アメリカ コロナ 感染 者 数 推移。 【コロナ最新情報】アメリカ感染者数・州別分布・状況と渡航情報(6月14日11:15更新)

◆【5月30日更新:5月29日まで】新型コロナウイルス感染確認者数累計の推移グラフ:Data source : CSSE covid 19 time series

アメリカ コロナ 感染 者 数 推移

新型コロナの感染者が増え続けています。 特にアメリカでは大変な感染者数です。 感染者数ではいつの間にかイタリアを追い越し一番多くの感染者数を出してます。 新型コロナウイルスの特性がだんだん解明されてきましたが、感染力の強さが被害を拡大しています。 全国に出された「緊急事態宣言」は、5月14日に39県が解除になりました。 残りの北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、大阪、兵庫は解除されず維持のままです。 残りの都道府県も今後順次に解除されると思われます。 このサイトでは、新型コロナの感染者数をグラフや表、都道府県別、PCR検査数などがわかるサイトをいくつかご紹介をいたします。 それぞれサイトごとの特徴がありますので、あなたの目的にあったサイトを見つけてください。 「1日ごとの発表数」は、 新たな感染者数の細かな推移が確認できます。 世界版と日本版がタグで切り替えできます。 一般のプログラマーなどが意見を出し合いながら修正していく「オープンソース」で制作しています。 世界でどんな規模・速さで広がっているのか。 世界全体の感染者数(マップ) 国別の新規感染者数(グラフ) 世界全体の新規の感染者数(グラフ) 世界全体の新規の死者数(グラフ) 日々の推移を地図上のバブルチャートで表示。 以下、厚労省のHPから抜粋しました。 発熱や咳等の呼吸器症状が消失し、鼻腔や気管などからウイルスを検出できなくなった状況を「治癒した」と判断しています。 また、この新型コロナウイルスそのものに効く抗ウイルス薬はまだ確立しておらず、ウイルスが上気道や肺で増えることで生じる発熱や咳などの症状を緩和する目的の治療(対症療法)として、解熱剤や鎮咳薬の投与や、点滴等が実施されています。 対症療法により、全身状態をサポートすることで、この間ウイルスに対する抗体が作られるようになり、ウイルスが排除されて治癒に至ると考えられます。 (出典;厚労省HP) 現在、新型コロナウイルスに感染した場合の治療薬がないため、今般の緊急経済対策においても、治療薬の開発は最重要項目のひとつとなっています。 これまでに存在している既存の薬を新型コロナウイルスの治療に応用できる可能性があり、複数の薬についてその治療効果や安全性を検証するための臨床研究が行われています。 そのひとつとして「アビガン(一般名:ファビピラビル)」があります。 アビガンはもともと、一般的なタミフル等の薬が無効であるような新型インフルエンザの流行に備えて国が備蓄するために承認された薬であり、一般には流通していません。 ウイルスの増殖を抑える作用があるといわれており、新型コロナウイルスにも効果がある可能性があります。 一方で、アビガンには副作用として催奇形性(女性・男性ともに、内服した際に胎児に悪影響を及ぼす可能性がある)等が明らかになっており、現在、多施設共同で臨床研究や治験を行い有効性や安全性の検証を進めています。 臨床研究に参加登録を行った医療機関において、医師の判断のもと、研究への参加に患者が同意した場合にアビガンを使用することができ、4月2日までに約120件の投与が行われています。 mhlw. html Q2-9 新型コロナウイルスのワクチンや治療についてのTwitter情報です。

次の

「アメリカのインフルは新型コロナだった説」は本当か?(忽那賢志)

アメリカ コロナ 感染 者 数 推移

新型コロナの感染者が増え続けています。 特にアメリカでは大変な感染者数です。 感染者数ではいつの間にかイタリアを追い越し一番多くの感染者数を出してます。 新型コロナウイルスの特性がだんだん解明されてきましたが、感染力の強さが被害を拡大しています。 全国に出された「緊急事態宣言」は、5月14日に39県が解除になりました。 残りの北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、大阪、兵庫は解除されず維持のままです。 残りの都道府県も今後順次に解除されると思われます。 このサイトでは、新型コロナの感染者数をグラフや表、都道府県別、PCR検査数などがわかるサイトをいくつかご紹介をいたします。 それぞれサイトごとの特徴がありますので、あなたの目的にあったサイトを見つけてください。 「1日ごとの発表数」は、 新たな感染者数の細かな推移が確認できます。 世界版と日本版がタグで切り替えできます。 一般のプログラマーなどが意見を出し合いながら修正していく「オープンソース」で制作しています。 世界でどんな規模・速さで広がっているのか。 世界全体の感染者数(マップ) 国別の新規感染者数(グラフ) 世界全体の新規の感染者数(グラフ) 世界全体の新規の死者数(グラフ) 日々の推移を地図上のバブルチャートで表示。 以下、厚労省のHPから抜粋しました。 発熱や咳等の呼吸器症状が消失し、鼻腔や気管などからウイルスを検出できなくなった状況を「治癒した」と判断しています。 また、この新型コロナウイルスそのものに効く抗ウイルス薬はまだ確立しておらず、ウイルスが上気道や肺で増えることで生じる発熱や咳などの症状を緩和する目的の治療(対症療法)として、解熱剤や鎮咳薬の投与や、点滴等が実施されています。 対症療法により、全身状態をサポートすることで、この間ウイルスに対する抗体が作られるようになり、ウイルスが排除されて治癒に至ると考えられます。 (出典;厚労省HP) 現在、新型コロナウイルスに感染した場合の治療薬がないため、今般の緊急経済対策においても、治療薬の開発は最重要項目のひとつとなっています。 これまでに存在している既存の薬を新型コロナウイルスの治療に応用できる可能性があり、複数の薬についてその治療効果や安全性を検証するための臨床研究が行われています。 そのひとつとして「アビガン(一般名:ファビピラビル)」があります。 アビガンはもともと、一般的なタミフル等の薬が無効であるような新型インフルエンザの流行に備えて国が備蓄するために承認された薬であり、一般には流通していません。 ウイルスの増殖を抑える作用があるといわれており、新型コロナウイルスにも効果がある可能性があります。 一方で、アビガンには副作用として催奇形性(女性・男性ともに、内服した際に胎児に悪影響を及ぼす可能性がある)等が明らかになっており、現在、多施設共同で臨床研究や治験を行い有効性や安全性の検証を進めています。 臨床研究に参加登録を行った医療機関において、医師の判断のもと、研究への参加に患者が同意した場合にアビガンを使用することができ、4月2日までに約120件の投与が行われています。 mhlw. html Q2-9 新型コロナウイルスのワクチンや治療についてのTwitter情報です。

次の

【コロナ最新情報】アメリカ感染者数・州別分布・状況と渡航情報(6月14日11:15更新)

アメリカ コロナ 感染 者 数 推移

世界の新型コロナウイルスの感染患者が 400万人を超えた。 グラフを見てもわかるように、現在アメリカが感染の中心地として新型コロナウイルスが拡大していて、世界の感染者数の約3割となっています。 5月11日、アメリカ国内の感染者が、 20,039人が確認されました。 2週間以上で 連日2万人以上の感染が確認されています。 そのため、アメリカだけで感染者の 累計が133万人近くとなっています。 全体的に見ると徐々に横ばいになるような動きなってしてますが、他の国と比べるといまだに 数倍以上の開きがありしたが、ロシアやブラジルの感染が1万人を超えてきたことから、状況が変化してきました。 アメリカの感染者数を除いたグラフ アメリカでの新型コロナウイルスの感染者が大多数のため、アメリカを除いたグラフを用意しました。 5月1日に、新型コロナウイルスの発生源であった中国でしたが、他の国で感染が広がったことで、感染報告の上位から外れました。 こうしてみると、中国以上に他の国で新型コロナウイルスの感染力がどれだけ驚異なのか感じさせられます。 11日のロシアでの感染者は、10,997人と 1週間続けて1万人以上が確認されています。 これはアメリカに次ぐ感染者数でとなっています。 このままだと現在、世界2番・3番目に新型コロナウイルスの感染が確認されている、スペインやイタリヤを 2日ほどで超える勢いです。 ヨーロッパ圏で徐々に感染数は落ち着いてますが、イギリスでは3,923人が確認されたことで、イタリアを超えてイギリスが 第3の感染国と移り変わりました。 他の諸国よりも 4 倍以上となってしまってるため、早ければ明日には第2の感染国であるスペインを超えてしまいそうです。 海外の新型コロナによる死亡者の推移グラフ 新型コロナウイルスに感染して入院した患者の死者数が止まりません。 世界の新型コロナウイルスによる死者数は、 世界で28万人以上と恐ろしく多くの方が亡くなられ、今なお大変な状況が続いています。 5月11日、アメリカでの死者は779人でした。 1ヶ月以上で毎日1,000人以上がなくなっていましたが、やっと 3ケタまでに落ち着いた。 ただ、感染報告が2万人を超えているため、油断できない状況が続いている。 同日のロシアでは、連日の感染報告が1万人が確認されていますが、死者は88人と爆発的な急増にはなっていない様子です。 11日、イギリスの死者数は 268人と減少傾向となった。 ヨーロッパで一番多くの報告続いてた状況が変わりつつあるようです。 ヨーロッパ圏で多くの死者が出ていた、イタリアやスペイン、フランスなどは、徐々に死者が減ってきてて、 1週間前と比べると200人前後と半減しています。 WHOがパンデミックを宣言.

次の