歯茎 痒い。 歯茎が痛いときの対処法と原因

歯茎がかゆい!今すぐできる対処法とやってはいけない事│知りたいことはココにある【歯の知りたい!】

歯茎 痒い

1.歯茎が痛いときの応急処置 注意:この方法は根本的な解決方法ではなくとりあえず改善する方法です。 1-1.「ロキソニンS」市販の痛み止めをのむ 歯医者にすぐにいけない時は、とりあえず市販の痛み止めを飲んでください。 歯茎の痛みは繰り返すことが多く、痛みが出たり、引いたりします。 痛みが強い時は我慢をせずに痛み止めを飲んだ方が体が楽になります。 現在市販されている痛み止めは医療機関で出されるものと成分が近いものも販売されています。 痛くて何も食べられず体力が低下するより、痛み止めを飲んで体を楽にしてあげてください。 詳しくは「」参考にしてください。 1-2.冷えピタで痛い部分を冷やす 腫れや痛みを減らすために冷やします。 ぬれタオルや、冷えピタなどで冷やして、血液の循環を抑えます。 腫れて痛い部分は、血液や膿で内圧が高くなっています。 冷やすことによって多少でも内圧を下げ痛みを軽減させます。 1-3.軟らかい歯ブラシで磨く 歯茎が痛いときは軟らかい歯ブラシで磨くようにしてください。 お口の中に細菌が多くなるとますます痛みが強くなります。 また、痛い部分は歯茎が弱くなっているので無理に磨くと、傷がつき痛みが増してしまいます。 1-4.イソジンでうがいする うがい薬でよくお口の中を消毒してください。 イソジンやコンクールなどの殺菌作用が強く、刺激が少ないものが効果的です。 1-5.よく寝て体力を回復する 歯茎の痛みは細菌と体の抵抗力のバランスが崩れた時に痛みとして出てきます。 歯茎は体の変化を敏感に感じ取り、風邪を引いたり、疲れている時に体の抵抗力が下がると腫れや、痛みが出やすい場所です。 休養をとって体力の回復に努めてください。 2.歯茎の痛みの原因と治療法 2-1.歯茎が腫れて痛む歯周病 歯茎の痛みで最も多いのが歯周病です。 歯周病によって歯の周りの骨が溶かされて、歯と歯茎の間に膿がたまり、歯茎が腫れて痛みます。 自然に膿が出ることもありますが、何度も繰り返します。 歯周病が進行すると口臭や歯が揺れるようなことが起こり、最終的には抜けてしまいます。 治療法 早期の治療が必要になります。 大きく腫れている場合は歯茎から中に溜まった膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 腫れが引いてから歯周病の治療(ブラッシング方法、歯石除去、場合によっては外科的な処置)を行い、これい以上歯周病が悪化しないようにメンテナンスをしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-2.歯の根の先が腫れて痛む根尖病巣 歯の根の先に膿が溜まる根尖病巣(こんせんびょうそう)が痛みの原因です。 腫れと痛みは繰り返すことが多く、最後には歯が揺れてきます。 虫歯が深くなり神経が自然に死んでしまったり、根の治療が不十分な場合に起こります。 根の先の膿は鼻の副鼻腔に入って上顎洞炎になることもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 腫れが大きく痛みが強い場合は根の中から膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 その後根の中を消毒する治療をしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 歯根嚢胞の治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-3.物が詰まって痛む食片圧入 歯に虫歯が出来て穴が開いたり、詰め物が取れたり、歯周病で歯が動いたりすると、歯と歯の間に食べかすがどんどん詰まります。 これによって歯茎を圧迫して食片圧入(しょくへんあつにゅう)が起こり、歯茎に痛みが出ます。 特に子供の場合は気づきにくく、歯ぐきが大きく腫れて痛みが強くなることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 詰まった食べかすをきれいに取り、虫歯の治療をすれば詰まらなくなります。 また、歯周病の場合は毎日デンタルフロスや歯間ブラシを使って、食べかすを貯めこまないようしていきます。 乳歯の虫歯治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-4.さわると痛い口内炎 歯茎に口内炎ができると、痛みが強くなります。 口内炎は米粒みたいな小さなものから、歯の3本分ぐらい広がる大きなものまであります。 原因はウィルスや鉄分、ビタミン不足、ストレス、睡眠不足など色々原因はあります。 また、お口の中は細菌が多い場所なので治りにくく、痛みが続く場合も多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 ケナログやアフタゾロンなどドラッグストアで売っている薬を塗ると比較的早く治ります。 塗るときは口内炎の部分を少し乾かして軟膏で覆ってあげるようにすると効果的です。 治りが悪い時は体の病気からきている場合もありますので、内科に受診して下さい。 2-5.厄介ものの親知らず 親知らずは横や斜めに生えていることが多く、親知らずの周りに被っている歯茎の中に細菌が溜り、歯茎が腫れ痛みが出ます。 また、腫れて歯茎が盛り上がると、噛み合う親知らずに刺激されより痛みが強くなります。 治療法 噛み合わせに関係していないようであれば早期に抜歯をしたほうがいいです。 抜歯をすることによって親知らずの前の歯に悪い影響が及ぶのが抑えられます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-6.歯ブラシで磨きすぎのキズ 歯茎は粘膜なので歯ブラシで磨きすぎると傷がつき痛みが出ます。 この傷にお口の中の細菌が感染すると口内炎のようになって痛みが強くなったり、歯茎が下がってしまうこともあります。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 正しい圧のブラッシングを行い歯茎に傷がつかないようにします。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-7.粘膜がヒリヒリ痛むカンジダ菌 カンジダ菌はカビ菌の一種です。 体の抵抗力が下がったり、長期間抗生物質を飲んでいるとカンジダ菌が増え、歯茎がヒリヒリ痛むことがあります。 また、お口の中の清掃状態が悪いときにも起こり、特に入れ歯を使われている方は毎日入れ歯の洗浄剤を使わないとカンジダ菌が発生しやすくなります。 治療法 カンジダ菌の検査を行い、原因を特定します。 菌が特定されればお薬でカビを退治します。 再発しやすいためお口の中は常に清潔な状態に保つ必要があります。 2-8.上あごに多いやけど 意外に多いのがやけどです。 特に上あごに多く全体的に赤くなり、ただれてしまうこともあります。 また、お口の中の細菌が感染するとより悪化してしまいます。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 刺激が強い食事は避けるようにしてください。 ただ原因が改善されなければより悪化してしまいます。 我慢するよりも早期に歯医者で治療したほうが歯を守ることができます。

次の

体調不良が原因で歯痛に?ストレス・疲れとの関係性 [歯・口の病気] All About

歯茎 痒い

タイトル 虫歯治療をした歯が定期的にむず痒くなり憂鬱です。 カテゴリ 虫歯 相談者 スルメイカ様 年齢 38歳 性別 女性 はじめての投稿です。 よろしくお願いします。 去年、上の前歯を治療しました。 を使っての治療で、を詰めて終わりました。 はじめて痒みが出たのは、が切れ始めた時です。 1、2日はムズムズしていました。 それから定期的に、むず痒くなって少しすると落ち着くというのを繰り返しています。 歯の間のの部分です。 物事に集中できないくらいの痒みなので、とっても不快です。 病院に行き、を撮って診てもらいましたが、治療した歯や全体のの状態に問題はありませんでした。 体調により痒くなると聞きますが、治療後に痒くなり出したので、何か治療に問題があったか、の副作用では?と思っていますが、どうなのでしょうか? また昨日から痒みが出てとっても憂鬱です。 お忙しい中恐縮ですが、ご回答いただければ幸いです。 よろしくお願いします。 まずの作用ですが、普通2時間ほどで切れてしまいますよね。 その後、数日くらいのようになることはあっても、の成分の副作用でずっとかゆみが出ることは考えられません。 ではというの問題かということになると、確かにいろいろと考えられることは出てきます。 がきっちりと穴のふちにあっていればいいのですが、どうしても段差が出来るギャップや、そのものによる、あふれたがの中に残っているというような状態で、かゆみが出ることが考えられます。 (もちろん残っていると言っても顕微鏡で見ないとわからないレベルかもしれませんし、の中の部分なので普通は見えないということも考えられます。 ) いずれにしても、もう一度よくをしてもらって経過を見て行くというのがいいと思います。 渡辺 英弥先生からの回答.

次の

牛肉を食べた後、歯茎が痒い

歯茎 痒い

1.歯茎が痛いときの応急処置 注意:この方法は根本的な解決方法ではなくとりあえず改善する方法です。 1-1.「ロキソニンS」市販の痛み止めをのむ 歯医者にすぐにいけない時は、とりあえず市販の痛み止めを飲んでください。 歯茎の痛みは繰り返すことが多く、痛みが出たり、引いたりします。 痛みが強い時は我慢をせずに痛み止めを飲んだ方が体が楽になります。 現在市販されている痛み止めは医療機関で出されるものと成分が近いものも販売されています。 痛くて何も食べられず体力が低下するより、痛み止めを飲んで体を楽にしてあげてください。 詳しくは「」参考にしてください。 1-2.冷えピタで痛い部分を冷やす 腫れや痛みを減らすために冷やします。 ぬれタオルや、冷えピタなどで冷やして、血液の循環を抑えます。 腫れて痛い部分は、血液や膿で内圧が高くなっています。 冷やすことによって多少でも内圧を下げ痛みを軽減させます。 1-3.軟らかい歯ブラシで磨く 歯茎が痛いときは軟らかい歯ブラシで磨くようにしてください。 お口の中に細菌が多くなるとますます痛みが強くなります。 また、痛い部分は歯茎が弱くなっているので無理に磨くと、傷がつき痛みが増してしまいます。 1-4.イソジンでうがいする うがい薬でよくお口の中を消毒してください。 イソジンやコンクールなどの殺菌作用が強く、刺激が少ないものが効果的です。 1-5.よく寝て体力を回復する 歯茎の痛みは細菌と体の抵抗力のバランスが崩れた時に痛みとして出てきます。 歯茎は体の変化を敏感に感じ取り、風邪を引いたり、疲れている時に体の抵抗力が下がると腫れや、痛みが出やすい場所です。 休養をとって体力の回復に努めてください。 2.歯茎の痛みの原因と治療法 2-1.歯茎が腫れて痛む歯周病 歯茎の痛みで最も多いのが歯周病です。 歯周病によって歯の周りの骨が溶かされて、歯と歯茎の間に膿がたまり、歯茎が腫れて痛みます。 自然に膿が出ることもありますが、何度も繰り返します。 歯周病が進行すると口臭や歯が揺れるようなことが起こり、最終的には抜けてしまいます。 治療法 早期の治療が必要になります。 大きく腫れている場合は歯茎から中に溜まった膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 腫れが引いてから歯周病の治療(ブラッシング方法、歯石除去、場合によっては外科的な処置)を行い、これい以上歯周病が悪化しないようにメンテナンスをしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-2.歯の根の先が腫れて痛む根尖病巣 歯の根の先に膿が溜まる根尖病巣(こんせんびょうそう)が痛みの原因です。 腫れと痛みは繰り返すことが多く、最後には歯が揺れてきます。 虫歯が深くなり神経が自然に死んでしまったり、根の治療が不十分な場合に起こります。 根の先の膿は鼻の副鼻腔に入って上顎洞炎になることもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 腫れが大きく痛みが強い場合は根の中から膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 その後根の中を消毒する治療をしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 歯根嚢胞の治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-3.物が詰まって痛む食片圧入 歯に虫歯が出来て穴が開いたり、詰め物が取れたり、歯周病で歯が動いたりすると、歯と歯の間に食べかすがどんどん詰まります。 これによって歯茎を圧迫して食片圧入(しょくへんあつにゅう)が起こり、歯茎に痛みが出ます。 特に子供の場合は気づきにくく、歯ぐきが大きく腫れて痛みが強くなることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 詰まった食べかすをきれいに取り、虫歯の治療をすれば詰まらなくなります。 また、歯周病の場合は毎日デンタルフロスや歯間ブラシを使って、食べかすを貯めこまないようしていきます。 乳歯の虫歯治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-4.さわると痛い口内炎 歯茎に口内炎ができると、痛みが強くなります。 口内炎は米粒みたいな小さなものから、歯の3本分ぐらい広がる大きなものまであります。 原因はウィルスや鉄分、ビタミン不足、ストレス、睡眠不足など色々原因はあります。 また、お口の中は細菌が多い場所なので治りにくく、痛みが続く場合も多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 ケナログやアフタゾロンなどドラッグストアで売っている薬を塗ると比較的早く治ります。 塗るときは口内炎の部分を少し乾かして軟膏で覆ってあげるようにすると効果的です。 治りが悪い時は体の病気からきている場合もありますので、内科に受診して下さい。 2-5.厄介ものの親知らず 親知らずは横や斜めに生えていることが多く、親知らずの周りに被っている歯茎の中に細菌が溜り、歯茎が腫れ痛みが出ます。 また、腫れて歯茎が盛り上がると、噛み合う親知らずに刺激されより痛みが強くなります。 治療法 噛み合わせに関係していないようであれば早期に抜歯をしたほうがいいです。 抜歯をすることによって親知らずの前の歯に悪い影響が及ぶのが抑えられます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-6.歯ブラシで磨きすぎのキズ 歯茎は粘膜なので歯ブラシで磨きすぎると傷がつき痛みが出ます。 この傷にお口の中の細菌が感染すると口内炎のようになって痛みが強くなったり、歯茎が下がってしまうこともあります。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 正しい圧のブラッシングを行い歯茎に傷がつかないようにします。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-7.粘膜がヒリヒリ痛むカンジダ菌 カンジダ菌はカビ菌の一種です。 体の抵抗力が下がったり、長期間抗生物質を飲んでいるとカンジダ菌が増え、歯茎がヒリヒリ痛むことがあります。 また、お口の中の清掃状態が悪いときにも起こり、特に入れ歯を使われている方は毎日入れ歯の洗浄剤を使わないとカンジダ菌が発生しやすくなります。 治療法 カンジダ菌の検査を行い、原因を特定します。 菌が特定されればお薬でカビを退治します。 再発しやすいためお口の中は常に清潔な状態に保つ必要があります。 2-8.上あごに多いやけど 意外に多いのがやけどです。 特に上あごに多く全体的に赤くなり、ただれてしまうこともあります。 また、お口の中の細菌が感染するとより悪化してしまいます。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 刺激が強い食事は避けるようにしてください。 ただ原因が改善されなければより悪化してしまいます。 我慢するよりも早期に歯医者で治療したほうが歯を守ることができます。

次の