手相 火星 環。 千金紋はゼロから大成功する富豪も夢じゃない吉相

運命線の起点で占う7-生命線と親指の間(第一火星丘)から運命線が伸びる手相(火星環)

手相 火星 環

スポンサードリンク アートとエロスに特別な感性や才能を表す!?金星環 金星環は、中指と薬指の付け根の下に二本の指をまたいで緩やかなカーブを描いて刻まれる線です。 この線は惑星環のなかでは比較的ポピュラーなもので、特に日本人には何故か出現率が高いと言われている線です。 金星環は金星帯と呼ばれることもあるのですが、別名はエロス線。 ただし単にセックスに関わるエロというわけではなく、ギリシャ神話の愛の神である「エロス」にちなんだ名前ということなのです。 つまり、愛はもとより芸術などに対する豊かな感受性、美的センスを持った人に現れる線。 もちろん異性を惹きつける独特な魅力も持っています。 ですから、「モテ線」であるとも言えます。 この金星環を持っている人は、芸術的な方面でその感性や才能を発揮する可能性が高いのですが、一方でその情熱が異性に強く向かってしまうと、ルーズな恋愛関係を重ねたり、こじれてしまったりすることもありますから注意が必要です。 一発逆転の成功者に刻まれる!?謎の多い火星環 親指の付け根と生命線の起点の間の第1火星丘から、中指の下の土星丘からに向かって、緩やかなカーブを描いて刻まれる線が火星環です。 この線は運命線の変形であるとか、運命線の隣付近に中指の下から垂れ下がって刻まれる災難線の変形である、また性愛線であるなど様ざまに解釈される線で、謎の多い線であると言われています。 ですが、決まって成功者の手に刻まれる線であり、災いや混乱した状況のなかから好機を得て幸運や成功を導き出す線であるとされています。 ただし、必ずしも災いや不遇の環境から逆転した人にだけ出るというわけではなく、通常の成功者にも刻まれる線だということですから、努力とチャンスをうまく活かして成功につなげる人が持つ線であると言えるかも知れません。 もし、いまは不遇の状態にあったとしても、この火星環が出現していたら、やがて幸運や成功が目の前に現れるかも知れませんので、努力を続けることが大切でしょう。

次の

火星環は大成功?成り上がり?千金紋?

手相 火星 環

スクエアは生命線や太陽線に現れると幸運度が大きいといわれており、仕事や商売が大成功してかなりのお金持ちになる予兆であると言われています。 スクエアは別名「四角紋」と呼ばれており、「特殊紋」の中の1つであると言われています。 特殊紋は別名「紋」や「記号」などとも呼ばれています。 特殊紋は、掌(手の平)の様々な場所に現れるとされており、形や場所によって意味合いが異なると言われています。 スクエアはどこの場所に現れても、良いことは補助的な役割を果たし、悪いことは緩和するという働きをします。 一発逆転線で形成されるスクエアはレア! 一発逆転線以外の幸運を呼ぶ手相の1つ目は、「成り上がり線(千金紋)」です。 成り上がり線は生命線が始まる所から中指の付け根に向かって、緩やかな曲線を描きながら伸びる線です。 成り上がり線は、別名「千金紋(せんきんもん)」と呼ばれています。 成り上がり線(千金紋)は、カリスマ性を持っている人に現れる線で、実業家や有名人などの成功者と呼ばれる人に見られる手相です。 成り上がり線(千金紋)が現れている人は、若い頃には貧しくても、下積み時代を乗り越えて、努力で才能を開花させることで、一気に大金持ちになることがあります。 成り上がり線を持つ人は逆境に強いと言われており、様々な困難を乗り越えて成功を手にする傾向があります。 その負けん気の強さが成り上がれる原動力となっており、目標を達成するまで決して諦めない粘り強さを持った人物であると言われています。 勝負線は頭脳戦と感情線をつなぐ線のことです。 勝負線がある人は、心身に力がみなぎっていて、身体面と精神面の双方のバランスが最高であり、今こそが勝負時であると言われています。 それと同時に勝負線が意味する「勝負をかける時期だ」という暗示は、人生において大きな転換期を迎えていることを示しています。 これまでに挑戦してみたかったことや、やりたくてもできなかったことなどにチャレンジしてみる最高のチャンスであると考えられています。 恋愛も勝負と言われることがあり、特に女性の中には意中の男性を落とすための意気込みがすごい方もいます。 「意中の男性がお金持ちだったらいいのに」と思う女性も多いので、以下の記事では、お金持ちと出会う方法を詳しくお伝えしています。 お金持ちとの出会いを増やして玉の輿を狙うのもいいかもしれませんね。 一発逆転線以外の幸運を呼ぶ手相の3つ目は、「火星環(かせいかん)」です。 火星環は成り上がり線(千金紋)に似ていて、中指の付け根まで伸びている線です。 火星環と成り上がり線の違いは、線が始まるところです。 成り上がり線が生命線の起点から伸び始めているのに対し、火星環は生命線の起点の下にある第一火星丘のあたりから伸び始めているところが両者の違いです。 火星環も成り上がり線と同じく、逆境を乗り越える努力を積み重ねるという点が共通しています。 成り上がり線と火星環の違い意味の違いは、苦境の状況にあります。 成り上がり線は逆境に立ち向かって努力の末に大成するという意味合いがあることに対し、火星環は現在の状況が混乱の中にいたり、災害に遭った後などの、一層過酷な状況であることを意味しています。 ブレイク線は生命線を起点にして、指先方向に伸びる線のことです。 ブレイク線は1本だけではなく、何本も現れることが多いと言われています。 ブレイク線は運勢が急上昇する予兆と言われており、ブレイク線が長く伸びているほど、大きな幸運を呼び込むと考えられています。 ブレイク線がどの方向に伸びているのかを見ることで、どのような幸運が訪れるのかがわかります。 生命線を起点にして、ブレイク線が中指の指先方向に伸びている場合は、金運関係や人生の全体的に幸運が訪れると言われています。 ブレイク線が薬指の指先方向に伸びている場合は、一時的な副収入が得られると言われています。 二重運命線は、2本のくっきりとした長い運命線が並んでいる手相のことです。 運命線は運の強さを示しているので、運命線が2本あることは2倍の強運を持っているということを意味します。 二重運命線の持ち主は強運ですので、自ら地道に努力を積み重ねることで、たくさんの願いを叶えられると言われています。 また、1つの世界で名を遺すだけではなく、幅広い分野を股にかけることも良いと考えられています。 一発逆転線の特徴を理解して運を引き寄せましょう 一発逆転線は、逆境に立ち向かってコツコツと努力を積み重ね、苦境を乗り越えた先に訪れる大きな幸運を意味しています。 逆に言うと、前向きな姿勢で、今やるべきことに対して真摯に取り組まなければ、幸運は訪れません。 そういった一発逆転線の特徴を理解して、今の自分にできることは何なのかを自問自答しながら、コツコツと努力を積み重ねましょう。 そして、いざチャンスが巡ってきた時に運を引き寄せ、良い結果を掴み取れるように準備しておきましょう。

次の

火星環

手相 火星 環

手相占いの「火星環」ってなに? 親指の付け根から中指に向かってカーブをしている線を「火星環」といいます。 火星環には2つの丘があり、親指の付け根から生命線までを「第一火星丘」と呼びます。 第一火星丘は、手相から『闘争心・行動力・決断力』について占うことができます。 中指の付け根付近は「土星丘」と言い、努力を司ると言われています。 火星環がある人の特徴 大きな問題や災難にぶち当たる 火星環のある人の特徴は、人よりも大きな問題や災難にぶち当たることが多いです。 手相では、災難の変形・運命線の変形などと解釈されるので、山あり谷ありの濃い人生を歩むことになります。 いろんな難題を乗り越えていかなければいけませんが、必ず幸せの道を見つけられるでしょう。 根気強く最後まで諦めない 火星環のある人の特徴は、どんなに苦しい状況でも根気強く諦めない強さがあることです。 若いうちにいろんな辛い経験・運命を変える出会いを経験するので、ちょっとしたことでは簡単に折れません。 たくさんの選択を迫られますが、しっかり自分の意思を貫いて前に進んでいけるでしょう。 人生逆転のチャンスがある 火星環のある人の特徴は、どん底まで落ちても人生逆転のチャンスがあることです。 何もかも投げ出したくなる瞬間がたくさんありますが、 困難の道から這い上がる力を見秘めているので必ず幸福が訪れるでしょう。 火星環の種類と意味について 火星環にはさまざまな種類が存在しており、線の濃さや数などによって手相の意味が変わってくるのです。 自分の手相にはどんな意味の火星環があるのか見ていきましょう。 火星環が濃い・薄い 火星環が濃く1本ある人は、災いから幸福を掴む能力が非常に高いことを指します。 世の中を脅かすような出来事が起きても、 あなたが救世主となっていい運勢に導くでしょう。 反対に火星環が薄い人は、幸福を呼び込む力が弱いことになります。 形勢逆転を狙うことは難しいですが、諦めずに努力していくことで願いが叶うでしょう。 火星環が2重になっている 火星環が2重になっている人は、どん底まで落ちてもそこから這い上がる力が強い証拠になります。 たとえば、信頼していた人から騙されて借金を抱えることになったとしても、 最善を尽くしていればお金が戻ってくるかもしれません。 最低な人生だと思う瞬間が多いですが、努力をし続けることで神様が味方に付いてくれます。 火星環が複数存在している 火星環が2・3本ほど存在している人は、何事にも辛抱強く耐え抜く力が備わっています。 叶えたい夢があっても簡単には実現ができずに苦しみますが、「こんなところで負けてられない!」と前に進んでいくのです。 そんな 強い意志と血をにじますような努力が実を結んで、夢が実現するでしょう。 火星環が点線で繋がっている 火星環が点線のように途切れて繋がっている人は、幸せを掴むチャンスがあるものの長続きしないといえます。 「人生がうまくいっている」と感じていても、 ちょっとしたことでトラブルに巻き込まれてしまうのです。 途切れながらも綺麗に弧を描いている場合は、道は間違っていないので強い意志で進んでいけば幸せが訪れるでしょう。 火星環の間に空白ができている 火星環の間に空白ができている人は、這い上がる力が一旦ストップすることを表しています。 困難にぶつかって 乗り越えることができても、簡単に解決することができなくなるのです。 しかし、線が中指まで続いているのなら、逆転のチャンスが訪れて幸せになれるので安心しましょう。 火星環上に円 島 ができている 火星環上に円のようなものがある人は、トラブルの連続で幸せまでの道のりが長いといえるでしょう。 どれだけ努力をしたとしても、 自分の力だけでは解決の糸口が見つからないのです。 せっかくトラブルから抜け出したと思っても、気を抜くとすぐに次の問題が起きるので油断は大敵でしょう。 右手と左手の見方や意味の違い 右手の手相に火星環があるとき 右手に火星環があるときは、将来的に不幸の道から抜け出して幸福が訪れる兆しがあります。 また、現在もっとも 壁にぶち当たっている状況にあり、乗り越えようとしている最中である意味を指すでしょう。 手相から明るい未来が待っていることが占えるので、諦めずに努力を続けていくことが大事です。 左手の手相に火星環があるとき 左手に火星環があるときは、困難を乗り越えて自分の価値を見出せたことになるでしょう。 仕事では、大役を任されるだけではなく、功績から 多くの人に求められるような人材になれるのです。 さっそく手相を見てみよう! 火星環は災いや人生の変化などを表す線なので、今後の人生が気になる人は手相を確認することがおすすめです。 どんな意味合いのある火星環があるのか知ることで、対策をとっていけるでしょう。

次の