ピル 吐き気 いつまで。 マーベロン むくみ いつまで

ピルの副作用は、いつから、いつまで?

ピル 吐き気 いつまで

そのような相談を受けると、私は、低用量ピルの内服を勧める。 なぜか?女性が内服する避妊薬としてよく知られている低用量ピルであるが、実は、ピルには避妊以外の効果があるからだ。 そのお話をする前に、ピルについて少々お話ししたい。 ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という、2種類の女性ホルモンに似た成分が含まれている。 ピルを内服することで、これらの女性ホルモンが体内に分泌されている状態になる。 そのため、卵胞の成熟が抑えられ、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌が抑制されてしまい、結果として排卵が起こらなくなる。 また、ピルは、子宮内膜が肥厚するのを抑えて、受精卵が着床しにくい状態にしたり、子宮頚管粘液を変化させて、精子が子宮内に侵入するのを妨げる。 こうした作用によって避妊効果を得られるわけだが、果たして、ピルの避妊効果は、どれくらいなのだろうか?飲み忘れなく継続して1年間ピルを内服した場合の妊娠率は、0. もちろん、内服を中止すれば、妊娠は可能となる。 もちろん、副作用も報告されている。 「アンジュ」の場合、血栓症(0. こうしたリスクを考慮してもなお、ピルを内服して得られる避妊以外の効果とは、一体何なのだろうか? まず一つ目に、月経周期を規則正しくしてくれることだ。 ピルは21日間内服し、7日間休薬することで、28日周期となる。 そのため、生理不順は解消される。 二つ目に、月経痛や月経量を軽減してくれることだ。 月経中に増殖する子宮内膜には、子宮の収縮を促すプロスタグランジンという物質が含まれている。 プロスタグランジンの分泌過剰は、子宮収縮の増強をもたらすため、痛みを引き起こしてしまう。 そのため、ピルの内服によって子宮内膜の増殖が抑えられることにより、プロスタグランジンの量が減り月経痛は改善され、月経量も少なくなるのだ。 三つ目に、月経前症候群(PMS)の症状を軽くしてくれることだ。 PMSは、「月経前の3〜10日間続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ない消退するもの」と定義されている。 具体的には、イライラや頭痛、腹痛や腰痛や眠気、倦怠感、むくみといった症状が出現する。 だが、ピルの内服は、常に女性ホルモンのバランスを一定に保つことができる。 そのため、PMSの治療として効果を発揮するのだ。 ハンガリーにあるセンメルワイス大学の医学部に通う吉田いづみさんによると、「同じ学年の女子全員がピルを内服しており、逆に自分が内服していないことを、みんなから不思議がられた」という。 欧米と日本の、ピルに対する認識の違いの表れだろう。 そこで私は、当院の五十嵐里香看護部長の助けを借りて、23歳から48歳までの病棟の看護師さん15名を対象に、ピルの使用の有無について聞いてみた。 「専門知識があるのだから、多くの看護師さんが飲んでいるに違いない」と思っていた。 結果は、私の予想とは違った。 誰も服用していなかったのだ。 もちろん、サンプルサイズも小さく、バイアスが影響している可能性もある。 確定的なことを言うには、きっちりとした臨床研究が必要だ。 ただ、日本では看護師といえども、ピルはあまり服用されていない可能性が高そうだ。 ひどい月経痛やPMSの症状は、集中力の低下を引き起こす。 周囲との意思疎通もうまくできなくなる。 そうした状況では、医療事故やインシデントを引き起こしかねない。 かといって、月経痛やPMSを理由に長期間休むわけにもいかない。 だからこそ、私は、看護師の方々が低用量ピルを内服することを勧めたい。 ピルを内服するだけで、自身の体調管理をすることはもちろん、結果的にインシデントや医療事故を防ぐことが出来るかもしれないのだから。 ハフィントンポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、を立ち上げました。 女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。 だからこそ、その声を形にしたい。 そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。 みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ も用意しました。 メールもお待ちしています。

次の

【生理初日は痛みがひどく毎月欠勤】ピルを服用するも副作用の吐き気が出る

ピル 吐き気 いつまで

学生の頃からとにかく生理痛が重くて、ピルを10年近く飲んでいます。 ピル歴が長いことと、休薬してみたこともあり、 ピルについての経験談はわりと話せます。 何度かピルに関してツイートしたことがあるのですが、 ピルツイートは伸びるんですよね。 ふぁぼやRTされる数が多いです。 ピルのことは、いろんな人が気になる情報なんだと感じました。 ピルの効果や効能は、医療関係のサイトを見ればわかると思いますし、多くの人が情報を得る機会は増えてきたかなと感じます。 しかし、 「ピル飲んでると言うと、周りの反応はどうなの?」 「ピルを辞めた人はどうして辞めたの?」 などのような、病院では聞けない疑問を持っている人もいると思います。 なかなか身近で飲んでいる人がいないと、これらの答えはを知ることができません。 身近な人がピルを飲んでいるとしても、「わたしピル飲んでます!」と堂々と言う方もまだ少ないので、素朴な疑問を訊ける機会も人によっては少ないでしょう。 男性も、よほど親しい間柄の女性ともなかなかピルの話はしないでしょうし、女性側もわざわざ男性に話すことも少ないと思います。 だから、ピル服用者の話は、みなさんが知りたいことなのだと思いますし、広げてほしいことのはずです。 少しでもピルについて気になっている人に、役立つ情報が提供できたらよいと思い、今回は今までのなつみのピルに関するツイートをまとめました。 補足も加えながら、以下の章で分けて紹介しようと思います。 (かなり昔のツイートも含みますので、表現が雑なところがあるかと思いますがお許しください) ピルを飲むメリット・デメリット まず、ピルのことをわたしなりにざっくりまとめたのがこのツイートです。 その他にも細かいことを言ったらきりがないですし、詳しいことは病院に訊いていただきたいのですが、140字でまとめるとコレ。 メリットは、毎日継続して服用した場合のことです。 デメリットも、とても多いのがピルの特徴です。 医者「妊娠の可能性ありますか」 わい「絶対ないです」 しんどい中であれやこれや考えたくないから、このやりとりできるのほんと、楽 ピル様ありがとう— なつみさん natsumi451 堂々と「妊娠してないぞ」と言えるので、インフルエンザにかかって高熱で診察を受けているとき、何も考えなくて済みました。 このような些細なメリットもあります。 ただ、ピルを服用していることは、病院で薬をもらう度に伝えなくてはいけませんし、服用しているピルの銘柄がわかるカードを携帯するように言われる病院もあります。 ピルが女性の働き方を救うものであってほしい 「生理」に対して職場が配慮する環境が、もっと整うべきだと常に思っています。 「生理休暇」という形でお休みが取れる職場も増えましたが、伝えにくさなどの問題もありますよね。 生理休暇取得orピル代付与 このどちらかを労働する女性に与えてほしいし、選択させてほしい。 できたら証明するものとかごちゃごちゃ言わずに、全員にくれ。 生理さえなければ…と思うことばかりだよ、働いてたら。 もっと効率よく賢く上手に働きたいよ、こっちだって。 — なつみさん natsumi451 本当に切実な願いです。 問題はいろいろあるでしょうが、女性もしっかり働きたいのです。 生理を、「サボる理由」にしたいわけではない。 だから、選択できる形としてこのようなことが実現してほしいなと思います。 働きやすくする一つの考えとして、広がってほしいなと思うのですよね。 副作用が合わなくてピルを飲めないという人も多くいます。 ピルを服用すればいつも通り働けるという人もいます。 どうか 女性に働き方の選択を与えてほしいのです。 婦人科で払う診療代って、検査検査でわりと高い気がしてる。 ピル代も含めて性的なことにこれだけお金使ってるのに、ちんぽはゴム代出してるだけでドヤるし、ホテル代浮かせられる方法いろいろ試してくるし、ドンキで買ってくるおもちゃなんてくそ安っいのだし、ほんとセックスなめてんのか。 — なつみさん natsumi451 女性だけがピル代をお給料から払って、一生懸命働いてるのを考えたら理不尽さを感じます。 「月2000~3000円程度のピル代+診察料+副作用」を取るか、「生理の日に倒れる」か。 男性と同じように毎日働きたいのに、いつも女性が損をしています。 コンドームに関しては、男女どちらも用意するべきものだと思いますが、ピル代もゴム代も払って、ホテルも割り勘だったら…。 せめてもう少しいいおもちゃなど、ご褒美に買って楽しませてくれませんか。 笑 男性によっては、「パートナーへのピル代を払っている」ということも耳にします。 ピルのことを理解して、男女平等の配慮をできる男性は素敵だと思います。 ただわたしは、やはり女性が自分の意志でピルを飲むか飲まないか決めるべきだと考えるので、早く日本の社会の制度が整ってほしいと思っています。 保険適用でピルがもっと安く手に入ったり、職場の制度が生理痛に配慮するものになったりすることを願ってやまないです。 ピルを飲んでいることをパートナー・セフレに言うべきか パートナーにピルの服用を伝えている場合でも、普段から病気の感染等には気をつけたいところです。 やはり自分がピルユーザーであることからナマへの抵抗感が薄かった時期が正直ある。 もう今はどんな状況でもゴムつけてもらっているし、わたしも必ず携帯している。 病気は誰から感染したかという原因を疑うよりも、もうこれ以上広げないように自分と相手との理解を深めていくのが第一なのです— なつみさん natsumi451 「ピル=ナマでできる薬」ではないのです。 しかし、かつてのわたしは自己管理が甘く、性感染症にかかったことがあります。 幸い、薬を飲めば治るもの(クラミジア)でしたので完治しましたが、二度とあんな思いはしたくないし、他の誰にも味わってほしくないです。 「ピルを飲んでるからナマでもいいか」という気持ちは一切持たないでいるべきです。 そして、まだ関係の浅いセフレなどにピルを飲んでると伝えるのは、あまり良くないと経験上思っています。 ゴムが破れたり外れたりして失敗して焦ってるちんぽに、「大丈夫、ピル飲んでるから」と安心させてあげるのは危険。 その後必ずちんぽは、「先に言ってくれたら今までナマでできたじゃん」と逆ギレする。 ゴムは避妊目的だけじゃなく相手への誠実さを見せるためのものであると思うよ、先生は。 — なつみさん natsumi451 このような反応をしてくる男性が多かったので、 本当に信頼できる関係性が築けていないのだったら、ピルを飲んでいるというのはわざわざ言わなくていいと思います。 しかし、こんなことを言う 男性がまず、考え方を改めてほしいですけどね。 わたしもこの時は、よくない男とセックスをしていたなと改めて反省します。 しかし、こちらが信用している相手でも、予想外に傷つけられるセリフを言われる場合もあるので、ピルを飲んでいることを言うのは慎重になった方がいいです。 ほとんどの男は「次はナマでいいよね」と言うから、ピル飲んでるの極力知らせたくない。 ゴム破れた君にピル飲んでることやむを得ず伝えた後の次のセックス、散々がまん汁だらだらのぬるぬるちんぽ肌に押し付けられてそのまま挿入しないでって不安だったけど、「ゴム」って言葉出て、お前好きってなった— なつみさん natsumi451 これは伝えてみて、まだいい結果だったからよかったのですが、セックスをする度不安を感じるわけなので、難しい状況です。 男性側も、ゴムが破れたときの不安というのは、相当なものだと思うので、アフターピル(緊急避妊薬)の必要性がないということを伝えて安心させてもあげなければいけないし、今後の関係性がどうなるかによって、ピルを服用していることを伝えるかどうかの選択は難しいところです。 伝えるなら、 「性感染症を防ぐためにもこれからもきちんとゴムをしよう」という約束を必ずしましょう。 ゴムが破れた場合は、性感染症にかかっている可能性もあるので、お互い、性病検査に行くべきです。 ピルは性病を防ぐ効果は全くありません。 あと、万が一大きな病気や怪我などで病院に運ばれた場合は、普段服用している薬を伝える場面があるかもしれないので、一緒にいるパートナーや家族にはピルを飲んでいることは伝えておかないといけないと思います。 やはり、信頼関係を築いていくべきパートナーにはピルを飲んでいることと、飲んでいる理由などを理解してもらうのが何よりだと思います。 しかし、関係の浅いセフレに軽率に「ピルを飲んでいる」と伝えるのは、女性が傷つく場合がまだまだあるので、慎重にするべきだとわたしは考えます。 ピルへの理解がもっと進んで、女性が傷つくことのない世の中になるためにも、この記事が多く読まれたらいいなとは思います。 ピルを辞めてみるとどうなるか 10年くらいピルを飲み続けて、「このままわたしは一生ピルを飲み続けるのか?」と疑問に思った時期があり、半年ほど休薬してみた経験があります。 もしかしたら、生理痛も昔のようにひどくなくなっているかもしれないし、毎日「ピルを飲まなきゃ」と考えることから逃れたくて、試しにやめてみることにしました。 一番大きかったのが、「精神が安定しなかったこと」です。 これはプライベートなどの他にも要因があったのかもしれませんが、ピルを飲んでいない期間に人間・仕事関係で苦労することが多くて(失恋もありましたが)、「いつもの自分じゃないな」とまで思うようになってしまったので、PMSだけのせいじゃないにしても、もう一度飲み直してまた比べてみることにしました。 あと、やはりピルを飲んでいない頃に何度も経験していた、気を失うほどの生理痛が、休薬4か月目くらいにきまして、久しぶりに、「死ぬ…」と思いました。 夜中汗を大量にかきながら気絶に近い状態で何とか眠りについたのですが、これが日中だと思うとぞっとしました。 そんな経験もあったので、やはりわたしはピルと付き合っていくことにしました。 ピルを飲んでいて、ほぼ毎日副作用の吐き気は感じています。 毎日の吐き気よりも、月に一回だとしても生理痛で「死にたい」と思う瞬間がやってくる回数を抑える方がいいと思い、ピルと付き合っていくことを決めました。 いつか、 子どもは産めたらいいなと思うので、ピルを休薬しても安定をもたらしてくれる優しい人がその時のパートナーであってほしいなと思います。 余談にはなりますが、半年服用していなかったピル代を全て帳消しにするかのように、セックス中にコンドームが破れて、アフターピルを服用する経験もしたので、やはり毎月こつこつピルを飲んで安心を獲得しようと思いました。 薬代だけでなく診察料も要ります。 みなさんにとって、ピルへの理解が深まる記事であったなら嬉しいと思います。 人によって合う合わないがあるので、病院でよく相談してください。 今回の記事が参考になったという方は、サポートや引用RTをしていただけると嬉しいです。 これからも、ピルに限らず性に関する情報をたくさん発信していきたいと思うのでよろしくお願いします。 小説なども書いているので、ご一読いただけると嬉しいです.

次の

アフターピルの副作用【吐き気・腹痛等】いつからいつまで?全くない場合も

ピル 吐き気 いつまで

(患者本人、50代、女性、子宮、2003年版 空腹と吐き気で胃もおかしくなり、このまま拒食症になってしまうのではないかと思うほどだった。 治療中の苦しさに悩み、大声をあげて点滴の針を抜き、走り出したい衝動を必死に耐えた。 (患者本人、40代、女性、胃、2003年版 吐き気が辛く、精神的にまいったが、他の患者とかかわりあっているうちに、みんな同じなんだと少し勇気づけられた。 (患者本人、50代、女性、卵巣・卵管、2003年版 朝9時から夜12時までの抗がん剤投与で、口に入れるものは氷だけ。 たびたび吐く、肩はこる、もう死んだほうがましと思った。 この度で投与はやめると言って医師を困らせた。 (患者本人、50代、女性、乳房、2003年版 抗がん剤の副作用がひどくて、1日に10回は嘔吐していたので、とてもきつくて死にたいくらいだった。 吐き気止めを打っても私には効かなかったようだ。 (患者本人、40代、女性、乳房、2003年版 術後1か月で始めた抗がん剤療法の前半3回は通院で行ったが、投与後1週間は寝たままで吐き気との戦いだった。 何も口にすることができず、日が経つのを待つだけ。 体重は落ち、髪は抜け、自分でなくなっていくような毎日だった。 担当医に相談し、後半3回の治療は入院しておこなった。 (患者本人、40代、女性、乳房、2003年版 通院しながら抗がん剤治療を受けたが、吐き気とだるさは説明できないほどだった。 家族にその苦痛をわかってもらえず、家で寝ているとゴロゴロしていると思われるのが辛かった。 (患者本人、40代、女性、乳房、2003年版 副作用が激しく、吐き気や食欲の減退、失神などがひどかった。 (患者本人、60代、女性、乳房、2003年版 抗がん剤の注射を受けている間は、異常なほどの吐き気、体のふらつきがあり、まともに歩けず、どこか頭でも打って死んでもいいやと思うほどに悩まされた。 (患者本人、40代、女性、乳房、2003年版 抗がん剤の副作用がひどく吐きっぱなしで息ができず、吐いたものが鼻の方へもいって息ができないくらい苦しい日が2~3日続いた。 苦しくても薬が効いているのならと思うが、自分の病気に効いているのかどうかわからない治療はつらい。 (患者本人、50代、男性、肺、2003年版 副作用(はき気)が強く、副作用の少ない薬がないのか悩んだ。 (患者本人、60代、男性、肺、2003年版 抗がん剤治療と放射線治療を同時に行っている。 副作用がひどく、嘔吐感のため2~3週間は食事ができなかった。 話には聞いていたが、これほど苦しむとは思わなかった。 (患者本人、40代、女性、乳房、2003年版 吐き気のひどさ、だるさなどで体を起こしておくのも辛い時があった。 (患者本人、30代、女性、白血病、2003年版 嘔吐が激しくて激しくてもう言葉では言い表せない。 症状を和らげる薬とは言わないが、もっと楽な薬はないのかなと治療中はいつも思っていた。 助言 【抗がん剤による吐き気・おう吐】 吐き気・おう吐は、おう吐中枢への刺激や、消化管粘膜の作用により起こります。 緊張・不安など精神的な面や、不快なにおい・音・味覚などが誘因となることがあります。 人によって、吐き気・おう吐症状の有無や程度は様々です。 「治療=吐き気・おう吐」というイメージをあまり強くもたないようにしましょう。 吐き気・おう吐が起こるパターンを知り、「いつ、どのような時に吐き気やおう吐が生じるのか」に注意し、比較的調子の良い時に食べるようにしましょう。 【吐き気やおう吐のパターンと対応策】 どういう状況時に吐き気やおう吐が起こるかを考え、その状況に沿った方法を試みましょう。 食事前 食事の前に、レモン水や番茶などでうがいをすると、おう吐の予防になります。 調理しているとき 冷凍保存や惣菜を活用して、調理時間を短縮してみましょう。 また、家の人に調理してもらうのもよいでしょう。 食事をしているとき ゆっくりと食べましょう。 また、室温程度の料理を食べましょう(少し冷ますとにおいが減ります)。 食事のあと 食後2時間は仰向けに寝ないようにし、身体を衣類で締め付けないようにします。 また、食後はゆっくりとくつろぎましょう。 【食べ物のにおいや環境に配慮する】 吐き気やおう吐は、見た目やにおいなどが原因で起こることもあります。 生活環境や調理方法なども、工夫してみましょう。 ご飯は冷凍保存して食べる時に電子レンジで温めると、においをおさえることができます。 また、どうしても気持ちの悪い状態が続く時には、主食をパンやめんに変えることをおすすめします。 また、味が薄いものも吐き気を増強させることがあるので、だしを効かせたりなど味をはっきりさせる工夫が必要です。 【おう吐がある場合、水分やカリウムなどの損失を考慮して補給】 おう吐がある場合、水分と一緒に胃液などに含まれている電解質(カリウム、ナトリウムなど)も体外に排出されてしまいます。 多量に水分や電解質が失われると、脱力感や倦怠感、手足のしびれなど脱水症状を起こすこともあるので、吐き気やおう吐がある時は水分をこまめにとりましょう。 手軽に電解質を摂取できる飲み物では、スポーツ飲料があります。 スポーツ飲料は常温に近いものを、少量ずつ回数を多くして飲みましょう。 また、イレッサ服用中は、グレープフルーツジュースは控えてください。 また、吐物は速やかに片づけてもらいましょう。 レモン水や冷たい番茶などを使うと口の中がさっぱりします。 【おう吐がある場合、1~2時間食事は控える】 おう吐がある場合、消化管(食道や胃、腸など)の粘膜が過敏になっていることがありますので、1~2時間食事を控えてみましょう。 この時も、できるだけ水分は摂るようにしましょう。 水分は、スポーツ飲料、栄養バランス飲料などを摂取するとエネルギーアップにもなりおすすめです。 気分が悪く吐き気がある時は、だれでも食べられないものです。 「吐くのが嫌だから食べない・・・」 「食べると吐いてしまうから食べない・・・」と、食べることを自分で否定せず、食べられそうな時に食べれば良いと心にゆとりをもって、食べる気持ちを忘れないことが大切です。 【治療前に軽く食事、治療後数時間は固形物をひかえる】 治療時には満腹でも空腹でも良くなく、胃の中に少し物が入っているくらいが、吐き気やおう吐を起こしにくい最も良い状態と言われています。 仰向けにしかなれない時は、顔を横にするなどして吐物を誤って気管に飲み込んだりしないよう注意しましょう。 【ゆっくりとリラックスする】 吐き気・おう吐は、緊張や不安などの精神的な面が誘因となることがあります。 精神的な緊張を取り除き、リラックスした気持ちでいられるようにしましょう。 【副作用の不安を医師や看護師に伝える】 抗がん剤治療の副作用は使用している抗がん剤の種類やどういう使い方をするかによって異なりますし、個人差もありますので、吐き気・おう吐以外の副作用で悩んでいたり、副作用でつらいときには担当医や看護師に相談しましょう。 また、副作用でつらいという体験は心に大きく残ります。 過去に副作用でつらい経験をしていると余計にその治療が怖くなったり、不安になったりしやすいということもあります。 医療者は、副作用を少しでも軽くなるようにできるだけのことは行っていくと思いますので、副作用への不安、つらい体験などがあったことについては、遠慮なく担当の医師や看護師にその旨お伝えください。

次の