群馬 保育 士 コロナ。 県内の最新感染動向

保育士の給料はコロナによって変化するかもしれない|ねこプリンブログ

群馬 保育 士 コロナ

勤務する市内の保育所の場所はどこ?木崎あおぞら保育園という噂も…デマもあるため注意が必要 現在のところ群馬県太田市の保育所に勤務する40代女性の保育士さんですが、勤務先である保育所の場所などは公表されていません。 ただ、Twitterでは保育園名が出回っています。 太田市在住。 40代女性。 桐生厚生病院。 前橋日赤病院。 群大病院。 保育園は休園。 施設の消毒、保育士全員の検査等が今の所の対策です。 そんなうわさ。 既に感染者はいるが発表を太田市を最初にしたのは、学校を休校にしないから。 ほんまかいな — 巻き爪 ピエール axel8004 木崎あおぞら保育園というコメントが見られるけど、まだ公式発表は無いからなんとも言えませんね。 — ちゅな ohmaguro1 現在(7日)のところ公式ホームページでも、市からも発表はないため確定情報ではありません。 新型コロナ感染拡大により、感染者がいるなどの誤った情報が流れ、「うちではない」とホームページ上で発表する学校や自治体もあります。 情報の取り扱いには十分注意が必要であると考えます。 この保育士さんは先月終わりから体調不良を感じていたようですが、簡単には休めなかったのでしょう…それに加え、すぐには新型コロナの検査は受けさせては貰えないので、風邪かなぐらいだったのかもしれませんね。 重症とのことでどうか無事に回復されることを祈っています。 太田市会見で40代保育士が「木崎あおぞら保育園」に勤務していることを公表• 群馬県太田市は8日記者会見を開き、7日に新型コロナウイルスへの感染が明らかになった40代の保育士の女性が市内の認可保育園「木崎あおぞら保育園」に勤務していることを明らかにした• 会見には保育園の西牧正行園長もスカイプを使って参加「正しい情報をきちんと知らせて皆さんの不安を少しでも減らしたいと考え、公表した」と説明• 市と保育園によりますと、この保育士は年少組の担任で、先月27日にせきやだるさなどを訴え、翌28日には熱があったため早退した• ただその後、今月2日に熱が下がったとして出勤し、すべての園児、100人余りが参加したひな祭り会で司会をした• 太田市の清水聖義市長は、この保育園を9日から今月22日まで臨時休園にするほか、すべての小中学校を9日から今月26日まで臨時休校とすると発表• この保育士の濃厚接触者は親族に加え、保育所の園児・職員、計152人に上るという 新型コロナウイルス、太田で出てしまった。 40代の女性保育士さん。 木崎あおぞら保育園の先生、独身。 普段活発で保育園の中堅で活躍していた、と園長さんは言っていた。 まさか、自分が感染してくるとは思ってもみなかったろうに。 気の毒なことだ。 重症化したとのことだが回復するよう願っています。 — 清水聖義 shimizumasayosi ネットの反応 群馬県初のコロナ感染者が発生してしまった… しかも家と同じ市内で保育所勤務の方だそうです — カミー kamukamu1419 教員や保育士さんはお医者さん並に感染リスクの高い状況にいるにも関わらず 休むに休めない状況にあります 決して学校・保育所を責めるようなことはしないでいただきたい — Fox cecile365ea コロナ感染について群馬県が会見。 2月29日に38度の熱で受診したのに3月2日に保育所に出勤。 保育士さんは今大変だろうな。 この方に限った話ではないが、無事回復されることを願う。 これを受けて太田市はどうするんだろ? たしか小学校と特別支援学校休校にしてないはずだけど…。 — ちゃまめ yopiwo12 群馬のコロナ、保育士さんなんだ 子どもたちが通ってる園は大丈夫なのかな不安でしかない — 凜 rin60401.

次の

「家も職も失った」30代保育士が訴える壮絶実態

群馬 保育 士 コロナ

その問題を筆者が報じて以降、マスコミ各社も報じ、国会でも取り上げられて大波紋を呼んでいる。 にもかかわらず、知らん顔で賃金を適切に払おうとしない事業者もいる。 それを指導しない市区町村もある。 現場の不満は高まり、保育士たちが声をあげ始めた。 6月17日、国はついに、この事態を是正するよう強いトーンで通知を出すに至った。 この問題の根底には、前回の記事「」(6月17日)でも詳報したように、人件費を他の費目に流用できる「委託費の弾力運用」という規制緩和の流れがある。 そしてコロナで失職し、家まで失った保育士がいる。 これが弾力運用の顛末で、保育崩壊の足音が聞こえてくるようだ。 いったい、保育の現場で今、何が起こっているのか。 5月に仕事も家も追われた、30代保育士 「コロナで仕事も、住む家も失った」 保育士の水月晴子さん(仮名、30代)は、これから保育士としてまた働いていけるのかと、途方に暮れている。 保育士歴が約10年の晴子さん。 最初に就職した先は、低賃金、長時間労働などが横行する保育園で、やむなく退職。 一人暮らしする都内のマンションから通える範囲で保育園を探して、3年ほど前から別の保育園運営会社に正社員として入社して働いてきたが、詳しくは後述するように、またもやブラック保育園だった。 そして、新型コロナウイルスの渦中で、退職を迫られたのだった。 職場近くにある系列の園で、保育士が肺炎で入院した。 当初コロナかどうか分からなかったが、現場の保育士たちは動揺した。 園長や保育士が互いの職場を頻繁に行き来しており、入院した保育士と接触のある保育士もいたため、ウイルスが運ばれる可能性はゼロでない。 4月7日の緊急事態宣言の発令前だったため、登園する園児も多かった。 副主任を務める晴子さんはすぐに同僚と相談し、「系列園で肺炎で入院した保育士がいるということを、包み隠さず知らせたほうがいい。 コロナ感染の可能性があるかもしれないという前提で、登園するか判断してもらうほうがいい」と、状況の公表について本社に強く要望したが「その必要はない」と拒まれた。

次の

群馬県太田市の40代女性保育士は誰?木崎あおぞら保育園は本当?【新型コロナ感染者】

群馬 保育 士 コロナ

その問題を筆者が報じて以降、マスコミ各社も報じ、国会でも取り上げられて大波紋を呼んでいる。 にもかかわらず、知らん顔で賃金を適切に払おうとしない事業者もいる。 それを指導しない市区町村もある。 現場の不満は高まり、保育士たちが声をあげ始めた。 6月17日、国はついに、この事態を是正するよう強いトーンで通知を出すに至った。 この問題の根底には、前回の記事「」(6月17日)でも詳報したように、人件費を他の費目に流用できる「委託費の弾力運用」という規制緩和の流れがある。 そしてコロナで失職し、家まで失った保育士がいる。 これが弾力運用の顛末で、保育崩壊の足音が聞こえてくるようだ。 いったい、保育の現場で今、何が起こっているのか。 5月に仕事も家も追われた、30代保育士 「コロナで仕事も、住む家も失った」 保育士の水月晴子さん(仮名、30代)は、これから保育士としてまた働いていけるのかと、途方に暮れている。 保育士歴が約10年の晴子さん。 最初に就職した先は、低賃金、長時間労働などが横行する保育園で、やむなく退職。 一人暮らしする都内のマンションから通える範囲で保育園を探して、3年ほど前から別の保育園運営会社に正社員として入社して働いてきたが、詳しくは後述するように、またもやブラック保育園だった。 そして、新型コロナウイルスの渦中で、退職を迫られたのだった。 職場近くにある系列の園で、保育士が肺炎で入院した。 当初コロナかどうか分からなかったが、現場の保育士たちは動揺した。 園長や保育士が互いの職場を頻繁に行き来しており、入院した保育士と接触のある保育士もいたため、ウイルスが運ばれる可能性はゼロでない。 4月7日の緊急事態宣言の発令前だったため、登園する園児も多かった。 副主任を務める晴子さんはすぐに同僚と相談し、「系列園で肺炎で入院した保育士がいるということを、包み隠さず知らせたほうがいい。 コロナ感染の可能性があるかもしれないという前提で、登園するか判断してもらうほうがいい」と、状況の公表について本社に強く要望したが「その必要はない」と拒まれた。

次の