いびき 改善 グッズ。 【楽天市場】いびき関連グッズ

いびきを治した私が効果のあった5つを厳選! いびき防止グッズランキング

いびき 改善 グッズ

夫のいびきがうるさくてなかなか寝付けない、という方は多いのではないでしょうか。 一見、何気ない癖のようにも見えますが、体が不調を訴えている可能性もあります。 大事な人に万が一のことがあってからでは遅いので、いびきのメカニズムをきちんと理解し、原因と対策方法を押さえておくことが大切です。 いびきの仕組みとは?かきやすい人の特徴はある? そもそも、人はどうしていびきをかくのでしょうか? いびきを改善するために、まずそのメカニズムをしっかりと理解しておきましょう。 ここからは、いびきの仕組みと、どのような人がいびきをかきやすいのかについて解説します。 いびきをかく仕組み いびきとは、何らかの理由によって 気道が狭まったとき、そこを通る空気が発する振動音のことをいいます。 仰向けで眠ると舌の付け根が奥へと下がり、喉周りの筋肉も緩むため、誰でも少し気道が狭くなります。 健康な人の場合は、極端に狭くなることはなく、静かな寝息が出る程度に収まります。 しかし、 喉や身体に異常があると 極度に気道が狭まり、 いびきとなってしまうのです。 気道の中でも、特に 軟口蓋と呼ばれる部分が振動しやすく、ほとんどのいびきはこの部分が原因だといわれています。 喉が狭まると酸素をうまく取り込めなくなり、無意識のうちに必死で空気を取り入れようとします。 それが喉の振動を促し、大いびきとなってしまうのです。 いびきをかく人の一般的な特徴 慢性的にいびきをかいている人は、肥満や顔の構造、筋肉の衰えなどの理由から、常に気道が狭くなっています。 ここでは、いびきをかきやすい人に見られる特徴について詳しく解説していきます。 肥満または肥満気味 肥満といびきには深い関係があります。 肥満傾向にある人は、 首回りにも脂肪が付きやすく、必然的に気道が狭くなってしまいます。 舌も肥大しているため、睡眠中はさらに気道をふさぐことになります。 また 肥満体型の人は、そうでない人と比べて より多くの酸素を必要とするため、たくさんの空気を吸おうとして呼吸が深くなります。 このため余計に空気抵抗が大きくなり、いびきをかきやすくなってしまうのです。 体は痩せていても 二重顎の人や、スポーツなどをしていて 首回りだけが太い人などは、注意が必要です。 下顎が小さい 下顎が小さい、もしくは 後退している人は、 顎・舌・喉およびその周辺の筋肉も小さい傾向にあります。 したがって、 仰向けに寝たときに 舌が喉の奥に沈み込みやすくなり、気道が狭くなる原因になってしまいます。 日本人はもともと顎が小さい傾向にありますが、食生活の変化で硬いものを噛む習慣が減ったことにより、ますます顎の小さい人が増えています。 喉の奥の扁桃が肥大 見た目にはわかりませんが、 扁桃や アデノイド( 咽頭扁桃)が 肥大していると、気道がふさがれ狭くなります。 扁桃腺の肥大は 子どもによく見られる症状なので、子どもがひどいいびきをかいている際は、これが原因である可能性があります。 ただし、 遺伝的に扁桃腺が大きい人や、 風邪ウイルスや 病原体などの侵入により、大人でも扁桃腺が腫れる場合があります。 鼻腔・喉に病気がある 鼻腔や喉の病気にも注意が必要です。 副鼻腔炎や アレルギー性鼻炎といった鼻疾患のある人は、どうしても口呼吸が中心となってしまうため、いびきを起こしやすくなります。 口蓋垂が長い 口蓋垂( のどちんこ) から左右の扁桃まで続く粘膜のひだ( 口蓋弓) の幅が広く、幕が垂れているように見える人は、生まれつき咽頭が狭くなっています。 そのため気道が確保しにくく、いびきをかきやすくなってしまいます。 普段いびきをかかない人がかく主な原因 普段はいびきをかかないという人でも、体調や生活習慣が原因でいびきをかくことがあります。 このような一過性のいびきを「 単純性いびき」と呼びます。 この原因には、次のようなものが考えられます。 疲れやストレスが溜まっている 体が疲れていると、 無意識のうちに多くの酸素を体内に取り入れようとするため、大きく口呼吸してしまうことがあります。 このときに軟口蓋が激しく振動するため、いびきをかいてしまいます。 また ストレスが溜まっているときも、 粘膜が乾燥したり 充血したりして 気道が通常と異なる状態になるため、いびきをかきやすくなります。 このように、肉体的・精神的な疲労が溜まると、普段はいびきと無縁の人でも例外ではなくなるのです。 加齢による筋力の低下 中年を過ぎて、いびきをかくようになるのは、 老化現象の一種です。 老化が進むと筋肉が緩み、段々となくなっていきます。 気道を十分に開けておくための筋肉(上気道筋)も例外ではなく、 上気道筋の活動が低下することによっていびきを起こしやすくなります。 中高年のいびきは 高血圧や 心筋梗塞、 糖尿病などの合併症を起こしやすいため注意が必要です。 お酒や薬などによる筋肉の緩み アルコールや 睡眠導入剤、 鎮静剤などもいびきの原因となることも。 お酒を飲みすぎた日は必ず大いびきをかくという方も多いでしょう。 アルコールには 筋肉を弛緩させる作用があるため、全身の筋肉が緩んでしまいます。 その結果、睡眠中に舌が喉奥に落ち、気道を狭めてしまうのです。 さらに、 必要な酸素を確保しようとして口呼吸をするため、いびきをかいてしまいます。 体に不調・病気が生じた 鼻や喉に気道をふさいでしまうような異常があると、いびきを起こしやすくなります。 例として 蓄膿症や 咽頭炎、 アレルギー性鼻炎、 口の中の炎症などが挙げられます。 このほか、 高血圧や 糖尿病、 心臓病、さらには 不正咬合などの 顎の形態異常もいびきの原因となります。 いびきで注意したいポイントと対策を解説 いびきには様々な原因がありますが、原因が明確な「 単純性いびき」であれば、それほど心配する必要はありません。 しかし、中には注意すべき危険ないびきもあります。 ここからは、いびきにおける注意点と対策法を併せてご紹介していきます。 夫のうるさいいびき!実は体調不良のサインかも 常時いびきをかき、家族や友人から指摘されるほどうるさい。 このような場合は、重大な病気のサインかもしれません。 睡眠障害をはじめ、 副鼻腔炎や 習慣性扁桃炎、 甲状腺機能の低下など、治療が必要な病気が隠れていることがあります。 特に注意が必要なのは「 睡眠時無呼吸症候群」です。 この病気にかかると、 睡眠中に呼吸が止まる状態( 無呼吸)や、 止まりかける状態( 低呼吸)が何度も繰り返されます。 呼吸が止まるたびに脳が覚醒するため、 眠りが浅くなってしまいます。 その結果、 日中の強烈な眠気や 疲労感、集中力・記憶力の低下を招きます。 重症化すると、 死亡率を 約4倍にも上昇させるという 恐ろしい病気です。 日中の眠気は交通事故や労働災害にもつながるため、早急な治療が必要となります。 慢性的ないびきがあって、体に何かしらの不調が見られるという場合は、耳鼻咽喉科や呼吸器科を受診しましょう。 「いびき外来」や「無呼吸外来」といった専門外来を扱っている病院もあります。 注意が必要ないびきとは? 危険ないびきにはいくつか特徴があります。 以下のような傾向が見られる場合は注意しましょう。 急にいびきをかくようになった それまでいびきと無縁だった人が、急にいびきをかくようになった場合は注意しましょう。 一時的なものであれば問題ありませんが、あまりに続く場合は体調不良や病気の可能性があります。 いびきのペースが速い いびきをかく間隔が速い場合、呼吸の頻度が多いことが考えられます。 呼吸器に問題がある場合があります。 大いびきや往復いびき 息を吸うときも吐くときも大きな音が出るのは、呼吸に大きな負担がかかっている証拠です。 脳への酸素供給や血圧に影響する恐れがあります。 いびきは自覚しにくく、気づかないうちに病気が進行してしまうこともあります。 「たかがいびき」と放置せず、少しでもおかしいと感じたら医師に相談しましょう。 いびきは解消できる?対策方法とは 【いびき対策その1】先ずは体質や習慣を改善する 肥満が原因であれば、 ダイエットをして余分な脂肪を落とすことが重要です。 食生活の改善や適度な運動を続けることで、いびきの改善だけでなく体全体が健康になります。 鼻詰まりや疲労、飲酒などに起因する一過性のいびきの場合、それらの原因を取り除きましょう。 例えば アルコールが原因なら、 お酒を控えることで解消します。 毎日たくさんのアルコールを摂取すると、 いびきの慢性化に発展することもあるため、禁酒日を設けるなどして飲酒量を調整しましょう。 鼻炎や 鼻詰まりが原因であれば、 身を温めて鼻腔を詰まらせないようにしてください。 また、 病院に行って根本から治療することも大切です。 【いびき対策その2】いびき防止・対策グッズを活用してみる いびき防止の便利グッズはたくさん発売されています。 通販やドラッグストアでも販売されているため、誰でも気軽に購入できるようになりました。 一刻も早くどうにかしたい方は、こうしたアイテムを試してみるとよいかもしれません。 では、いびき防止グッズにはどのようなものがあるのでしょうか。 代表的なものをご紹介していきます。 口呼吸防止テープ、マウスピース等 いびきをかく人は、そのほとんどが 睡眠時に口呼吸をしています。 口呼吸が原因のいびきに有効なのが「 口呼吸防止テープ」です。 口呼吸を防いで自然に鼻呼吸を促してくれます。 これで防止!いびき対策グッズおすすめ30選 ここからは、いびきを防止・対策してくれる最新グッズをご紹介します。 これらのグッズがあれば、もううるさい音に悩まされることもなくなるかもしれません。 いびきの原因がわからない場合は、いくつかのアイテムを試してみるのもよいでしょう。 鼻呼吸促進テープ、マウスピース 鼻呼吸をしやすいように補助してくれるのが、鼻呼吸促進テープやマウスピース。 鼻呼吸の習慣がつけば、喉の乾燥や口臭も軽減され、すっきりと目覚めることができます。 多くのメーカーから発売されていますが、今回は特におすすめの9つをピックアップしました。 ねむるん 口呼吸が原因のいびき対策におすすめなのが、口呼吸を防止するテープ「ねむるん」。 口に貼って寝るだけで、口を閉じる習慣を付けてくれるマウステープです。 テープに使われている糊は皮膚用に開発されたもので、医療現場でも使用されているもの。 長時間つけていてもふやけたり荒れたりしにくい素材です。 3週間ほど使用し続けることで、人間本来の鼻呼吸の習慣を体感できるよう設計されています。 いびきだけでなく雑菌やウイルスの侵入、口臭も防いでくれます。 新聞やWebメディアにも多数掲載されている話題のアイテムです。 セレブリーズ 「セレブリーズ」の鼻呼吸テープも、寝ている間に開いた口を閉じる習慣を付けられるため、口呼吸によるいびきを防止してくれます。 肌に優しく通気性のよい不織布のテープを使用していますが、粘着力もしっかりと兼ね備えています。 適度な伸縮性もあるため剥がれにくく、口元の筋肉の動きにも順応するので、装着時の違和感もありません。 こちらの商品も3週間の継続使用を基本としています。 毎日欠かさず使用することで、正しい鼻呼吸の習慣を身につけましょう。 オーラルトゥースガード 「オーラルトゥースガード」は、電子レンジを使って簡単に自分の歯型をかたどることができるマウスピースです。 自分に合ったマウスピースを作るなら、歯科で製作してもらうのがベストですが、費用が高いので躊躇することも多いでしょう。 こちらは、電子レンジさえあれば簡単に自分専用のマウスピースを作ることができます。 チューインガムにも使用されている素材を使用しています。 顎が小さい方のいびき対策はもちろん、スポーツをするときの歯への負担軽減や、就寝時の歯ぎしりの防止にも役立ちます。 携帯に便利な鏡付きのケースも付属。 必要なときにいつでもどこでも使用することができます。 いびき防止具として 特許マウスピース いびきや歯ぎしりに効果のある、専門医も推薦するマウスピースです。 成型の必要がないので、口の中に入れるだけで簡単に装着することができます。 下顎を少し前に出すことで、気道を広げていびきを防止する器具として、特許を取得しています。 2つのサイズが入っているため、より口にフィットするほうを試すことができます。 快眠鼻呼吸マスク 睡眠中の口呼吸を防止してくれる、アルファックスの「快眠鼻呼吸マスク」。 一見すると普通のマスクのような形状ですが、口から顎にかけてのみ覆うことで、鼻呼吸を促してくれます。 顎をグッと支えくれるので、睡眠中に口が開きにくい設計です。 特にデリケートな口元部分は、肌当たりのよいレーヨンやシルク素材を使用しているので、肌にも優しいです。 口呼吸が原因のいびきをはじめ、喉の乾燥や起き抜けの口臭を軽減してくれます。 ミントホワイトとミルキーピンクの2色があります。 ノーズピン、鼻腔拡張テープ ノーズピンや鼻腔拡張テープは、鼻詰まりに起因するいびき対策として効果的です。 睡眠時だけでなく日中も使用できるので、花粉症や鼻炎持ちの人は、常備しておいて損はないでしょう。 適度な弾力と柔軟性を持つシリコン素材でできており、繰り返し使用できるのでとても経済的。 透明で装着時も目立ちにくいため、スポーツや勉強、仕事中など日常使いにも適しています。 アレルギー鼻炎や花粉症対策としても使えます。 mute 「mute」も繰り返し使えるシリコン素材のノーズピンです。 優しく鼻腔を広げて、空気の通り道を作ってくれます。 医療グレードの肌に優しいシリコン素材で作られており、付け心地も快適です。 自分の鼻に合った形状と大きさのピンを選ぶことで、より大きな効果が期待できます。 家族で分け合って使うのもおすすめです。 WoodyKnows 特許取得済みのリブ設計により、鼻腔をしっかりと広げてくれます。 この製品にはハード型とソフト型の2つのクリップが付いており、鼻の奥深くにしっかり固定することができるので安心です。 寝ている間に外れてしまう心配もありません。 鼻の形状に合わせたデザイン、極薄のフレームとリブ、医療グレードの柔らかい素材などにより、快適な付け心地を実現しています。 ブリーズライト CMなどでもお馴染みの「ブリーズライト」は、プラスチックバーの反発力で鼻腔を広げる鼻孔拡張テープです。 貼った瞬間から外すときまで、ずっと効果が持続します。 また薬剤を使用していないため、仕事中や運転中の方、妊娠・授乳中の方、小さい子ども(5歳以上)でも使用できます。 肌色タイプのため肌馴染みもよく、幅広いシーンで活用が期待できます。 枕 枕が低すぎても高すぎてもいびきの原因となってしまいます。 いびきの原因がわからない場合は、枕を変えてみるというのも一つの手です。 ここからは、いびき対策に使える12の枕を厳選してご紹介します。 MyeFoam 天然羽毛のような柔らかさと高反発性構造、優れた復元力と弾力性を持つ枕です。 首と肩をふんわり優しく包み込んでくれます。 低アレルゲンかつ低刺激性の厳選された高品質な綿と、高級ホテル専用のポリエステル繊維を採用。 虫・カビ・細菌なども付きにくく、肌が敏感な人も安心して使用できます。 また、丸洗いも可能なのでとても衛生的です。 詰め物を出し入れすることで高さの調節もできます。 自分の体に合った高さに調節すれば、効果的ないびき対策になります。 いびき枕 いびきをかきにくくするために研究・開発された枕です。 頭を通常の枕より高めの位置に調整することで、気道を開き呼吸しやすい姿勢を作ってくれます。 詰め物は、そば殻の感触を再現したソフトパイプ。 ソフトパイプの量を調整することで、自分の首の高さに合わせた理想的な姿勢を作ることができます。 手洗いができるため、清潔感を保つことも容易です。 Sepoveda 低反発まくら 人間工学に基づく設計で、体に負担がかからない低反発かつ、首・頭・肩を優しく支えてくれる安眠枕です。 中央のくぼみが首や頸椎を正常な形にキープしてくれます。 首の理想的なカーブを保つことで気道を開くため、いびきを軽減する効果もあります。 凹型の立体フォルムが仰向け時のフィット感を高め、また横寝への移動もスムーズにできるよう、両サイドに厚みがあります。 柔軟性に優れたウレタンチップが、究極の安眠を体感させてくれるでしょう。 快眠枕 いびきケアに特化した枕です。 独自の3次元形状が気持ちよく気道を開き、良質な睡眠を叶えてくれます。 また、気道を開くために重要といわれる「横寝姿勢」にも対応。 独自の立体サイドバンクで、横寝をしっかりとサポートしてくれます。 仰向け、横向き、うつ伏せなど、どんな寝姿勢でもいびきケアをしてくれる枕です。 また3D形状にすることにより、従来の低反発ウレタン素材が持つ「熱がこもる」「ムレる」といった弱点も克服。 通気性、クッション性、なめらかさなど全てに優れた生地を使用しています。 IEOKE 低反発記憶枕 頭・頸・肩を優しく支える低反発枕です。 あらゆる頭の形にフィットする「メモリフォーム」を採用しているため、いびきや肩こり、寝違え、睡眠時無呼吸症候群などの予防に効果的です。 仰向けにも横向きにも自在にフィットし、快適な睡眠をサポートしてくれます。 トゥルームーンピロー 独自の製法で生まれたジェルと、低反発ウレタンフォームを組み合わせた新素材の枕です。 頭部から首筋にかけてあらゆる骨格にフィットし、後頭部や頚椎をしっかりと支えます。 理想的な寝姿勢をキープしてくれるため、いびき対策に適した枕です。 専用カバーには100%天然のセルローズ繊維「モダール」を採用しており、なめらかでしっとりとした肌触りが特徴です。 オールシーズン使いやすい素材で、植物性繊維のため敏感肌の人でも使いやすいです。 Atman 首を休めてくれる頚椎安定枕です。 せり出した特殊な構造がぴったりと首にフィットし、首・肩・頭を立体的に支えて、頚椎への負担を軽減します。 柔軟性と復元力を兼ね備えたモチモチの新素材を採用しており、寝返りもスムーズ。 使う人に合わせて素早く沈み込み、ベストな高さで首回りをサポートしてくれます。 安定したホールド感があるため、しっかりと気道を確保できるので、いびき対策もばっちりです。 オーストリアのレンチング社のテンセル(植物性繊維)を採用したカバーは、シルクのようになめらかで乾きも早く、一年を通して快適に使用することができます。 アスリートにも愛用されている実力派の枕です。 スノアゴン 「スノアゴン」は、下顎が下がらないようにサポートするいびき対策グッズです。 マフラーのように首に巻いて寝るだけで、頑固ないびきが軽減されます。 下顎のラインに優しくフィットしてくれるので、気道を狭めることなくいびきを予防できます。 寝姿勢が安定するので、睡眠の質もグッと高まります。 飛行機や夜行バスにのるときにも便利です。 顎固定サポーター 小顔ベルト 鼻呼吸を促して、いびきを防止する顎サポーターです。 伸縮性と通気性に優れたサポーターが、顎や顔の筋肉をしっかりとリフト。 顎をしっかりと固定するため、睡眠中に口が開くことを防いでくれます。 また、お風呂や家事の間に着用することで小顔効果も期待できます。 マジックテープ式なので、使う人の顔の大きさに合わせてサイズ調節が可能。 男女兼用で使うことができます。 洗濯して繰り返し使用できるのも嬉しいポイントです。 Snore Circle 耳取り付け型のいびき防止スマートデバイスです。 マイクロサウンドとバイブレーションを出すことによって、いびきの原因である喉の筋肉の緩みが引き締まり、気道を広げてスムーズな呼吸を促します。 レベル調整は受信する音認識と骨伝導側で5段階、いびきをストップさせるマイクロ音&バイブレーション側で5段階あり、全25種類のモードを専用アプリで選択可能。 自分に合ったモードを選ぶことができます。 イビスン いびきを防止する珍しいサプリメントです。 エネルギー作りに欠かせない還元型コエンザイムQ10と、空気の通りをサポートするリンゴ酸&マグネシウムを配合。 このほか、テアニンやラフマエキス、GABAなど快眠をサポートする成分を多く配合しています。 GMP(厚生労働省が定めた品質管理基準)を取得した国内工場で製造しているため安心です。 まとめ パートナーのいびきでお悩みの方は、いびき対策グッズなどを活用してみてはいかがでしょうか。 いびきが改善されれば、お互いに快適な睡眠を取り戻すことができるかもしれません。 もし、色々な対策を講じても症状が改善しないときは、一度病院で診てもらうようにしましょう。 いびきは自覚しにくい症状ですので、ぜひパートナーがチェックしてあげてください。

次の

いびきを治した私が効果のあった5つを厳選! いびき防止グッズランキング

いびき 改善 グッズ

いびきがすごく大きくいびき外来にいったところ睡眠時無呼吸症候群と診断されてしまった岩城です。 ので、ほかにいびきが軽減できるいびき防止グッズを色々試してみました。 今回はそんな いびきに悩む僕が実際に使ってみて良かったいびき防止グッズを効果、感想とともに口コミレビューしてみます。 僕にとって効果が高かったものの順に紹介しています。 新しいグッズを使ったときは追加していきたいと思います。 通常時のいびきラボのスコアです もっとひどい人もいますが、これでもいびきの録音を聞くとすごいうるさいです。。 さらにお酒を飲むとスコアは「大きい」でいっぱいになります。 通常時はこちらなので、こちらを基準に比較していきます。 いびき外来の先生にすすめられて 基本的には横向きで寝るようにしています。 (いびきは仰向けに寝ると大きくなります。 のど回りの筋肉が寝ると緩んで下に落ちるので空気の通り道が狭くなり、いびきが大きくなります。 特に歳をとるとたるみも大きくなるのでさらに大きくなる。 横向きに寝るとそれがましになります。 ) ただ寝てるときに勝手に仰向けになっているので、意識して横向きに寝るようにしてなれる必要があると思います。 あと僕の場合、夜になると鼻づまりがひどいので、病院で鼻スプレー処方されています。 僕のからだの状態 ・中肉中背で太ってはいません。 BMI23程度です。 ・夜になると鼻づまりがひどいです。 ・寝てるときは口呼吸になっています。 ・睡眠時無呼吸症候群です。 ・お酒を飲むといびきはさらに大きくなります。 ・加齢とともにいびきが大きくなってきています。 昔からいびきは大きいです。 それでは行ってみましょう。 おすすめ順です。 ブリーズライト 鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」 色々試してみて一番よかったのはブリーズライトです。 ちょっと昔からある有名なグッズですよね。 過去にも使ってみたことがあって、そのときも鼻の通りがよくなったのですが、今回改めて買って試してみました。 すると衝撃のスコアでした!(結構びっくり) ブリーズライトをつけて寝た時のいびきラボのスコアです 色々試したあとのほうに買ったのですが、 いびきラボのスコアがこんなに顕著によくなったケースがなかったのでびっくりしました。 スコアはほぼ「軽め」になりました。 録音したいびきを聞いてみても、「ぐおー」という音ではなくて、ほぼ寝息の音です。 僕の場合は、 鼻づまりがひどいのでブリーズライトをつけると、かなりそれだけでも鼻の通りがよくなるのが実感できます。 明らかに呼吸自体楽になるのでいびきも軽減されるのも納得です。 僕のように 鼻づまりがあり、口呼吸になっている人は効果がでやすいかもしれませんのでおすすめです。 あと、ほかのグッズよりも つけるのも楽ですし、 コストも比較的安い部類なのも良いです。 1つづつ個包装されています。 ノーズピン mute ノーズピン「mute」 その次はノーズピンのmuteです。 こちらもブリーズライト同様に鼻の気道を確保するようなグッズです。 使い方は鼻の穴にシリコンゴムをセットして鼻の通りを良くします。 鼻の穴を物理的に広げるという商品です。 箱がおしゃれですね。 かたちの違う2タイプが4サイズ入っています 中には2種類のシリコンゴムが入っていて、XS、S、M、Lの4サイズ入っています。 上の画像の左の形状のほうは少し硬いです。 右側のほうが柔らかいです。 僕は右側のほうが良かったです。 左は少し形状のせいか右のより同じサイズでも小さめの形です。 muteをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアはさらに衝撃で、 ブリーズライトより良いスコアです。 録音したいびきを聞いてみてもいびきの音ではなく、寝息の音です。 スコアだけを見るとブリーズライトよりも良いですが、このくらいのスコアの差はほぼ違いがないくらいです。 日によってもスコアは結構変わりですので、だいたいの目安でみてください。 ブリーズライトを1位にしてこちらは2位にしています。 理由ですが、このノーズピンミュートは、 寝てる間に必ずと言っていいほど取れてしまいます。 (あくまでも僕の場合です) 僕が神経質なのかもしれませんが、初めてつけて寝たときは鼻になんかついて苦しい夢を見ました。。 (笑)次からはないですが ですが、取れてしまうのは毎回です。 装着したときに鼻に違和感があるのと、 少し窮屈です。 小さめのサイズをつけると鼻の奥にいってしまうのと、違和感があるのは変わりません。 上のいびきラボのスコアはなんとか付けなおして朝までつけて寝た時のものです。 途中で外れたときはスコアも途中から大きくなるので、効果は明らかにあると思います。 つけても気にならないのであれば、ブリーズライトよりもコストは安くなるのでこちらが良いですね。 こちらも鼻づまりがひどい人には効果が大きいかもしれないのでおすすめです。 ネルネル 鼻呼吸を促す口閉じテープ「ネルネル」 次は口テープのネルネルです。 口テープはいびき外来の先生にもすすめられました。 口テープはいびきに効果があるのは間違いないようです。 1シート3枚づつです ほかにも口テープは試してみましたが、僕はこのネルネルが一番良かったです。 何が良かったかというと、 大きさと質感です。 サイズも大きく、横幅もあるので取れにくいです。 それと質感が紙テープ?に近い感じで違和感も少ないです。 ほかの口テープは寝てる間に取れやすいのですが、このネルネルはいつも朝まで取れずに完走できます。 さっきのmuteもそうですが、効果があっても 取れずに朝までその状態をキープできるのかは大きいです。 ネルネルをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアもそれなりに効果があるようです。 いびきは減っています。 スコアはこんな感じなのですが、録音したいびきを聞いてみるとところどころ「ぐおー」といういびきをかいています。 おそらく、口テープで口は閉じられているのですが、口呼吸を通常しているので、 口の隙間から口呼吸していると思います。 口テープは口呼吸を促す目的もあるので、 貼ることでいびきは軽減しています。 そもそも いびきの原因のほとんどは口呼吸です。 病院で診察してもらったときに見せてもらって教えてもらったのですが、 口を閉じているといびきは出ないです。 いびきは口を開けて口呼吸していることでのどが振動しいびきがでます。 (人によっていびきの原因は違うので全員ではないですが、ほとんどの場合がこれが原因のようです) 2つ3つ貼って隙間をなくせばさらにいびきは減ると思いますが、僕の場合、鼻づまりがあるので完全に口を閉じてしまうのは多分無理なので(鼻呼吸できないので自然と口呼吸になる)鼻を改善する必要もあります。 いびき改善では、口テープは必須だと思います。 口テープと合わせてほかのグッズも併用するかたちで考えた方が良いと思います。 僕も必ずつけるようにしています。 鼻づまりがあまりない人は、口テープで大きく改善できる可能性があります。 口テープではこれが一番おすすめです。 ねむるん 看護師おすすめ口呼吸テープ「ねむるん」 次も口テープですが、口テープのねむるんです。 これは Amazonでベストセラーになっていて口テープで一番売れています。 値段も安いのも理由だと思います。 なので僕も最初に買って試してみました、 1シート5枚づつです サイズも ネルネルに比べると幅が狭いです。 男性用女性用として鼻に部分の切れ込みの大きさが上下で入れ替えらますがこれはあまりどちらでも良いですね。 女性にはこちらの方が狭いので良いのかもしれないです。 男性では小さいと思います。 質感はかなり薄くて、薄いバンドエイドのような質感です。 ねむるんをつけて寝た時のいびきラボのスコアです スコアも効果が出てるのが分かるスコアです。 付けたほうがいいですね。 いびきの大きさもネルネルと同じような感じです。 いびき軽減効果は口テープはどれも同じようなくらいです。 劇的に改善することはないかもしれませんが、確実にいびきは小さくなります。 口テープの重要なポイントは、 朝まで取れない。 つけても違和感がない。 ものを選ぶといいと思います。 これは個人差がありますのでいくつか試してみるといいと思います。 舌用マウスピース 舌を沈下させないようにする舌用マウスピース 舌にはめるマウスピースです。 舌用マウスピースとか舌安定マウスピースとか言われています。 Amazonで検索すると同じような商品がたくさん出てきます。 (おそらくどれも同じです。 ) 舌用マウスピースにノーズピンが一つ。 あとケースと説明書が入っています。 マウスピースで睡眠時の舌を前方に固定することで喉奥の気道を開き呼吸を楽にするという商品です。 舌を強引に口の外で固定する感じです。 装着した感じはおしゃぶりをしゃぶっている感じになります。 (ちょっと見た目恥ずかしいかもですね。 ただ僕が使ってみた感じは かなり強引に口呼吸をさせないようなつくりになっているので、口呼吸になっている人は いびき改善にかなり効果があると思います。 ただ僕が使った感じではいくつか難点があり、 「違和感がある」「よだれがでる」、というのがありました。 (これは個人差があると思います。 数回使うと慣れたというのもあります。 )このあたり使ってみて気にならない、問題ないのであれば効果が大きいと思います。 値段も高くないので一回試してみる価値はありおすすめです。 口呼吸が原因でいびきが大きくなっている人は ほかのどの商品よりも強引に口呼吸をできなくさせると思います。 試してみてください。 12追記: 僕が購入した商品は現在Amazonでは販売されていないみたいですので同じような商品で一番売れているもののリンクを貼っておきます。 違いはないと思います。 上でも書きましたが、いびきの原因のほとんどは口呼吸していることが原因ですので、口テープは必要で口呼吸から鼻呼吸で寝られるようにすることが重要だと思います。 (鼻通りを良くして口呼吸から鼻呼吸にさせる) 口呼吸になっている人は、舌の筋力が弱い場合が多いので口呼吸を改善する「あいうべ体操」はおすすめです。 あいうべ体操をして舌の筋力をつけて、口テープで鼻呼吸になれていくというのが良いと思います。 あいうべ体操はこちらが分かりやすいです。 同じ人が書いています。 あとこちらでは紹介していませんが、枕を変えることも効果があります。 人によっては大きく変わると思いますので試してみてください。 CPAPを使うことでいびきを一切なくすことはできましたが、継続していくことができなかった僕は、現時点では、ブリーズライトと口テープのネルネルを併用しています。 それでいびきの大きさはかなり劇的に改善できていますので、当面はこれで続けていこうと思います。 参考にしてください。 2018-05-29 おまけ:試したみたけど僕にはあまり効果が感じれなかったもの 紹介した商品以外にも結構な数のいびき防止グッズを試してみてはいますが、僕にとっては効果がなかったけど話題なものも、気になったものも紹介しておきます。 またその逆もあると思います。 詳細記事のリンクを貼っていますので、興味のある方はご覧ください。 いびきサプリ「サイレントナイト」 サプリもいくつかありますが「サイレントナイト」という商品を試してみました。 だいたいどのサプリも成分は似たり寄ったりで、コエンザイムQ10がいびきに効果があるとしています。 1袋で1ヶ月分くらい入っています。 サプリなので物理的に何か変化があるわけではないので、期待せずに試してみましたが、1ヶ月飲み続けましたが僕には何もこれといった変化はありませんでした。

次の

いびき防止に効く市販薬

いびき 改善 グッズ

夫のいびきがうるさくてなかなか寝付けない、という方は多いのではないでしょうか。 一見、何気ない癖のようにも見えますが、体が不調を訴えている可能性もあります。 大事な人に万が一のことがあってからでは遅いので、いびきのメカニズムをきちんと理解し、原因と対策方法を押さえておくことが大切です。 いびきの仕組みとは?かきやすい人の特徴はある? そもそも、人はどうしていびきをかくのでしょうか? いびきを改善するために、まずそのメカニズムをしっかりと理解しておきましょう。 ここからは、いびきの仕組みと、どのような人がいびきをかきやすいのかについて解説します。 いびきをかく仕組み いびきとは、何らかの理由によって 気道が狭まったとき、そこを通る空気が発する振動音のことをいいます。 仰向けで眠ると舌の付け根が奥へと下がり、喉周りの筋肉も緩むため、誰でも少し気道が狭くなります。 健康な人の場合は、極端に狭くなることはなく、静かな寝息が出る程度に収まります。 しかし、 喉や身体に異常があると 極度に気道が狭まり、 いびきとなってしまうのです。 気道の中でも、特に 軟口蓋と呼ばれる部分が振動しやすく、ほとんどのいびきはこの部分が原因だといわれています。 喉が狭まると酸素をうまく取り込めなくなり、無意識のうちに必死で空気を取り入れようとします。 それが喉の振動を促し、大いびきとなってしまうのです。 いびきをかく人の一般的な特徴 慢性的にいびきをかいている人は、肥満や顔の構造、筋肉の衰えなどの理由から、常に気道が狭くなっています。 ここでは、いびきをかきやすい人に見られる特徴について詳しく解説していきます。 肥満または肥満気味 肥満といびきには深い関係があります。 肥満傾向にある人は、 首回りにも脂肪が付きやすく、必然的に気道が狭くなってしまいます。 舌も肥大しているため、睡眠中はさらに気道をふさぐことになります。 また 肥満体型の人は、そうでない人と比べて より多くの酸素を必要とするため、たくさんの空気を吸おうとして呼吸が深くなります。 このため余計に空気抵抗が大きくなり、いびきをかきやすくなってしまうのです。 体は痩せていても 二重顎の人や、スポーツなどをしていて 首回りだけが太い人などは、注意が必要です。 下顎が小さい 下顎が小さい、もしくは 後退している人は、 顎・舌・喉およびその周辺の筋肉も小さい傾向にあります。 したがって、 仰向けに寝たときに 舌が喉の奥に沈み込みやすくなり、気道が狭くなる原因になってしまいます。 日本人はもともと顎が小さい傾向にありますが、食生活の変化で硬いものを噛む習慣が減ったことにより、ますます顎の小さい人が増えています。 喉の奥の扁桃が肥大 見た目にはわかりませんが、 扁桃や アデノイド( 咽頭扁桃)が 肥大していると、気道がふさがれ狭くなります。 扁桃腺の肥大は 子どもによく見られる症状なので、子どもがひどいいびきをかいている際は、これが原因である可能性があります。 ただし、 遺伝的に扁桃腺が大きい人や、 風邪ウイルスや 病原体などの侵入により、大人でも扁桃腺が腫れる場合があります。 鼻腔・喉に病気がある 鼻腔や喉の病気にも注意が必要です。 副鼻腔炎や アレルギー性鼻炎といった鼻疾患のある人は、どうしても口呼吸が中心となってしまうため、いびきを起こしやすくなります。 口蓋垂が長い 口蓋垂( のどちんこ) から左右の扁桃まで続く粘膜のひだ( 口蓋弓) の幅が広く、幕が垂れているように見える人は、生まれつき咽頭が狭くなっています。 そのため気道が確保しにくく、いびきをかきやすくなってしまいます。 普段いびきをかかない人がかく主な原因 普段はいびきをかかないという人でも、体調や生活習慣が原因でいびきをかくことがあります。 このような一過性のいびきを「 単純性いびき」と呼びます。 この原因には、次のようなものが考えられます。 疲れやストレスが溜まっている 体が疲れていると、 無意識のうちに多くの酸素を体内に取り入れようとするため、大きく口呼吸してしまうことがあります。 このときに軟口蓋が激しく振動するため、いびきをかいてしまいます。 また ストレスが溜まっているときも、 粘膜が乾燥したり 充血したりして 気道が通常と異なる状態になるため、いびきをかきやすくなります。 このように、肉体的・精神的な疲労が溜まると、普段はいびきと無縁の人でも例外ではなくなるのです。 加齢による筋力の低下 中年を過ぎて、いびきをかくようになるのは、 老化現象の一種です。 老化が進むと筋肉が緩み、段々となくなっていきます。 気道を十分に開けておくための筋肉(上気道筋)も例外ではなく、 上気道筋の活動が低下することによっていびきを起こしやすくなります。 中高年のいびきは 高血圧や 心筋梗塞、 糖尿病などの合併症を起こしやすいため注意が必要です。 お酒や薬などによる筋肉の緩み アルコールや 睡眠導入剤、 鎮静剤などもいびきの原因となることも。 お酒を飲みすぎた日は必ず大いびきをかくという方も多いでしょう。 アルコールには 筋肉を弛緩させる作用があるため、全身の筋肉が緩んでしまいます。 その結果、睡眠中に舌が喉奥に落ち、気道を狭めてしまうのです。 さらに、 必要な酸素を確保しようとして口呼吸をするため、いびきをかいてしまいます。 体に不調・病気が生じた 鼻や喉に気道をふさいでしまうような異常があると、いびきを起こしやすくなります。 例として 蓄膿症や 咽頭炎、 アレルギー性鼻炎、 口の中の炎症などが挙げられます。 このほか、 高血圧や 糖尿病、 心臓病、さらには 不正咬合などの 顎の形態異常もいびきの原因となります。 いびきで注意したいポイントと対策を解説 いびきには様々な原因がありますが、原因が明確な「 単純性いびき」であれば、それほど心配する必要はありません。 しかし、中には注意すべき危険ないびきもあります。 ここからは、いびきにおける注意点と対策法を併せてご紹介していきます。 夫のうるさいいびき!実は体調不良のサインかも 常時いびきをかき、家族や友人から指摘されるほどうるさい。 このような場合は、重大な病気のサインかもしれません。 睡眠障害をはじめ、 副鼻腔炎や 習慣性扁桃炎、 甲状腺機能の低下など、治療が必要な病気が隠れていることがあります。 特に注意が必要なのは「 睡眠時無呼吸症候群」です。 この病気にかかると、 睡眠中に呼吸が止まる状態( 無呼吸)や、 止まりかける状態( 低呼吸)が何度も繰り返されます。 呼吸が止まるたびに脳が覚醒するため、 眠りが浅くなってしまいます。 その結果、 日中の強烈な眠気や 疲労感、集中力・記憶力の低下を招きます。 重症化すると、 死亡率を 約4倍にも上昇させるという 恐ろしい病気です。 日中の眠気は交通事故や労働災害にもつながるため、早急な治療が必要となります。 慢性的ないびきがあって、体に何かしらの不調が見られるという場合は、耳鼻咽喉科や呼吸器科を受診しましょう。 「いびき外来」や「無呼吸外来」といった専門外来を扱っている病院もあります。 注意が必要ないびきとは? 危険ないびきにはいくつか特徴があります。 以下のような傾向が見られる場合は注意しましょう。 急にいびきをかくようになった それまでいびきと無縁だった人が、急にいびきをかくようになった場合は注意しましょう。 一時的なものであれば問題ありませんが、あまりに続く場合は体調不良や病気の可能性があります。 いびきのペースが速い いびきをかく間隔が速い場合、呼吸の頻度が多いことが考えられます。 呼吸器に問題がある場合があります。 大いびきや往復いびき 息を吸うときも吐くときも大きな音が出るのは、呼吸に大きな負担がかかっている証拠です。 脳への酸素供給や血圧に影響する恐れがあります。 いびきは自覚しにくく、気づかないうちに病気が進行してしまうこともあります。 「たかがいびき」と放置せず、少しでもおかしいと感じたら医師に相談しましょう。 いびきは解消できる?対策方法とは 【いびき対策その1】先ずは体質や習慣を改善する 肥満が原因であれば、 ダイエットをして余分な脂肪を落とすことが重要です。 食生活の改善や適度な運動を続けることで、いびきの改善だけでなく体全体が健康になります。 鼻詰まりや疲労、飲酒などに起因する一過性のいびきの場合、それらの原因を取り除きましょう。 例えば アルコールが原因なら、 お酒を控えることで解消します。 毎日たくさんのアルコールを摂取すると、 いびきの慢性化に発展することもあるため、禁酒日を設けるなどして飲酒量を調整しましょう。 鼻炎や 鼻詰まりが原因であれば、 身を温めて鼻腔を詰まらせないようにしてください。 また、 病院に行って根本から治療することも大切です。 【いびき対策その2】いびき防止・対策グッズを活用してみる いびき防止の便利グッズはたくさん発売されています。 通販やドラッグストアでも販売されているため、誰でも気軽に購入できるようになりました。 一刻も早くどうにかしたい方は、こうしたアイテムを試してみるとよいかもしれません。 では、いびき防止グッズにはどのようなものがあるのでしょうか。 代表的なものをご紹介していきます。 口呼吸防止テープ、マウスピース等 いびきをかく人は、そのほとんどが 睡眠時に口呼吸をしています。 口呼吸が原因のいびきに有効なのが「 口呼吸防止テープ」です。 口呼吸を防いで自然に鼻呼吸を促してくれます。 これで防止!いびき対策グッズおすすめ30選 ここからは、いびきを防止・対策してくれる最新グッズをご紹介します。 これらのグッズがあれば、もううるさい音に悩まされることもなくなるかもしれません。 いびきの原因がわからない場合は、いくつかのアイテムを試してみるのもよいでしょう。 鼻呼吸促進テープ、マウスピース 鼻呼吸をしやすいように補助してくれるのが、鼻呼吸促進テープやマウスピース。 鼻呼吸の習慣がつけば、喉の乾燥や口臭も軽減され、すっきりと目覚めることができます。 多くのメーカーから発売されていますが、今回は特におすすめの9つをピックアップしました。 ねむるん 口呼吸が原因のいびき対策におすすめなのが、口呼吸を防止するテープ「ねむるん」。 口に貼って寝るだけで、口を閉じる習慣を付けてくれるマウステープです。 テープに使われている糊は皮膚用に開発されたもので、医療現場でも使用されているもの。 長時間つけていてもふやけたり荒れたりしにくい素材です。 3週間ほど使用し続けることで、人間本来の鼻呼吸の習慣を体感できるよう設計されています。 いびきだけでなく雑菌やウイルスの侵入、口臭も防いでくれます。 新聞やWebメディアにも多数掲載されている話題のアイテムです。 セレブリーズ 「セレブリーズ」の鼻呼吸テープも、寝ている間に開いた口を閉じる習慣を付けられるため、口呼吸によるいびきを防止してくれます。 肌に優しく通気性のよい不織布のテープを使用していますが、粘着力もしっかりと兼ね備えています。 適度な伸縮性もあるため剥がれにくく、口元の筋肉の動きにも順応するので、装着時の違和感もありません。 こちらの商品も3週間の継続使用を基本としています。 毎日欠かさず使用することで、正しい鼻呼吸の習慣を身につけましょう。 オーラルトゥースガード 「オーラルトゥースガード」は、電子レンジを使って簡単に自分の歯型をかたどることができるマウスピースです。 自分に合ったマウスピースを作るなら、歯科で製作してもらうのがベストですが、費用が高いので躊躇することも多いでしょう。 こちらは、電子レンジさえあれば簡単に自分専用のマウスピースを作ることができます。 チューインガムにも使用されている素材を使用しています。 顎が小さい方のいびき対策はもちろん、スポーツをするときの歯への負担軽減や、就寝時の歯ぎしりの防止にも役立ちます。 携帯に便利な鏡付きのケースも付属。 必要なときにいつでもどこでも使用することができます。 いびき防止具として 特許マウスピース いびきや歯ぎしりに効果のある、専門医も推薦するマウスピースです。 成型の必要がないので、口の中に入れるだけで簡単に装着することができます。 下顎を少し前に出すことで、気道を広げていびきを防止する器具として、特許を取得しています。 2つのサイズが入っているため、より口にフィットするほうを試すことができます。 快眠鼻呼吸マスク 睡眠中の口呼吸を防止してくれる、アルファックスの「快眠鼻呼吸マスク」。 一見すると普通のマスクのような形状ですが、口から顎にかけてのみ覆うことで、鼻呼吸を促してくれます。 顎をグッと支えくれるので、睡眠中に口が開きにくい設計です。 特にデリケートな口元部分は、肌当たりのよいレーヨンやシルク素材を使用しているので、肌にも優しいです。 口呼吸が原因のいびきをはじめ、喉の乾燥や起き抜けの口臭を軽減してくれます。 ミントホワイトとミルキーピンクの2色があります。 ノーズピン、鼻腔拡張テープ ノーズピンや鼻腔拡張テープは、鼻詰まりに起因するいびき対策として効果的です。 睡眠時だけでなく日中も使用できるので、花粉症や鼻炎持ちの人は、常備しておいて損はないでしょう。 適度な弾力と柔軟性を持つシリコン素材でできており、繰り返し使用できるのでとても経済的。 透明で装着時も目立ちにくいため、スポーツや勉強、仕事中など日常使いにも適しています。 アレルギー鼻炎や花粉症対策としても使えます。 mute 「mute」も繰り返し使えるシリコン素材のノーズピンです。 優しく鼻腔を広げて、空気の通り道を作ってくれます。 医療グレードの肌に優しいシリコン素材で作られており、付け心地も快適です。 自分の鼻に合った形状と大きさのピンを選ぶことで、より大きな効果が期待できます。 家族で分け合って使うのもおすすめです。 WoodyKnows 特許取得済みのリブ設計により、鼻腔をしっかりと広げてくれます。 この製品にはハード型とソフト型の2つのクリップが付いており、鼻の奥深くにしっかり固定することができるので安心です。 寝ている間に外れてしまう心配もありません。 鼻の形状に合わせたデザイン、極薄のフレームとリブ、医療グレードの柔らかい素材などにより、快適な付け心地を実現しています。 ブリーズライト CMなどでもお馴染みの「ブリーズライト」は、プラスチックバーの反発力で鼻腔を広げる鼻孔拡張テープです。 貼った瞬間から外すときまで、ずっと効果が持続します。 また薬剤を使用していないため、仕事中や運転中の方、妊娠・授乳中の方、小さい子ども(5歳以上)でも使用できます。 肌色タイプのため肌馴染みもよく、幅広いシーンで活用が期待できます。 枕 枕が低すぎても高すぎてもいびきの原因となってしまいます。 いびきの原因がわからない場合は、枕を変えてみるというのも一つの手です。 ここからは、いびき対策に使える12の枕を厳選してご紹介します。 MyeFoam 天然羽毛のような柔らかさと高反発性構造、優れた復元力と弾力性を持つ枕です。 首と肩をふんわり優しく包み込んでくれます。 低アレルゲンかつ低刺激性の厳選された高品質な綿と、高級ホテル専用のポリエステル繊維を採用。 虫・カビ・細菌なども付きにくく、肌が敏感な人も安心して使用できます。 また、丸洗いも可能なのでとても衛生的です。 詰め物を出し入れすることで高さの調節もできます。 自分の体に合った高さに調節すれば、効果的ないびき対策になります。 いびき枕 いびきをかきにくくするために研究・開発された枕です。 頭を通常の枕より高めの位置に調整することで、気道を開き呼吸しやすい姿勢を作ってくれます。 詰め物は、そば殻の感触を再現したソフトパイプ。 ソフトパイプの量を調整することで、自分の首の高さに合わせた理想的な姿勢を作ることができます。 手洗いができるため、清潔感を保つことも容易です。 Sepoveda 低反発まくら 人間工学に基づく設計で、体に負担がかからない低反発かつ、首・頭・肩を優しく支えてくれる安眠枕です。 中央のくぼみが首や頸椎を正常な形にキープしてくれます。 首の理想的なカーブを保つことで気道を開くため、いびきを軽減する効果もあります。 凹型の立体フォルムが仰向け時のフィット感を高め、また横寝への移動もスムーズにできるよう、両サイドに厚みがあります。 柔軟性に優れたウレタンチップが、究極の安眠を体感させてくれるでしょう。 快眠枕 いびきケアに特化した枕です。 独自の3次元形状が気持ちよく気道を開き、良質な睡眠を叶えてくれます。 また、気道を開くために重要といわれる「横寝姿勢」にも対応。 独自の立体サイドバンクで、横寝をしっかりとサポートしてくれます。 仰向け、横向き、うつ伏せなど、どんな寝姿勢でもいびきケアをしてくれる枕です。 また3D形状にすることにより、従来の低反発ウレタン素材が持つ「熱がこもる」「ムレる」といった弱点も克服。 通気性、クッション性、なめらかさなど全てに優れた生地を使用しています。 IEOKE 低反発記憶枕 頭・頸・肩を優しく支える低反発枕です。 あらゆる頭の形にフィットする「メモリフォーム」を採用しているため、いびきや肩こり、寝違え、睡眠時無呼吸症候群などの予防に効果的です。 仰向けにも横向きにも自在にフィットし、快適な睡眠をサポートしてくれます。 トゥルームーンピロー 独自の製法で生まれたジェルと、低反発ウレタンフォームを組み合わせた新素材の枕です。 頭部から首筋にかけてあらゆる骨格にフィットし、後頭部や頚椎をしっかりと支えます。 理想的な寝姿勢をキープしてくれるため、いびき対策に適した枕です。 専用カバーには100%天然のセルローズ繊維「モダール」を採用しており、なめらかでしっとりとした肌触りが特徴です。 オールシーズン使いやすい素材で、植物性繊維のため敏感肌の人でも使いやすいです。 Atman 首を休めてくれる頚椎安定枕です。 せり出した特殊な構造がぴったりと首にフィットし、首・肩・頭を立体的に支えて、頚椎への負担を軽減します。 柔軟性と復元力を兼ね備えたモチモチの新素材を採用しており、寝返りもスムーズ。 使う人に合わせて素早く沈み込み、ベストな高さで首回りをサポートしてくれます。 安定したホールド感があるため、しっかりと気道を確保できるので、いびき対策もばっちりです。 オーストリアのレンチング社のテンセル(植物性繊維)を採用したカバーは、シルクのようになめらかで乾きも早く、一年を通して快適に使用することができます。 アスリートにも愛用されている実力派の枕です。 スノアゴン 「スノアゴン」は、下顎が下がらないようにサポートするいびき対策グッズです。 マフラーのように首に巻いて寝るだけで、頑固ないびきが軽減されます。 下顎のラインに優しくフィットしてくれるので、気道を狭めることなくいびきを予防できます。 寝姿勢が安定するので、睡眠の質もグッと高まります。 飛行機や夜行バスにのるときにも便利です。 顎固定サポーター 小顔ベルト 鼻呼吸を促して、いびきを防止する顎サポーターです。 伸縮性と通気性に優れたサポーターが、顎や顔の筋肉をしっかりとリフト。 顎をしっかりと固定するため、睡眠中に口が開くことを防いでくれます。 また、お風呂や家事の間に着用することで小顔効果も期待できます。 マジックテープ式なので、使う人の顔の大きさに合わせてサイズ調節が可能。 男女兼用で使うことができます。 洗濯して繰り返し使用できるのも嬉しいポイントです。 Snore Circle 耳取り付け型のいびき防止スマートデバイスです。 マイクロサウンドとバイブレーションを出すことによって、いびきの原因である喉の筋肉の緩みが引き締まり、気道を広げてスムーズな呼吸を促します。 レベル調整は受信する音認識と骨伝導側で5段階、いびきをストップさせるマイクロ音&バイブレーション側で5段階あり、全25種類のモードを専用アプリで選択可能。 自分に合ったモードを選ぶことができます。 イビスン いびきを防止する珍しいサプリメントです。 エネルギー作りに欠かせない還元型コエンザイムQ10と、空気の通りをサポートするリンゴ酸&マグネシウムを配合。 このほか、テアニンやラフマエキス、GABAなど快眠をサポートする成分を多く配合しています。 GMP(厚生労働省が定めた品質管理基準)を取得した国内工場で製造しているため安心です。 まとめ パートナーのいびきでお悩みの方は、いびき対策グッズなどを活用してみてはいかがでしょうか。 いびきが改善されれば、お互いに快適な睡眠を取り戻すことができるかもしれません。 もし、色々な対策を講じても症状が改善しないときは、一度病院で診てもらうようにしましょう。 いびきは自覚しにくい症状ですので、ぜひパートナーがチェックしてあげてください。

次の