キロロ 未来 へ 歌詞。 未来へ〜歌詞

キロロの歌詞「あなたの未来」に違和感があります

キロロ 未来 へ 歌詞

解説 [ ]• 1997年にインディーズで既にシングルが発売されていたが、メジャーデビュー後に収録曲を変えて改めてシングル化された。 タイトル曲「未来へ」は、・の音楽の授業や合唱コンクールでもよく歌われ、としても知られる。 原曲は玉城が中学校3年生のときに母親に宛てて書いた曲であり 、その経緯からで両親に贈る歌としてもよく使われている。 しばしばタイトルを「未来」と間違われるが、「未来へ」が正しい。 ・ではこの曲が大ヒットを記録し、日本語で歌われている。 にリミックスを施し、「 未来へ〜2006MIX〜」(みらいへ にせんろくミックス)を配信限定でリリースした。 TVアニメ「」にが歌う挿入歌「未来へ」に乗せた第11話でした。 収録曲 [ ] 全曲 作詞・作曲:玉城千春 編曲:• 未来へ• 天気がいい朝• 未来へ オリジナル・カラオケ• 天気がいい朝 オリジナル・カラオケ カバー [ ]• 2000年、がカバーアルバム『』でカバーした。 曲名「後來」。 2005年、がカバーアルバム『東方西方』でカバーした。 曲名「Life」。 2009年、が『』でカバーした(ライブ音源)。 2010年、がカバーアルバム『』でカバーした。 2010年、がカバーアルバム『』でカバーした。 2013年、がカバーアルバム『Heart Song』でカバーした。 2015年、がカバーアルバム『』でカバーした。 2017年、がアルバム『Sayang』でカバーした。 曲名「Sayang」。 東山奈央 TVアニメ『月がきれい』11話の挿入歌 脚注 [ ] [].

次の

未来へ

キロロ 未来 へ 歌詞

この曲は,キロロが専門学校の時,つまりメジャーデビューする前に作った曲です。 しかし原型は,なんと玉城さんが中学3年の時に作ったのです。 玉城さんのお母さんが風邪をこじらせて寝込んだのを,重い病気だと勘違いして,もう母と過ごせるのはあと少ししかないから,母のためにと作った愛情あふれる曲なんです。 そんなエピソードもあるので,これは「愛する母のために,母に感謝して頑張らなくちゃ」という歌なんですね。 歌詞を読み解くとこんな感じかな。 「ほら 足元を見てごらん, これがあなたの歩む道 ほら 前を見てごらん,あれがあなたの未来」 ・・・『あなた』っていうのは自分のこと。 つまり,母が私に「未来に向かって歩くんだよ」と話しているんです。 「母がくれた たくさんの優しさ 愛を抱いて歩めと繰り返した あの時はまだ幼くて 意味など知らない そんな私の手を握り 一緒に歩んできた」 ・・・母からもらった愛。 幼い時にはわからないものですよね。 でもそんな幼稚な私の手をいつも握ってくれた母。 「夢は いつも 空高くあるから 届かなくて怖いね だけど追い続けるの 自分のストーリー だからこそ諦めたくない 不安になると手を握り 一緒に歩んできた」 ・・・私はいつしか,将来の夢を追い求めるようになった。 でも不安でいっぱい。 挫折も味わった。 でもそんな私の手を母はいつも握ってくれた。 「その優しさを時には嫌がり 離れた母へ素直になれず」 ・・・誰しも,親に反抗すること,優しさを嫌がることがある…。 優しすぎて素直になれないこともある…。 でも・・・。 「ほら足元を見てごらん これがあなたの歩む道 ほら前を見てごらん あれがあなたの未来」 ・・・でも,そんな私に母は,いつも言ってくれる。 『足元を見てごらん。 前を見てごらん。 大丈夫よ。 あなたの未来があるでしょ?』と。 だから頑張ろう!母と約束したあの夢に向かって! そして,この歌に出てくる「空」。 玉城さんは,空は「夢」と同じと考えたようです。 とてもきれいで素晴らしくあこがれの存在。 しかし手が届きはしない,おそれ多い存在。 でも,諦めず手を伸ばしたい。 でも届かない。 自分には無理かもしれない…。 そんな時に,母は優しく言います。 「足元をみてごらん」と。 そっか,夢を見るのに大切なのは,足元なんだ。 今歩いている足元なんだ。 そう気付かされた。 今やっとわかった。 そんな感じの歌なんですね。 ですから,「いつも,私は母や父に素直になれないな,でも,もし親の命があとわずかだったらどうしよう,そんな親のために頑張らなきゃ。 親との約束の,あの夢に向かって」という風に考えると, この歌に対して,今までとは違った気持ちで歌えますよ!.

次の

なぜ? Kiroro『未来へ』がマレーシアで人気の理由に「イスラム教」

キロロ 未来 へ 歌詞

メンバー [ ] 共に出身。 玉城千春(たましろ ちはる、 1977-04-17 (43歳) - 、)担当。 タレントの(たまき ちはる)とは別人。 金城綾乃(きんじょう あやの、 1977-08-15 (42歳) - 、)・担当。 来歴 [ ] 1995年結成。 の同級生であり、高校時代放課後の音楽室で玉城がオリジナル曲をアカペラで歌っていたところに、金城が伴奏をつけて遊んでいたのが結成のきっかけ。 その後、玉城が、金城が医療事務のに進学し、在学中のにデビュー。 沖縄限定で発売されたインディーズデビュー曲「」は、地元沖縄のローカルCM(「」の引越しCM)にも使われ、県内で1万枚を売り上げる。 楽曲制作を手掛けているのは主にボーカルの玉城である。 玉城は作詞・作曲の才能はあるものの、ピアノはあまり弾けず、書く音符も暗号のような状態である。 それを、ピアノが弾ける金城が玉城の「暗号」を解読するような形で活動を始めた。 ただし活動が進むに連れ、金城の作詞・作曲のものや玉城が作詞、金城が作曲というものも登場するようになった。 にシングル「」でメジャーデビュー。 1998年・・にはに出場した。 からに向けたレギュラー番組「」をスタートさせた。 に公式上で玉城が沖縄県出身のとのを発表、同年に結婚した。 さらに同年には金城がレストランプロデューサーの男性と結婚。 2人共に子沢山であることでも知られ、金城がに長女を出産したのを皮切りに、には玉城も長男を出産、さらにはに玉城がウェブページ上にて第2子を妊娠したことを報告、同年に長女を出産。 、今度は金城がウェブページ上にて第2子を妊娠したことを報告。 に長男を出産。 この金城の第2子出産と時を同じくして、玉城がウェブページ上にて第3子を妊娠したことを報告。 に次女を出産。 には金城がウェブページ上にて第3子を妊娠したことを報告。 に次男を出産。 互いに出産を繰り返し、音楽活動も定期的に休止するこのスタイルは、収入にあまり困っておらずハードな仕事を避けたい2人の考えとの向きもある。 、玉城が浜離宮朝日ホールで初のソロコンサートを行う。 2011年に玉城のソロデビューシングル「神様」を、同にファーストアルバム『Brand New Days』をリリース。 、金城がウェブページ上にて離婚を発表。 、の仲宗根泉と合同の新ユニット「」を結成。 デビュー作「いのちのリレー」はの終戦70年キャンペーンのテーマソングとなった デビュー20周年の、に13年ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム『アイハベル』を発売。 5月から5都市を回るツアーをおこない、本格再始動。 この際、レコード会社自体はビクターのままながら同社の内部レーベルへ移籍。 から、で、金城のレギュラー番組「Kiroro綾乃の ママでいいよ!」がスタート。 僕らはヒーロー(1996. 26リリースのオムニバスアルバム『KID'S MUSIC BOX Vol. 脚注 [ ] []• (2019年5月5日閲覧。 (2019年5月5日閲覧。 では「立派な道」としている。 では「おもしろく思う」「楽しむ」「おもしろい」としている。 外務省経済協力局""国際協力プラザ2005年2月号. (2010年11月14日閲覧。 (2019年5月5日閲覧。 「『ご当地デュオ』今が旬『産直』で全国ヒット(報! )」『』2000年11月11日付夕刊、1頁(西部)。 『』2013年1月1日付• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年12月7日. 2017年12月7日閲覧。 関連項目 [ ]• (出身県及び所属レコード会社が同じということもあってかメンバーと親しい)• (2003年度のEDテーマ(good day)をメンバーの玉城千春(ちはる名義)が作詞作曲) 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - Twitter• - 番組ホームページ.

次の