いやし の ねがい。 ムシャーナ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

『いやしのねがい』の効果と覚えるポケモン(ガラル地方)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

いやし の ねがい

同じ威力の技がある場合はランダム。 相手の技や特性によって『どく』『まひ』『やけど』状態になった時、相手を同じ状態異常にする。 /同じ『せいかく』の野生のポケモンと出会いやすくなる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、相手 味方は含まない の先制技を受けなくなり、また『エスパー』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. 道具『サイコシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 もう1度使用すると元に戻る。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、相手 味方は含まない の先制技を受けなくなり、また『エスパー』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. 道具『サイコシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 [ムンナ:Lv. ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 [ムンナ:Lv. [ムンナ:Lv. 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 [ムンナ:Lv. 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 技『Gのちから』の威力が1. 5倍になる。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 ダブルバトル用。

次の

技詳細「いやしのねがい」

いやし の ねがい

説明文 たたかうわざ ・・・・ じぶんは ひんしに なるが ひかえから でてくる ポケモンの じょうたい いじょうと HPを かいふくする。 漢字 自分は ひんしに なるが 控えから でてくる ポケモンの 状態異常と HPを 回復する。 コンテストわざ ボルテージぶんの もりあがりが うわのせ される。 こんなときに使おう 対戦では消耗したエースを再降臨するために使われる。 技の性質上、3タテを狙えるエースに使われやすい。 ただし他の選択肢も豊富であるため、この技の採用率はあまり高くない。 におけるいやしのねがい 「ウラが出るまでコインを投げ続け、オモテの数ぶんのダメージカウンターを、自分のポケモン1匹からとる。 」という効果のワザとして登場。 におけるいやしのねがい PP16。 味方全員のHPを全回復させを治す。 自分はHPが1になる。 におけるいやしのねがい ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 エムリットが空中に飛び上がり体から放射状に緑色の光を広げると、苦しんでいたとが正気を取り戻す。 野生 わざの初出 ジラーチが空中に飛び上がると体が白く光り、水色の爆発を起こす。 輝く光の雨は仲間たちに降り注ぎ彼らを癒す。 使用後、ジラーチは気を失う。 野生 備考• 状態では使用できない。 使用したターンにかいふくふうじを使用された場合、いやしのねがいを先攻で出した場合は、控えのポケモンはかいふくふうじにされないため回復できる。 いやしのねがいを後攻で出した場合は、使用者はかいふくふうじ状態でいやしのねがいを出せなくなる。 控えポケモンがいない場合は失敗し、にもならない。 使用者がひんしになった後、交代先に出したポケモンの体力が満タンで状態異常でもない場合は、何も起きない。 では、いやしのねがいの交代先の体力が満タンで状態異常もなく何も起きなかった場合、状態異常になっているか体力が減っている、またはその両方であるポケモンに交代するまで効果が保留され、その条件を満たしたポケモンが出てきた際に効果が処理される。 またいやしのねがいが不発した後交代して出た隣のポケモンがを使うと、サイドチェンジを使ったポケモンがいやしのねがいの効果を受けることができる。 つまり、第七世代まで後続のポケモンに対してかかる効果であったのに対して、第八世代では場に対してかかる効果であると言える。 いやしのねがいで使用者がひんしになった場合、控えのポケモンを出すタイミングはまでは使用直後だが、以降ではターンの終わり。 第四世代では相手より先にこの技を出すと、回復した控えのポケモンが攻撃に晒される危険があった。 場にが仕掛けられている場合、までは設置技の後に回復効果が発動する。 以降は設置技の前に回復効果が発動する。 第四世代まではのも治すことが可能だが、などの効果で残り体力が僅かなポケモンが回復前にひんしになる危険もある。 第五世代以降はどくびしのどくは治せないが、ステルスロックなどの効果でひんしにさせる前に体力を回復できる。 以降はの効果を受けるようになった。 よこどりの対象となった場合よこどりの使用者が瀕死になる。 を持たせていても、この技を利用してを使っても付加効果は無い。 類似技に、のであるがある。 いやしのねがいの効果にPP回復効果もついた上位互換技となっている。

次の

【ポケダンDX】いやしのねがいの効果と覚えるポケモン【ポケモン不思議のダンジョンSwitch】|ゲームエイト

いやし の ねがい

説明文 たたかうわざ ・・・・ じぶんは ひんしに なるが ひかえから でてくる ポケモンの じょうたい いじょうと HPを かいふくする。 漢字 自分は ひんしに なるが 控えから でてくる ポケモンの 状態異常と HPを 回復する。 コンテストわざ ボルテージぶんの もりあがりが うわのせ される。 こんなときに使おう 対戦では消耗したエースを再降臨するために使われる。 技の性質上、3タテを狙えるエースに使われやすい。 ただし他の選択肢も豊富であるため、この技の採用率はあまり高くない。 におけるいやしのねがい 「ウラが出るまでコインを投げ続け、オモテの数ぶんのダメージカウンターを、自分のポケモン1匹からとる。 」という効果のワザとして登場。 におけるいやしのねがい PP16。 味方全員のHPを全回復させを治す。 自分はHPが1になる。 におけるいやしのねがい ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 エムリットが空中に飛び上がり体から放射状に緑色の光を広げると、苦しんでいたとが正気を取り戻す。 野生 わざの初出 ジラーチが空中に飛び上がると体が白く光り、水色の爆発を起こす。 輝く光の雨は仲間たちに降り注ぎ彼らを癒す。 使用後、ジラーチは気を失う。 野生 備考• 状態では使用できない。 使用したターンにかいふくふうじを使用された場合、いやしのねがいを先攻で出した場合は、控えのポケモンはかいふくふうじにされないため回復できる。 いやしのねがいを後攻で出した場合は、使用者はかいふくふうじ状態でいやしのねがいを出せなくなる。 控えポケモンがいない場合は失敗し、にもならない。 使用者がひんしになった後、交代先に出したポケモンの体力が満タンで状態異常でもない場合は、何も起きない。 では、いやしのねがいの交代先の体力が満タンで状態異常もなく何も起きなかった場合、状態異常になっているか体力が減っている、またはその両方であるポケモンに交代するまで効果が保留され、その条件を満たしたポケモンが出てきた際に効果が処理される。 またいやしのねがいが不発した後交代して出た隣のポケモンがを使うと、サイドチェンジを使ったポケモンがいやしのねがいの効果を受けることができる。 つまり、第七世代まで後続のポケモンに対してかかる効果であったのに対して、第八世代では場に対してかかる効果であると言える。 いやしのねがいで使用者がひんしになった場合、控えのポケモンを出すタイミングはまでは使用直後だが、以降ではターンの終わり。 第四世代では相手より先にこの技を出すと、回復した控えのポケモンが攻撃に晒される危険があった。 場にが仕掛けられている場合、までは設置技の後に回復効果が発動する。 以降は設置技の前に回復効果が発動する。 第四世代まではのも治すことが可能だが、などの効果で残り体力が僅かなポケモンが回復前にひんしになる危険もある。 第五世代以降はどくびしのどくは治せないが、ステルスロックなどの効果でひんしにさせる前に体力を回復できる。 以降はの効果を受けるようになった。 よこどりの対象となった場合よこどりの使用者が瀕死になる。 を持たせていても、この技を利用してを使っても付加効果は無い。 類似技に、のであるがある。 いやしのねがいの効果にPP回復効果もついた上位互換技となっている。

次の