どん底 から 這い 上がっ た 人。 ジュートブログ

このままじゃ終われない! 人生どん底から這い上がる為の6つの気付き

どん底 から 這い 上がっ た 人

働く女性の中には、組織の下で働くことに限界を感じる人、本当にやりたいことで自分の世界を切り開きたいと考える人も少なくないはずです。 それならば、いっそのこと起業してみるのもひとつの手かもしれません。 起業には資本金や経営のノウハウが必要だし...... という人は、これから紹介する女性起業家に少し勇気づけられるかもしれません。 起業から6年で年商100億円を達成 彼女の名前は、Sophia Amoruso(ソフィア・アモルッソ)。 に拠点を置くオンラインアパレルショップ「」のCEOです。 ビジネススクールを出たわけでもなければ、潤沢な資本金もなかったソフィアですが、 起業からたった6年で、なんと年商100億円を達成。 弱冠28歳で総資産額232億円の富豪となった彼女に、今、世界中から注目が集まっています。 ソフィアがeBayで古着の販売を始めたのは22歳の時のこと。 「The Salvation Army(サラベーション・アーミー)」や「Goodwill(グッドウィル)」といったスリフトショップ(アメリカのリサイクルショップ。 アメリカの家庭から出た不要品は、まずここに持ち込まれる)で掘り出し物の古着を見付けては、友人をモデルに自らスタイリングと写真撮影をおこない、ネット上で販売し始めたのです。 写真の撮り方をはじめ、洋服の見せ方にはとことんこだわったというソフィア。 経営のノウハウは、Googleで「ベンチャーキャピタル」を検索して学んだのだとか。 彼女の目利き力と抜群のセンス、商才により、「Nasty Gal」の人気はSNSで瞬く間に広がり、今の成功に至るといいます。 異色の経歴の持ち主 そんな彼女が今年、初めての本を出版しました。 タイトルはずばり『』。 本の冒頭で紹介されている彼女の波瀾万丈な経歴をご紹介します。 1984年 聖金曜日にサンディエゴで生まれる。 恐らくこれが私の初めての芸術表現。 1993年 4年生の時、担任の先生に、ADD(注意欠陥障害)やトゥレット症候群だと思われる。 1997年 パーシモンレッドのディスコパンツに恋をする。 これが初めて手に入れたヴィンテージ服。 1999年 高校生で不登校になり、精神科に連れて行かれる。 うつ病とADDの診断を受け、処方された薬を一旦服用するも、そこまでして高校に行く必要はないと思い、薬を捨ててホームスクールを選択。 2001年 両親が離婚。 家を出て、サクラメントのアパートでミュージシャンと暮らし始める。 当時の部屋は階段の下のクローゼット。 家賃60ドル。 2002年 西海岸を北に南にとヒッチハイクした後、北西部に上陸。 ベーグルショップのゴミ箱を漁ったり盗みをして食いつなぐ。 2003年 万引きで捕まり、二度としないと誓う。 2005年 ポートランドのボーイフレンドの元を去り、サンフランシスコの高級靴店で働き始めるが、クビになる。 2006年 ヘルニアになる。 これは仕事に就かなければ健康保険が得られないことを意味する。 芸大の受付の仕事を見付け、仕事中にインターネットで暇を持て余す中、eBayショップ「Nasty Gal Vintage」を立ち上げる。 2014年現在 L. の5万スクエアフィートのオフィスとケンタッキーの流通センター、350人の従業員を抱える年商100億円企業の社長。 「 」より翻訳引用 ちなみに、2012年の時点で年商およそ119億円を達成しているそう。 さまざまな逆境や失敗を乗り越えて成功を手にした今、「 私は辞めることはできないし、クビにもされない」とソフィアは語ります。 スタンフォードやハーバードのビジネススクールとはあまりにかけ離れた経歴をもつ起業家ですが、どん底から這い上がってきた彼女から、夢と希望を与えてもらった気がします。 ソフィアの勝因が「"好き"を仕事にすること」であるのは間違いなさそうです。 [, , ] photo by Getty Images(上山美紀)•

次の

アリババ株式会社|まさにどん底からの起死回生!惨状を経験した経営者たちに学ぶ強さとは

どん底 から 這い 上がっ た 人

3億円の借金を2年で完済し年商26億円の会社を作り上げたスゴい人! 香港でアパレル事業を立ち上げ、年商は1億円に達し、順調にビジネスは推移した。 しかしある時、5億円を騙し取られた。 家も家財も全て差し押さえられ、手元に残ったのは3億円の借金のみ。 香港マフィアから厳しい取立てを行われ、肉体的にも精神的にも追い詰められて、うつ病になった。 借金の返済のあても無く人生のどん底の中、ある1冊の本との出会いで、彼の人生はガラリと変わった。 たった2年で3億円の借金を返済し、3年目には年商26億円を稼ぎ出した。 子ども向けに『マジカルスクール 親子メンタル 』という自身の成功哲学を伝えるワークショップを定期的に開催し、今までに1万人以上が参加。 学校で成績がビリだった子供が1位になったり、性格が明るくなったりと、数々の結果をもたらしている。 彼は、どのようにして人生のどん底から這い上がったのか? さあ・・・株式会社レジェンドクレスト池松耕次様の登場です! 「どん底からの復帰」 たまたま香港で知り合った方がアパレルをやっていて、お手伝いをするうちに自分でビジネスを始めることになりました。 3年で年商1億円に達しました。 しかしビジネスが順調で油断していたのか、5億円を騙し取られたのです。 家も全て差し押さえられて、3億の借金だけが残りました。 取立てに毎日香港のマフィアが押しかけてきて、精神的に追い詰められうつ病になりました。 3億を返すためには、毎月100万円払っても30年かかってしまう。 稼ぐあてもないし生活もできない。 何もやる気が無かった時に、お世話になっている方よりナポレオンヒルの著書『思考は現実化する』をいただいたのです。 「人は誰でも思い通りの人生を過ごす」と書いてあったのですが、当時の自分の状況から素直に受け止められず、「ふざけるな!」と思ったんです。 この本に書いてあることは嘘に決まっている。 その嘘を暴くために、書いてある通りに行動をしました。 そうしたらなんと、2年で3億円を返済できたのです。 3年目には、年商26億円になっていました。 周りからは持ち上げられて毎日のようにキャバクラに入り浸って遊んでいました。 そんな暮らしを続けたら今度は、家庭を失ってしまったのです。 一番大切な人間関係で上手くいかなかったのですね。 感謝が足りなかったし傲慢になっていたんです。 結局、人生の成功は手に入りませんでした。 世の中には成功法則みたいなものがあるのでは無いかと思い、色々な本を読み、セミナーにも出ました。 今までに6千万円くらいは投資したと思います。 一般的に統計を取ると、 人間は、3%の成功者、10%のそこそこの成功者、60%の普通の人、27%のどつぼの人に分かれます。 どつぼの人は、知らないことを知らない。 成功法則がある事や努力をすれば成功する事を、知りません。 普通の人は、こうすれば上手く行くということを知っているけどできない人。 そこそこ成功している人は、学んだことをがんばってやっている人。 だから金銭的には上手くいくかも知れませんが、無理をしているので、体を壊したり、人間関係が壊れたりします。 真の成功者は、学んだことを考えなくても実践できている人。 毎日の生活の中で当たり前に実践できている人です。 真の成功者の人たちは、バイオリズムが良いときも悪い時も努力するんですよね。 だから、右肩上がりに成功していくのです。 最初からできる人は、一人もいません。 量が質を生みます。 行動すれば、「思い通りの生活」が手に入りますよ!.

次の

ジュートブログ

どん底 から 這い 上がっ た 人

ありとあらゆる相談に対する答えが得られるサイト、OKWaveを立ち上げた兼元謙任氏は、なんとホームレス生活の経験者です。 今でこそ掲示板で質問できることが当たり前になっていますが、事業を軌道に乗せるまでには壮絶な体験の数々がありました。 友人たちからのいじめを受けた小学生時代。 その後患った難病、ギランバレー症候群での入退院の経験。 少しのことではくじけない根性を養ったはずでしたが、会社を辞めて起業を志したところから次々と試練に襲われます。 ついには離婚寸前の崖っぷちですべての仕事を失い、ホームレス生活に転落したのは30歳のときでした。 廃棄された食品をあさりながら数か月を過ごし、知り合いの社長に「何でも良いから仕事をください」と頼み込んだのが復活への第一歩となりました。 元はプロダクトデザイナーであった腕を活かし、与えられたパソコンを持ち歩いてホームレス生活を続けながら仕事を請け負う日々を過ごします。 仕事に関する疑問を掲示板で相談したところ「マナーがなっていない」と追い出されたのが、OKWaveの構想につながりました。 創設当初は企業からの理解を得られず、ようやく軌道に乗り始めてからもライバルの出現で苦悩の日々が続きます。 それでも15年の間、事業を継続できたのは、「人を信じたい」という強い気持ちがあったからだといいます。 社会の最底辺から見えた景色を忘れず、てらいなく感謝の心を表す兼元氏。 そこには苦境から立ち上がり、肝の据わった経営者の姿があります。 GMOインターネット社長の熊谷正寿氏は、6年間でグループ企業4社を上場させた凄腕のベンチャー企業家として知られています。 現在グループ53社、1,800名ものスタッフを率いている熊谷氏には、かつて学業不振に苦しみ、高校を中退した過去があります。 17歳では通信制の大学で学びながら、父親が経営するパチンコ店で釘師をしていたこともあるといいます。 20歳で結婚した熊谷氏は、21歳という若さですでに子を持つ父でもありました。 学生・社会人・父親としての忙しい日々。 家計は苦しく、幸せを問うような日々を過ごします。 妻が幼い子を残して働きに出たことがきっかけとなり、なりたい自分・生きるべき人生の設定を奮起し、起業への道を歩み始めます。 1991年に創業後、1995年インターネット事業に参入、順調に事業拡大を行いますが、2007年には金融事業の失敗から400億円の負債を出して倒産の危機に陥ります。 自殺の夢をみるほど追い込まれながら、「弱気にならない、あきらめない」と独自の「呪文」をノートに書き続けることで事業の継続を果たしたと述べています。 日本を代表する経営者となった今、夢をあきらめず継続することの重要性を自らの経歴によって示しています。 「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営する壱番屋の創業者、宗次徳二氏の少年期は小説になりそうな悲惨なものでした。 親を知らずに孤児院で育ち、3歳で養子となったものの、養父はギャンブル好きで生活保護を受けてようやく暮らすようなありさま。 養母は家を出ていき、ロウソクの明かりに頼って雑草を食べる極貧の生活が続きます。 養父が亡くなると養母が戻り、豆腐屋のアルバイトをしながら商業高校を卒業。 就職した会社で、自分と同じく恵まれない境遇の女性と出会い、結婚をしたのが「CoCo壱番屋」の原点となります。 2人で開いた喫茶店で出していたカレーの人気から、専門店にすることを思いつき、「CoCo壱番屋」がスタートを切ります。 お客様第一で友人もつくらず、寝る間を惜しんで働いたのは、誰にも気にされなかった孤独な少年時代の恐怖感が理由だと語ります。 事業が拡大するなかでは、ロイヤリティーを取らず、夫婦専業を基本としてのれん分けを行ってきました。 大成功を収めた宗次氏は、53歳の若さで経営の第一線から退きます。 お金に一切の苦労がなくなった今でも、自分のために使うことを恥じる姿は、経営者のなかでも異質です。 一時の成功より地道に継続していくことを大切にし、パートナーと励まし合ってきた結果が人生を高みまで押し上げたのでしょう。

次の