口座にて送金のやり取りが可能な方 ・Paypalが利用できる方 ・お時間に融通のきく方 依頼後2日以内に買付出来る方 ・スカイプ・LINE・メールなどの返信をマメにできる方 ・ブランドショップまた郵便局への交通アクセスが悪くない方 ・ファッションが好きな方 ・売上UPのためにパートナーとして一緒にがんばってくれる方 ・責任を持って作業していただける方 ・ウィンドウショッピングが好きな方 ・オレゴンにお住まいの方を優先させていただきたいと思います。 長期間続けていただける方、お待ちしております。 <応募フォーム> ーーーーーーーーーーーーーーーーー ・お名前 ・お住まい ・メールアドレス ・スカイプID or LINEID ・平日、お仕事連絡後48時間以内買い付け、発送の可・不可 ・滞在歴 ・移動に利用できる交通手段 ・お近くのデパート・ブランドショップ ・お近くの郵便局までの移動時間 ・開始可能時期 ・これまでのお仕事経験 ・お持ちの日本口座 ーーーーーーーーーーーーーーーーー それでは、ご連絡御待ちしております。 どうぞ、よろしくお願い致します。 長期休暇には気をつける 買付けパートナーさんも長期休暇で 旅行に行ったりします。 事前に確認してなくて、 いざ買付けをお願いすると 買付けができない!という事態に 陥ってしまいます。 長期休暇の際は、きちんと事前に 連絡を頂くようにしておきましょう。 実際に買付してもらった商品を公開しちゃいます! 海外買付外注さんに買付をお願いすると、 こんな人気商品が買付出来ます。

次の

フリーランス・副業でバイヤーになるためには、経験?センス?

在宅 アパレル バイヤー

のひとつにがあります。 お客様に提供するための商品を仕入れる担当者のことで、複数のブランドを取り扱うセレクトショップの場合は、バイヤーの力量よって売り上げが大幅に変わってきます。 お店の命運を左右する重要な役職と言って良いでしょう。 アパレルのショップ店員からバイヤーへ転身するためには、どのようなスキル・経験が求められるのでしょうか? 第一にファッションセンス バイヤーとして活躍する際に、最も重要なものは「ファッションセンス」です。 世の中のトレンドをいち早くキャッチできなければ、センスのあるお客様は離れていってしまいます。 売れるお店にするためにもバイヤーは流行の最先端にいる必要があります。 ただし、流行ならばどんな商品でも仕入れていいというわけではありません。 カジュアル系のお店にパンクファッションを持ち込んでしまうと、お店のイメージが崩れてしまいますよね。 お客様にとってもマイナスですし、店員さんも戸惑ってしまいます。 バイヤーは自分の好きな服を仕入れるのが仕事ではなく、店舗の方針に則(のっと)った商品を仕入れるのが仕事です。 お店のカラーに合った服を仕入れるという高度なファッションセンスが要求される職種と言えるでしょう。 マーケティング能力を磨く アパレルのバイヤーというと商品の仕入れ担当というイメージが強いかもしれませんが、それは仕事のひとつであり、すべてではありません。 売れる商品を仕入れるためには市場の分析を行う必要がありますし、商品の価格を決めたり、商品の陳列方法を考えるのもバイヤーのお仕事。 場合によっては実際に店舗に立って販売を担当することもあります。 仕入れはあくまでメインの業務で、商品が売れるまで責任を持つのがバイヤーです。 企画・調査・仕入れ・販売など、幅広い業務に携わる仕事なので、マーケティング能力が求められる仕事といえるでしょう。 英語力があると有利 バイヤーは海外へ買い付けに行くことも少なくありません。 海外のアパレル企業と交渉し、流通ルートを確保するためには英語が必要です。 ヨーロッパ方面に買い付けに行くことも多いので、フランス語やイタリア語など、ファッションに強い国の言葉をマスターすれば、就職や転職で有利になります。 転職でバイヤーを目指す 店舗のイメージに合ったアパレル商品を仕入れるのが主なお仕事。 ファッションセンスが求められるのはもちろんですが、ブランドのショップ店員として働いてきた知識と経験は何物にも代え難いスキルとなります。 店舗のイメージを熟知している自社のショップ店員と、他社のショップ店員のどちらかをバイヤーとして採用する場合は、基本的に前者が採用されることが多いようです。 このため異動でバイヤーを目指すのが一般的ですが、近年はバイヤーの需要が増えていて、他社のショップ店員はもちろん、販売の経験があれば未経験でもオーケーという求人が目立つようになりました。 アパレルのショップ店員からバイヤーを目指す場合、「転職」は有効な手段と言えるでしょう。 その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。 緊急事態宣言解除に伴い、各企業が採用活動をスタートしてきています。 今回は、アパレル業界... 対面での面接からオンライン面接が主流になりつつある昨今。 はじめてのことでわからないこと... 新型コロナウイルスの拡大により、今まで以上に需要が増えたEC。 外出ができない分、オンラ... 百貨店やファッションビルの営業も再開し、少しずつ前の日常を取り戻す動きが見られます。 緊急事態宣言解除で外出できるようになりましたが、まだまだ不安な時。 家で過ごす時間も多い... 新型コロナウイルスの影響で、転職についてもうまく進めることができず、不安を感じている方... 新型コロナウイルスの流行に伴い、オンラインでの面接を導入する企業が増えています。 そこで... 今、働き方改革の一環としてテレワークをはじめとした在宅勤務を実現している企業は少なくあ... アパレル業界で転職するとき「せっかくなら、自分の好きなブランドで働きたい!」と考える人... ルイ・ヴィトンやヴァンクリーフ&アーペルといったハイブランドは、多くの人にとって「憧れ... 転職の際、求人情報を見ていると色んな条件が見つかり迷ってしまうのではないでしょうか。 新しい人が入ってきたり辞めていったり、人の出入りが多いアパレルの現場で働いていると「私... 仕事を選ぶとき「給与を気にしない」という人はなかなかいないのではないでしょうか。 誰にと... アパレルで働いているうち「土日祝日は出勤が当たり前」、「残業は基本的にあるもの」と考え... 数あるアパレル求人から、自分に合うものを見つけるのは簡単ではありません。 しかし、実は「... アパレルの仕事に就いていて「正直、辞めたい!」と思ったことがある人は多いのではないでし... アパレル職を目指している人、そして現在働いている人の中には、働き方について疑問や不満を... アパレルの仕事について「給料が安い」、「なかなか稼げない」と耳にしたことがある人もいる... 華やか、おしゃれといったイメージから、幅広い層に人気を集めているアパレル職ですが、実際... 新たにアパレルの仕事をはじめたいと考えている人、また、現在アパレルの職場で活躍している... アパレル業界で転職をするとき、複数の企業が候補にあがりどれにしようか悩んでしまうことも... 「アパレル関連企業で働きたい」、「特に、コスメ関係の店舗で働きたい」と考えたとき、お客... アパレルの仕事に転職するなら、まずは「どんな風に働きたいか」を考えなければいけません。... ファッション雑誌を読んでいて「広報・プレス」という立場の人が掲載されているのを見かけた... 転職をするとき「この企業に受かったとして、長く働いていけるだろうか?」、「自分にとって... アパレルの仕事をしていて、忙しさからネガティブな気持ちになってしまうこともあるのではな... 憧れの職業とも言われているアパレル職。 しかし実際にアパレルの現場で働きはじめると、漠然... アパレル販売の仕事を目指すとき大事なのは「どんなブランドを選ぶか」ではないでしょうか。... 「アパレル業界で働きたい!」という希望を漠然と抱きながら転職活動をするとき、大事なのは... 転職活動において、不安なことや気になることはさまざまあると思いますが「応募時の電話」に...

次の